営業アカデミー

副業と起業の違いとは?やっておくべき準備や心構えとメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
副業起業

副業として行っている仕事が楽しく感じられたり、意外としっかりと儲けられると実感したりすると、副業ではなく本業に切り替えようかと考える人も多いのではないでしょうか?

しかし、何の準備もせず本業を辞めてしまうと、後々大変な思いをするのは自分自身です。起業をするのであれば、それなりに将来のことを考えてプランを練る必要があるのですが、一体どのような準備をしていけば良いのか、その具体的な内容を解説していきます。

副業から起業するために必要な準備とは?

リストアップ

現在勤めている仕事を辞め、起業するというのは人生における一大決心とも言えるでしょう。

では、その決心をした後は、どのように準備を進めれば良いのでしょうか?実は、起業のために準備をしなければならないことはたくさんあります。

副業と起業の違いとは?

まず、副業と起業の違いを認識しましょう

副業とは本業がある前提のサイドビジネスです。一方、起業とは事業を興すことを意味するので、事業主になることを意味します。

これは副業というより本業に近い感覚になるので、きちんとした事業戦略がなければ上手くいきません。起業では副業のように簡単に撤退することもできません。

そのような社会的な責任の重さが全然違うのが副業と起業の違いです。

起業にはアイデアが必要

何の仕事で起業するのかということです。お小遣い程度の稼ぎでは生計は成り立たないので、しっかり売り上げを作っていくことを考えてビジネスをしなければなりません。

副業の頃より、どんどん仕事の幅を広げていくことも必要になってくるでしょう。そこで自分の事業が何なのかが明確になっていなければ、仕事は獲得できません。

また、開業時の手続きでも、事業内容を申請しなければならないので、これからどんな仕事をメインにやっていくのかを自分の中で理解しておきましょう。

そして、業種によって起業時に必要なものは大きく異なります

例えば、Webライターとして副業をしていた人が起業し、本格的にライターの仕事を行っていくとしましょう。今まで使っていたパソコンやネット環境があれば、とりあえず今まで通り仕事をして収入を得られます。

そのため、起業に伴って新たに何かを用意する必要がないという人もいるでしょう。

しかし、趣味で作っていたハンドメイド作品をネットで販売していたという人の場合、それを本業にしていくのであれば、たくさんの材料を安定して仕入れられる取引先を見つけておいたり、作業を効率化するための環境を整えておかなければ、注文に対して生産が間に合わず、売り上げが作りにくいという事態を招きます。

副業と本業とでは作業量は大きく異なるので「副業としてやっていたから」と言って、そのままの環境で起業ができる場合とできない場合があります。

自分が起業する業種には、どんなものが必要なのかを調べて準備をしていくことが大切です。

認可や資格が必要なビジネスもある

また、業種によって異なるという点で言えば資格も同じです。何の資格もなしでできる仕事もありますが、資格を持っていないと営業できない仕事もあります。

例えば飲食店は、必ず営業許可書と食品衛生責任者の資格が必要となります。また調理師や製菓衛生師は、名称独占資格なので、調理師免許を持っていない人は調理師を名乗れませんし、製菓衛生師を持っていない人はパティシエを名乗れません。

肩書がないというのは、ビジネスにおいて大きな影響を与える可能性があるので、必ず必要な資格と、あった方が良い資格を理解し、取得することも必要だと覚えておきましょう。

起業するにはお金が必要

次は資金に関する準備です。起業の準備というと、お金のことを真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

実際に起業で様々なものを用意する必要がある人の場合、ある程度まとまった金額を準備して「開業費」とする必要があります。

それだけではなく、事業が黒字で落ち着くまでは時間がかかるので、その間に赤字を切り抜けるられるよう余裕を持って資金を準備しておくことも大切です。

地域によっては、起業する人に対して助成金や補助金を出すという自治体もあるので、自分が住んでいる場所で利用できるものがあるかを調べておきましょう。

青色申告を活用した節税

最後に、起業関連の手続きです。起業するにあたっては「開業届」というものが必要となります。

税務署で書類を書き、提出することで1つの新たな事業として認めてもらえます。この際に同時に青色申告の申請も行っておくと、その年の確定申告から青色の控除が受けられます。

記帳の仕方によって控除内容は異なりますが、最大65万円の控除が受けられるので、節税をしたいという人は、その時に申請を済ませてしまいましょう。

また、辞めた企業で社会保険に入っていたという人の場合は、健康保険や年金を脱退することになるので、新たな加入手続きもしなければなりません。

個人事業か法人事業か?

このように、起業をする際には様々な準備が必要となります。

個人事業主として起業するのか、法人として起業するのかによって内容は異なりますが、基本的に個人の場合は資本金は不要ですし、法人は資本金が必要となります。

申請内容も若干異なってくるので、いきなり法人登録をするのは気が引けるという人の場合は、最初に個人から始めて、その後法人に切り替えるというやり方もあります。

起業に向いている人の特徴とは?

副業おすすめ

起業に興味はあるけれど、失敗したらどうしようという不安から、なかなか一歩が踏み出せないという人もたくさんいます。

成功する可能性もあれば失敗する可能性もあるというのが、一種のギャンブルのように感じられる人もいるでしょう。では、どんな人が起業に向いているのでしょうか?

起業に営業スキルは必要不可欠

まずは、コミュニケーション力がある人です。仕事を獲得するために営業をしたり、人脈をたどっていかなければならなかったり、とにかく人と接する機会も増えるでしょう。

ネット上で完結する場合もありますが、クライアントとの信頼関係を築いていくためには、メールでのやり取りをするだけではなく、電話でのやり取りも必要な場合があります。

そのため、スムーズにコミュニケーションがとれるかどうかが重要となってきます。人に会うのが好き、誰に対しても緊張せず、落ち着いて対応ができるというような人であれば、自然と仕事も舞い込んでくるようになるでしょう。

「起業=自己責任」であるという心構えを持つ

次に、その場に適した対応ができるということです。特に個人事業主になると、仕事上のミスはすべて自分の責任になります。

誰かのせいにはできませんし、クライアントのせいにすると、そこで関係は断たれてしまうでしょう。何かミスがあれば素直に謝り、逆に何かをしてもらったら感謝の言葉が言えるというのは、当たり前のことですがとても大切なことです。

こうすることで良好な関係が築け、お互いに信頼し合い、仕事を依頼できるというようなビジネスが成り立ちます。

そして、即決できる力も必要です。ビジネスを成功させるためには、どれだけ仕事を効率よく進められるかも重要です。1つのことをだらだらと考えているようでは、先には進めません。だからこそ、即決する力が必要なのです。

事業には「情熱」が必要

最後に、仕事に対して情熱を持っているかどうかです。任された仕事をやり遂げよう、良いものを作っていこうという前向きな姿勢がなければ、仕事に対するモチベーションは維持できません。

事業をのばしていけるかどうかは起業した本人の腕次第なので、仕事に対する情熱は、何年経っても持っていることが大切です。

この他にも、お金を管理して使いすぎないようにしたり、自己管理をしたりするのも大切です。特に個人事業の場合には、時間が自由になるので、スケジュール管理ができなければ仕事がおろそかになる場合があります。

起業に成功するのは、決して高学歴な人だけではありませんし、スキルがある人だけでもありません。何の力もないと思っている人でも、工夫や努力によって成功している人は世の中にたくさんいます。

副業から起業させていくと失敗が少ない

成功失敗

やってみたい仕事があって挑戦するというやり方もありますが、実際にやってみると理想と違ったというギャップを感じることもあります。

また、思ったよりも稼げず、事業を続けていくのが難しくなるというリスクも考えられます。できるだけ失敗を少なくするにはどうしたら良いのか、それは副業からスタートさせることなのですが、そのメリットをいくつか紹介します。

副業から起業するメリット①

まずは、起業をしても大丈夫かどうかの判断がしやすいということです。

実際に副業をしてみることで、1ヶ月でどれくらいの収入が見込めるのか、安定した収入を得るためにはどう仕事を進めていけば良いのかが分かります。

こうしたデータから、起業をしてもやっていけるのかを判断できるので、失敗も少なくなるでしょう。

副業から起業するメリット②

次に、副業中に経験が積めるということです。本業があるという安心感から、副業でしっかり稼がなくても大丈夫という安心感が出てきます。

そのためスキルはないけれど、興味があるという仕事に挑戦する人も多いでしょう。実際に副業として仕事をしていく中で、スキルや経験が積めるので、本業にしても大丈夫という自信につながります。

副業から起業するメリット③

最後に、失敗する前に辞められるということです。挑戦してみたけれどやっぱりダメだったという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

それを副業中に経験するのか、起業してから経験するのかでは違います。副業中であれば、向いていないと分かったらすぐに辞められるので、リスクを感じることもありません。

週末や休日だけ自営業者として働く

自営業者

副業をしてみたいけれど、本業が忙しいからなかなか挑戦できないと思っている人もいるのではないでしょうか?しかし、うまくスケジュール管理をすれば、無理なく副業をすることも可能なのです。

例えば、仕事が休みの休日に数時間だけ副業をするという方法です。

「毎日仕事をしなくていいの?」と思う人もいるかもしれませんが、本業のように1日8時間程度の時間をとらなくても、隙間時間や1~2時間程度で良いという仕事もあります。

これならば無理をして働くこともないので、自分の都合のいい時間を考えて副業に挑戦できるでしょう。

具体的な方法としては、平日にやると本業に支障が出る危険性を考えて、週末や休日だけ自営業者として働いてみたり、休みの日にじっくり時間をかけてネットビジネスに集中したりするという方法です。

物販の場合は、週末だけの仕事でも十分顧客が見込めるでしょう。自分の中でルールを決めておくことで、スケジュールにメリハリがつき、人に会う場合でも予定が組みやすくなります。

資金がかからない副業を選ぶと失敗しにくい

法人営業_個人営業

前述したように、起業に必要な資金は業種によって異なり、お金をかけずにできるビジネスもたくさんあります。そのため、できるだけ資金がかからない副業を選んだ方が、失敗しにくいと言えるでしょう。

もし副業として始める場合、本業の収入があることで安心しすぎてしまうと、経済的に失敗する可能性があります。

また、副業にかかる経費を本業の収入で補填するというのも危険です。本業は本業、副業は副業でしっかり区切ることが大切です。

副業に経費がかかるのであれば、実際に副業によって得た利益から少しずつ経費をかけていき、事業を大きくすることを考えましょう。

会社にばれるリスクは?届け出は早めに

副業開業届け

禁止されている副業をしていたことで、会社とトラブルになったという人はたくさんいます。そうならないようにするためにも、副業をする際には必ず会社に届け出をしておくことが大切です。

実際に副業を禁止している企業は多く、その理由で特に多いのは「本業に集中できないから」というものです。

しかし、その考え方を改めている企業も多くなり、2018年1月には、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表しています。

副業をすることで社員の自立をはかり、本業に対してもより一層真剣に向き合うことが期待できるということで、積極的に副業をするように指導しているという企業もあります。

企業側は「労務提供上の支障がある場合、企業秘密が漏洩する場合、会社の名誉や信用を損なう行為や信頼関係を破壊する行為がある場合 、競業により企業の利益を害する場合などの事情を除いて従業員の副業を禁止したり制限したりはできない」ということになっているので、労働者は届け出を出して正しい手順を踏めば、堂々と副業をしても良いのです。

副業を考えている人は、忘れないように早めに提出しておきましょう。

未経験の仕事でも副業なら挑戦しやすい

副業

本業の場合は、やりたい仕事内容かどうかだけでは仕事を選べないという人も多いのではないでしょうか。中には、やりたくない仕事でも、生活のためにやるしかないと歯を食いしばって頑張っている人もいます。

それに対し副業は、本業のように生計を立てるためのメインの柱ではないので、収入を気にせずやりたい仕事に挑戦できるというメリットがあります。

そのため、未経験の仕事でも副業なら挑戦しやすいでしょう。やりたいことをやることで、仕事に対するモチベーションも上がり、起業のためにスキルを積んでいくこともできるので、一石二鳥です。

未経験で始めたことで、仕事のノウハウが分からないという人もいますが、クラウドソーシングのように登録してから始める副業であれば、ノウハウを教えてもらえることも期待できます。

お金をかけてセミナーに行ったり、本を買ったりしなくても、無料で始められる仕事もあると覚えておきましょう。

脱サラも夢じゃない?退職のタイミングとは?

起業

いずれは起業をすることを想定して副業をする中で、売上を順調に伸ばし、スキルアップや人脈形成などができていれば、退職して脱サラするのも夢ではありません。

しっかりと土台を作れば、退職のタイミングは自分の目標や生活スタイルを考えて決めていけます。

サラリーマンの場合、最適な退職タイミングを見極める

起業する為に退職をするのであれば、できるだけ損をしないような状態で辞めたいと思う人もいるでしょう。そのため、有利に働きやすい退職のタイミングも理解しておくことが大切です。

まず、退職金が出る定年退職後です。定年まで待てないという場合には、勤続年数に応じて退職金を支給してくれる企業もあるので、その一定ラインをクリアしていることを確認してから退職しましょう。

次に、社員持ち株です。株式上場予定があれば、それまで様子を見ましょう。もし上場すれば会社の経営状況や上層部が一変する可能性がありますし、持ち株の配当数を増やすことも見込めます。

最後に、部署の異動や組織編成などです。これらによって大きく収入がアップする可能性もあるので、すぐに辞めてしまうともったいない結果となってしまう場合があります。

組織内で何らかの動きがないかどうか、その可能性があるかどうかもチェックしておきましょう。

会社に勤務しているうちにやっておきたいこと

チェック

脱サラした解放感を早く味わいたいという人もいるかもしれませんが、その気持ちだけですぐに退職をしてしまうと、後々後悔する可能性があります。会社に勤務しているうちにやっておくべきこともあるので、それらを忘れずにやっておきましょう。

会社員と事業主との大きな違い

具体的に言うと、カードやローン関係です。なぜこれを退職前にやっておかなければならないかというと、自営業者は事業によって売上の差が大きく、収入が多くても、後々大きく下がってしまう可能性も否定できないため、社会的な信用度が下がる傾向にあります。

それに対し会社勤めの場合、固定給を安定してもらえているという実績があるため、カードを作る際やローンを組む際にスムーズに審査に通りやすくなるのです。

万が一起業後に融資が必要となった際、受けられない可能性も考えておくとカードは作っておいた方が安心ですし、住宅ローンにおいても、会社勤めの方が良い条件で通りやすいので、住宅購入を考えている人は、退職前に購入を決めておきましょう。

副業でいろいろ挑戦してみる!

挑戦

「自分にはスキルや経験がないから」とやりたい仕事を諦めている人もたくさんいるでしょう。

しかし、副業はそんな諦めていた仕事を実現させられる可能性を秘めています。起業をするとなると少々リスクは上がりますが、副業であればリスクも少なく、挑戦しやすいでしょう。

どんな仕事に挑戦したいのか、本業とのメリハリをつけるにはどうしたら良いのかを考え、積極的に挑戦してみると、自分の中で新しいスキルと経験を身につけていけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

独立起業の支援!新規商材探しなら「サイドビズ」

起業や独立を目指すなら「サイドビズ」を要チェック!

サイドビズを利用すれば、一気に100商材以上の仕入れが完了

 

起業準備に役立つ情報が盛りだくさん!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる