営業アカデミー

営業のやりがいを感じない!?営業マンの醍醐味をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業のやりがいTOP

営業成績を向上させる為には、営業のやりがいや目的を見つけることができなければ上手くいきません。営業は辛くてきついと言われる職種ですが、楽しみや醍醐味があるのも事実です。

そこで今回は営業マンがやりがいを見つけることができるようにご支援したいと思います。やりがいを感じていない営業職の人はぜひ参考にしてみてください。

>>営業職の副業&複業サイト|side bizz(サイドビズ)

営業のやりがいを感じない

営業のやりがいを感じない

営業のやりがいを感じないという人や仕事内容がつまらないという人も多いかもしれません。

そのように感じてしまう人には、それなりの理由があると思います。

確かに、営業という仕事自体が辛く厳しいと感じる人が多いのも無理ありません。

基本的に営業やセールスという仕事は厳しく、常に数字&結果を追及されることになります。

たとえ、それまでのプロセスにどのような苦労や困難があったとしても、結果で全て判断されてしまうのが営業という仕事の現実になります。

メーカー営業の仕事も激務できついとされており、実際の営業現場からは「やりがいが全くない」などといった切実な声や意見が取り上げられています。

関連記事:営業ノルマが未達成になる原因は?きついノルマを達成する方法

営業やセールスの仕事に限った話ではありませんが、やりがいは自ら見つけるべきものといえるでしょう

先輩社員や上司から与えられるのを待つのではなく、自ら積極的に現状の仕事の中にやりがいや目標を見つけることが大切です。

むろん、営業やセールスも仕事には変わりないため、さまざまな課題に直面します。それらから逃げるのではなく、どのように対峙するかを考えるのも営業やセールスの仕事の面白さです。

自らがどのように営業に向き合っていくかがカギを握ります。

関連記事:営業マンの業績を左右する!モチベーション維持の方法と上げ方4選

営業のやりがいを見つける方法

営業のやりがい

どんな仕事に従事する時にも、やはり、やりがいを持つということは重要といえるでしょう。

仕事のやりがいを感じることができるからこそ、目標を見いだすこともできるものです。

「営業やセールスの仕事をする人にとってのやりがいとは何か?」についても、実際に営業職やセールス部門に従事することになれば、真剣に考えることになります。

漠然とした思いで仕事に取り組んでいれば、当然ながら、そこから得られる結果にも期待を持つことはできません。

きつい仕事などと不平不満を口に出す前に、やりがいを自ら探し出すことも必要なのではないでしょうか。

関連記事:営業に転職するメリット&やりがいはある?求められるスキル4選

営業職とは企業や人に対して商品やサービスを売り込むというのが仕事です。

営業やセールスという仕事にやりがいを求めるなら、どれだけ自らが売り込もうとしている商品やサービスに対して愛着を持てるかということが重要です

「仕事だから仕方なくやる」という思いで、顧客に売り込むのであれば、当然ながら、その結果にも大きく影響してきます。

本当に価値があるものだからこそ、自信を持って営業をすることができるのです。

魅力ある商品やサービスを売ることができれば、顧客からの反応も好意的なものが期待できます。

関連記事:営業のコツを全網羅!セールスマン必見の営業ノウハウ【永久保存版】

 

営業マンの醍醐味

醍醐味

営業マンとして働く人は多くいますが、その「醍醐味とは何か?」については非常に興味深い部分だと思います。

むろん、営業マンによっても異なるものですが、営業やセールスの仕事に就いて間もないという新人か、百戦錬磨の経験を持つベテラン営業マンかによっても、営業の面白さや醍醐味は持ち得ていると思います。

営業の魅力&やりがいを語る上で、欠かすことができないのが、新規顧客を勝ち取った時の喜びや嬉しさです。

この点については、少しでも営業の経験がある人であれば、十分に理解できるはずです。

元々、営業やセールスの仕事は辛いことで知られてきましたが、先進国の中でも成熟国として知られる日本での営業の難しさは半端なものではありません。

関連記事:新規開拓のコツは?失敗しにくい営業方法とアプローチ方法

営業マンならではのメリットといえば、成績次第でインセンティブがもらえることも見逃すことができません。

基本的にインセンティブは、基本給に加算されて支払われることから、営業マンにとっては願ってもない臨時収入です。

このインセンティブを貰うためにひたすら頑張るというのも、営業マンにとってのやりがいです。

インセンティブは営業マンにとっての楽しみですが、営業マンを続ける人の中には、自らの価値を定量的に確認することができるところが良いという人もいます。

言い換えれば、売上高や販売実績で明確に自分の実力を知ることができるということです。

関連記事:営業歩合の相場はいくら?歩合制導入のメリット&デメリット

本来の営業は楽しいもの

営業は楽しいもの

営業やセールスの仕事といえば、なんとなく辛いやきついなどのイメージがつきまとうものです。

しかしながら、営業は楽しい仕事として取り組むことができるのも事実です。

多くの企業が新入社員を営業現場に配属するのも、先ずは営業という仕事を経験して、さまざまなことを学んで欲しいからではないでしょうか。

営業で成果をあげるためには、さまざまな能力が必要です。

コミュニケーション能力もさることながら、企画力や提案力も養わなければなりません。

右も左もわからない新入社員にとっては、かなりハードな仕事であり、慣れるまでが大変なのも当然です。

関連記事:営業を楽しむ為に必要なことは?営業の楽しみ方やコツをご紹介

総務や事務、製造などとたくさんの仕事の種類がある中でも、企業にとっての最前線を担うことになるのが、営業であることは間違いありません。

仮に向いていない人であっても、営業に配属するのは、企業の最前線である営業の経験を積むことでプラスの効果が期待できるからといえるでしょう。

営業の仕事は、自社の商品やサービスを売り込むことに加えて、顧客の意見や声に耳を傾けることです

お客様と対面で話すことができるので、これを楽しみにしている営業マンはたくさんいます

時には、クレームや苦情などの厳しい局面にさらされることにもなります。

これも営業の苦しみでもあり、それを乗り越えた時の楽しさにもつながるのです。

多くの人に出会うことができるのも営業という仕事の面白さといえます。

関連記事:楽な営業&辛い営業6選!営業を楽にする方法とは?

営業のやりがいは達成感

営業のやりがいは達成感

さまざまな苦労や困難があったとしても、それらを乗り越え、目標やノルマを達成することができれば、それが営業のやりがいです。

「結果良ければすべてよし」というのが、営業という仕事の本質といえるのかもしれません。

関連記事:新規開拓営業&ノルマ達成させる営業の鉄則|結果に繋がるコツ4選

むろん、決して目標やノルマを達成することは容易なことではなく、知恵や工夫、経験などを最大限に駆使してようやく到達することができるほどの難しさがあります。

単に給料を貰うことができるということにとどまらないのが、営業のやりがいです

ルート営業や飛び込み営業、反響営業などと営業の種類も多岐にわたりますが、いずれにも共通していえるのが、顧客からの信任を勝ち取ることの難しさです。

売り込む商品やサービスに自信がなければ、決して顧客を納得させることはできません。

将来性やキャリアプランを考えれば、営業の仕事を経験することは、極めて有用といえるのではないでしょうか。

大企業や中小企業、スタートアップ企業などと企業の規模に関係なく、営業が最前線であることには変わりありません。

営業活動をするにあたっては、取り扱う商品やサービスについての知識はもとより、時事ネタなど幅広い知識や教養も持ち合わせておく必要があります。

知らず知らずのうちに自らの成長にもつながります。

関連記事:結果が出る飛び込み営業の方法!苦手意識を解決するコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる