代理店募集の求人広告はどうやる?無料掲載でも効果の出るやり方

代理店を募集する時、問題になるのが広告戦略です。

世の中には様々な広告手法がありますが、最も効果が高いと言われているのが、代理店募集サイトに掲載するやり方です。

しかし求人サイトで代理店募集をした経験が無い人は多く、どうすればいいのか悩んでしまうことでしょう。

そこで今回は、「代理店募集の広告を出したい人」に対して、役立つ情報を提供したいと思います。

>>代理店募集サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

代理店募集の求人広告とは?

代理店募集をしている会社であれば、一度くらいは「代理店募集の求人広告を出してみよう!」と考えたことがあると思います。

しかし実際の行動に移せなかったり、そのやり方に悩むはずです。

代理店募集する広告手法と言っても、たくさんのやり方があって「どれが効果的なのか?」かが不透明です。

なので、まずは代理店募集広告の目的を確認することで、代理店募集のやり方について考えてみたいと思います。

代理店募集広告の目的

一般的な募集広告といえば、

  • 正社員募集
  • パートナー募集
  • 物件募集

など様々な公募方法が思い浮かびますよね。

募集内容は色々ありますが、どれもビジネスをする上で必要な要素だと思います。

なので、そのようなモノは全て公募されていると言っても過言ではないでしょう。

その中でも代理店募集は「パートナー募集」に該当しますが、その目的は「販路拡大する為」ということになります。

よって、代理店募集とは「販路拡大戦術」だと言い換えることができるでしょう。

このように考えた場合、代理店として獲得すべき対象(アプローチ対象)が自然と定まってきます。

それは、あなたがアプローチしたい既存顧客(又は販路)を持っている個人・法人ということになります。

例えば、飲食店向けの商材を提供している会社であれば、飲食店に販路がある代理店を開拓した方が合理的ですよね。

このように代理店側の販路を活用するのが「代理店展開の本質」だと言えるので、代理店募集広告を出稿する時にはそのようなポイントを押さえることが大切です。

業務委託募集もアリ

代理店とは若干意味合いが異なるのが「業務委託募集」になります。

業務委託とは、特定の業務を外部の個人・法人に委託することを言います。

代理店募集の話をすると「フルコミ営業を募集したい!」とか「業務委託じゃだめなのか?」ということを聞きます。

業務委託という仕組みは何となく代理店と被る印象がありますが、代理店と業務委託は仕組みが違うので、ここで解説しておきたいと思います。

どちらの仕組みで募集した方が良いのかはビジネスモデルによっても異なるので、その違いをきちんと理解した上で求人しましょう。

代理店とは?

代理店とは、メーカー(本部)の代わりに販売してくれる外部パートナーを言います。

しかし代理店という言葉の意味はかなり広範囲にわたる為、一般的には「初期費用0円」「ノルマなし」「個人・法人OK」などが代理店の典型例と言えるでしょう。

販売代理店や紹介店、取次店、販売店、総代理店など様々な仕組みが存在しています。

どれが適切かはビジネスモデルによるので、まずは情報収集から始めてみてください。

業務委託とは?

代理店と比較して業務委託は明確に業務内容が定まっています。

具体的には、依頼された業務について納期が定まっていたり、納品物(ノルマ)が定まっていたりします。

しかし、代理店にはそのようなものが無いことが一般的です。

このあたりが代理店と業務委託の違いだと言えます。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事