営業のチラシ配りにはコツがある|効果的なビラ配り&自己紹介の方法

営業現場でチラシが使われることが良くあります。

チラシは気軽に渡すことができる販促ツールなので、営業マンとしては嵩張らないし、お客様としてはポイントを端的に把握できるメリットがあります。

そこで今回は、営業チラシの効果についてわかりやすく解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

営業チラシの目的

営業チラシは、メーカーや販売会社であれば、たくさん活用されていると思います。

この営業チラシの使用目的は様々で、

  • お店への来店を促す
  • 製品の認知度を上げる
  • キャンペーンを告知する

などの場面で活用されていますが、集客効果があるというだけでも、チラシを作る意味はあると思います。

人は自分の知らない商品にはなかなか手を出さないものです。

よって、日頃からチラシを配って自社商品を宣伝するのは、効果的な宣伝手法となります。

チラシなら好きなタイミングでパッと読めるので、押しつけがましい宣伝にならない点も良いところですよね。

もし集客に失敗しても企業イメージを悪くする心配がなく、知名度だけを得られます。

営業チラシは工夫しよう!

実際の店舗へ行きたくなるチラシは、チラシそのものが魅力的という特徴があります。

たとえば映画の宣伝では、美しい街並みや人気俳優を前面に押し出した、ブロマイド的なチラシを刷ります。

そうすればチラシそのものが欲しくなり、その延長上にある映画にも興味を持つように仕向けているわけです。

もちろん、これは人気スポットや俳優といった付加価値があってこその宣伝法です。

ですがチラシへの好感がそのまま企業への興味につながる点は見逃せません。

チラシを受け取った見込み顧客が「このチラシはなんか良さそうだぞ!」と思ってくれれば、店舗を訪れる可能性が高まります。

なのでチラシを作る場合、見込顧客が興味を持ってくれる工夫を心掛けましょう。

飛び込み営業でチラシは有効?

飛び込み営業ではチラシが特に有効的だと言われています。

突然の訪問者は相手にしてもらえない確率が高いので、そんな時には名刺とチラシを渡しておくのです。

もし不在だったとしてもチラシをポストインしておけば良いので、時間を無駄にしなくて済みます。

人は初対面の相手には警戒心を抱くものです。

なので、自分が何者かを一瞬で伝えられる「名刺+チラシ」は、飛び込み営業の必需品といえます。

特に法人営業の場合だと、受付でどんなに熱心に説明しても、それが決裁者に伝わらなければ意味がありません。

受付に名刺とチラシを置いておけば、リーチ数を増やしつつ説明する時間も省けて効率的なのです。

チラシは営業マンの味方

営業ではある程度の会話力が求められるのですが、チラシはその手助けになります。

チラシは記載されている内容に沿って説明すればいいので、話題に困りません。

相手が警戒心を解いてくれれば、置いていったチラシを後でじっくりと読んでもらえます。

セールストークが下手でも、チラシが補完してくれるのはありがたい話ですよね。

不在中にチラシを配っておき、後から尋ねるケースもあるでしょう。

法人受付で名刺とチラシを置いていくケースもこれに当てはまります。

あらかじめ自社の情報を相手が知っているので、営業活動がスムーズに進み、質問してもらいやすくもなります。

相手の興味ある話題を振ってくれるので会話しやすくなりますし、チラシにない情報を伝えれば、相手の興味をより強固にできます。

飛び込み営業

ポスティングチラシの効果

不在中に配っておいたポスティングチラシを見て、問い合わせを貰えるケースがあります。

そうした機会を増やすためには、チラシを目立つ形や色、肌触りにする工夫が必要です。

特徴がないと他企業のチラシに埋もれてしまい、見向きもされない可能性があるためです。

その中でも、特にポスティングチラシは何回も投函数を重ねることに意味があります。

最初は見向きされずとも、2度3度と目を通せば興味を持ってもらえるものです。

ただし無駄に投函回数を増やしても、興味がなければ鬱陶しいだけです。

なので思わず手に取ってしまうような魅力的なチラシを作りましょう。

チラシをポスティングする時のコツ

例えば、チラシを封筒に入れて配ると宣伝効果が高まります。

封筒の表面に「※重要」と赤文字で印字するだけでも開封率は格段にアップするのです。

人は隠れている情報をつい探したくなる習性があるので、些細なことですが、効果アップを目指すなら努力を惜しまないようにしましょう。

多少でもポジティブな感情を呼び起こせば、チラシに好感を持ってもらいやすくなります。

「ポジティブを得る」という意味では、なるべくチラシを折らないで投函する心掛けも大切です。

クシャクシャなチラシでは、もし内容を気に入っても取っておく気になりません。

どんなにポスティングの回数を重ねても、チラシを雑に扱ってはいけません。

チラシはいわば企業の顔、顧客の印象を決める大切な要素なので、綺麗な状態で届けるようにしましょう。

営業チラシには自己紹介を入れる

営業チラシには自己紹介を必ず入れましょう。

もしチラシに興味を持ってもらえても、自分宛てに連絡がこないと実績カウントされないので全く意味がありません。

例えば、抵抗なく連絡してもらえるように、手書き風の問い合わせ欄や顔写真を載せて、親近感を出すこともおすすめです。

手書き文字は、想像以上に人となりが出てしまうものです。

真面目な人はなるべくキッチリとした文字を書こうとしますし、人付き合いが好きな人は柔らかな文字を書こうとします。

文字から人物像が伝わってくれば、相手も警戒心を解きやすくなるでしょう。

チラシは親近感が重要

単なる企業チラシだとそのまま捨ててしまう人も多いのですが、個人プロフィールが載ったチラシは捨てにくいものです。

例えば詳細なプロフィールが記載されたチラシは、集合住宅のゴミ箱とかに捨てにくいですよね。

なので、とりあえず自宅に持ち帰ってくれる可能性が高まります。

自己紹介シートを利用すると、顧客との距離を詰めやすくなるので、ひとまず目を通してもらうことで、チラシの役割を果たしやすくもなります。

さらに、「同郷だった」「趣味が一緒だった」という共通点を見つけられれば、より一層親近感が高まります。

あと、自己紹介の内容は面白い話題を心掛けることが大切です。

ネガティブな内容は相手に不快感を植え付けるだけです。

相手に「この人なら安心だな」と思ってもらうことが重要なので、面白い話題で好印象を持ってもらいましょう。

チラシ営業のコツ

ここまでチラシの有効性について解説してきましたが、新規開拓ではチラシに頼り過ぎないこともコツになります。

チラシはあくまでも営業のサポートアイテムです。

なので、いきなりチラシを渡して購入を促すのではなく、しっかり営業した上で参考資料として渡すように心がけましょう。

そして、あくまでもチラシは補助資料なので、色々な情報を伝えられるように常にPDCAを回して改善し、チラシの内容を少しずつ変えていきましょう。

お客様に不快感を与えない

チラシ営業でやってはいけないのが、「相手に不快感を与える」ことです。

チラシを受け取った人はもちろん、その人の口コミで周囲に悪印象が広がっていきます。

よって、営業する際は「相手が興味を持ってくれた」と確信してからチラシを渡すようにしましょう。

営業という言葉にとらわれて売り込みばかりすると、相手に「まだ購入すると言っていないのに…」と思わせてしまいます。

相手に買いたい気持ちがなければ、どんなにセールスしても逆効果なので、チラシを渡すタイミングはきちんと見計らうようにしましょう。

新規開拓のためには、チラシの種類が多ければ多いほど良いと思います。

人と人の対話だと第一印象が足を引っ張りますが、紙の営業なら印象を覆しやすいからです。

もし同じ相手に渡しても、チラシの内容が違えば食いつき度合いも変わります。

チラシを配ってみて「顧客の食いつきが悪いな」と思ったら、チラシに載せる情報を変えてみましょう。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事