営業スキルはどう磨く?セールステクニックを身につけるコツ&方法

トップセールスを目指す為には『営業スキル』が必要不可欠ですが、高度な営業テクニックを身につけるのは簡単ではありません。

しかも、身につけるべき営業スキルはたくさんありすぎるので、どれから手をつければいいかわかりませんよね。

そこで今回は、セールステクニックを身につけるコツと方法について解説したいと思います。

トップセールスマンを目指す人はぜひチェックしてください。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

営業スキルが身に付かない…

営業マンの中には「毎日頑張っているのに、なかなか結果が出ない…」と不満に感じている人もいるでしょう。

営業スキルが身につかないことにより、すべてが悪循環に陥ってしまうのです。

そのような場合「このまま営業職として続けるべきなのか…」と迷ってしまいますよね。

その反面、同じ仕事(=営業活動)をしながら、人の何倍も結果を出している優秀な営業マンも一定数存在しています。

果たしてその違いは一体何なのでしょうか?

優秀な営業マンは特別な才能があるわけでなく、日々の努力によって優れたセールステクニックを身につけているだけなので、決して天才などではありません。

同時に、営業職としての役割や立ち振舞いもきちんと理解しているので、それが相乗効果を生んでいるのです。

そのような仮説に立った場合、正しい努力さえすれば、全てのセールスパーソンが優れた結果を出せるはずですよね。

実はこれが結論なのですが、この記事ではその辺りを解説していきたいと思います。

営業マンに必要な要素とは?

優秀な営業マンには共通点があるので、まずはその点に触れていきたいと思います。

まず代表的なのが『清潔感がある』ということです。

清潔感を演出するためには、それなりの努力が必要ですが、例えばシワがないスーツを着たり、サイズが合ったスーツを着るのです。

そして月1回以上は散髪をして、きちんと整髪した髪型でフレッシュな印象を演出します。

他にも、細かい部分かもしれませんがカドの擦れてない営業カバンを使ったり、革靴も磨いておきましょう。

このように綺麗な見た目にしておけば『メラビアンの法則』が発動します。

これは感覚的な話ではなく、ちゃんと科学的な話なのです。

メラビアンの法則を知らない人は下の記事をご覧ください。

コミュニケーションスキルを磨こう!

営業職はお客様と話す仕事なので、どのような会話をするのか悩みますよね。

もちろんコミュニケーション能力が優れていることも、売るためには必要なスキルとなります。

具体的には以下のコミュニケーションスキルが必要だと言われています。

求められるコミュニケーションスキル
  • アイスブレイク
  • 雑談力
  • ヒアリングスキル
  • クロージング力

特に新規開拓営業は「初めまして…」から始まるので、アイスブレイクが必要不可欠ですよね。

もしアイスブレイクのやり方について悩みがあれば、下の記事をご覧ください。

そして次に必要なのが雑談力です。

これはセールスを始める導入部分に当たりますが、無関係な雑談をベラベラするわけではありません。

あくまでもセールスに繋がる雑談をするべきだと思います。

そのきっかけ作りに使えるのが『雑談ネタ』です。

この数が多ければ多いほど「武器が多い」ことになるので、色々な雑談ネタを仕入れておきましょう。

そして次に求められるのがヒアリングスキルです。

営業活動のキモと言えるのが「顧客ニーズをヒアリングする」ことだと思います。

これはあくまでも一般論ですが、お客様は自分のニーズに気づいていないケースが大半です。

なので、潜在ニーズを聞き出して、それに合わせたソリューションを提供するのが営業職の価値だと言えます。

そして商談を締めくくるのがクロージング力です。

お客様は自分で決められないケースもあるので、そんな時には営業マンが背中を押してあげることも必要でしょう。

決して押し売りのようなやり方ではなく、お客様が納得する方法で背中を押してあげるのです。

このようなコミュニケーションスキルがあれば、スムーズな商談が実現できますし、高いレベルのスキルに昇華できれば、きっと即決営業にも繋がるはずです。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事