営業アカデミー

営業は人間関係がカギ|相手の懐に潜りこむ方法と信頼関係の築き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業は人間関係がカギTOP

営業では人間関係を構築することが必要不可欠です。相手との信頼関係が築ければ、その後の営業が楽になり、売上にも影響してきます。

この記事では「営業」と「人間関係」をテーマにしていきますので、営業マンの人はぜひ参考にしてみてください。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

営業とは最前線の仕事

営業とは最前線の仕事

会社は主に三つのプロセスに分けることができます。

まず、商品やサービスを開発することです。

次に、この商品やサービスを顧客に販売し、最後に納品して顧客のニーズを満たします。

このうち、販売とニーズを満たす二つのプロセスが、営業の仕事となります。

関連記事:営業マンの仕事内容とは?きつくて辛い営業職をするメリットって何?

企業によって営業の仕事内容は異なりますが、企業が利益を出すために営業は必要不可欠な仕事なのです。

企業の中でも重要な位置の仕事で、トップ営業マンになればその分収入のアップが期待できます。

関連記事:売れる営業マンに共通する考え方とは|トップ営業マンの基本思考と特徴

しかし、営業の仕事はときには厳しいものです。

企業の顔とも言える営業職は、多くの人と関わりながら売り上げを出していきます。

ときには、人との関わりが上手くいかなかったり、思うように売り上げが出ずに苦労することもあることでしょう。

現場の最前線にいる営業職は「社会人」というイメージそのものの仕事ですが、最前線で働き奮闘するためには、体力や気力だけでなく、売り上げを叩き出すトークスキルや、人間関係を潤滑に動かすノウハウ、営業マンとしての心得、ストレスに負けないタフな精神が必要となってきます。

関連記事:営業の心得10か条|トップ営業マンになる為に必要なモノとは?

実際に営業で働き始めてみたら、想像以上に大変な仕事内容だったと思う方も少なくありません。

しかし、営業のノウハウやコツを掴めば、売り上げアップが十分に狙えます。

営業代行

営業は人間関係そのもの

営業は人間関係そのもの

営業の仕事は商品の販売と顧客のニーズを満たすことですが、その多くの時間は人間関係の構築に割かれます。

相手との人間関係を築くことは、営業の仕事を円滑に回すこととほぼイコールで繋がっているのです

>>リファラル営業するなら|side bizz(サイドビズ)

優秀な営業マンを見てみると、みんな円滑な人間関係を上手に築いています。

ちなみに、ここで言う人間関係とは、「自分にとって居心地のいい環境作り」というものではありません。

売り上げをアップさせるために、会社内の横の繋がり、上司や部下との縦の繋がり、さらには会社を越えた他の企業との繋がりになります。

営業の人間関係は、あくまで売上を上げることを最終目標にしています。

会社内で自分の居心地がいい場所を作るという狭い目的では決してありません。

営業のために人間関係を構築することは、言葉にすれば簡単に見えますが、実際にはなかなか難しいことです。

実際に営業として働いてみて人間関係の構築がなかなかできず、「営業に向いていない」と思っている方も多いと思います。

関連記事:営業に向いてない人でもトップ営業になれる?トップセールスマンの条件

しかし、優秀な営業マンの卓越した営業センスは、その人が元々持っている素質や才能ではありません。

中には元来持つ素質や才能だけでのし上がってきた方も居ると思いますが、営業センスはコツコツと積み上げて磨き上げていくものです。

つまり、一朝一夕で身に付くものではないのです。

関連記事:新規営業の種まきセオリー|できる優秀な営業マンの特徴と共通点

人間関係は疲れる

人間関係は疲れる

営業センスはコツコツと積み上げて磨き上げていくもの、とは言っても、人間関係を構築していくのはとても面倒なもので、ストレスを溜めてしまう作業になります。

人と関わるのが好きという方でも、仕事の場面になると勝手が違ってきます。

関連記事:営業に才能は関係する?結果が出ない凡人と優秀と言われる天才の違い

自分とは合わない人や苦手な人とも積極的にかかわらなければなりませんし、ときには理不尽な要求を突きつけられることもあります。

トップ営業マンになるための積み重ねと同時に、人間関係の疲労も積み重なっていきます。

営業の仕事をしている人で、ストレスを全く抱えず業務をこなせる人はほぼいません

会社が違えば販売する商品やサービスも異なりますが、営業という職業は常に会社の最前線にいるのです。

その為、どの企業でも営業が受けるストレスというのは、とても大きくなってしまいます。

関連記事:営業ストレスが限界になる前に発散する|うつ病を解消する方法

営業の仕事を辞めてしまう方の理由の中には、この「人間関係のストレス」が多く見られます。

常に企業の最前線にいる営業職は、多くの方と付き合います。

中には営業時間外まで人間関係の構築をしなければならない場合も珍しくありません。

仕事が私生活に侵食してくると、めんどくさい、疲れたと感じることも多くなり、営業から退いてしまうという結果になってしまうのです。

人間関係はどんな仕事でも必要なものです。

特に多くの人と関わる営業職は、人間関係に関するストレスを抱えやすい仕事と言えます。

関連記事:営業はもう無理と感じたらうつ病かも|辞めるタイミングと転職のススメ

信頼関係の築き方

信頼関係の築き方

営業は人間関係の構築が重要な仕事ですが、上手く構築していくのはとても疲れる作業で、ストレスも溜まります。

しかし、この人間関係の構築を上手く行い、信頼関係づくりができれば、営業の仕事がスムーズになることは明確です。

信頼関係づくりは仕事を円滑にするだけでなく、ストレスを軽減して自分が働きやすい環境にするというメリットもあります。

信頼関係づくりは、営業の仕事には欠かせない重要なことで、営業の仕事の一環と考えて取り組みましょう。

信頼を得る為にはセンスなどの直観的なものではなく、コツコツとした積み重ねが必要です

営業活動はまず、顧客へのアプローチから始まります。

このときの第一印象は顧客のイメージを大きく左右する重要なものなので、身だしなみ、笑顔、話し方を意識して行いましょう。

関連記事:トップ営業マンは第一印象で差をつける|印象が残る営業のコツ

顧客へのヒアリングも大事です。相手が何を求めているのかを正確に把握し、プレゼンテーションを行います。

ここで顧客が納得したら納品となり、売り上げに繋がります。

納品後のフォローも大切です。ハキハキと意見を言ってくれる方も居れば、なかなか言い出せない方も居ます。

継続して商品を購入してもらうためには、フォローをしっかり行い、次回の営業で改善していく必要があります。

この繰り返しが、相手との信頼関係づくりに繋がります。

関連記事:営業アプローチで全てが決まる|セールスクロージングまでの流れとコツ

人間関係ができると営業が楽

人間関係ができると営業が楽

人間関係作りは一朝一夕ではなかなかできない難しいものです。

コツコツとした積み重ねと努力、へこたれない気力と体力、精神力が必要となってきます。

関連記事:営業とエンジニアの対立が止まらない|なんで仲良くできないの?

人間関係が構築できない間は、仕事がうまくいかないと感じたり、しんどいと思う場面も多く出てきます。

そこで諦めてしまうか、改善して次に活かせるかが分かれ目です。

営業は会社の最前線で多くの方と関わる仕事なので、会社にとってなくてはならない重要な仕事になります。

利益が出ればその分重宝されますし、給与にも大きく影響します。

構築が難しい人間関係ですが、一度作ってしまえば後は楽になります

信頼関係の上に胡坐をかくことは厳禁ですが、一度流れができてしまえば仕事を円滑に進めることができます。

これは会社内だけでなく、会社外でも言えることです。

関連記事:無能な営業&上司で組織が崩壊する|有能な営業マンになるコツ

会社内での信頼関係が構築できれば、上司からの信頼を獲得し昇進のチャンスに繋がります。

他の人に仕事を依頼するのも容易になり、タスクの分担で仕事量のコントロールができます。

関連記事:部下に慕われる上司になる方法|部下がついてくるコミュニケーション術

社外では、信頼関係は売り上げにほぼ直結するもので、「この人から購入する商品なら大丈夫」と継続的な購入が期待できます。

上手くいけば、既存の顧客が新規の顧客に紹介してくれる可能性も出てきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる