営業マンは髪型で差をつける|20代から40代までのオススメ髪型

営業職はお客様と接する仕事なので、常に身だしなみを意識しなければいけません。

特に髪型は一番目に付きやすい部分なので、相手に好印象を与えられることが大前提になります。

そこで今回は、商談相手を不快にさせない髪型や、営業成績に結びつく髪型などを解説していきたいと思います。

トップ営業マンを目指す人はぜひチェックしてください。

画像提供:confidence -Men's HAIR-

スポンサーリンク

営業職に最適な髪型とは?

営業マンは直接人と対面する仕事なので、身だしなみにも気を配らなければいけません。

特に髪型に関しては、一番目につくポイントだと思うので、相手の印象にも残りやすいはずです。

髪型で印象を悪くして、大事な商談を台無しにすることは、営業プロフェッショナルとして失格だと思います。

つまり、営業パーソンとしての成果を最大限発揮する為に、優秀な営業マンはみんな共通して髪型に気を遣っているのです。

これは営業職が身に付ける腕時計や、ネクタイなどの営業アイテムも一緒です。

詳しくは下の記事にまとめているので、気になる人はぜひご覧ください。

営業職は髪の長さに気をつける

営業職として活躍する上で、最適な髪型などあるのでしょうか?

まず、先ほど述べたように”清潔感”がなければ話にならないので、前提としては「耳とおでこが見えるヘアスタイル」が好ましいはずです。

そのようなヘアスタイルは、爽快感が出て、相手に明るい印象を抱かせるので、営業パーソンには最適な髪型だと思います。

やはり、前髪が目にかかっていたり耳が隠れていたりすると、商談相手は暗い印象を受けますし、表情を伺うことができないので、少し不安な気持ちになってしまいます。

以下に、営業職にオススメの髪型についてまとめておきますので、ぜひ参考にしてください。

営業職におすすめの髪型
  • 黒髪(茶色に染めない)
  • 横部分は耳にかからない程度に短く切る
  • 襟足を刈り上げる
  • 前髪は横に流す(金融の仕事ではオールバックが好まれる)

このような髪型にしておけば、表情も分かりやすく爽やかな印象を与えられ、相手も安心して接することができると思います。

つまり、今風の営業パーソンにおすすめのヘアスタイルとは、以下の2択に絞られてくるはずです。

  1. ミディアムヘア
  2. ベリーショート

ミディアムヘアは万人受けするので、全員におすすめできる髪型です。

おでこを出す髪型は清潔感をアピールできますし、流行りのマッシュボブにするのも個性的で良いと思います。

もしミディアムヘアにするなら、だらしない印象を与えないためにも、常にヘアセットしておくことが重要です。

オールバックにできるミディアムヘアなら、仕事中に気になることも少ないでしょう。

寝癖のまま仕事に行くことはNGですし、整髪料を使わないのは正直おすすめできません。

ベリーショートのような短髪は、朝の忙しい時でもワックスやジェルを使うだけで簡単にセットできるので、とてもラクチンですよ。

整髪するのが面倒くさいと思うなら、簡単にセットできるベリーショートがおすすめです。

ダメ営業マンの髪型

ここまで出来る営業マンの髪型について解説してきましたが、ダメ営業マンといわれてる人の髪型とは一体どんなモノなのか解説していきたいと思います。

まず代表的なのが「ロングヘアー」です。

先程からお伝えしている通りなので「なぜロングヘアーがダメなのか?」ということはある程度の察しが付くと思いますが、ロングヘアーは清潔感が無くだらしない印象を与えてしまいます。

顔の大部分が隠れてしまうようなスタイルは、鬱々としていて見ている方も気分が晴れません。

たとえ髪を束ねていたとしても、決して爽やかな印象は受けませんので、ロングヘアーは営業職にオススメできません。

このような髪型では商談を優位に進めることができないので、自分自身の首を絞めるような行為だと認識しましょう。

営業職でNGな髪形

次に、営業職でNGな髪形をご紹介していきたいと思います。

まずNGと言われている髪型が「坊主頭(ボウズヘア)」です。

「何で坊主がいけないんだ?」と思う人はいるかも知れませんが、いくら耳やおでこが出ていて爽快感があろうとも、坊主頭は周りに威圧感を与えてしまうことがあります。

一昔前の坊主頭は「野球部員」みたいな印象でしたが、現代ではちょっと変化してきています。

例えば、坊主頭で思い出すのは、

  • チンピラ
  • やくざ
  • 半グレ

など反社会的勢力と言われる人達だと思います。

もし相手がこのような連想をして、萎縮してしまっては有意義な商談をすることができません。

爽やかさを出すというのは、一概に髪の長さを短くすれば良いというわけではなく、適度に長さを保っておかないと逆効果になるということです。

真面目な印象を与えることができないという観点では、茶髪や金髪に髪を染めるのもNGです。

もちろんピアスやネックレスなんて、絶対に着けてはいけません。

営業職で結果を出したいなら、有無を言わずに黒髪一択だと理解してください。

白髪染めするくらいならOKですが、それ以外に染色する行為はマイナス評価にしかなりません。

「営業マンは会社を代表する顔である!」ということを常に意識して、身だしなみに気を配りましょう。

ハゲはどうする?

男性の営業マンはハゲにも気を付けなければいけません。

もちろん、ハゲていることは悪くありませんが、「爽やかな印象」「清潔感」というキーワードからは少なからず遠くなってしまうはずです。

営業職は見た目を気にするべき職業なので、日頃からきちんと頭皮ケアをしましょう。

例えば、スカルプシャンプーを使えば、頭髪にハリが出て、ベタつきからも解消されます。

SHIN.ボタニカルスカルプシャンプーは17種の植物性保湿成分で髪に潤いと栄養を与える1本3役のスカルプシャンプーです。

男の頭皮の悩みはこの1本でOK!【SHIN.ボタニカルスカルプシャンプー定期便】

忙しくて、面倒だけどカッコ良くいたい…

そんな男性のためのシャンプーだと思います。

他にも、AGA治療というやり方があります。

AGAとは、男性ホルモン型脱毛症(男性型脱毛症)のことですが、20代以降の3人に1人がAGAだと言われています。

最新のAGA治療なら【メンズサポートクリニック】

AGAは治療せずに放置すると進行していくので、もし気なる場合には早めに治療するのが良いでしょう。

今はオンラインで診察できる病院も多いので、まずは気軽に相談してみるのが良いでしょう。

営業職が整髪料を使うべき理由

先程も少し触れましたが、「整髪料を使って髪をセットする」ことも重要です。

これはちゃんと身だしなみに気を配っているという証にもなるので、相手にも「しっかりした人だ!」という印象を与えることができます。

営業職であれば「真面目で誠実な印象」を与えて損することはありませんよね。

きちんと整髪している人を見て、マイナスのイメージを持つケースはほぼありません。

ちなみに、この記事で紹介している髪型は、全てconfidence -Men's HAIR-がオリジナル開発したEst. WAXで整髪しています。

オンラインショップでも購入できるので、気になる人はチェックしてみてください。

営業職の人はきちんと理解して欲しいのですが、営業という仕事は、「いかにお客様からマイナスイメージを持たれないようにするか?」ということを追求する仕事でもあります。

つまり「お客様が断りそうな理由を、如何に少なくするのか?」ということがポイントなのです。

このような理由から、営業パーソンはワックスやジェル、ムースなどで必ず整髪することが求められます。

ヘアワックスの通販はコチラ
created by Rinker
ヘアジェルの通販はコチラ
created by Rinker
ヘアムースの通販はコチラ
created by Rinker

女性営業の髪型

ここまで主に男性営業の髪型について解説してきましたが、女性営業にも適した髪型があるので、ここで解説していきたいと思います。

まず長い髪の場合には、必ずヘアゴムなどで結ぶようにしましょう。

これは男性のロン毛と同じ理由ですが、ビジネスの現場ではどうしてもだらしなく見えてしまうからです。

プライベートなら良いですが、ビジネスには適した身だしなみがあります。

この辺りは割り切って理解するしかありませんが、特に年配者を相手にする場合には髪を結んでおいた方が絶対に無難だと思います。

ショートヘアからミディアムヘアくらいの短めの髪型であれば、下ろしていても大丈夫ですがロングヘアの場合には注意しましょう。

次に前髪ですが、前髪は印象を大きく左右する部分なので気配りが必要です。

重要なのはその作り方です。

目にかかりそうな長さだと重苦しくなってしまうので、少し鬱屈した印象になります。

まゆ毛が覗くくらいの長さにして軽さを出しておけば、相手も接しやすくなるでしょう。

極端に短すぎるのは幼く見えてしまうので注意が必要です。

女子アナの髪型は参考になる

髪の毛というのは、微妙な長さの違いでイメージがガラリと変わってしまうのは難しいところでもあり、楽しい部分でもあります。

もし迷った場合には、行きつけの美容師に相談しながらヘアスタイルを決めるのが良いでしょう。

その際に参考になるのは、女子アナの髪型だと思います。

彼女たちはテレビに出ることが仕事ですが、個性派タレントと違って、常に好印象を求められる職業です。

また、万人受けすることも求められるので、その髪型には全く嫌味がありません。

会社を代表して表に出ているという点では、営業の仕事と共通している部分が多いので、その髪型は参考になるはずです。

女子アナの髪型はテレビ番組でも気軽にチェックできるので、ぜひ参考にしてみてください。

>>女子アナ風のヘアスタイル例

茶髪はOKなの?

男性の営業マンが染色することはNGだとお伝えしましたが、営業ウーマンとなれば話は別です。

女性なので日頃からヘアケアをしておくのも大切だと思いますし、あまりに傷んだ髪では清潔感に欠けてしまったり、逆にだらしない印象を与えてしまいます。

社会人としての最低限のエチケットとして、少し髪がパサついていると感じたらトリートメントを施して潤いを与えましょう。

女性は男性と違ってカラーリングによって印象を変えることもできます。

派手すぎるのはNGですが、ナチュラルなカラーリングはパッと明るい印象を与えて、できる女を演出します。

なので、営業ウーマンはヘアカラーをするのも良いでしょう。

また、ヘアカラーは若い印象を与えることもできるので、女性にとっては大きなメリットがあると思います。

年代別のメンズ髪型

年代を意識した髪型にすることで、他の営業マンと差をつけることができます。

そこで今回は、20代、30代、40代、それぞれに適したヘアスタイルを挙げていきます。

20歳~40歳の営業マンはぜひチェックしてみてください。

営業20代の髪型

まず20代の営業マンですが、若々しさを上手に演出するのが好ましいと思います。

あまり真面目に捉えすぎて、若年寄のような髪型になってしまうのも考えものです。

砕け過ぎず、畏まり過ぎないバランスの取れた髪型でフレッシュな自分を出していきましょう。

20代のうちは、とにかく「フレッシュさ」を前面に押し出して良いと思います。

頑張っている若者を応援するのが好きな人も多いので、若さは相当な武器になります。

ちょっとしたモテ要素を取り入れるために、もみあげを刈り上げてツーブロックにすると効果的に若さを演出できると思います。

営業30代の髪型

続いて30代の営業マンですが、働き盛りではありますが、年齢的にも少し落ち着きが求められます。

そして身だしなみに関しては、だんだん注意散漫になってしまう人が多いので「要注意」と言われる年代でもあります。

そんな30代の営業マンにおすすめのヘアスタイルは”ベリーショート”です。

ベリーショートは働き盛りの男を最大限に演出でき、尚且つセットをするのも非常に簡単なので、忙しい毎日を送る30代にはもってこいの髪型だと思います。

ツーブロックにしてアレンジすることもできるので、少し個性を出したい人にもオススメです。

営業40代の髪型

次に40代の営業マンです。

40代になると仕事にも余裕が出てくるので、できる男のイメージをいかに上手に作り出せるかがポイントになります。

そこでおすすめなのが”パーマスタイル”です。

パーマをあててちょっとした遊び心を取り入れると、余裕のある営業マンを演出することができます。

ちょっと長めのパーマヘアにすれば独特な雰囲気が出るので、40代にはおすすめできます。

ベテラン営業マンらしい威厳を醸し出すのも悪くありませんが、少し柔らかい印象を与えた方がお客様は安心すると思います。

そんな時にもパーマヘアは便利だと思います。

パーマスタイルは若く見えるメリットもあるので、もしかしたら女子ウケが良くなるかも知れません。

パーマの種類にはスパイラルパーマ、ピンパーマ、ツイストパーマなどたくさんあるので、似合う髪型を美容師に相談してみると良いでしょう。

ビジネスは髪型だけじゃない

ここまで、営業パーソンにおすすめの髪型をいくつかご紹介してきましたが、髪型以外にも重要なことはたくさんあります。

例えば「人柄(誠実さ)」が挙げられます。

営業とは人と人とが直接コミュニケーションをとって進める仕事なので、相手の心を動かす必要があります。

たとえいくらイケメンで、人より容姿が優れていたとしても、それを活かせる人間性がなければ何の意味もありません。

”仕事と真剣に向き合う姿勢”に人は心を揺り動かされるのです。

決して髪型だけちゃんと整えておけば良いという話ではないので、この辺りはきちんと理解しておきましょう。

髪型でビジネスは上手くいく

とはいえ、人は見た目が9割といわれるのも事実です。

人は見た目が9割
created by Rinker

なので第一印象は絶対に良くしておいた方が無難だと思います。

髪型は仕事に対する姿勢の表れだと言えます。

髪型だけに限定せず言えば、

  • スーツの皺
  • 革靴の汚れ
  • 鞄の剥げ

など、営業と身だしなみの関係は切り離せません。

「黒髪なんて嫌だ…」と言って愚痴をこぼしたり、身だしなみに全く気を配らずみすぼらしい格好をしている人もいますが、それでは営業マンとして失格です。

真剣に仕事へ向き合っている営業マンは、意識せずとも自然に身だしなみの大切さが理解できています。

常に謙虚な姿勢を忘れずに、相手の考えを理解して行動するのが売れる営業マンになるための秘訣です。

そうやって仕事に取り組んでいると、だんだん口コミで評判が広がっていき、お客様に愛される営業マンになれるのです。

髪型はその一歩を辿る大事な要素であることを意識して、前向きに取り組んでいきましょう。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

メンズ専門ヘアサロンのご紹介

この記事内で使っている画像はメンズ専門のヘアサロンconfidence -Men's HAIR-さんからご提供頂きました。

東京の新宿駅、渋谷駅に店舗があって、東京近郊に住んでいる人には使い勝手良いサロンなので、お洒落な髪型を求める人はぜひ予約してみてください。

ホームページ:confidence -Men's HAIR-

confidence新宿店
東京都新宿区西新宿6-20-12山口ビル2F
TEL:03-6279-4804
confidence渋谷店
東京都渋谷区桜丘町16-6サンライズ桜丘ビル1A号室
TEL:03-6416-4828
営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事