インバウンドマーケティングすべき理由とは?集客のコツを解説

インバウンドマーケティングは、これからの時代の営業手法と言われています。

しかし、まだまだ新しい集客手法なので、そのやり方に悩んでいる人は多いことでしょう。

そこで今回は、インバウンドマーケティングについてわかりやすく解説していきたいと思います。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

インバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティングとは、情報を拡散させることによって消費者に商品サービスを知ってもらい、最終的に問い合わせや資料請求などを目指すマーケティング活動のことを言います。

SNSやブログ、ブレスリリースなどの情報を活用したり、セミナーや説明会などを実施していくのが基本的なやり方になります。

現代はインターネット社会なので、自分に興味のある情報だけを集める消費者が増えています。

その結果、インバウンドマーケティングの重要性が高まり、多くの企業が積極的に投資するようにもなりました。

インバウンドマーケティングを実施すれば、興味関心の高い見込顧客から問い合わせがもらえるため、効率的にリード獲得できると言われているのです。

見込み探しが自動化する

インバウンドマーケティングでは消費者が自発的に自分の知りたいことを調べていった結果として、製品サービスを知ることになります。

このやり方であれば、相手にストレスを与えずにセールスできるという観点では、非常に優れている方法だと言えます。

ただ、見込み顧客に見つけてもらうためには、様々な工夫をしなければいけません。

例えば、ウェブ検索で上位表示するSEO対策を施したり、SNSで拡散させるような施策が必要だと思います。

このような努力が実れば、自動的に見込客の集まる仕組みが出来上がります。

つまり、営業が仕組み化することになり、セールスする上で最も重要な「再現性」が手に入るのです。

アウトバウンドマーケティングとの違い

インバウンドマーケティングは「アウトバウンドマーケティング」と対比されることが多いと思います。

見込み客からの問い合わせを待つインバウンドマーケティングに対して、アウトバウンドマーケティングは積極的な営業活動を実施していきます。

例えば、以下のような手法が、代表的なアウトバウンドマーケティングになります。

代表的なアウトバウンドマーケティング
  • 飛び込み営業
  • テレマーケティング
  • ダイレクトメール

アウトバウンドマーケティングには、従来のマーケティング手法である営業手法がいくつか存在しています。

これらは消費者に対して積極的にセールスを仕掛けることが特徴ですが、押し売り的な印象を与えてしまうのがアウトバウンドマーケティングのデメリットなので、その問題を解決してくれるのがインバウンドマーケティングだと言えます。

インバウンドマーケティングでは、あくまで消費者が能動的にスマホなどで情報を探して、たどり着いた先に自社の宣伝や情報が用意されているので、押し付け感がほとんどありません。

自分に役立つ情報として捉えてもらうことができるため、関心の高い見込顧客だけが集められるのです。

そのような問い合わせを増やすことができれば、成約率も高くなるはずです。

インバウンドマーケティングの弱点

インバウンドマーケティングにはアウトバウンドマーケティングと違って、消費者に対して正確な情報が届けられないというデメリットがあります。

飛び込み営業をすれば、とりあえず商材説明ができますが、webコンテンツを作成しただけではその内容をきちんと読んでくれるかわかりません。

また、仮に読んでくれたとしても、内容を誤解されたり、間違った認識をされてしまう可能性がゼロではありません。

そうなると、機会損失が生じる可能性もあるので、わかりやすいコンテンツ作りが必要になるはずです。

さらに、アウトバウンドマーケティングの場合は顧客を選べるメリットがありますが、インバウンドマーケティングでは相手を直接選ぶことができません。

それを念頭において、ターゲット層だけに見つけてもらえる施策を考えなければいけません。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事