野村克也の名言集!一流選手を育てるリーダーの言葉40選

野村克也さんといえば「ノムさん」の愛称で親しまれた、日本プロ野球界を代表する名物監督ですよね。

現役時代は打者として三冠王を達成したり、プレーイングマネージャーとして「4番打者」「捕手」「監督」を兼任した「選手兼任監督」など、素晴らしい実績を残した名選手です。

監督専業になってからも、ヤクルトスワローズ時代には「黄金期」を築いたと言っても過言ではないでしょう。

このような好成績を残せた理由は、類稀なるリーダー資質を持っていたからだと言われています。

そこで今回は、野村克也の名言集をご紹介していきたいと思います。

プロ野球選手を目指す人だけでなく、ビジネスパーソンにも役立つ言葉ばかりなので、ぜひ最後までご覧ください。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

野村克也の略歴

1954年 プロ野球南海にテスト入団

1957年 30本塁打で初の本塁打王

1959年 プロ野球日本一を経験

1961年 29本塁打で2度目の本塁打王

1963年 シーズン52本塁打を達成

1964年 2度目の日本一を経験

1965年 打率3割2分、110打点、42本塁打で三冠王

1970年 通算2,000本安打達成

1980年 現役引退

1989年 野球殿堂入り。ヤクルト監督就任。

1992年 監督としてセリーグ優勝

1993年 セリーグ優勝、日本シリーズ制覇

1995年 セリーグ優勝、日本シリーズ制覇

1997年 セリーグ優勝、日本シリーズ制覇

1998年 阪神監督就任

2005年 楽天監督就任

2009年 監督退任

2017年 妻の野村沙知代さんが死去

2020年 野村克也死去(84歳)

野村克也の名言集まとめ

野村克也の名言1

小事が大事を生む。

何か偉業を成し遂げたい場合、近道などありません。

毎日コツコツと努力するしかないのです。


野村克也の名言2

努力に即効性はない。

これは南海ホークス時代に、選手兼監督として活躍していた時の名言です。

毎日努力した結果が未来を築くのです。


野村克也の名言3

人は、他人の評価の中に生きている。

野村克也は「他人が認めない個性など、ただの独りよがり」と、厳しい口調で語っています。

プロ野球というチームプレイだからこそ、このような考え方が強くなったのだと思います。


野村克也の名言4

殴った方は忘れていても、殴られた方は覚えている。

これは野村克也が先輩選手から言われた言葉だそうです。

この言葉の意味は、実際に「拳で殴る」という話ではなく、投手目線で考えた時の話です。

せっかく良い球を投げたのに、野村選手に打たれたピッチャーはがっかりするどころか、「どうやって次攻略するか?」を真剣に考え始めます。

相手が自分のことを倒そうと思って改善するのに、自分自身は何も進化しなければ、いづれ負けてしまうことを諭した名言なのです。


野村克也の名言5

人間の最大の罪は鈍感である。

野球はテクニックを磨くことで上達しますが、それだけでは勝てないと野村克也は語っています。

つまり心理戦が必要になるのです。

相手の動きやクセをつぶさに観察し、それをデータ化した上で、一流のテクニックと組み合わせることで、初めて相手を攻略できるのです。

それに気づかない人を「鈍感である」と表現しているのです。


野村克也の名言6

人気とは人の気。

「人の気」とは「人の気持ちを捉える」という意味です。

つまり人から好かれる人が「人気者」になるので、人気者になるためには、常に周囲を意識しなければいけないのです。

それに気付いた野村克也は、当時人気だった巨人に対してアンチの立場を強め、周囲が喜んでくれるボヤキ節を言うようになったのです。


野村克也の名言7

姿の乱れは心の乱れ。

人間には、内面と外見がありますよね。

野村克也は「内面に自信のない人は、外見を派手にする」と結論付けていました。

なのでロン毛や茶髪、髭やピアスなどをNGとしたのです。

見た目を気遣う時間があるなら、そのぶん練習して、一流のプロ野球選手なら、内面(=実績)で結果を出すように求めたのです。


野村克也の名言8

働くとは、ハタ(傍)をラク(楽)にすること。

この言葉は当て字ですが、野球というチームプレーを言い表した名言だと思います。

自分が投手であれば、キャッチャーや外野をラクにして、自分がバッターであれば打点を稼いで投手をラクにしてあげるのです。

それは結局チームプレーに結びついていくのです。


野村克也の名言9

諦めた時が、変わる時。

「諦めたらそこで試合終了ですよ。」という有名なセリフがありますよね。

「もうダメだ…」と諦めた瞬間、選択肢は二つあります。

  • もうやめる
  • 改善して続ける

「もうダメだ…」と感じるのは、改善する余地に気づけただけと野村克也は言います。

なので少し改善して、そのまま続けていけばいいのです。


野村克也の名言10

才能の無い者の武器は考えること。

天才と凡人という言葉があります。

ほとんどの人は「凡人」に該当すると思いますが、どうすれば天才に勝てるのでしょうか?

それは自分の強み(=武器)を正しく理解することです。

その強みをひたすら磨き続けて、長所が活かせる動き方をすれば、たとえ天才が相手だったとしても勝てるのです。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事