営業アカデミー

営業セミナーを活用するススメ|法人営業の売上アップさせる営業研修

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業セミナーTOP

営業セミナーを積極的に活用している企業や人事担当者は多いと思いますが、その目的が現場まで浸透していないケースがとても多いです。

せっかくのセミナーや研修なので、売上アップに繋がるような営業研修の使い方をしていきましょう。

>>営業職の副業&複業サイト|side bizz(サイドビズ)

営業研修の目的

営業研修の目的

営業研修を実施している会社は多々ありますが、中には研修すること自体が目的になっているパターンが非常に多いです。

自分の会社で実施している営業研修が人事の年間計画で約束されていたからという理由だったり、毎年営業研修分の予算を確保しているから実施しているというだけの理由で実施されているのであれば会社のお金と時間のムダ使い以外の何物でもありません。

そんな無意味な営業研修をするくらいならば実際に外回り営業をさせた方がよっぽど意味があるものとなります。

関連記事:営業研修は目的が重要|ゴールを目指せるカリキュラムとオススメ研修

営業研修はプログラムが重要

営業研修をするのであれば、しっかりと目的を考えた上で、その目的を達成できるような研修にしましょう。

営業研修と一口に言っても売り上げを向上させるためのノウハウだったり、顧客に対して契約を結ぼうという気にさせるようなトーク術を教える研修だったり、より効率よく契約を取れるように営業スキルを上げるための講習だったりとその目的はいろいろと思い浮かぶでしょう。

研修をする際にはできるだけ1つの講習でたくさんスキルをアップさせたいと思ってしまうかもしれませんが、すべてのスキルをアップさせようとすると結局どのスキルに対しての講習も中途半端なものとなります。

自社に最も足りないものは何かを考え、それを克服できるような目的の営業研修にすると最も効果が得られるでしょう

関連記事:営業スキルは売れる営業マンの共通点|スキルを身につけるコツと方法

セミナーは営業初心者に最適

営業初心者に最適

営業職に就職したばかりの新入社員や転職して営業職を始めて経験する人などは、そもそも営業の仕事がどういうものなのか完全に把握していないという場合も多いのではないでしょうか。

営業職に限らず、新入社員にとって仕事というのは学校の授業と全く違うものですし、今まで製造に携わっていた人が営業職に転職した場合なども今までとは全く違う働き方を経験することになります。

関連記事:営業に疲れたら我慢しない!ストレス発散方法と転職のススメ

先輩社員と一緒に顧客を回っていくことによって、なんとなくノウハウというのは身に付けることができます。しかし、何の下準備も出来ていない段階だと覚えることが多すぎて、1つ1つのアドバイスを全てその日のうちに覚えることはなかなか難しかったりします。

もしこれから営業職でずっと頑張っていこうと考えているのであれば、営業セミナーに参加して講習を一通り受けてみるということを検討してみてはどうでしょうか。

営業セミナーでは営業職とは何かといった営業の基礎から、さまざまな実例を紹介しながら商材を売るためにはどうすればいいかといった実践的なコツやノウハウまで学ぶことができます

何かしらの営業セミナーを受講して一通りのことを理解しておけば先輩のアドバイスもより理解しやすくなるでしょう。

関連記事:営業の最強トークスクリプトを作るコツ|テンプレート例&作り方雛形

目的に合った営業セミナーを探す

目的に合った営業セミナーを探す

営業セミナーには色々なものがあって、中には参加費用が一切必要なく無料で実施しているものもあります。

しかし、無料で実施しているセミナーの中には、後々有料のセミナーに参加させることを目的としたセミナーもあり、無料のセミナー講習では肝心な部分を教えてもらえないケースもあります。

そして営業セミナーで実施されている講習の内容も様々なものがあるので、自分自身が知りたいことや、自分自身に不足しているものを明確にする必要があります。

自己分析などを行うことによって、それを明確化し、自分が身につけたいことをしっかりと学べるような営業セミナーを受講するようにしましょう。

営業セミナーと営業研修は違う

営業セミナーのカリキュラムというのは参加している人全員に対して指導するものですから、あくまでも営業職としての初心者に向けたものと考えておいた方が無難でしょう。

営業のノウハウをより深く学びたいと考えているのであれば、やはり何らかの営業研修に参加しておいた方が良いです。営業研修の場合は営業セミナーとは異なり、より突っ込んだ内容のものとなっていますし、研修の中には個人営業に関しても指導してくれるものもあります。

特に新規顧客を獲得できるような営業スキルを身につけたいと考えている人は、そういった内容の営業研修を受講すると良いでしょう。

>>新規開拓を強化したいなら|リファラル営業サイトside bizz(サイドビズ)

セミナーで聞いた情報をすぐ実践する

セミナーで聞いた情報をすぐ実践する

セミナーや営業研修では実践的なノウハウも教えてくれることがあります。講習で学んだ知識を本当の意味で理解するためには、学んだ内容の中から実践できそうなことをピックアップし、その内容を実際の営業の際にすぐ実践することが重要です。

つまり、インプットとアプトプットを実践するということになります

実践することによって、セミナーで講師が伝えていた内容をより理解することができますし、学んだ内容通りに営業を進め、上手く契約にまで結びつけることが出来れば、自分にとっての自信に繋がるだけでなく、営業をかける際の武器にすることもできます。

講習通り上手くいかなかったとしても落ち込む必要はありません。どうして学んだ通り上手くいかなかったのかを考え、問題点があるのであれば、それを次回改善していくことでさらなる高みを目指すことができます。そうすれば、次回以降の営業では契約に結び付けることができる可能性が高くなることでしょう。

もしも、どこが良くなかったのかを自分で分析することができなければ、次回セミナーあるいは講習に参加した時などに、講師から良くなかった点をアドバイスしてもらうと良いでしょう。

営業の講習に限らずどんなものもただ学んだだけでは頭の中に入っていきません。学んだ内容を何らかの形で実践することによってはじめて忘れずに理解することができるようになります。

新規開拓

法人営業(BtoB)ではセミナーを活用

法人営業ではセミナーを活用

セミナーというのは何も学ぶために聞きに行く場所とは限りません。自分たちの営業活動もセミナーを活用していくことができます。

営業活動として欠かせないものの1つに法人営業がありますが、実は法人営業を難しいと考えている営業マンは意外と多いです。

個人営業の場合は直接商品やサービスを紹介したい人とコンタクトをとることができますが、法人営業の場合、個人経営している会社を除けば、まずは受付という高いハードルを越えなければ実際に営業活動をしたい相手とコンタクトをとることができません

これは実際に会社を訪問する営業であっても、テレアポであっても同様です。何も考えずに営業活動をしていても非効率的だと言えるでしょう。

そこで、自社の商品やサービスを紹介するセミナーを開催するという内容の資料を実際に取引したい企業に配ります。そうすることによって受付という壁に阻まれることは無くなり、直接取引をすることができるような立場の人とコンタクトをすぐに取ることができるため、とても効率的です。

営業研修の中にはそういった法人に対してのセミナーを開き、マーケティング効果を得るためのノウハウを学べるような内容のものもあるので、実践する前に一度受けておいて損はないでしょう。

関連記事:飛び込み営業マンはチラシを持て!法人受付を突破するチラシ活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる