取次店の意味とは?代理店との違いや募集方法まで徹底解説

ビジネスをしていると「取次店(トリツギテン)」という言葉を聞く機会があると思います。

でも、あまり一般的な言葉ではないので、曖昧な理解の人もいると思います。

  • 取次店とは一体どのような意味なのか?
  • どのようなケースで利用するものなのか?

などの素朴な疑問を解決していきたいと思います。

営業職の人はもちろんですが、ビジネスパーソンはぜひご覧ください。

>>代理店募集するなら|side bizz(サイドビズ)

取次店の意味とは?

取次店とは、名前の通り取次をする店舗やビジネスパートナーを意味しています。

元々、佐川急便やヤマト運輸などの宅配業界、クリーニング業界、出版社など書籍業界でよく利用されていた形態ですが、今では幅広い業種で活用されるようになってきました。

このような業界ではビジネスパートナーであるお店を取次店に指定することが多かったので、「取次をする店」ということで取次店と呼ばれるようになりました。

では、取次店の役割とは一体どんなものなのでしょうか?

まずはこの部分を解説していきたいと思います。

取次店の事例を紹介!

例えば、宅配業界を参考にしてみたいと思います。

宅配業界では個人宅からの発送依頼が多いですが、この荷物を集める業務を「集荷(シュウカ)」と言います。

この荷物を業者が一軒づつ集荷しに回った場合、とてつもない時間と労力になってしまいますよね。

このような非効率な問題を解決する為に考えられたスキームが「取次店」になります。

例えば、近所にある酒屋さんなどに「集荷所」であるのぼりを配ります。

そののぼりを店頭に置いてもらうことで、宅配の取次店であることをご近所に認知させるのです。

そのようなカタチで酒屋さんが集荷窓口になって、一定商圏の荷物を集める仕組みを構築します。

このような仕組みにすれば、お客様から預かった荷物を宅配業者に引き渡すだけで、酒屋さんには取次手数料が入るというスキームになります。

このような仕組みが成り立つ理由は、

  • 宅配業者にとっては荷物の集荷が楽になる
  • 酒屋は片手間の集荷対応だけで売上アップになる

という相互メリットがあるからです。

また、宅配を依頼する人の「ついで買い」も誘発できるので、結果的に本業の集客ツールにもなり得るのです。

今ではコンビニエンスストアがその役割の大半を担っています。

取次店と代理店の違い

取次店という制度が存在する一方で、代理店という言葉も存在しています。

果たして、あなたはこの言葉の違いを正確に理解できているでしょうか?

先程解説した通り、取次店は商品サービスの取次を行うことを意味しています。

一方の代理店という言葉は総称でしかなく、一般的には販売代理店を意味することが多いのです。

では、販売代理店とは一体どのような意味なのでしょうか?

次で詳しく解説していきたいと思います。

販売代理店と取次店は根本的に違う

販売代理店とは、商品サービスを代理販売する人を意味します。

この人とは個人・法人を問いませんが、つまり営業(販促)から契約手続き、顧客フォローまで一貫して請け負っているようなケースをいいます。

このようなビジネス形態は世の中に広く普及しており、大手の販売代理店として活躍している企業もたくさんあります。

その中には、販売代理事業が大きくなり過ぎて、株式上場するようなケースまであります。

この前提を基に取次店と販売代理店を比較すると、その大きな違いは業務内容にあることが理解できます。

  • 取次店は商品・サービスを取り次ぐことで業務終了
  • 販売代理店は販売後の顧客フォローまでする

例えば、予定通りに荷物が届かなかったからといって、集荷所の酒屋さん(取次店)に文句を言う人はいないと思います。

荷物が届かなかったら、サービス提供元の宅配業者(このケースでは販売代理店やメーカー)に直接クレームがいきますよね。

つまり荷物を宅配業者に取り次いだ時点で、その取次店の仕事は終わっているのです。

このように分業されているのが取次店の特徴なのです。

取次店が活用されている業界

取次店は様々な業種・業態で活用されています。

例えば先に挙げたクリーニングもその一つです。

他に代表的な業種としては、

  • 新電力
  • 出版業界
  • ホームページ制作
  • レンタルサーバー
  • SaaSなどのIT商材

なども取次店の活用が多い業種になります。

あくまで一例を挙げましたが、極論すると取次店はどのような業種・業態でも活用できる便利なビジネススキームだと思います。

取次店が進化!?リファラル営業とは?

取次店とは、商品サービスを取り次ぐまでが仕事内容のビジネススキームです。

しかし、最近ではもっと極端なビジネススキームとして、リファラル営業というカタチが出てきています。

リファラル(紹介)営業とは、取次業務よりもラクな代理店スキームになります。

様々な代理店スキームがある中で、「紹介代理店」と呼ばれる、一番簡易的な代理店制度だと言われています。

リファラル営業の業務内容

リファラル営業の業務内容は、特定の製品サービスを知人や取引先に紹介し、興味があった見込顧客を提携先企業に引き継ぐまでとなります。

取次店と比較すると、リファラル営業では契約すら獲る必要がないので、見込案件の紹介で業務が完結してしまいます。

その後のセールス業務や、クロージングまでしないので、業務知識を最低限に留めることができます。

また取次店では、

  • 店舗でなければNG
  • 事業者でなければNG

といった要件がありましたが、リファラル営業にはほぼ制約がありません。

つまりサラリーマンや主婦、学生、シニアでもOKなのです。

これは”紹介するだけ”という簡単な業務内容なので、そのようなラフな仕組みになっています。

なので、個人の副業にもピッタリだと言われていて、そのような副業を支援するリファラル営業プラットフォームも出てきています。

取次店はどうやって募集する?

取次店を探したり、募集する方法はたくさんあります。

例えば、

  • テレコールで1件づつテレアポする
  • 飛び込み営業で開拓する
  • 人脈を活用して開拓する

など様々です。

しかし、最近ではwebサイトを活用するやり方が一般的になってきており、その方法が最もコストが安いと言われています。

取次店を募集できるサイトはたくさんありますが、まともなサイトであれば、どのサイトも月10万円以上の掲載料金だと思った方が無難です。

まとめ

取次店は昔ながらの営業手法ですが、現代でも全然通用する営業戦術だと思います。

また、使い方によっては販路拡大の起爆剤にもなり得ます。

どのような業種・業態でも取り入れることができるスキームが取次店なので、ぜひ一度検討してみることをおすすめします。

取次店ではピンとこなかった人は、リファラル営業というやり方もあります。

こちらも同様に、どのような業種業態でも取り入れることができるスキームなので、ぜひ一度検討してみることをおすすめします。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事