週末の副業はサラリーマンに最適|ばれないおすすめの土日副業

週末の副業を検討しているサラリーマンは多いことだと思います。

でも、「会社にバレないか…」と不安に思うことも事実だと思います。

そこで今回は、会社にばれないおすすめの土日副業について解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

副業ニーズが増加中

副業と聞くと、果たしてどのようなイメージを持つでしょうか?

本業の他にもう1つ仕事をするのは、会社員にとって少しハードルが高いように感じる人もいるでしょう。

これまではあまり身近に感じられなかったかも知れませんが、政府の推進する「働き方改革」で副業解禁が推奨されたことをきっかけに、副業を始める人が増加してきています。

これは恐らく時間の問題なので、いづれ“全てのサラリーマンが副業する時代”がやってくることでしょう。

そして世の中の副業に対する関心の高まりに呼応するように、さまざまな種類の副業が登場してきています。

現在の副業の特徴とは、個人の生活スタイルに合わせた働き方ができることだと思います。

  • 屋外でする副業
  • 在宅でする副業
  • リモートOKの副業
  • PC1台でできる副業
  • 隙間時間OKな副業
  • ガッツリ稼げる副業

まで様々な種類があるので、ニーズに合うものが無いというケースはほぼありません。

ちょっとした隙間時間を利用して収入を得たり、新しい経験ができることは楽しいですよね。

結婚、子育て、老後など…人生の様々なイベントを前に、本業のみの収入で心細さや不安を感じる人は少なくないと思います。

ましてや平均年収300万円という低所得の時代です。

しかし、副業をすれば空いている時間で無理なく働いて、今までよりも収入がアップすることは間違いありません。

収入アップさせることができれば、生活の質を向上させたり、貯蓄を増やしたり、生活をより豊かにしていくことができるはずです。

サラリーマンが副業する方法

普段はサラリーマンとして働いていますが、「副業してもっと収入を増やしたい!」と思っている人は多いと思います。

しかし、正社員として所属している会社によっては、就業規則で副業禁止を定めている場合があります。

働き方改革で副業が推進された結果、多くの会社で副業を認める動きが出てきましたが、まだ全ての会社が社員の副業に関して前向きに考えているわけではないのです。

これまでと同じように、副業禁止を続けている企業も多く存在します。

もちろん、勤務時間中に副業を行うことは雇用契約に違反する行為とみなされますが、個人のプライベート時間を使うのであれば話は別です。

しかし、会社員として勤務する以外の時間を使って、「会社にばれないように副業したい!」と考えていることも事実でしょう。

実際、会社が副業OKでなくとも、所属会社にバレないように副業しているサラリーマンはたくさんいるはずです。

それまで毎日のように残業をしていた人であれば、働き方が変化することで、「何か始めたのか?」と周りに勘繰られ、結果的に副業がバレてしまうという可能性もあります。

なので、「どうすれば副業がバレるのか?」という知識を持つことが大切なのです。

副業がバレるケースとは?

会社に内緒で副業している人は、「いつバレるのか…」とヒヤヒヤしているかも知れませんね。

でも会社に副業がバレることは基本的にありません。

会社に副業していることがバレるケースはただ一つで、確定申告を源泉徴収にした時だけです。

ちなみに、確定申告の手続きについては外部記事をご覧ください。

>>FPヒロナカの得する不動産とお金の話

副業をして一定以上の所得が発生すると所轄税務署で確定申告をしますが、この時の納税方法には2種類が存在しています。

  1. 普通徴収
  2. 源泉徴収

源泉徴収はサラリーマンに馴染み深い仕組みですよね?

源泉徴収の場合は、所属会社が自分に代わって納税してくれるので、手間が掛からなくてラクなのです。

逆に普通徴収とは、自分で納税する仕組みになります。

なので、源泉徴収にしない限りは、所属会社に収入状況が届きませんので、決してバレることがありません。

とはいえ、就業時間以外で個人が何をしようが勝手なので、本来は所属会社にとやかく言われることではありません。

仕事外の完全なるオフタイムを使うのであれば、会社の言うことを聞く必要はないので、まずは自分の思うように行動してみて、やりたいようにやってみましょう!

オススメなのは土日祝日など休日を使うことです。

仕事終わりでもいいですが、やっぱり疲れているので、せっかく始めた副業が長続きしません。

休日であれば時間を気にせずに取り組めて、バレる心配も少なく、集中して副業に打ち込むことができます。

週末の副業が増えている

サラリーマンにおすすめなのは、休日を使って副業する方法だとお伝えしました。

「週末副業」というネーミングで注目されているので、取り組むサラリーマンも増えています。

このような動き方になっている理由は、土日を定休日にしている会社が多いからです。

毎週決まった休みの日に副業を行うことで、予定が組みやすいという利点もあります。

副業は「本業の片手間でやればいい…」というわけではありません。

副業というネーミングなので誤解されがちですが、本業と同じような仕事であることに変わりないのです。

つまり、この日までに必ずやらなければならないという仕事は、しっかり納品しなければいけないのです。

やっぱり平日は部署や有志の飲み会など会社のイベントごとも多く、副業に時間が取りづらい場合もあります。

また、本業の疲れが残り、副業が効率的に進められないという可能性もあります。

でも、休みの週末であれば朝から晩まで自分の好きなように使えるので、本業との時間調整を気にする必要がありません。

休みの日は本業関連の対応が基本的にないので、副業していることを勘づかれる心配もありません。

そのため、どのくらいの時間がとれるかわからない平日に副業するより、毎週末にまとまった時間を副業にあてる方が効率的にお金を増やすことができるのです。

このように、全ての問題を解決できるのが、ゆっくり自分の時間を使うことができる、週末の副業なのです。

週末副業でいくら稼げる?

副業をする目的は様々だと思いますが、一番の理由はお金でしょう。

あくまで空いている時間だけを副業にあてるというスタンスなので、大きな収入は期待できませんが、それでもやり方次第で大きな収入が期待できます。

副業で稼げる収入には大きく2種類があります。

  1. 一時収入(フロー収入)
  2. 継続収入(ストック収入)

これをそれぞれ解説していきたいと思います。

一時収入(フロー収入)とは?

一時収入とはフロー収入とも呼ばれていますが、一度きりの報酬形態をいいます。

つまり、何か仕事をしたことに対して、対価が支払われるという仕組みになります。

なので業務委託で仕事をする場合、ほとんどのケースがフロー収入になると思います。

その金額は様々で、簡単な仕事であれば一回あたり数千円から、難しい仕事だと数百万円にもなります。

継続収入(ストック収入)とは?

継続収入はストック収入とも呼ばれていて、一度きりの仕事だったとしても継続的な報酬が期待できる仕組みになります。

一般的には不労所得と言われるケースもありますが、安定収益になるので大きなメリットがあると言われています。

例えばウォーターサーバーの販売代理店としてお客様に販売した場合、そのお客様が水を注文する毎に代理店マージンが入る仕組みができあがります。

代理店が動いたのは最初の販売時のみなので、実質的な不労収入の完成です。

ただ、一般的にストック報酬は金額が小さくなることが多いので、数百円~数千円の積み上げをしていかなければ大きな収入になり得ません。

おすすめの週末副業

それでは最後に、おすすめの週末副業をご紹介していきます。

世の中には様々な副業がありますが、会社バレを徹底して避けたいなら、在宅ワーク系の副業が良いでしょう。

自宅から出て働く副業の場合、副業中に会社の同僚や上司などと出くわす可能性がゼロではありません。

その点、在宅ワークなら家の中にこもっているので、まずバレる可能性がありません。

例えばプログラミングの知識があるなら、プログラマーの副業がおすすめです。

パソコン1台あれば作業できるため、在宅向きの副業だといえます。

在宅ワークならクラウドワークス

また、本業と似たジャンルの副業がしたいという方には、コンサルのスキルや経験を活かせる副業もおすすめです。

事業の一部にアドバイスを行うスポット的なコンサルから、継続的なプロジェクトに関わるコンサルまで、業務の幅が広く、自分に合った働き方ができるはずです。

日本最大級のスポットコンサル「ビザスク」

また、ライティングの副業も人気です。

アンケート調査をまとめたり、文字起こししたり、WEBサイトの記事を作成するお仕事もあります。

クラウドソーシングになるので面倒なクライアント対応をすることもありませんし、仕事に集中できるというメリットがあります。

ライティングからサイト制作まで【Bizseek】

ただし、本業と同じジャンルの副業を行う場合は十分注意が必要です。

もし競合他社に肩入れするような副業をしてしまうと、後々大問題になりかねません。

同じ業界の副業は、本業の会社で得たノウハウや顧客情報が漏えいしてしまうリスクがあるからです。

最悪のケースでは、会社から訴えられることも十分あり得ます。

もし本業と同じ業界の副業を検討する場合には、会社に事前相談しておいた方が無難でしょう。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事