営業の業務委託とは?稼げるフルコミッション募集の探し方

営業マンであれば一度くらいはフルコミッションセールスに興味を持ったことがあると思います。

そこで今回は気になるフルコミの仕組みや業務委託として働く意味について解説していきたいと思います。

稼げるフルコミッション案件の探し方まで解説するので、完全出来高制や完全歩合制に興味がある人はぜひご覧ください。

>>フルコミ案件が多数掲載|side bizz(サイドビズ)

営業マンの業務委託とは?

新技術の開発などで起業するベンチャー企業などは、優秀な技術者がいても「製品化した技術を売り込める優秀なセールスパーソンがいない…」というケースが結構あります。

このような場合、営業代行サービスを提供している企業や営業フリーランスにセールスアウトソーシングすることが多いのです。

営業代行とは言葉の通り営業を代行するサービスですが、個人事業主が仕事を受けるときは業務委託という形になります。

最近はフルコミッション(完全歩合制)という形で契約する個人事業主も多くなってきたので、営業力に自信があればたくさん稼ぐことができます。

企業に勤める人へのインセンティブとして、基本給に上乗せする形で成果に応じた報酬も支払う歩合制という仕組みもあります。

しかし、フルコミッションに基本給などはなく、報酬は成果に応じた完全歩合制になります。

つまり、成果がなければ報酬がない代わりに、成果を出したときは、インセンティブとは比べ物にならない高い報酬を手に入れることができます。

このような働き方は、雇用関係がある場合に選択することができません。

その理由は、企業などの雇用主には最低賃金を保証する義務があるからです。

したがって、フルコミッションで働くことができるのは、業務委託契約が結べる事業法人やフリーランス(個人事業主)だけということになります。

業務委託は稼げない!?

フルコミッションの業務委託では、成果を出せば雇用契約の従業員よりはるかに高い報酬が手に入ります。

したがって、「業務委託は儲かるか?」という質問に回答するとすれば、「業務委託は成果を出すことができれば儲かる」と言えます。

営業報酬が1件受注あたり売上の20%~80%と大きいのがフルコミッションのメリットですが、成果が出せなければ収入ゼロというリスクを負うのが一番大きなデメリットといえます。

また、個人事業主なので、納税に関しては確定申告を自分でする必要があります。

社会保険なども自分で全てまかなう必要があるので、雇用される場合と比べると、自分で考えなければいけないことが多くなるのもデメリットでしょう。

営業以外にも業務委託のフルコミッションで働ける職種はたくさんあります。

例えば、マッサージ師や軽貨物の物流ドライバーなど、個人が自分の技術によって収入を得る職種では、業務委託契約できる場合があります。

営業と異なり、マッサージ師は指定された場所で働く必要がありますし、軽貨物ドライバーは運送用トラックを自分で購入するケースがほとんどです。

このように契約先によって諸条件が変わるので、企業側のサポート体制やバックアップを確認する必要があるでしょう。

このような職種では、お客様1人あたりとか、運送した荷物1個あたりといった報酬設定をするのが一般的です。

仕事をするほど報酬が大きくなるのは同じですが、企業側のマージンが差し引かれる分、営業ほど大きくは稼げません。

売上保証の業務委託もある

業務委託はアウトソーシングなので、企業側が仕事に干渉できない代わりに、報酬は出来高払いにするのが一般的です。

しかし、企業がある程度までコントロールしたい業種もあります。

例えば、建築関連の内装・塗装などの仕事や、宅配サービス、ルートセールスなど企業が関わっている既存顧客に対する業務を請け負う場合です。

もしトラブルになれば企業の信用問題にも発展する可能性がある為、仕事のやり方はある程度コントロールしたいのですが、固定人件費が増加する雇用契約を結びたくないという企業は、「0円起業で独立開業しませんか?」という業務委託募集をしたりします。

このようなケースでは、個人事業主として独立開業するのをサポートしてくれたり、見込み案件を供給してくれたり、売り上げまで保証してくれるケースもあるのです。

売上保証の仕組みは、仕事の供給量をコミットすることで成り立っています。

つまり、売上保証20万円という業務委託があったとした場合、1件2万円の案件を月間10件供給することを保証するというような内容になります。

企業にとっては、業務委託なので、不要なときは契約を打ち切ることができますし、法で定められた最低賃金を支払わなくても良いため、固定費(人件費)を抑えることができます。

個人事業主としては開業するまでのサポートを受けられるのと、最低限の安定収入を得られるメリットがあります。

また、業種によっては歩合制とのハイブリッドインセンティブとして、やった分だけ収入が上乗せされるメリットもあります。

このような開業と業務委託をセットにした募集は建築、家電修理、配送など多岐に渡っており、家庭の主婦や副業を持ちたい会社員などをターゲットに増えています。

業務委託を嫌がる人もいる

業務委託の定義は企業に雇用されるのではなく、企業と対等の契約をして仕事を受けることです。

一見すると自由な働き方なので魅力的に見えますが、「業務委託は個人事業主になるから嫌だ」という人もいるのです。

営業マンとして活動するのは同じですが、個人事業主と従業員では大きな違いがあります。

それは、ズバリ安定性です。

前述したように、フルコミッションの業務委託では、成果が出せなければ報酬が貰えません。

よって、安定した収入を望む人にとっては大きなデメリットになるでしょう。

しかし、営業力に自信があって、大きなビジネスを手がけてみたいなら、フルコミッションの業務委託で働くことは大きなチャンスになり、メリットにもなり得ます。

つまり、自分が満足できる金額の安定した収入を望むなら、企業に就職して営業マンとして活躍するのが良くて、自分の能力を信じて大きな収入を目指すのなら、独立開業してフルコミッションの業務委託になるのが良いと思います。

その場合は、企業に頼ってきた税の申告や社会保険などは自分でまかなわなければいけないので、どのようにフォローするかは事前に考えておくのが良いでしょう。

また、初めての契約手続きは今まで普通の会社員をしてきた人には高いハードルかもしれないので、弁護士のリーガルチェックを受けた方が無難かもしれません。

しかし、歩合制によるインセンティブが充実している会社であれば、サラリーマンでも十分な収入が期待できるので、わざわざリスクを負って独立開業する必要は無いと思います。

営業の業務委託募集どこで探す?

営業パーソンであれば、一度くらいはフルコミッションセールスに興味を持ったことがあると思います。

それでは、成果を出すほど儲かるフルコミッションの業務委託募集はどのように探せば良いのでしょうか?

これまで培ってきた豊富な人脈があれば、その中で自分を必要としている企業と契約を結ぶのでも良いですが、勿論そのような人ばかりではありません。

なので、一般的にはアルバイト情報誌やマッチングサイトなどの求人サイトで案件を探すのが良いでしょう。

特に、最近では営業系の業務委託募集に特化したリファラル営業サイトなども出てきているので、気になる人はチェックしてみても良いかも知れません。

リファラル営業とは、「見込顧客を紹介するだけで稼げる」とても簡単なお仕事になります。

リファラル営業は、

  • 営業経験が豊富なセールスパーソン
  • 主婦のような営業未経験者
  • 就活対策をしたい大学生
  • 引退したシニア
  • 副商材を探している法人

まで様々な人に活用されています。

副業的に始めることもできますが、ガッツリ稼げる業務委託情報もたくさん掲載されているので、まずはそのようなサイトを使ってお仕事探しするのが良いと思います。

あくまでもざっくりとした目安値ですが、

  • リファラル営業の場合には月20万円
  • フルコミ営業の場合には月100万円

ほどの収入が目安になると思います。

リファラル営業の場合には副業的な取り組み方ができるので、まずはそちらで試してみて、稼げるようであればフルコミ営業に転職するというのでも良いと思います。

まとめ

フリーランス化の流れが強くなって、業務委託として働く人が増えてきました。

業務委託として働くということは、所属している企業ではなく、外部企業と契約して仕事をするやり方になります。

なので、取引先が増えたり、これまで経験したことがないような仕事に出会えるチャンスでもあります。

このような機会を活かすか殺すかは、あなた次第だと思います。

これからの時代はサラリーマンとして終身雇用されていれば安心という時代ではありません。

このような機会を前向きに捉えて、ぜひ新たな可能性を模索してみてください。

LINE公式アカウントのご案内

営業シーク@LINE公式アカウントを友達追加して、最新情報をチェックしよう!

最新の記事情報や、営業パーソンに有益なコンテンツを無料でお届けします!

ぜひ営業シークのLINE公式アカウントを友達追加してください!

友だち登録無料(0円)!

↓↓ ↓ 下のボタンをクリック↓↓↓

おすすめの記事