福業を営業マンの複業にすべき理由とは?おすすめの副業3選

福業(ふくぎょう)という言葉がありますが、その意味合いを知っている人は多くありません。

そこで今回は、福業の意味や、営業パーソンにおすすめの副業を解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

福業の意味とは?

フランス語で福業といえば、「この世での福楽をもたらす、前世での善い行い」を指す宗教的な意味合いのある言葉になりますが、営業やビジネスの世界においては「福を招く仕事」という意味で使われていることが多いです。

幸福の「福」という文字を使うので、その人にとって「福」を含んだ生業のことを福業と呼んでいますが、その多くは仕事の対価で収入が得られることに加え、その人の心も同時に満たされている状態を指しています。

自身が夢中になってやれる事や夢に向かって突き進んでいる取組みが仕事になれば、金銭面だけでなく精神面でも安心感や満足感を得ることができますよね。

スポンサーリンク

営業職の福業とは?

それでは、営業職にとって、福業とはどのような仕事なのでしょうか?

あくまでも「福」というキーワードが含まれているので、どのような業種であっても「その仕事に心の底から没頭したい!」と思えるかがポイントになってきます。

単なる受け身の働き方ではなく、能動的に動ける仕事であることが重要な要素ですが、「その仕事を通じて自分のキャリアにどのような好影響をもたらすのか?」ということも重要なポイントになります。

つまり、「その福業を行うことで、自身の将来の夢に向かっているのか?」が大切になってきます。

たとえ仕事の内容が肉体的に辛いものであったとしても、さらに上を目指すために“必要な要素”だと捉えられることができれば、心が満たされる状態に近づくはずです。

そのような観点では、複数の業務(パラレルワーク)を通じて幸せをつかむことが、福業に向けた第一歩なのかも知れません。

スポンサーリンク

福業と副業の違い

ビジネスの世界において「ふくぎょう」といえば、みんな「副業」を思い出すはずです。

というのも、ビジネス界隈では「副業解禁」が推進されており、多くの大企業でも副業が解禁されています。

この副業という言葉は、主たる仕事を「本業」としたときの“対比的な用語”として用いられています。

仕事そのものが収入を得るために行う経済活動として捉えた場合、本業あっての副業、兼業やサイドビジネスという意味合いがさらに強くなります。

つまり、副業は収入アップの一環として“金銭を獲得する手段”としての色合いが濃くなるため、金銭面では一定の満足感が得られるものの、副業の内容によっては心の充実感に結びつきにくい側面も持ち合わせています。

それと比較して、福業とは金銭面に加えて精神面の安心感&満足感を得るための行為であり、2種類以上ある仕事のどちらも“自分の為に有益な仕事“であるという働き方になります。

営業職はどうやって副業するの?

営業職における副業の始め方は様々です。

  • フルコミ営業として活動する
  • 販売代理店としてセールスする
  • リファラル営業をしてみる
  • 営業代行のフリーランス登録する
  • 業務委託として仕事を請け負う

このように、正社員雇用されている所属会社に加えて、別の会社と業務委託契約を締結して営業の仕事をする事例を多く見かけます。

実は営業職を採用する資金がなかったり、採用活動が上手くいかない会社はたくさんあって、外部の営業パートナーを探している会社は多いのです。

日本では少子高齢化が進んでいるので、営業職として活躍してくれる労働人口が減少していて、個人がフリーランスとして活躍する場はたくさんあるのです。

「フリーランスとして独立起業する!」というのも良いですが、いきなり開業するのはリスクが高いので、まずはリファラル営業のような気軽な働き方から始めてみていかがでしょうか?

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

複業はパラレルキャリア

「複数の仕事をする」という意味を含んだ「複業」という言葉があります。

この言葉はパラレルワークやパラレルキャリアとも呼ばれていますが、現代経営学の父ともいわれている「ピーターFドラッカー」が提唱した“未来的な生き方“として知られています。

ドラッカーが提唱した新しい働き方とは、「もはや現代社会では一つの会社に縛られるのではなく、自らのキャリアアップを目指す働き方を追求すべき」というものでした。

今聞くと当たり前のように思える提言ですが、終身雇用が当たり前の時代に先立って発言していることから、その先見の明が評価されています。

本業以外の仕事を持つことは営利ビジネスを行うだけでなく、非営利活動(NPO)やボランティアに参加することも含まれています。

他にも、

  • 週末農業をしてみたり
  • 趣味仲間とバンドを結成してCDを出したり
  • 飲食店やカフェオーナーになる

など様々な複業があります。

ただ、どんな働き方をするにしても、本業とのシナジーも大切にしなければいけません。

労働者は複業を通じて社外とのコネクションを作ったり、社内以外のスキルや経験を得ることができる可能性が高まりますし、複数のビジネスを持つことで収入が安定するというメリットもあります。

このような観点では、複業をすることは企業と労働者の双方にメリットがあると言えるので、おすすめできる働き方の1つになります。

企業がパラレルワークを推奨すると、複業に応じた従業員が社外活動を通じて組織に貢献するスキルを身につけてくるため、社内教育や人材育成プログラムなどの教育コストを減らすこともできます。

複業を持つことは本業に役立つ側面がある一方で労働時間の超過につながるデメリットもあるため、労使の双方が複業に対する正しい理解を持つことが大切です。

世の中で副業が流行中

厚生労働省が制定しているモデル就業規則では、2018年1月の改定により「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という文言が削除されました。

加えて、副業や兼業に関する規定が新設されており、政府として副業を推奨する下支えができつつあります。

企業の中にも副業を認める機運が高まっていますが、そのような決断をした背景には「少子高齢化が加速する一方」という日本の現状があります。

つまり、政府として「副業を解禁しなければ就業人口が足りなくなる…」という危機感の表れと言われています。

副業サラリーマンが増加中

政府の副業解禁によって、副業に参入するサラリーマンが増えてきています。

ただ、パラレルキャリアを通じて従業員が多方面(マルチ)に活躍することで、一層の経営安定化を目指しているという側面も否定できません。

サラリーマンの副業には様々な種類がありますが、フルタイム勤務の場合は平日の退社後や休日を利用して働くことになります。

ただ、このような時間管理が必要な働き方では、できる仕事も限られてしまいます。

例えば、平日の退社後や休日を利用する仕事といえば、接客業や警備業などになりますよね?

ただ、果たしてそのような仕事が「自分のキャリアアップに繋がるのか?」という視点を持つことが大切です。

単に副収入を得たいという「副業」であれば良いのかも知れませんが、自分のキャリアアップを見据えた「複業」や「福業」なのであればその辺りを考える必要があります。

営業職におすすめの副業

副業には様々な種類があることを解説してきましたが、ここでは営業パーソンにおすすめのサイドビジネスをご紹介したいと思っています。

ぜひ副業する時の参考にしてみてください。

①リファラル営業

先ほども少し触れましたが、営業パーソンが簡単にできる仕事はリファラル営業が代表的だと思います。

リファラル営業とは「紹介営業」を意味する言葉で、新規開拓時に使われている一般的な営業手法になります。

企業が新規営業するやり方は

  • テレアポ営業したり
  • 飛び込み営業したり

様々なやり方がありますよね。

ただどのようなやり方にしろ、新規開拓は決して楽な仕事とはいえません。

そんな時に重宝されているのがリファラル営業なのです。

リファラル営業では外部の営業パートナーから知人・友人を紹介してもらうやり方なので、とても新規営業がラクになります。

この紹介者になることで、誰でも簡単に稼ぐことができるんです。

まずは専用サイトに無料登録するだけなので、ぜひ一度お試しください。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

➁ブログ運営やSNS

自身の好きな分野を選ぶことができて、在宅ワークでOKといわれている副業の1つに「ブログ運営」があります。

こちらは学生にも人気の副業ですよね。

運営するブログにトラフィックを集めることで、広告価値が出てくるのでクリック収益やアフィリエイト収入を得ることができます。

この仕組みを簡単に解説すると「広告モデル」ということになります。

営業とマーケティングは切っても切れない関係性があるので、集客知識を得ておいて絶対に損することはありません。

たくさんの人から見られることで、その集客力が価値になって、多くの広告収入が得られるのです。

このような観点でいうと、SNSも同じ理論になります。

例えば、自分のTwitterやInstagramをフォローしてくれる人が多い場合は、そのフォロワーに認知させる力を持っているので、広告塔としての役割が担えます。

この広告モデルを構築する為には、何よりもトラフィックを集める必要が出てきます。

ただwebマーケティングの知識が必要になるので、決してみんなが稼げる訳ではないと理解しておきましょう。

➂フードデリバリー「Uber Eats」

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、フードデリバリーサービスです。

アプリ1つで簡単にフードが注文できるということで、多くの人に利用されています。

その食品を配達するのが、Uber Eats 配達パートナーなのです。

自転車か原付バイクがあれば、だれでも稼げるのですぐに始めることもできます。

外回りしている営業職は体力自慢が多いはずなので、その能力を活かすという意味ではピッタリだと思います。

まずは登録することが必要なので、ぜひ検討してみてください。

【公式】Uber Eats(ウーバーイーツ)

スポンサーリンク
営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事