営業職の給料はいくら?トップ営業マンの年収とインセンティブの決め方

営業職に転職する時に気になるのが給料だと思います。

営業職の給与は高いと言われますが、その理由は何なのでしょうか?

そこで今回は、営業マンの年収とインセンティブについてわかりやすく解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

営業職の給料は高い?

営業職の給料は一般的に高いといわれていますが、その理由とは営業が売上をもってくるからです。

多くの業種で営業マンが高い年収で採用されている理由は、ズバリ自社の売上に貢献するからなのです。

営業職は、経理などの事務職や技術系の仕事のようにコツコツ進めれば必ず終わるという仕事ではないので、成果を出すことが難しい仕事であることも事実です。

しかし、営業マンは自分の頑張り次第で多くの収入を得ることができるので、他の仕事と比較しても一番稼げる職種と言われています。

とは言っても、営業職は給料が高いものの、年収に応じて仕事内容がハードになっていくケースが多いようです。

実際、営業マンで成果を出していくためには、様々な苦労が伴うのも事実です。

売上を上げるためには、それなりの苦労が伴いますが、同時に売上目標を達成した場合の達成感は営業マンならではと言えます。

扱う商材によっては、個人向け営業から法人向け営業と、様々なタイプの営業職がありますが、一般的にはインセンティブが高い商材を販売するほうが、より多くのお金を稼ぐことができます。

営業職は、他の職業に比べて稼げることは間違いないのですが、自分の適性に応じた商材を扱う仕事を選んでいけば、十分に高収入を目指すことができます。

営業職の給料はどう決まる?

営業職の給料は会社の給与規定に応じて支給されますが、転職する場合には前職の給与水準が考慮されるはずです。

同業他社から転職する場合には、比較的簡単に固定給が算出できますが、他の業界からの転職であれば悩ましいところです。

営業職の場合、会社によって固定給&歩合給の給与形態を採用する「成果給」を採用しているケースが多いです。

このような実績に連動する給与形態の場合には、毎月の頑張りが給与に反映されるので、自分が努力すれば給与を上げることができます。

前職での活躍がポイント

転職をする際に採用担当が見るポイントには、今までのスキルが自社の商材に活かせるか否かだと思います。

同じ業界での営業経験が長い場合、商材やサービスに対する業界知識や商品知識、クロージングに至るプロセスを理解していると判断されるので、採用時に高い給与を提示されるケースが多いです。

また、前職で社長賞やMVPを受賞したトップセールスマンだったのであれば、好条件を提示されることでしょう。

そのような人は人脈が多かったり、取引先を持っているケースがあるので、即戦力として期待されるのです。

このように、採用時には同業他社での勤務経験や、培ったスキルや経験、持っている人脈やネットワークも期待値として年収に反映されます。

なので、得意な分野が同じ業種だと感じる場合は、同業他社への転職がオススメですし、違う商材の方が合っていると感じる場合には、違う業界で営業職を目指すのが良いでしょう。

どちらにしても、給与面と待遇に不満が無いカタチでの転職を検討することが大切です。

営業給料の歩合&インセンティブ

一般的に、営業職の給料には歩合やインセンティブが付与されます。

コミッションとも呼ばれる歩合やインセンティブですが、歩合の支給方法には、歩合給や成果報酬など、様々な支給方法があります。

営業職は会社の業績を左右する重要な仕事なので、たとえ歩合なしの会社であったとしても、特別手当などの形でインセンティブを付加されるケースが珍しくありません。

営業職の給与相場はさまざま

長い時間をかけて、じっくり営業する必要がある高単価の商材を扱うケースでは、年棒制などを採用するケースが多いです。

年棒制は1年間の雇用を前提とした給与体系で、1年間ごとに更新する仕組みになります。

インセンティブ無しの固定給では、営業成績に応じた給与の上昇を見込むことが難しいですが、落ち着いて仕事ができるはずです。

営業関係の仕事は、ストレスで精神が不安定になりがちですが、固定給の給与形態であれば、生活面で不安を感じることがなく、営業という仕事に集中することができます。

相場に応じた給与が支給されるのであれば日常生活が安心です。

しかし、多くのお金を稼ぐことが目的なのであれば、歩合制の給与体系を採用している営業職に転職することが良いでしょう。

フルコミッション(完全歩合制)もある

歩合制の給与形態を採用している会社でも、固定給が付加されている会社とフルコミッション制の給与体系を採用している会社があります。

成果に対する報酬は、フルコミッション制である「完全歩合制」の方が多くなりますが、無収入になるリスクが拭えません。

自分の適性と希望の給与体系を考えながら、満足のいく転職活動を実現させましょう。

トップ営業マンの年収はどれくらい?

営業職の場合、新卒サラリーマンでは考えられないほどの高収入を得ることができることも珍しくありません。

外資系の保険会社や証券会社、不動産会社の営業マンでトップセールスになれば、年収が億を超えるケースも現実としてあります。

実際、そのような会社のトップセールスは年収1千万円~5千万円が普通という話も聞きます。

求人サイトを見ていくと高額報酬を得ることができる旨の記載があるのは事実ですが、多くの収入を得るには、それなりの努力が必要になることを忘れないことも大切です。

営業職の場合は、会社の前面に立って顧客とやりとりする機会も多く、精神的に辛いのが実情でもあります。

高額な給与を得ることができる営業職の多くは、それなりに高いストレスを感じる対価でもあるのです。

例えば、難しい保険商品を理解したり、難解な株式相場を読み解くにはそれなりの地頭が必要です。

不動産のような高額商品を売るのにも、他社と差別化できる営業スタイルが欠かせません。

つまり全ての営業マンが高額報酬を得ることができるわけではなく、成果に結びつく前に辞めてしまうケースも実際に良くあるものです。

営業職に従事する以上は、多くの報酬を得ることを目指して働きたいと考えるのが普通だと思いますが、自分に向いているか、成果を挙げやすい商材であるかの観点で判断していくことも重要なのです。

営業職が稼ぐ方法

営業職が稼ぐ方法は、働いている会社に売り上げをもってくることです。

最終的には、これが全てだと言えます。

収益を稼げば、自分の給与にもインセンティブが反映されますが、決して楽して稼げる商材サービスばかりではありません。

たとえ儲かると思って始めた仕事であっても、自分が思っているほど儲からないこともあります。

その結果、副業をする事態に陥るケースも珍しくありません。

稼げる仕事だと思って始めた仕事で上手く稼げない場合、副業で稼ぐこともある程度は仕方がないでしょう。

しかし、「結果的に副業の方が稼げた!」なんてケースも十分あり得るので、決して副業だからと言って侮れません。

このような場合には、副業をきっかけに独立起業するという選択肢も出てきます。

結果次第では人生が変わるほどのインパクトになるかも知れません。

もし転職を考える場合には、年収の面だけで判断するのではなく、扱う商材や会社の雰囲気など総合的に判断することも大切です。

例えば、長きに渡って継続的なインセンティブを期待するなら、法人向けの営業が良いでしょう。

その逆に、短期的な収入を目指すのであれば、個人向け営業を選んでいくのが良いでしょう。

どの仕事でも同じではありますが、高い報酬を得るためには、それなりの仕事をする必要があります。

たとえ売れ筋の商材だからといっても、売上を作っていくためには、自分なりに創意工夫をしながら営業展開する必要があります。

  • 自分にできる範囲の仕事なのか?
  • 売上が見込める仕事なのか?

などを事前にインターネット上の情報や、先輩社員の体験談などから参考にして検討するのが良いでしょう。

楽して稼ぐことを期待するのではなく、自分に合っている仕事であるかの判断が重要だと思います。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事