トップ営業マンになれる方法を伝授!トップセールスの共通点&特徴

営業職であれば誰でも『トップ営業マン』に憧れますよね。

しかし限られた一握りになるにはどうすれば良いのでしょうか?

そこで今回は『トップ営業マンになれる方法』をお伝えしたいと思います。

まず結論から言っておきますが、誰でもトップセールスになることはできます。

ポイントは、トップセールスになるためのコツを知っているか、知らないかだけなのです。

まずはトップセールスとして活躍している人の共通点や特徴について理解しましょう!

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

営業する前のマインドセット

営業職という仕事を「モノを売る仕事」とか「売上を作る仕事」と認識している人は多いですよね。

確かにそれは間違っていませんが、あくまでも結果論なので、それを営業活動の中心に据えるのは不適切だと思います。

トップセールスを目指す上で、まず認識すべきことは営業活動の定義です。

そもそも営業とは「お客様の課題を解決する」ことです。

そう考えた場合、「モノを売る仕事」とか「売上を作る仕事」という認識が間違っていることに気づきますよね。

つまり主体性が違っているのです。

「お客様の課題を解決する」というのは顧客目線の活動になっていて、「モノを売る仕事」とか「売上を作る仕事」というのは営業目線の活動になっているのです。

もし本当にトップ営業マンになりたいのであれば、まずはこのようなマインドセットをする必要があります。

そして『自分が動くと経済が動く』というマクロ的な視点を持ち、自分の存在価値を高めるのです。

このようにして、売り込む抵抗感を最小化することから始めていきましょう。

これはマインドセットというよりも『マインドコントロール』に近い話ですが、要するにこのような考え方をしなければ積極的な営業活動などできないのです。

営業職は、お客様から一番感謝される仕事です。

なぜかといえば、お客様の業務改善に貢献したり、売上アップに貢献したり、出世を後押しすることもできるからです。

このような場面に直接貢献できる仕事は数少ないですが、その代表格が営業職なのです。

そう考えた場合、やりがいのある仕事だと思えますよね。

まずはネガティブな思考をポジティブに変換することから始めていきましょう!

営業活動の基本を理解する

結論から言ってしまいますが、営業の基本はヒアリングです。

つまり顧客ニーズを聞くことなのです。

先ほどお伝えしましたが、営業活動とは『顧客の課題を解決すること』ですよね。

なので、顧客ニーズ(=顧客の課題)が把握できていないと、最適なソリューションなどできないのです。

よって営業現場では徹底的にヒヤリングをする必要があります。

ある程度ベテラン営業マンになってくると、ヒヤリングを自然体で実施できますが、新人営業マンにはまだ難しいかもしれません。

そんな時には『ヒアリングシート』を用意しておきましょう。

販売する製品サービスが決まっていれば、ある程度顧客ニーズも予測できるはずです。

それに伴った質問事項をあらかじめ考えておいて、商談ではヒアリングシートに沿った質問を展開するのです。

営業マン
本日はヒアリングシートに沿ってお話をお伺いしようと考えております。

最初にこのような伝え方をしておけば、その後の営業もラクになるはずです。

見た目を意識しよう!

営業職は『接客業』なので、見た目を意識するべきだと思います。

間違ってもサイズが合っていない営業スーツを着たり、だらしない格好をするのはやめましょう。

そもそもスーツの着こなしにはルールがあるのですが、ほとんどのビジネスパーソンはそれを知らずにスーツを選んでいます。

なので、まずはスーツの着こなしについて理解するべきだと思います。

詳しくは下の記事にまとめているので後でご覧ください。

そして清潔感のある髪型にする必要もあります。

「人を見た目が9割」という言葉を聞いたことがあるはずです。

これはメラビアンの法則に基づいた科学的な話なので、決して都市伝説のようなものではありません。

営業パーソンは髭を剃って、髪は整髪して、きちんとアイロンがけしたワイシャツと、サイズの合ったスーツを着るのです。

これはつまり『できる営業マン』を演出するということです。

これだけでお客様が抱く印象はガラリと変わるので、すぐに実践していきましょう。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事