プラス思考は意外とネガティブ?ポジティブ思考になる方法&コツ

プラス思考な人は決して多くないと思います。

しかし、ビジネスマンであればポジティブ思考になった方が絶対にお得です。

そこで今回は、ポジティブシンキングになる方法やコツについて解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

プラス思考(ポジティブ)になれない!?

ネガティブ思考の人は、ちょっとした言葉や出来事で気分が落ち込んでしまいますよね。

ネガティブ思考の人は失敗を恐れて行動に移すことができず、負のスパイラルに陥ってしまうことも少なくありません。

その反面、プラス思考の人は失敗を恐れずにガンガン挑戦できるので、仕事やプライベート問わず結果を出しやすい傾向があります。

しかしネガティブシンキングの人が、いきなりプラス思考に変えるのはなかなか難しいのが現実ですよね。

プラス思考になるためには、プラス思考になる為のコツを押さえる必要がありますが、まず大切なことは客観的な視点を持つということです。

人のことであれば冷静に考えられると思いますが、いざ自分のことになると意外と冷静に捉えることができずに、判断を誤ってしまうケースがあります。

マイナスに考えてしまうというのがネガティブ思考の特徴なので、できるだけ俯瞰的に自分のことを見てみましょう。

目標設定してみる

プラス思考に変えるためには、大きな目標の前に小さな目標をたくさん作るというのも有効的です。

例えば10kgダイエットしたいと思っても、そんな目標はすぐに達成できませんよね?

なので、10kgという最終的なゴールの前に1kg、3kgと小さな目標を作って、それを一つづつ達成していくことで、徐々に成功体験が積みあがっていきます。

そうすると自分に自信がついてくるので、少しづつポジティブシンキングになっていくはずです。

プラス思考になるメリットとは?

考え方をプラス思考に変えることで、仕事もプライベートも恋愛も全てが上手くいくと言っても過言ではありません。

「考え方を変えるだけでそんなに変化するのか?」と疑問に思うかもしれませんが、現実とはそんな些細なものなのです。

ポジティブな考え方ができる人とは長所やメリットを見つけることができる人なので、小さな幸せをたくさん感じることができて、日頃からおだやかで柔らかい雰囲気の人になれます。

やっぱり話していて前向きな人や、向上心がある人は刺激を受けますし、接していても気持ちが良いですよね。

その反面、ネガティブな人と一緒にいても愚痴ばかりでつまらないので、周囲からどんどん人がいなくなっていきます。

仕事にフォーカスしてみると、ポジティブな人は積極的に活動するので、自ずと結果に繋がっていきます。

というのも人間関係の構築がうまいので、色々な人が協力してくれますし、上手く行きやすいサイクルが自然にできてしまうのです。

これはまさに好循環ともいえる仕組みなので、ただ前向きに生きていくだけでも大きなメリットが享受できることになります。

また、仮に上手く行かずに失敗してしまったとしても、プラス思考の人はストレス耐性があるので、それを引きずらないで次の仕事に取り組むことができます。

結果的に、常に最高のパフォーマンスが発揮できることになるのです。

ポジティブ思考はモテる

ポジティブ思考になると、実は恋愛も上手くいくんです。

ポジティブな人は希望にあふれた未来を想像することができますが、ネガティブな人はモテない理由ばかりを口にしてしまいます。

ネガティブよりも前向き思考に人は惹かれますし、交友関係も広がりやすいですよね。

なので、結果的に出会いの場も多くなって、より良いチャンスに恵まれることになっていくのです。

プラス思考な人の特徴

プラス思考になれない人は、

  • 自分はプラス思考の人間なのだろうか?
  • プラス思考な人とは具体的にどんな人なのだろうか?
  • 果たして自分の身近にそういう人はいるのだろうか?

と思ってしまいます。

プラス思考の人の特徴とは「クヨクヨしない」「落ち込まない」ということです。

例えば、仕事においてあなたが何かミスをしたとします。

マイナス思考の人だと「最悪だ。絶対怒られるし、明日休んでしまおうか…」などと考えてしまいがちですが、ポジティブな人の場合は「このミスはしっかり謝罪して、次回起こらないようにしよう!」という具合で前向きに捉えるので落ち込みにくいという特徴があります。

なぜこのような思考になるのかというと、ポジティブな人は自分に自信を持っているからです。

自信を持てば何事にも前向きになれますし、逆に自信を失うことは悪循環的にマイナス思考に陥っていきます。

そういった観点では、ポジティブな人というのは”自信を持つのが上手な人”とも言い換えることができるかもしれません。

ちょっと落ち込んだとしても「ま~なんとかなるか」とか「まーいっか、死ぬわけじゃないし」と考えてしまう楽観的な部分があるので、常に前向きでいられます。

このようなプラス思考な人の特徴は、マイナス思考の人から見るとうざいと感じられるかも知れません。

マイナス思考の人はある意味では真面目に考えすぎてしまう人なので、楽観的に考える人を嫌う傾向が少なくないのです。

プラス思考になれることわざ&名言

ここではネガティブな人が前向きになれることわざや名言をご紹介していきたいと思います。

プラス思考になれる代表的なことわざ&名言を紹介しますので、自分に刺さるものがあれば座右の銘にしてみても良いかもしれません。

まずは「Stay Hungry. Stay Foolish.」です。

日本語訳にすると、「ハングリーであり続けろ。愚かであり続けろ。」という意味になります。

この言葉はApple社を創業したスティーブ・ジョブス氏がスタンフォード大学の卒業式でスピーチした時の締めの言葉です。

自分の人生は困難なだったことを告白し、それでも前向きに生きていれば、点と点が繋がって線になるタイミングがきっとやってくる。

なので今やっていることをあれこれ難しく考えず、全力で取り組むことを推奨し、「過去から現在にかけて人生に無駄な瞬間など無いのだ!」という前向きな考え方を短くまとめた言葉です。

ネガティブに考えがちな人にとって、少し気持ちがラクになる言葉かも知れません。

次にご紹介するのは、発明王トーマス・エジソンが残した言葉です。

「私は失敗などしたことがない。ただ単に1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ。」

この言葉もインパクトのある名言です。

もし何か失敗したりミスをした時、すぐに頭を抱えて塞ぎこんでしまう人には、ぜひおすすめしたい名言です。

エジソンは数々の発明をした偉人として有名ですが、そんなエジソンも成功の裏には数多くの失敗を積み重ねてきました。

ただ、その失敗をエジソンは「失敗した…」と認識しないようにしていました。

この辺りが発想の転換なのですが、エジソンは失敗した時に「失敗する方法をまた一つ発明した」と考えるようにしていたそうです。

確かにこの考え方は間違ってないですし、このように表現すると失敗やミスが前向きな作業に思えてくるから不思議です。

ぜひ真似したい思考術ですよね。

「壁は超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時は成長する為のチャンスだと思っている。」

この言葉は歴史的な大記録を打ち立てた日本人メジャーリーガー イチロー選手の言葉です。

かなりストイックで努力家な人だと言われていますが、そのメンタルを保つ方法も独特です。

普通の人は大きな壁が立ちはだかった場合、「どうすればいいんだ…」とか「なんで自分だけ…」とか後ろ向きな思考になりがちですよね。

しかし、イチロー選手は違います。

「この壁は超えられるからこそココにある。この壁を越えた先にあるのは大きな成長だ!」と前向きに取り組むようにしているそうです。

逆境を楽しむ余裕すら感じられる、パワフルな言葉ですよね。

次に元・プロテニスプレイヤーの松岡修造さんの名言をご紹介します。

「崖っぷちありがとう!最高だ!」

日本一熱い男とも言われていますが、その言葉の数々はとてもパワフルで、多くの人を勇気づけています。

そのような熱い名言がまとめられた、日めくりカレンダーが大人気になりましたよね。

この名言は「崖っぷちというギリギリの状態になった時こそ、人は本気になれるんだ!」という高揚感を表した言葉です。

普通は崖っぷちの人生なんて過ごしたくありませんし、なんとなくのんべんだらりと過ごしていた方が人生ラクですよね。

つまり、手抜きをした方がラクに生きれるということです。

しかし、本当にそのような人生で幸せと言えるのでしょうか?

果たして自己成長できるのでしょうか?

人は逆境にあった時や、生死を分けるような状態になればなるほど本気になるという生き物です。

そういった観点では、崖っぷちこそが本領発揮の場といえるのではないでしょうか?

この「崖っぷちという環境こそ自分自身を成長させてくれる」ことを知っている人ゆえの名言といえるでしょう。

プラス思考になれるトレーニング

プラス思考になりたいと思っても、そんな簡単に思考回路を変えることはできません。

時間は掛かるかもしれませんが、ゆっくり自分のペースで消化していくのがおすすめです。

というのも、人間は基本的にネガティブな人が多いのですが、プラス思考を繰りかえしトレーニングすることで、ネガティブな回路からプラス思考に切り替わっていくのです。

一気にプラス思考になる効果までは無かったとしても、繰り返すことで少しずつプラス思考になっていくことが期待できるということです。

なので、ここではプラス思考になる為のトレーニング方法について解説していきたいと思います。

具体的なトレーニング方法としては、まず本を読む(読書)ことから始めていきましょう。

世の中には自己啓発本が多数出ていますので、自分に合いそうな本を選んで読んでみてください。

そういった本の中にはプラス思考になる方法が書かれているのですが、逆に「どうしてネガティブ思考になってしまうのか?」という理由も書かれているので、思考回路が体系的に理解できるはずです。

そのような考え方が身に付いたら、次は実践編です。

具体的に何をした方が良いということはありませんが、例えばスポーツに挑戦してみるのはいかがでしょうか?

実はネガティブな人というのは成功体験に乏しいという傾向があります。

成功体験に乏しいということは、自分に自信を持つことができないので、まずは些細な事でも成功体験を積み上げることにチャレンジしてみましょう。

スポーツであれば、少しずつ出来なかったことが出来るようになるという成功体験が得られるはずです。

日常生活の中でいえば、例えば「すみません」という言葉を「ありがとう」に変えてみるのもおすすめです。

「すみません」は様々なシーンで使える万能な言葉ですが、本来は謝罪の言葉です。

なので、後ろ向きな思考になりやすいので注意が必要なんです。

そんな時には、謝罪する言葉ではなく、相手に感謝の気持ちを伝える「ありがとう!」という言葉に変えることで、前向き思考になれるはずです。

こんな細かい変化でも、積み重なっていけば大きな変化になり得ますので、自分を変えたい人はぜひ一歩踏み出してみてください。

LINE公式アカウントのご案内

営業シーク@LINE公式アカウントを友達追加して、最新情報をチェックしよう!

最新の記事情報や、営業パーソンに有益なコンテンツを無料でお届けします!

ぜひ営業シークのLINE公式アカウントを友達追加してください!

友だち登録無料(0円)!

↓↓ ↓ 下のボタンをクリック↓↓↓

おすすめの記事