フルコミッションはセールスの地獄?フルコミ営業がきつい理由

フルコミッションは昔からビジネスの現場で利用されてきた契約形態ですが、最近さらに脚光を浴びてきています。

その背景には、個々人が新しい働き方を探し始めたということが挙げられます。

そこで今回は、フルコミセールスについて取り上げていきたいと思います。

「フルコミとはどのような働き方なのか?」という基本的な疑問から、フルコミのメリット&デメリットなど、働き方の注意点まで幅広く解説していきたいと思います。

>>フルコミ案件が多数掲載|side bizz(サイドビズ)

フルコミッションセールスとは?

フルコミッションとは、完全歩合制(=完全出来高制)という意味になります。

完全歩合制は実績や売上高に応じて給料(インセンティブ)が支払われるという契約形態のことをいいます。

しかし、中には実績ゼロや売上高が低くても、最低賃金とは言わずとも固定報酬が設定されているタイプもありますが、基本的には”成果や売上がないと収入ゼロ”という認識で間違いないと思います。

このため、

  • 自分がどれだけ売ったか?
  • どれだけ売上に貢献したのか?

ということが全てという、大変厳しい給料形態なのです。

このような仕組みがフルコミッション制度と呼ばれているのです。

フルコミッションはセールス職に多い

そんなフルコミッションの仕事で特に多い職種が、セールス系の仕事になります。

「フルコミッションといえば営業!」と言われるほどセールス系の仕事は多くて、フルコミ営業と呼ばれることもあります。

例えば投資用不動産やプロパンガスの切り替え営業、太陽光発電や蓄電池、新電力など様々な業界でフルコミの仕組みは活用されています。

フルコミッションセールスは報酬額が高いので、受注を獲れば獲るほど高収入を見込めるのが魅力的だと言われています。

またセールスのやり方や1日の使い方が自分の裁量に任されているため、慣れてくれば自分のペースで仕事ができる点もメリットだといえます。

ただし成果と実績が残せなければ給料ゼロという点は大きなデメリットなので、しっかりそれを理解しておく必要があります。

フルコミッションの契約形態

フルコミッション契約は雇用形態ではなく、業務委託契約が基本になります。

実はフルコミッションの契約形態を正社員やアルバイト、パートと同じ雇用契約にしてしまうと、労働基準法違反になってしまうので、違法契約になる可能性が高いのです。

この理由は後述しますが、正社員やアルバイト、パートに支払う通常のコミッション制であれば雇用契約にできますが、インセンティブが完全出来高払いであるフルコミッションセールスは同じように扱えません。

このためフルコミッションで仕事をする場合には、会社と雇用契約を結ぶのではなく、個人事業主として、特定の法人を相手に業務委託契約を結ぶことになるのです。

つまりフルコミッションで働くということは、実質的に経営者(社長)であることを意味するのです。

フルコミッションは違法?

例えば、正社員に対して給与を完全出来高払いにしたらどうなるのでしょうか?

答えはもちろん労働基準法違反の違法行為になります。

この根拠になっているのが最低賃金制度という考え方になります。

最低賃金制度とは各都道府県ごとに設定されている最低賃金を定めた制度で、必要最低限の生活を維持する為に金額が提示されています。

この最低賃金を下回る給料を支給することは違法行為とみなされますので、サラリーマンなど雇用契約を結んだ従業員をフルコミッション(完全歩合制)にすることは現実的にできないのです。

逆に業務委託契約であれば、最低賃金という制約の適用範囲外になります。

自営業者と法人が業務委託契約を結んで、その給料を完全出来高払いにすることは労働基準法に触れないため、フルコミッション制で仕事をしても問題はないと判断されるのです。

つまり正社員やアルバイト、パートのように会社と雇用関係がある訳ではないので、フルコミッションにしても問題ないのです。

そのため働いた時間分の給料(時間給)を払ってもらうのではなく、自分が売った分だけ稼ぐという考えの契約形態が実現できることになります。

しかし、下請け法という別の法律が関係してきますので、フルコミ営業を活用したい人事担当者はこの法律について調べておく必要があります。

気になる人は公正取引委員会ホームページをご確認ください。

>>公正取引委員会ホームページ:https://www.jftc.go.jp/shitauke/

フルコミの不動産営業は儲かる?

フルコミッションのセールスの中でも特に儲かるといわれているのが、不動産(投資用不動産など)の営業職です。

実際どの程度稼いでいるのかというと、月収で50万円~100万円程度は当たり前だと言われていて、年収数千万円のプレイヤーがゴロゴロしています。

営業のやり方によっては1億円以上稼ぐ人もいるので、フルコミッションセールスのメリットを最大限に活かして稼げるのが不動産営業なのかも知れません。

フルコミ不動産が稼げる理由とは?

このようにフルコミッションによる不動産営業が稼げる理由は、受注1件あたりの報酬額が非常に高いからです。

一般的な不動産の仲介ビジネスとは、購入者から支払われた物件購入代金から仲介手数料を差し引いて、自身の報酬として受け取るビジネスモデルになります。

仲介手数料は法律で上限3%と設定されているので、例えば5,000万円の不動産であれば150万円が仲介手数料の目安になります。

この受注をフルコミッションセールスで行った場合、この仲介手数料の半分以上が取り分になる為、75万円以上の報酬を得ることになります。

これを1年繰り返せば、「75万円×12ヶ月=年収900万円」に達することになりますし、さらに複数の仲介を成約させれば、それ以上の報酬額を稼ぐこともたやすいのです。

しかもフルコミッション(個人事業主)の場合には、この年収900万円は給料でなく、”売上”として勘定されることになります。

この点がとても大きなポイントなのです。

つまり、稼いだ売上900万円から、自由に経費処理(損金算入)することができるのです。

なので実際の年収は、フルコミで稼いだ売上の1.5倍~2倍くらいになるはずです。

このような点から、不動産のフルコミ営業は「やればやるほど稼げる仕事」として未経験者にも人気を集めているのです。

フルコミッションはきつい

フルコミッションセールスは契約を受注すればするほど報酬を得ることができるので、”稼げる仕事”として非常に魅力的な働き方だといえます。

ただフルコミッションでの仕事は「とてもきつい…」と言われています。

実際にフルコミッションで仕事をしている人の中には、途中で挫折してしまったり、稼げずに諦めてしまった人も少なくないようです。

このようにフルコミッションがきついと言われる理由にはいくつかありますが、その中でも最も大きいのが「確実に儲かるわけではない」ところがあります。

フルコミッションの給与形態

フルコミッションの給与形態とは、

  • 完全歩合制
  • 完全出来高払い

になります。

そのため自分の実績に応じて報酬額も比例してアップしていきますが、全く結果が残せなければ最低賃金分すら保証されないので、収入はもちろんゼロ円になります。

しかも個人事業主として業務委託契約を結ばなければ働けないので、契約企業(取引先)との関係性構築も大変です。

収入を維持する為には、既存顧客のフォローアップ営業だけではなく、新規開拓営業もしなければいけません。

またフリーランスとは経営者なので、バックオフィス業務をこなさなければいけない苦労や、誰にも相談できない孤独感は、ビジネス慣れしていない人にとって”想像以上にきつい”と言われています。

もちろん成果が出せれば高額報酬が約束されますし、努力次第では青天井の利益を得ることも可能です。

ただ成功と失敗の落差が非常に大きく、ハイリスクハイリターンであることがフルコミッションの辛さであり、厳しさであると言われています。

フルコミッション営業の種類

フルコミッションセールスといっても、業種業界によっていくつかの種類があります。

よく知られているのが先ほど解説した不動産営業ですが、他にも色々なフルコミッションの働き方があるのです。

ここでは色々なフルコミ募集についてご紹介していきたいと思います。

お仕事探しの参考にしてみてください。

>>フルコミッションのお仕事情報サイト|side bizz(サイドビズ)

保険会社にもフルコミ営業がいる

保険業界や通信業界もフルコミ代理店を多く活用している業界になります。

保険会社や金融系の多くでフルコミッションセールスは活用されており、中でも外資系の保険営業マンはほぼフルコミッションセールスだといわれています。

ただこの業界は、保険という説得商材を扱っているので、競合他社との差別化が難しく、押し売り的なセールスが横行しています。

なので、「保険営業は知人・友人から嫌われる仕事」なんて言われることもあります。

また、保険に関する知識や金融リテラシーを高める努力が求められるので、常に勉強しなければいけません。

当たり前の話ですが、ファイナンシャルプランナーの資格ぐらいは必須ですし、中小企業診断士など付加価値のある資格が求められるケースもあります。

そのような理由から、フルコミッションセールスの中でも勝ち抜くのが厳しい業界だと思います。

通信商材のフルコミ営業

インターネット回線や携帯番号などを扱う通信業界でもフルコミッションセールスは活躍しています。

そもそも通信商材はインセンティブが高い業界なので、フルコミ営業マンが稼げるのです。

しかも保険や不動産と違ってインフラ商材なので、一定数のニーズが必ず存在しています。

そして、インターネット回線と携帯電話、電話回線やポケットwifiなど通信商材同士でクロスセルできることも大きな魅力です。

個人顧客を相手にするので、新電力やプロパンガスを販売したり、太陽光発電をセールスすることもできます。

このように稼げる商材が多いことは、フルコミ営業で働く上で大きなビジネスチャンスになるはずです。

フルコミッションの仕事はどこで探す?

ここまで解説してきた通り、フルコミッションという働き方は「ハイリスクハイリターン」だといえます。

それでもフリーランス化の流れは強くて、営業フリーランサーとして活躍したい人は増える一方だと思います。

そうなった場合に課題になるのが、「フルコミ営業の仕事情報をどこで探せばいいのか?」ということだと思います。

実はフルコミ営業の仕事情報は世の中にほとんど出回っていなくて、大手求人サイトでもあまり見かけません。

しかし、営業フリーランス専用のお仕事情報サイトも一定数存在しています。

気になる人はぜひチェックしてみてください。

>>フルコミッションのお仕事情報サイト|side bizz(サイドビズ)

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事