副商材探しはどうする?おすすめの有形商材&無形商材を紹介

世の中にはたくさん”売れる商材”があるので、どんな商材を選べばいいか迷ってしまいますよね。

法人の副商材や会社員の副業でやるなら、ノルマや時間管理など”本業に影響しない”ように気を付けなければいけません。

そこで今回は、法人の副商材やサラリーマンの副業、パラレルワークなどに最適なおすすめ商材をご紹介していきます。

新規商材を仕入れたい人は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

商材とは?

まずは「商材」という言葉の定義について触れていきたいと思います。

商材とは、個人や法人がそれを販売することで利益が得られる製品サービスのことを指します。

その種類は様々ですが、大きく分けるという有形商材と無形商材に分けられます。

  • 有形商材
  • 無形商材

有形商材とは、プロダクトの形が目に見えるものを言います。

例えばパソコンや自動車など、工業製品が代表的だと思います。

それに対して無形商材とは、目に見えない製品サービスのことを言います。

例えばコンサルティングやwebサービスなどが代表的だと思います。

このように有形&無形など商材には様々な種類がありますが、情報商材のように知識やノウハウを提供するタイプの新しい種類の商材も出てきています。

メインで販売する「主商材」だけでなく、フック商材やクロスセル商材として活用する「副商材」も用意することで、お客様へのソリューションが最大化されます。

なので、セールスパーソンは様々な商材を仕入れておくことが重要なのです。

主商材と副商材がある

一言に「商材」と言っても、その実態は大きく2種類に分かれます。

  • 主商材
  • 副商材

主商材はメインとなる商材なので、会社にとっての稼ぎ頭と言えます。

基本的にはこの商材を売り歩くのですが、もちろん100%の確率で受注することなどあり得ません。

特に新規開拓営業では、受注率10%~20%が普通なのです。

そんな時に重宝するのが「副商材」です。

受注に至らなかった80%のお客様に対して、別のソリューション(=副商材)を提供して課題解決を図るのです。

副商材とは名前の通り「サブの役割」なので、常にそれをセールスして回るわけではないですが、顧客ニーズがあった時に提案するような商材のことを言います。

現場レベルの話をしてしまうと、顧客ニーズは千差万別なので、副商材を一つだけ持っていてもあまり意味がありません。

数多ある顧客ニーズに対応するためには、10種類程度の副商材を持っておくべきだと思います。

そうすれば、メイン商材と合わせて11通り以上の提案ができるので、ほとんど全てのケースで機会損失がなくなると思います。

もしあなたが営業マンなら、セールスの機会は最大化させた方が良いと思っているはずです。

そのために使えるのが副商材なのです。

手ぶらで帰る可能性を減らすためには、セールス機会を最大化させることが大切なのです。

クロスセルやフック、アップセル商材がある

先ほども少し触れましたが、商材の中には様々な種類があります。

代表的なのは以下の3種類でしょう。

商材の種類
  1. クロスセル商材
  2. アップセル商材
  3. フック商材

これらを一つづつ解説していきたいと思います。

クロスセル商材とは?

クロスセル商材とは、販売する商材に併せて”全く別の商材”も同時に販売するセールス手法を言います。

このやり方は営業効率が良いので、様々な業種・業態で活用されているはずです。

ファーストフード店で例えると、ハンバーガーを購入した顧客にポテトやシェイクを提案するようなやり方のことを言います。

誰でも「ご一緒にポテトはいかがですか?」というセールストークを一度くらいは聞いたことがあると思います。

これがまさにクロスセルなのです。

クロスセルについてもっと詳しく知りたい場合には下の記事をご覧ください。

アップセル商材とは?

アップセル商材は購入する製品・サービスのランクやグレードを上げて、顧客単価をアップさせる営業手法を言います。

こちらも営業効率が良い手法なので、営業現場では良く活用されています。

ファーストフードで例えると、ハンバーガーを購入しようとしているお客様に、「50円足して頂けるとチーズバーガーにできますが、いかがですか?」という感じでチーズバーガーを提案するのです。

ハンバーガーにチーズを入れると単価アップしますが、その作業工数は大して変化しません。

またポテトのサイズをMからLに上げることもアップセルといえます。

サイズをアップするだけで単価もアップするので、とても効率的なセールスが実現するのです。

アップセールスについて、もっと詳しく知りたい場合には下の記事をご覧ください。

フック商材とは?

フック商材とは、メイン商材を販売するために、わざと回り道をするような商材のことをいいます。

語源としては、鉤を意味する英語のフック(hook)が由来になっています。

フック商材はメイン商材が売りにくい場合に活用されています。

例えば、ファーストフードで例えると、100円のハンバーガーがそれに当たります。

安いハンバーガーを目当てに来店した顧客に、粗利率の高いポテトやドリンクが一緒になったバリューセットをおすすめする提案手法がそれに当たります。

ハンバーガーだけでは粗利が少ないので、それをフックにして粗利率が高い商材も同時に売ってしまうのです。

このように飴玉的な商材というか、集客につながる目玉商品のようなものをフック商材にするケースや、全く別の商材をフックに使うケースもあるのです。

例えば、無料セミナーをフック商材にして集まった見込み顧客に高額商材を提案したり、ITツールを無料提供して、それをフックにしながらストック商材の販売につなげるケースもあります。

フック商材についてもっと詳しく知りたい場合には下の記事をご覧ください。

商材と商品の違いとは?

ビジネスの現場では、販売できるものを”商材”と呼ぶので、プロダクトとして完成されている有形商材だけでなく、サービスや情報といった無形商材もあります。

それでは、”商材”と”商品”はどのような使い分けをすればいいのでしょうか?

この2つは似ている言葉ですが、利用シーンが異なるのでここで解説していきたいと思います。

まずは「誰目線で考えるか?」ということがポイントになってきます。

例えば、商材を売る側の販売代理店からすると、取り扱っている製品サービスはすべて”商材”になります。

ただ、購買する側のエンドユーザーからしたら”商品”になるはずです。

なので立場によって呼称が変わってくるのです。

また「誰向けの商材なのか?」というのもポイントになってきます。

例えば、ホームセンターで売られている洗剤は”商品”ですよね。

これを商材とはなかなか言わないはずです。

ただ法人向けの複合機の場合には”商材”と呼んだりします。

つまり個人向けの製品サービスは”商品”であり、法人向けの製品サービスは”商材”と呼ばれているのです。

このような利用シチュエーションに応じて、その都度言葉がチョイスされていることになります。

情報商材には要注意

副業でも扱いやすいからという安易な理由で情報商材に手を出してしまうと、大変なことになるかもしれません。

情報商材の中には詐欺と思われても仕方がないような商材があるのは事実だと思います。

実際に、消費生活センターや弁護士に相談されたり、集団訴訟に発展しているケースまであるのです。

実際に購入してみるまで情報商材の中身は分からないので、違法なビジネスノウハウが解説されていたり、実現不可能な机上の空論が述べられていることも珍しくありません。

外部サイト:国民生活センター「情報商材とは?」

リセールライト(転売&再販)もある

情報商材の中には「リセールライト」と呼ばれる仕組みがあります。

リセールライトとは、再販権利付きの商品・商材のことを言いますが、自分で製品サービスを開発する手間がないのでとても楽なのです。

この仕組みを活用してインフォプレナー(情報起業家)として独立開業する人も現れています。

独立・起業を検討している人は下の記事もぜひご覧ください。

自らが制作していない情報商材であっても、自分名義で販売できれば、誰でもメーカーになることができるということです。

これはOEMの仕組みに似ていると思います。

OEMは化粧品業界や食品業界、IT業界でよく見かける仕組みですが、こちらもリセールライトと似ていて、他社ブランドの製品を自社ブランドのように見せかけて販売する仕組みのことをいいます。

例えば世の中に浸透しているPB商品などがそれに該当します。

イオンの「トップバリュー」やセブンイレブンの「セブンプレミアム」など、PB商品はたくさんありますよね。

見た目は会社独自のプライベートブランドですが、実際にあれの中身を製造しているのはイオンやセブンイレブンではなく、外部の他社メーカーなのです。

実際に製品を開発しようとすると、それを企画する部署や、製造ライン、原材料の仕入れなど大変な作業になってしまいます。

それをファブレス(=工場を持たない)の仕組みにすることで、身軽にしつつ、粗利率を高くする戦略なのです。

このように、自社商材として情報商材を販売することができますが、「本当に商品としての価値があるか?」をしっかり見極めなければ、面倒な裁判沙汰に巻き込まれる可能性もあるので注意しましょう。

結局どの商材でも同じですが、「自分が納得できる商材を仕入れる」というビジネスの基本部分は何も変わらないのです。

売れるおすすめ商材一覧

世の中にはたくさんの商材があることを解説してきましたが、具体的な商材まではピックアップしていないので、ここではその辺りに触れていきたいと思います。

今回取り上げる商材は、紹介・取次するだけで稼げる副商材ばかりです。

業務内容は「知り合いに商材情報を口コミして、興味があればその人をメーカーに紹介するだけ」なのです。

このようなビジネススキームは「紹介営業」や「リファラル営業」と呼ばれており、それを支援するためのリファラルプラットフォームも出てきています。

ここで紹介するお仕事は、すべてリファラル営業サイト「side bizz(サイドビズ)」に掲載されています。

とても簡単な副業ばかりなので、新しい商材を探している人はぜひチェックしてみてください。

①不動産関連の商材

不動産には分譲や投資用マンションなどの売買仲介だけでなく賃貸物件もありますが、基本的に仲介業務を行うことが中心となります。

しかし物件の仕入れや、資格の取得などビジネスを始まる為には面倒な手続きだらけです。

そんな時には、すでに営業している不動産会社と提携してしまいましょう。

そうすれば商材の仕入れはすぐに完了します。

気になる仕事内容は、「不動産を購入・売却したい」「賃貸物件を探している」ような個人・法人を探し出して提携先に紹介するだけです。

不動産は高額取引になることが多いので、紹介営業でも1件あたり数十万円稼ぐことができるはずです。

②コスト削減の商材

コスト削減商材はとても提案しやすい商材として有名です。

その理由は、提案する相手に迷惑を掛けることが無いからです。

しかもその商材数はとても多くて、ありとあらゆる業種業態に提案することができます。

  • 店舗向けのコスト削減商材
  • 病院向けのコスト削減商材
  • スーパーマーケット向けのコスト削減商材
  • 複合機のコスト削減商材
  • 電気代のコスト削減商材

このように数えだせばキリがありません。

コスト削減は相手に迷惑を掛けることが少ないので、副商材にぴったりだと思います。

③光回線などの通信商材

光回線はNTT東西地域会社が「光コラボレーションモデル」として販売しているので、様々な会社がメーカーとして活躍しています。

光回線はどの回線を使ってもクオリティが一定なので、売りやすい商材の一つと言いますが、光回線も副商材にすることができるのです。

エンドユーザーの紹介や、代理店希望者の紹介で稼げる簡単なお仕事です。

④IT商材

IT商材は導入コストが安くて、DX推進にも役立つので、とても提案しやすい商材だと思います。

ハイテクなIT商材は目新しさもあるので、話題性も十分です。

そのようなIT商材をたくさん抱えるのは大変ですが、紹介営業であれば問題ありません。

ITコンサルタントをしている企業をお客様に紹介すれば良いのです。

➄電気代のコスト削減商材

電力自由化によって電気購入先を選べるようになったので、多種多様な契約先を消費者が選べるようになりました。

電気代を削減する話なので、お客様にはデメリットがなく、提案しやすい商材だと言えます。

太陽光発電やオール電化なども人気なので、提案先は幅広いと思います。

電気代のコスト削減商材は、有形&無形商材があるので、顧客ニーズに沿った提案ができるはずです。

⑥中古自動車

現代生活において、自動車は無くてはならない移動手段だと思います。

特に地方都市の場合には必須と言えるモノなので、ニーズが尽きることはないでしょう。

その「自動車を買いたい」とか「自動車を売りたい」というニーズに応えられるのが、紹介ビジネスです。

あなたの知人・友人や親族の中に、このようなニーズがあれば、その人を自動車ディーラーに繋ぐだけです。

とても簡単なお仕事ですよね。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

まとめ

法人の副商材であれば既存顧客に合わせたラインアップになりますし、サラリーマンや会社員の副業であれば、自分の得意分野である商材を選んだ方が良いでしょう。

副商材の中には、週末の隙間時間だけでも成果が出せる製品サービスがたくさんあります。

商材を選定するポイントは「自分の人脈販路とマッチするか?」ということです。

せっかく副業するなら、しっかり稼げる商材を選びましょう。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事