営業代行のフリーランス募集サイトとは?副業個人を活用する方法

外部に営業代行を依頼しようと検討した場合、その選択肢は何種類かあると思います。

まずはセールスのプロフェッショナルである「営業代行会社に依頼する方法」だと思いますが、個人の営業フリーランスを活用する方法もあるのです。

そこで今回は、営業フリーランスを活用する方法について解説していきたいと思います。

営業代行してくれる副業フリーランスを募集できるwebサイトにも触れていくので、営業活動をアウトソーシングしたい企業や、副業フリーランスを探している人事担当者はぜひご覧ください。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

営業代行の個人フリーランスとは?

営業職といえば、自社製品・サービスを販売する仕事というイメージですが、働き方が多様化する中で、採用活動も難しくなってきました。

特に営業職はイメージが良くないので、「営業職として働きたい!」という人も減少していると聞きます。

そのような時代背景があって、別のやり方を模索する企業が増えてきたのです。

そのような企業にとって最有力の方法が、「営業代行してくれる個人フリーランスを活用する」というやり方になります。

ちなみに、営業フリーランスには大きく分けて2種類の属性があります。

  1. 本業フリーランス
  2. 副業フリーランス

「本業フリーランス」というのは、営業のプロフェッショナルとして働いている個人事業主のことを言います。

それだけで生計を立てているので、営業力があるのはお墨付きでしょう。

それと比較して「副業フリーランス」は、ある企業の正社員として働きながら、スキマ時間や休日にフリーランスとして活動している人のことを言います。

そのような人は副業感覚なので、多くの仕事を任せることはできませんが、既に営業職として活躍している人なので、ある意味では「即戦力」と言えます。

フリーランスに仕事を依頼しても大丈夫?

フリーランスは個人事業主なので「責任感がない」とか「仕事をしてくれるか心配…」という声をよく聞きます。

確かに法人に比べて信用力は低いと思いますが、それでも仕事をしないわけではないので、結論としては「人による」のだと思います。

「本業フリーランス」もそうですが、「副業フリーランス」も今後は増加する一方だと言われています。

これからは人々が自由な働き方を求める時代なので、パラレルキャリアやパラレルワークという働き方も一般化するでしょう。

なので、今後はフリーランサーに仕事を依頼する機会が増えていくと思われます。

しかしフリーランスは個人事業主なので、仕事(=案件)を受注するのが難しいという現実もありますが、副業フリーランスに仕事を依頼するクライアント数が多くなっていけば、自然とその問題も解決されていくはずです。

フリーランスは「ある特定分野のプロフェッショナル」なので、知識が豊富で頼りがいもあります。

営業フリーランスであれば、テレアポに強みを持っていたり、クロージングが得意だったり、営業パーソン毎にアピールポイントが違うはずです。

そのような人的リソースを安価に利用できるのが副業フリーランスなので、今後もフリーランスへの仕事依頼は増える一方だと思います。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事