営業推進部の役割とは?気になる仕事内容や求められるスキル

規模の小さい会社にはないかもしれませんが、中企業~大企業には「営業推進部」や「営業戦略部」という部署があると思います。

果たしてそのような部署の人はどんな仕事をしているのでしょうか?

そこで今回は、気になる営業推進部の役割や仕事内容について解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

営業推進部とは?

営業推進部とは、営業戦略を推進する部署のことを言います。

営業部と部署名が似ていますが、その役割は少し違っています。

どちらも営業に関連する業務を行うことは共通していますが、ざっくり区別すると以下のように分類ができます。

  • 営業推進部=営業の作戦を立てる部署
  • 営業部=営業の作戦を実行する部署

営業推進部では「どのようにすれば効果的な営業が展開できるか?」を考えるとともに、営業部のセールスがより効果を発揮しやすくなるような体制づくりや促進などを行っています。

営業推進部の仕事内容

それでは営業推進部の具体的な仕事内容を見ていきたいと思います。

これから営業推進部に配属される人や、営業推進部への就職&転職を考えている人は参考にしてください。

①営業施策の作成

営業施策とは、営業を行う上での方針や計画などを定めたものです。

営業活動のベースとなるもので、営業推進部が作成して、本社・支社など社内に浸透させます。

もちろん作成した計画は上長に承認してもらう必要があるので、場合によっては社長決裁になるでしょう。

この営業施策次第で、会社の売り上げが大きく変わる可能性があるので、そういった意味ではやりがい大きい仕事だと思います。

効果的な営業施策について知りたい場合には、下の記事をご覧ください。

②売上目標の設定

営業部全体や個々の営業マンの売上目標を設定するのも営業推進部の仕事です。

事業を行う上で必要な売上や過去の実績データなどを踏まえ、会社予算の策定までするケースもあります。

その予算状況に応じて、現場の状況や営業マンの能力を加味しながら目標を定め、現場レベルまで落とし込んでいくのです。

しかし、実際に売り上げ目標を達成することに関しては、現場の営業部長が見ることになります。

なので、あくまでも「絵を描く」というような役割になります。

➂営業に活用するツールの作成

効果的な営業活動をするためには様々なツールが必要です。

例えば会社や商品・サービスのパンフレット、営業資料、DM、名刺などは代表的な営業ツールですよね。

そのほか、見込み案件や売上を管理するSFAやCRM、日報をスムーズに作成するシステムなども営業ツールと言えます。

このような外部ツールを選定して、導入するのも営業推進部の業務になります。

④営業に必要なデータの提供

効率的に営業を行うためには、様々なデータ分析も必要だと思います。

  • 全社的にどのような商材が売れているのか?
  • どのような営業施策が一番効果的なのか?
  • どのような顧客にアプローチすると良いのか?

このようなデータを分析して管理し、必要に応じて営業部に提供するのです。

つまり営業推進部とは、営業部にとってブレイン(頭脳)のような存在なのです。

➄営業マン向けのセミナー運営

営業マンがセールスに必要な知識&スキルを身に付ける方法は様々ですが、会社内で勉強会を設けるのも一つのやり方だと思います。

営業パーソンが能力を高め、より業務でその力を発揮できるようにセミナーを企画したり、運営実行するのも営業推進部の仕事です。

時には外部の研修会社に仕事を依頼したり、営業コンサルティングをお願いすることもあるでしょう。

そのような外部とのコネクションを広げることも、仕事の一環なのです。

営業推進部は出世しやすい?

一般的に、営業に関する部署は企業の中で「花形的な存在」だと言われています。

なので、「営業推進部に配属されると出世しやすいのでは?」と考える人も少なくないでしょう。

結論としては、営業推進部が特別出世しやすいというわけではありませんが、出世を目指す人にとって有利に働く可能性は十分あります。

営業推進部に配属される場合には、おそらく営業現場(=営業部)を経験してから配属されることになると思います。

そう考えた場合、営業現場で顧客と接することで会社の製品サービスを理解して、営業推進部ではその戦略立案をするようなキャリアになると思います。

こんな流れはつまり、自社製品サービスを売るための仕組みづくりを経験するということになります。

これは経営者にとって非常に重要な能力なので、キャリア形成する上で有利に働く可能性があります。

営業職は出世の登竜門?

営業職を経験することは「出世する上での登竜門だ!」とも言われています。

その理由はいくつかありますが、まず1つは成果が目に見えやすいことです。

営業は自分の成績が企業の売上に直結する仕事です。

そのため、仕事の成果を周りに認めてもらいやすい職種だとも言えます。

仕事の成果を高く評価されることは、自分のモチベーションアップに繋がるのはもちろんですが、社内で自分の能力の高さをアピールするための武器にもなるでしょう。

わかりやすい成果が示せれば、社長の目に留まりやすくなり、出世への道が開けるというわけです。

また、営業に必要な知識・スキルの中には、企業経営において活用できるものが多々あります。

例えば自社の製品・サービスに関する知識はその1つ。

営業は商談時、顧客にしっかり説明したり、顧客からの質問に抜かりなく答えたりできるよう、製品・サービスについて高いレベルの知識が求められます。

自社製品・サービスに対する理解の深さは、管理職として働く上でも非常に重要だと思います。

なお、顧客と直に接した経験も、貴重な財産になるはずです。

多くの顧客に支持される企業とは、顧客の声に対して真摯に耳を傾け、その課題解決に全力を尽くしている企業だと思います。

そのためには、顧客ニーズの把握が必要不可欠で、お客様が求めていることをくみ取る力が必要です。

数多くの顧客に対応する営業マンであれば、そうした感覚が備わっていると考えられます。

このように、営業に関する部署には出世時に必要な能力・経験を磨ける環境が用意されています。

もちろん営業推進部に在籍しているからといって、必ず出世できる保証はありませんが、培ったものがプラスに働くことは確実だと思います。

その経験を上手に活用すれば、出世を目指す際の武器にできるでしょう。

営業推進部に求められるスキル

ここまで営業推進部の仕事内容や役割を理解した人の中には、「営業推進部への配属を希望したい!」と考えた人もいるでしょう。

しかし、営業推進部で活躍するためには、それなりにスキルを備えていなければいけません。

例えばマーケティングに関するスキルは絶対に求められるスキルだと思います。

営業推進部は営業戦略を練って、営業活動の最大化を求めることがメインの業務内容です。

つまり営業チームにおける参謀役なのです。

そのように考えた場合、「どうすれば売上が伸びるのか?」を考えることができるマーケティング知識が必要不可欠だと思います。

つまり、マーケティングに精通している必要があるのです。

もしマーケティング知識が乏しいと感じるなら、「フィリップ・コトラー」と「マイケル・ポーター」くらいは押さえるようにしましょう。

コトラーのマーケティング4.0
created by Rinker
マイケル・ポーターの競争戦略
created by Rinker

的確なマーケティングを行うため、正確にデータ分析する能力も求められます。

マーケティングしたデータ分析の結果を踏まえながら、営業の計画策定をして、全体を俯瞰的に見ながら、セールスロジックを組み立てるのです。

論理的思考力(ロジカルシンキング)は営業推進部で働く際に重要なスキルなので、この辺りは理系の人が得意とする分野かもしれません。

論理的思考力とは、物事を系統ごとに区別しながら整理し、筋道を立てて論理的に考えていく力のことを言います。

営業計画やマーケティングはさまざまな物事を集約し、その中から要点を見つけ出して整理しながら行うことが大切なのです。

他にも実務的なスキルとして、資料作成の能力も身につけておいた方が良いと思います。

わかりやすい文章や表、見やすいレイアウトデザインなど、経営者に対して戦略プレゼンするスキルも必要です。

マーケティングやプレゼンテーションに自信がない場合は、下の記事をご覧ください。

営業推進部は転職しやすい?

営業推進部で働いた後のキャリアは、

  • 今の会社で出世をしていくか?
  • 別の会社に転職するか?

の2択になると思います。

もし別の会社に転職することを選んだ場合、営業推進部で働いた経験は果たして武器になるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、営業推進部は転職しやすい部署とは言えないと思います。

企業が転職組(=中途社員)を採用する場合には、即戦力を求めると思います。

もしあなたが営業部の場合には、既存顧客があるので、ある意味で即戦力になる可能性があります。

しかし、営業現場を離れて久しい営業推進部の場合には、既存顧客を持っていません。

なので、営業部に配属したところで即戦力にはなりづらいのです。

それでは、営業推進部から他社の営業推進部に転職する場合はどうでしょうか?

先ほども解説者通り、営業推進部で活躍するためには、自社商材について詳しくなければいけません。

そう考えた場合、営業部からのプロパー社員と比較して、転職社員はどうしても知識量が劣ってしまいます。

すると必然的に、営業推進部で活躍できる可能性が低くなるのです。

もちろんマーケティングのプロフェッショナルレベルの知識量やスキルを持っていれば、マーケティング人材として採用される可能性があります。

しかしその場合は、営業推進部というよりは、マーケティング部への配属になると思います。

まとめ

営業推進部は企業の営業の中枢を担う部署だと思います。

営業部と同じく、自社の売上に直結する非常に重要な部署だと言えるので、その仕事内容はかなりやりがいあると思います。

諸葛孔明のように戦略立案をして、軍師のような動きがしたい場合には、営業推進部がぴったりだと思います。

もし営業推進部を希望する場合には、経営戦略に関する本をたくさん読んでおきましょう。

孫子の兵法
created by Rinker
LINE公式アカウントのご案内

営業シーク@LINE公式アカウントを友達追加して、最新情報をチェックしよう!

最新の記事情報や、営業パーソンに有益なコンテンツを無料でお届けします!

ぜひ営業シークのLINE公式アカウントを友達追加してください!

友だち登録無料(0円)!

↓↓ ↓ 下のボタンをクリック↓↓↓

おすすめの記事