代理店経営のポイント!保険代理店で独立開業するための準備と対策

独立開業する際に「販売代理店として起業しよう!」と考える人は多いと思います。

代理店として会社経営することは、商材を自社開発するよりもリスクが低い割に、儲かるビジネスができるためとても人気があります。

そこで今回は、代理店として会社を経営したいと思っている方に向けた情報をご紹介していきたいと思います。

>>独立起業を支援する|side bizz(サイドビズ)

代理店を開業する為に必要こと

代理店として独立開業する為には、まず売る商材を探す必要があります。

インターネットで代理店募集している商材を探すと、とてつもない数がヒットするので、どの商材を取り扱えばいいか迷ってしまうほどです。

そんな時には代理店募集のポータルサイトを活用するのが便利だと思います。

代理店募集のポータルサイトには、サイト運営会社に掲載料金を支払ってまで代理店募集したい企業がたくさん掲載しています。

なので、わざわざwebで検索して、問い合わせをしたのに、雑な対応をされるようなことがありません。

実は、webで代理店募集を謳っている会社に問い合わせをしても、連絡が来なかったり、代理店登録を断られたりすることが当たり前なのです。

よって、真剣に探しても時間の無駄になることが多いと思います。

それと比較して、ポータルサイトで代理店募集しているのは「代理店開拓に本気の企業」だけなので、雑な対応をされる心配がありません。

ある意味、ポータルサイトがフィルターの役割を果たしていると言えるでしょう。

代理店登録無料のサイトを探そう!

ポータルサイトに掲載している代理店募集情報を閲覧していると、「代理店登録:初期費用●円」という求人が多いことに気付きます。

この初期費用はなぜ発生するのでしょうか?

それは代理店募集している掲載企業の都合ですが、掲載企業はサイト掲載料を支払っている為、そのコストを回収する為に代理店希望者から初期費用を取っているケースが多いのです。

また、代理店の本気度を確認する目的もあります。

代理店登録した人に対して、メーカーはサポートしたり、フォローアップする必要が出てきます。

なので、「誰でも登録OK!」とはしたくないのです。

よって、初期費用の名目は「研修費用」や「初期登録料」のような曖昧な名目が多くなっているのです。

このような状況に陥らない為には、初期費用0円の求人情報がたくさん掲載されているサイトを利用するしかありません。

実は代理店募集サイトの中には、リファラル営業サイトというものが存在します。

このサイトは、リファラル営業(紹介営業)の求人情報を掲載するwebメディアですが、実態は代理店の一形態である「紹介店の募集サイト」なのです。

しかも、クラウドソーシングという概念を取り入れている為、代理店登録コストは原則的にゼロ円(無料)です。

このような観点では安心して利用できると思います。

人気の代理店ビジネス

代理店として経営者から人気を得ている商材や業種というものがあります。

ここでは、一般的に数が多く、人気の代理店業種をご紹介したいと思います。

保険代理店の経営

保険代理店は街中でもたくさん見かけると思います。

  • ほけんの窓口
  • 保険クリニック
  • ほけん百花

などは来店型保険ショップと言われており、多くの人が利用しています。

日本の保険会社だけでなく、海外の保険会社(アフラックなど)も日本国内に代理店網を構築しています。

よって、保険代理店として経営している人の数はものすごく多いのです。

しかし、実態は専属代理店ではなく、色々な保険会社の商品を取り扱う「乗合代理店」が多くなっています。

結局、代理店の強みとは、メーカーを横断して最適な提案をすることなので、そういった意味では乗合代理店の方が都合が良いのです。

携帯ショップの経営

ドコモ、au、ソフトバンクなど通信キャリアの携帯電話を販売しているショップも街中でよく見かけます。

これらのお店は直営ショップというケースが少なくて、ほとんどのお店が通信商材の販売代理店によって運営されています。

通信ビジネスは総務省管轄なので、管理が非常に厳しいことでも有名です。

その分、壁を乗り越えた代理店は儲かるビジネスを展開することができます。

代理店経営のコンサルタントに依頼する

取り扱う商材が決まったら、代理店としての経営を開始しましょう。

事業が軌道に乗るまで代理店本部がサポートしてくれることが多いですが、「経営は難しい…」と感じたら、外部に協力を依頼することも一つの選択肢だと思います。

そんな時には、代理店経営の専門コンサルティングを依頼してみましょう。

代理店経営のコンサルタントは、これまで多数の代理店立ち上げを支援してきた実績があり、そのノウハウを基にあなたの経営をサポートしてくれるはずです。

一人では孤独&心細い経営ですが、経営コンサルタントがいれば心にゆとりが持てるかも知れません。

ブラック化しないでシェアトップを狙う会社の代理店活用戦略のすすめ
created by Rinker

代理店を経営する悩み事

代理店経営を始めてから感じることは様々な事があると思います。

経営独特の悩みから、代理店特有の悩みまで幅広いことでしょう。

ここでは代理店を経営する上で良く聞く”悩み事”について注目したいと思います。

生き残りが厳しい

代理店ビジネスとは、良くも悪くも「誰でも簡単に参入できるビジネスモデル」だと思います。

先に代理店として経営している人もいれば、後から参入してくる人もたくさんいます。

このような人達は全て「競合」と言えるので、次から次へと競合が参入してくることになります。

これは企業経営をする上では死活問題になり得る事態です。

よって、同じ商材を扱う中でも、いかに差別化して競合に勝つかが重要になってきます。

経営セーフティ共済を活用する

あなたは「経営セーフティ共済」をご存知でしょうか?

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)とは、取引先事業者が倒産した際に、中小企業が連鎖倒産や経営難に陥ることを防ぐための制度です。無担保・無保証人で掛金の最高10倍(上限8,000万円)まで借入れでき、掛金は損金または必要経費に算入できる税制優遇も受けられます。
引用元:http://www.smrj.go.jp/kyosai/tkyosai/about/features/index.html

なぜこの制度をご紹介したのかと言うと、代理店ビジネスをするという事は、良くも悪くも本部に振り回されるからです。

具体的には、これまで100の代理店マージンだったものが、本部の独断で突然10になることもあり得るのが代理店ビジネスなのです。

これはとても大きな経営リスクだと思います。

本部としては、「これの条件が嫌なら他の会社と組んで下さい」と言える立場なので、代理店の立場はいかに弱くて、危ういものか理解できるはずです。

なので、念のために経営セーフティ共済などに加盟して、リスクヘッジしておくことをお勧めします。

まとめ

この記事では、代理店経営する上で知っておくべき情報をご紹介してきました。

代理店という特殊なビジネスモデルゆえに生じる事象もあります。

そんな時には、代理店経営のコンサルタントに相談することも良いでしょう。

代理店として参入することは簡単な反面、競合も出やすいことがネックです。

販売代理店として成功する為には、「いかにして生き残るか?」という営業戦略を取った方が良いかも知れません。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事