営業アカデミー

営業は大変だし死にたくなる|厳しくてつらい営業を楽しむコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業は大変TOP

営業は大変な仕事です。しかし、新卒を始め、営業職を入口にしている企業が多く、成りあがる為には避けて通れない職種とも言えます。

そんな厳しくて辛い営業ですが、セールスを楽しむ為のコツが存在しています。毎日辛い想いをしている営業マンの人は必見です。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

営業職は辛い

営業職は辛い

取引先や新しい顧客と接する営業職は、色々な点で辛いことで有名です。

しかし、無理だと感じる人がいる一方で、厳しいながらも頑張って成績を上げている営業マンも大勢います。

転職サイトでは営業マンの求人をよく見かけるので、自分の可能性を試す時に初めて営業職で働くケースも考えなくてはいけません。

きつい仕事として辞めていく人もいますが、働きやすい職種として真剣に検討することで自分の選択肢を増やせます。

関連記事:営業がしんどい&辞めたいと言うのは甘え|営業が辛い時の対処方法

どの業界の営業職でも、月間の売上ノルマを課せられます

基本的に個人として活動するので、時にはノルマ達成が無理という状況にも直面します。

ノルマが厳しい会社では、仕事の流れや要点を押さえる前に追い込まれてしまうケースもあるのです。

営業職は椅子に座って仕事をするデスクワークに分類されているものの、多くの営業マンは朝から夕方まで取引先を忙しく飛び回っているのが実情です。

関連記事:営業ノルマが未達成になる原因は?きついノルマを達成する方法

営業職が辛いと評されるのは、朝礼や定例会議での売上成績のチェックが大きな要因になります。

上司が部下を叱咤激励するので、弱気な人にとってはプレッシャーになります。

けれども、情報の共有は自分を高めるチャンスでもあり、自分より成績が良い営業マンを参考にすることで営業活動を改善することも可能です。

関連記事:営業がきついなら辞めればいい|辛い営業ランキング1位~5位

法人営業は大変

法人営業は大変

企業の綺麗なオフィスでプレゼンテーションをする営業マンは、BtoBの法人営業です。

法人はいきなり電話をかけても丁寧に対応してくれる反面、自分が扱っている商品やサービスについて決定権がある担当者を納得させるのが難関となります。

関連記事:外回り営業のコツは最初の一言|営業種類ごとのセールスノウハウ

法人営業では見込みになる企業を見つけることが大変で、いざ担当者と会えても即決契約が難しいことが特徴です。

このような案件ばかりが積み重なると、全く実績が出ず辞めたいと思う人もいることでしょう。

BtoBの営業では経験があった方が有利になりますが、未経験の営業マンでもトントン拍子に契約を取っていく人が稀にいます。

関連記事:営業ヒアリングでニーズを的確に把握|顧客心理を掘り下げるコツ

法人営業のコツは、相手の反応を見ながら計画的に動くことです。

新規開拓として自社が全く取引をしていない企業に電話でアポイントメントを取るので、自分が希望する担当者まで電話をつないでもらうだけでも一苦労となります。

ようやく担当者が出てくれても、会社の名前と要件を伝えただけで断られるパターンが日常茶飯事です。

>>法人顧客を新規開拓したいならリファラル営業サイトside bizz

リストを作って次々にアタックをする法人営業は、いかに短時間で相手にメリットを提示できるのかがポイントです。

大変だが契約を取れれば大きな商談をまとめられるので、やりがいがある仕事と言えます。

自分が接する担当者の事情や社風にも気を配りつつ、相手が抱えている問題点を解決するコンサルタントの役割を果たすことが大切です。

アポイント

ルート営業は大変

ルート営業は大変

地元密着型の企業でよく見られるルート営業には、テレアポに集中する法人営業とは別の苦労があります。

関連記事:ルート営業は未経験者でも簡単?一般営業とはどう違う?

ルート営業はその名前の通りに決められたルートを巡回する営業職で、顔馴染みの店主や事業主から注文を受け付けるのが主な仕事です。

車に乗って一人で回るので、新人のうちは営業ルートの道順や自分の担当でどのような人たちがいるのかを早く把握する必要があります。

よく勘違いされていますが、ルート営業もとても大変な仕事です。

新規開拓をしないルート営業では、取引先から無理難題を押し付けられることも珍しくありません

 

そう簡単に断れないことを理解した上で、無茶苦茶な要求をする顧客もいます。

そのようなワガママに対する線引きや対応のコツを覚えるまでは、取引先の要求に振り回されがちです。

個人的な要求をしつこく突き付けてくる面倒な客であっても、ルート営業では適度にあしらうのが鉄則となります。

関連記事:営業マンの仕事内容とは?きつくて辛い営業職をするメリットって何?

同じ人間と定期的に接するので、相手が上機嫌になる話題を仕入れていくことも重要です。

同じ注文で商品や機材の搬入をする単調な作業になりやすく、世間話で雰囲気を盛り上げながら、上手く新商品などを勧めるテクニックも要求されます。

いかに同業他社に客を取られず、それでいて注文数を増やしてもらえるのかが営業マンとしての腕の見せ所です。

女性の営業は大変

女性の営業は大変

女性の営業は、色々な面で大変です。

営業職は結果が全てという世界で、女性だから優遇される場面があまり見られません。

子育て中で子どもを優先にしたくても、せっかく進展している商談を水の泡にしないためにビジネスの約束を優先せざるを得ないことが普通の光景です。

一般的な女性らしい服装で動き回るので、体力的にもきつい状態になります

実際、ヒールで歩き回ることは大変足に負担をかけます。

結婚をして子育てと両立したいと考えても、常に「疲れた」と感じるコンディションではそれも困難です。

関連記事:営業職の服装は何がベスト?営業成績を上げる男性&女性の服装

しかし、営業職の求人は年間を通してよく出ているため、子どもが大きくなった時点で再就職しやすいメリットもあります。

女性が長続きしにくい営業職における経験者は貴重で、自ら考えて行動できる点は他の求人に応募した際にも評価してもらえる可能性が高いです。

外部の企業や担当者と直接交渉をして、自社の商品やサービスを売り込める女性は、結婚や子育てをしても上手く物事を運べます。

人生の選択肢が増えるので、例えばマイホームのために共働きをしなければいけない場面でも営業職として活躍することができるのです。

関連記事:女性が活躍できる営業職とは?女性が営業する際のメリットと注意点

女性の営業職だからこそ販売しやすい商品やサービスもあり、他の業界やエリアに転職して再出発することも営業職なら実現できます。

営業は楽しい

営業は楽しい

営業職になって取引先から受注をすると、営業への意識がガラリと変わります。

辛いと感じていた仕事が目標達成を目指すゲームのようになって、やがては楽しいと思えるほどの手応えがあります。

慣れるまでが大変であるのは事実ですが、しばらく働いていると契約を取るまでの道のりが見えてくるのです。

関連記事:営業目標の立て方とノルマ達成するためのコツ&法則を大公開!

性格として営業に向いていることよりも、取引先の担当者を説得するために必要な行動を積み重ねられるのかが問題です。

話すのがあまり得意ではない方でも、コツを掴むことで長く働けます。

内勤の職種よりも給料が高めであることから、女性でも安定収入を得やすい点も見逃せません。

営業ノルマについては業界と働く職場によりますが、成約をしたらインセンティブをもらえるパターンが多いことから頑張るだけの価値があります

関連記事:営業のやりがいを感じない!?営業マンの醍醐味をご紹介します!

自分が働いている職場や営業職の業務に慣れるまでが大変で、上手くいかずに辛いことから転職する事例が大部分です。

自分のイメージ通りに営業を進められて楽しいと感じられる段階にまで達すれば、新人では気づきにくいことまで考慮できるベテランの営業マンとして活躍できます。

外部の人間に自由に接触できるのは営業職だからこそで、自分の工夫によって刺激的な毎日を送れるのが特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる