起業前に準備すべきことを起業家が解説!失敗しない為のススメ

もし起業したいのであれば、それなりに将来のことを考えてプランを練る必要があると思います。

何の準備もせずに、勢いで会社を退職してしまうと、後々大変な思いをするのは自分自身です。

とはいっても、一体どのような準備をしていけば良いのかわかりませんよね。

そこで今回は、実際に起業を経験している営業シークのさの編集長が、「これから起業する人」に向けて情報発信していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

やるべきことをリスト化する

もし起業を検討している人は、やるべきことをリストアップすることから始めていきましょう。

「起業準備」には、とにかくやるべきことが多いので、頭がパニックになるかも知れませんが、やるべきことをリスト化すれば少し冷静になれるはずです。

なので、まずは一般的な起業準備について解説していきたいと思います。

準備①:ビジネスアイデアを練る

起業する上で重要なことは、「どんなビジネスで起業するのか?」ということです。

まだ起業を経験したことがない人にとっては、とてもハードルが高いことに思われますが、実際にはそんなことありません。

実は、起業するアイデアはあなたの周りにもたくさん転がっているのです。

例えば日常生活をする中で、以下のようなことを考えたことありませんか?

  • 夜中にぼーっとテレビを見てる時間がもったいないなぁ
  • 買い物するのがめんどくさいなぁ
  • 部屋を掃除するのがめんどくさいなぁ
  • 旅行に行きたいけど、どっか良い所ないかなぁ
  • 彼女の誕生日プレゼントは何がいいかなぁ

このような課題感は、日常生活をする中で誰もが経験することだと思います。

そのような課題を解決することが起業なのです。

これは理想と現実のギャップを埋める作業に似ていて、

  • 理想)とても便利だなぁ
  • 現実)不便だなぁ

というギャップは全てビジネスになり得るのです。

このギャップが見つかったら、今度は顧客ニーズを探り当てます。

ただとても厄介なのは、この顧客ニーズがなかなか見えてこないことです。

顧客ニーズは「潜在ニーズ」になっているケースが多く、なかなか表に出てきませんし、消費者は嘘をつくので見せかけのニーズに騙されないことが大切です。

なので、もし起業するなら、まずは潜在ニーズをマーケティングする必要があるのです。

準備➁:資格や認可を取得する

参入する業種業態によって、起業時に必要なものは大きく異なります。

例えば、Webライターの副業をしていた人が起業して、本格的にライターの仕事を請け負っていくとしましょう。

その場合には、今まで使っていたパソコンやインターネット環境があれば、とりあえず仕事をして収入を得られます。

そのため起業することに伴って、新たに何かを用意する必要がないという人もいるでしょう。

しかし、「これまで企業の採用活動を支援してきたので、その延長線上で起業したい!」という人の場合、人材紹介業の免許を取得しておく必要があります。

たまに「求人サイトを立ち上げるIT系サービスなので、人材紹介免許は必要ない…」と勘違いしている人がいますが、エントリー機能を実装するのであれば、たとえインターネットサービスでも人材紹介免許は必要になります。

このように、資格を持っていないと営業(=開業)できない仕事もあるのです。

例えば飲食店は、必ず営業許可書と食品衛生責任者の資格が必要となります。

他にも、調理師免許を持っていない人は調理師を名乗れませんし、製菓衛生師も無資格ではパティシエを名乗れません。

そもそも必要な資格を取得していない場合、事業を興してはダメですし、その権利もありません。

また、肩書がないことはビジネスにおいて大きな影響を与えるかもしれないので、あった方が良い資格は必ず取得するようにしましょう。

準備➂:起業するお金(資本金)を用意する

次は資金に関する準備です。

起業の準備と聞くと、真っ先に思い浮かべるのは「お金」に関することですよね。

独立起業する場合には、それなりの初期投資が必要になります。

これは業種業態によって異なるので一概に言うことはできませんが、実際に起業した当人の感想としては「少なくとも1,000万円以上」は用意しておいた方が無難だと思います。

そして「創業融資」などの制度を活用して、最大限銀行借入もするようにしましょう。

銀行融資を受けない、いわゆる無借金経営を誇りにしている経営者をたまに見かけますが、そのやり方はリスクが高すぎると思います。

その理由を詳しく解説しておきたいと思います。

絶対に銀行借り入れをすべき理由

もちろん無借金経営ができることは素晴らしいですし、なかなかできる芸当ではないので、それ自体を否定するつもりは全くありません。

しかし、世の中には不景気(=景気後退局面)が必ずやってくるので、その時に初めて銀行借り入れを申請すると拒否されるケースがあるのです。

経営者の間でよく言われているビジネス格言に、「銀行は雨が降っている会社にはお金を貸さない」という言葉があります。

つまり、これまで全く取引がない状態で、いきなり銀行に「傘を貸してくれ!」と頼んでも、返してくれない可能性があるので融資を断られるケースがあるということです。

なので、事業好調な「晴れてる間」に銀行融資を受けておき、少しずつでも返済実績を作っておくことが必要だと思います。

そのような返済実績が評価され、たとえ今は雨が降っていたとしても「返済可能性が高い」と判断されれば、業績が悪くても融資を実行してくれるケースがあるのです。

これはつまり相手(銀行の担当者)の立場に立って考えれば良く理解できるはずです。

銀行の担当者はサラリーマンなので、上司から「この会社は業績悪いが、融資を返済できるのか?」と聞かれた場合、何の実績もなければ上司を説得することができません。

しかし、もし過去に多少の返済実績があれば「この会社は5年間に渡ってずっと返済を続けているので、信頼できる会社だと思います。」と会社を説得する材料になり得ます。

つまり、借入が必要であるかないかは全く関係がなく、返済実績を作っておくことは会社経営における「保険(=リスクヘッジ)」と同じ役割になるのです。

なので、もし独立開業する場合には、積極的に銀行融資を受けるようにしましょう。

準備④:税務署に開業届を提出する

次は起業関連の手続きです。

個人事業主として起業するにあたっては「開業届」というものが必要となります。

所轄税務署で書類を書いて、ただ提出するだけの作業なのですが、これと同時に青色申告の申請もやっておくことをお勧めします。

そうすれば、その年の確定申告から青色申告控除が受けられるのです。

記帳の仕方によって控除内容は異なりますが、最大65万円の控除が受けられるので、節税をしたいという人は同時に申請を済ませましょう。

ちなみに、法人の場合には会社定款の設定や、法人登記の手続きが必要になるので、個人事業主とは違った手続きが必要になります。

法人登記の場合には、所轄の法務局に出向いて、法人登記手続きをする必要があります。

この手続きはかなり厄介なので、何度も法務局に出向く羽目になると思います。

また、会社設立に必要な会社定款は、所轄の公証役場に出向いて認証してもらわなければいけません。

法人登記に関しては、厳格なルールがあるので、事前に法務局に連絡して確認するようにしましょう。

>>法務局・地方法務局所在地一覧

準備➄:健康保険組合に加入する

辞めた企業で社会保険に入っていた場合には、その健康保険や年金基金を脱退することになるので、新たに加入する手続きを検討しなければいけません。

個人年金に関しては法制度に則って加入すれば良いのですが、健康保険に関してはどこかに加入した方が無難だと思います。

やっぱり病気になった時の通院費や入院費用は馬鹿になりませんし、リスクヘッジという観点でも加入しておいた方が良いと思います。

業界ごとの健康保険組合もありますが、加入要件が厳しいケースが多いので、まずは「全国健康保険協会(協会けんぽ)」に加入することをお勧めします。

サラリーマン時代は実感することが少なかった保険料ですが、自営業者になった場合、その金額の高さにきっと驚くはずです。

このように、起業をする際には様々な準備が必要となりますが、

  • 個人事業主として独立開業するのか?
  • 法人事業として起業するのか?

によって手続きの内容が異なるので、しっかりと情報収集するようにしましょう。

起業に向いている人の特徴とは?

起業に興味はあるけれど、失敗したらどうしよう…

という不安感から、なかなか一歩が踏み出せない人はたくさんいます。

成功して大金持ちになれる可能性もあれば、失敗して自己破産する可能性もあるという側面が、一種のギャンブルみたいに感じる人もいるでしょう。

では、どんな人が起業家に向いているのでしょうか?

営業スキルが高い人

起業家に向いている人とは、やっぱり営業スキルが高い人です。

起業するということは、多くのステークホルダーに対して影響力を持つことを意味します。

従業員はもちろん、株主、取引先、銀行、消費者などと上手くコミュニケーションしなければいけないので、口下手な人ではなかなか務まりません。

そして、新規開拓するために営業活動をしたり、人脈もフル活用しなければいけないので、とにかく人と接する機会が増えるはずです。

もちろんインターネット上で完結する場合もありますが、クライアントと真の信頼関係を築いていくためには、メールでのやり取りだけでなく、電話でのやり取りも必要です。

  • 人に会うのが好き
  • 誰に対しても緊張しない
  • 人と話すのが好き

という人であれば、自然に仕事も舞い込んでくることでしょう。

「責任感」が強い人

事業を経営するということは、仕事上のミスはすべて自分の責任になるということです。

日々の仕事の中で、従業員がミスをすることもあるでしょうし、取引先がミスをすることも十分ありえます。

そんな時に、人のせいにして「自分は絶対に悪くない」と決め込むような人は、起業家に向いていません。

経営者というのは、事業に対する全責任を負うので、その分報酬が高くなっています。

つまり、責任と報酬額は一般的に比例していくのです。

都合の良い部分だけ人のせいにするのではなく、「どうやったらそのような事故を防げるか?」という仕組み作りも経営者の仕事なのです。

何かミスがあれば素直に謝り、全責任を負う覚悟を持つ…

事業責任者であれば当たり前のことですが、とても大きな覚悟だと思います。

経営者自らが「全責任を負う」と公言することで、従業員や取引先は失敗を恐れずに最高のパフォーマンスを追求することができるでしょう。

このような関係性が信頼関係に繋がっていき、きっと良い仕事にも繋がっていくはずです。

事業に「情熱」を持てる人

起業する上で一番重要な要素をお伝えします。

それは、自分の事業に対して「情熱」を持つことです。

起業とは、自分でビジネスを興すことを意味していますが、単に独立開業するだけではありません。

起業の本質とは、世の中のギャップを埋めて、イノベーションを起こすことになります。

つまり、「世の中をもっと良くしよう!」という強い信念や情熱がなければ、決して起業家は務まらないのです。

  • お金を稼ぎたいだけ
  • 仕事だからやっている

というスタンスでは、決して世の中を変えるようなイノベーションは起こせません。

事業を成長させられるのは、起業家本人の腕次第です。

なので、仕事に対する情熱は何年経っても薄れることがなく、常に情熱漢でいられる高いモチベーションが求められるのです。

起業家に必要な要素とは、決して高い学歴や、人並外れたスキルではなく、一番重要な要素とは、「世の中に貢献したい!」「社会をもっと便利にしたい!」という前向きな姿勢なのです。

行動力がある人

ここまでは起業家に必要な精神論をお伝えしてきましたが、「行動力」は実務に結びつきます。

どれだけ綺麗事を並べても、それを実現するだけの行動力がなければ全く意味がありません。

なので、「事業を成功させる為に一番重要な要素とは?」という質問に対しては、「行動力です。」と回答するのが正解だと思います。

事業経営には正解がないので、どうしても迷いが生じると思います。

慎重に考えすぎて、なかなか行動に移せない人もたくさんいるはずです。

しかし、悩んでばかりでは一向に前進しないので、まずは行動してみることをお勧めします。

副業から起業するメリットを解説

ここまで読んできた人の中には「自分も起業してみたい!」と思った人がいるかもしれません。

しかし、実際にやってみると「思っていたイメージと違った…」というギャップを感じることもあります。

また想定していたよりも稼げず、事業を続けていくのが難しいというケースも考えられます。

それでは、できるだけ失敗するリスクを抑える為には、一体どうしたら良いのでしょうか?

そのようなケースでは、副業から事業をスタートさせることをお勧めします。

副業とは、何かしらの本業がある前提で行っているサイドビジネスのことをいいます。

本業があるので、もしダメになってもあまり生活に支障をきたさないことが特徴的です。

副業から事業をスタートさせることには様々なメリットがあるので、ここで解説していきたいと思います。

メリット①:マーケティングができる

まずは、マーケティングができるということです。

起業で最も多い失敗談というのは、「起業したけど顧客ニーズが無かった…」というケースです。

  • これは絶対に売れる!
  • たくさんの人が欲しがるはず!

と思うような革新的なアイデアでも、意外と失敗してしまうのが現実のビジネスです。

せっかくチャレンジしたのに、最初から倒れてしまっては、起き上がるまでに時間がかかります。

なので、最初は大怪我をしないように慎重に進めたいところですよね。

サラリーマンとして会社勤めをしながら、土日や祝日の副業として始めてみることで、「どれくらいの収益が見込めるのか?」ということがある程度把握できるようになります。

こうしたマーケティングデータから、起業の勝率を導き出していけば、大怪我をしなくて済むはずです。

メリット②:周到な準備ができる

副業を経由することで、周到な準備ができることもメリットだと思います。

副業から始める場合には「本業がある」という安心感から、「ガッツり稼がなくても大丈夫」という余裕が出てきます。

そうすると無理して収益を追う必要がなくなるので、プロダクト開発に専念することができます。

しかし、いきなり起業すると簡単に後戻りすることができないので、「とにかく収益を追う!」という無茶な事業経営を強いられるかもしれません。

このパターンではとてつもなく大きなストレスがかかりますし、顧客ニーズを反映した「本当に良いプロダクト」を作ることは難しいでしょう。

もちろんダラダラと準備するのは良くありませんが、用意周到な下準備をすることは是非オススメしたいポイントです。

マーケティングで汲み取った顧客ニーズをプロダクトに反映させることができれば、起業の勝率はかなり高まるはずです。

メリット③:最低限のリスクで済む

起業するということは、リターンを求めることです。

リターンを求めるということは、リスクを負うことです。

つまり、起業するということは、リスクを負うことなのです。

このリスクの大きさは様々ですが、先ほど解説したように「資本金1,000万円」を用意して、さらに銀行から多額の融資を受けた場合、そのリスクの大きさは自分のキャパシティを超えてしまうはずです。

いきなりそれだけを多くのリスクを背負って独立起業することは、正直お勧めできません。

なので、まずは副業からスモールビジネスを始めてみていかがでしょうか?

現代では「マイクロ起業」という言葉もある通り、リスクを減らしながらビジネスする人が増えています。

先ほども少し触れましたが、最初から大怪我をしてしまっては再起不能になってしまいます。

副業から起業することと、いきなり起業するのではリスク許容度が全く違います。

もし副業ができるのであれば、まずはスモールスタートしてみることをお勧めします。

週末起業をしてみる

起業にチャレンジしてみたいけど、本業が忙しくてなかなか挑戦できない…

そう思っている人は、ぜひ週末起業にチャレンジしてみてください。

週末起業とは、ネーミングの通りですが、会社が休みの土日祝日に自分のビジネスをするというやり方です。

「週末副業」なんて呼ばれることもありますが、どちらも意味は同じだと思います。

週末はダラダラ過ごしたい人がいるかもしれませんが、そもそもそういう人は起業家に向いていません。

起業家とは、世の中を変えるために自分の身を粉にして、自己犠牲を払える人だけが務められるのです。

なので、もし起業するというのであれば、365日、休みなくフル稼働する気概が最低限必要だと思います。

たとえ365日フル稼働したとしても、自分の好きなことをやっているので過労死するようなことはまずありません。

個人的にオススメしたいのは、1日14時間以上、一週間で100時間以上の稼働(=仕事)をすることです。

この数字はテスラモーターやスペースXで有名なイーロン・マスク氏も推奨している数字なのですが、これを3年間続けると、ほとんどのケースで負けることがありません。

これは学術的にも根拠のある数字なので、もし起業したい人はぜひ実践してみてください。

とはいえ、いきなり厳しい環境に身を置くことは、身体にも良くないので、まずは週末起業から始めてみることが良いと思います。

週末起業であれば、土日の隙間時間や、休日の2~3時間程度という感覚で始めることができます。

それなら無理をして働く感じにならないので、自分のペースに合わせて挑戦できると思います。

副業が会社にばれないか心配…

実際に週末副業をしようとしても、「ウチの会社は副業が禁止されている…」なんて人は多いかもしれません。

もし無断で副業を始めて、会社にバレたら揉めることは確実です。

現代は実質的に副業解禁されているはずですが、副業を禁止している企業はまだまだ多いのです。

企業が副業禁止をする理由は様々ですが、一番多い理由は「本業に集中できないから」というものです。

その一方で、副業解禁することで社員の自立をはかり、本業に対してもより一層真剣に向き合うことを期待する企業もあります。

どちらにしても雇用契約を締結している以上、ある程度は勤務先に配慮する必要があると思います。

そこで知っておきたい知識として「どうすれば副業がばれてしまうのか?」というのがあります。

この答えは明確で、確定申告によって副業がバレてしまいます。

確定申告とは、年に1回税務署に自分の納税額を申告する作業のことをいいますが、もし副業収入を得た場合、ほとんどのケースで確定申告が必要になるのです。

この時の納税方法がポイントになります。

確定申告の納税方法は2種類あります。

納税方法
  1. 普通徴収
  2. 源泉徴収

源泉徴収というのは、会社の給料とまとめて納税するというやり方なので、会社外で収入があることを経理担当者に知られてしまいます。

なので、会社給与とは別管理で納税する「普通徴収」を選択すれば良いのです。

決して難しい話ではありませんので、副業を考えている人はぜひ押さえておきましょう。

脱サラ前にやっておくべきこと

脱サラした解放感を早く味わいたいという人もいるかもしれませんが、その気持ちだけですぐに退職をしてしまうと、後々後悔する可能性があります。

会社務めしているうちにやっておくべきことがあるので、起業経験者の意見として、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードを作っておく

個人事業主や自営業者になった時、初めて独立したことを実感するタイミングは、自分の信用が低くなったタイミングだと思います。

具体的にいうと、カードやローン関係の手続きになります。

自営業者は収入が安定しないので、社会的な信用度が下がる傾向にあります。

その結果、クレジットカードが作れないという状態に陥るのです。

サラリーマンは給料が保証されているので収入目途がつきますが、自営業者は決して安定した収入が確約されていません。

なので、クレジットカードを作る時や、住宅ローンを組む際にも審査が通りにくいのです。

もし万が一、資金難に陥った場合、カードローンが助け舟になる可能性もあります。

企業経営には、とにかくキャッシュ(現金)が必要なのです。

よって、一つでも多く「現金を手に入れる術」を用意しておいた方が良いと思います。

楽天カードなら誰でも作れると思うので、とりあえず作成しておくことをお勧めします。

会計知識を蓄えておく

自分で企業経営をするということは、必然的に会計知識が必要になります。

例えば、あなたは「貸借対照表(B/S)」や「損益計算書(P/L)」を読み解くことができるでしょうか?

企業経営をする上で必ず出てくる決算資料の一つですが、これが読み解けなければそもそも経営者という職業は務まりません。

なので、サラリーマンとして働いてる間にたくさんの書籍を読んで、会計知識を蓄えましょう。

もしそのような会計知識がないと言うのであれば、身近なところでは「株式投資」を始めてみるのもおすすめです。

株式投資をする場合には、対象企業の決算書を読まなくてはいけません。

会社四季報を買って眺めているだけでも、なんとなくその意味が理解できていくはずです。

会計に関する本は膨大な量が出版されているので、特段困ることはないはずです。

できれば、独立起業する前に5冊~10冊くらいは読んでおくことをお勧めします。

会計関連の本はコチラ
created by Rinker

SNSのフォロワー数&友達数を増やしておく

SNSは現代社会でなくてはならないインフラツールになっています。

代表的なものはFacebook、Twitter、instagram、LINE、TikTokなどが挙げられますが、どれも広告宣伝に使えることが特徴的です。

つまり、自分と繋がっているフォロワーに対して、無料でPRすることができるのです。

無料で広告宣伝できることは、資金の乏しい起業当初とても助かるはずです。

  • 新規事業を始めました!
  • 会社を設立しました!
  • 事業パートナーを募集しています!

などの投稿すれば、もしかすると誰かが反応してくれるかもしれません。

そのための下地づくりとして、SNSのフォロワー数や、友達の数は多くて困ることがありません。

これはぜひ起業前に実践して欲しいことになります。

SNSで人を集める!
created by Rinker

資金調達の目途をつけておく

資金調達のやり方は色々ありますが、ここでお伝えしたいのはエクイティファイナンスについてです。

エクイティファイナンスとは、株式を発行して資金を調達するファイナンス手法を言います。

なので、株式会社でしか実践できない話になります。

出資者は個人でも法人でも良いのですが、エクイティファイナンスは事業を飛躍させる必殺技になりえます。

なぜかと言うと、株式を発行した資金調達には、返済義務がないからです。

通常の資金調達といえば銀行借り入れですが、銀行から調達した場合、金利の支払いが発生しますし、据置期間が終わった場合、元本の返済も始まります。

その返済はボディーブローのように効いてくるので、企業経営を圧迫する原因になり得ます。

それと比較し、エクイティファイナンスには返済義務がないので、金利の支払いも、元本の返済も必要ありません。

これだけ聞くととても良い仕組みに思えますが、一般的には株式の議決権を渡すことになるので、そういった負の側面もあります。

つまりどちらも一長一短ということですが、エンジェル投資家は探しておいて損がないと思います。

エンジェル投資家とは、個人投資家を意味します。

エンジェル投資家は、企業投資家(CVC)やベンチャーキャピタルと比較して、以下のような特徴があります。

エンジェル投資家の特徴
  • 意思決定が早い
  • 出資額が少ない
  • 要望が少ない
  • 契約条件が軽い
  • 事業を応援してくれる

独立起業してからエンジェル投資家を探すのでは時間が勿体ないですし、そのコストも馬鹿になりません。

なので、出資を依頼するかどうかは別として、独立起業する前にエンジェル投資家を探しておきましょう。

できる限り多くの起業本を読む

これは個人的にとてもお勧めの起業準備になります。

起業という経験は、ほとんどの人にとって未知の経験だと思います。

なので、

  • どんな準備をすればいいのか?
  • どんなリスクがあるのか?

など不安が尽きません。

そんな時に便利なのが、すでに起業経験のある人の自伝本などです。

起業コンサルタントが書いた上っ面のノウハウ本ではなく、実際に自分が経験した失敗例や、成功体験が書かれた本は、とても価値が高いと思います。

もしこれから起業するのであれば、このような起業家が書いた本を、最低でも10冊以上は読んで欲しいと思います。

このような本を読めば「どうすれば事業が成功して、どうすると失敗するのか?」というポイントがおぼろげながら見えてくるはずです。

下におすすめの起業家本をご紹介しておくので、もし良ければ読んでみてください。

起業を考えたら必ず読む本
created by Rinker
小倉昌男 経営学
created by Rinker
一日も早く起業したい人が「やっておくべきこと・知っておくべきこと」
created by Rinker
LINE公式アカウントのご案内

営業シーク@LINE公式アカウントを友達追加して、最新情報をチェックしよう!

最新の記事情報や、営業パーソンに有益なコンテンツを無料でお届けします!

ぜひ営業シークのLINE公式アカウントを友達追加してください!

友だち登録無料(0円)!

↓↓ ↓ 下のボタンをクリック↓↓↓

おすすめの記事