パラレルワークすべき理由とは?パラレルキャリアと副業の違い

働き方改革の一環でサラリーマンが新しい働き方を模索している関係で、パラレルワークという言葉が注目されています。

そこで今回は、パラレルキャリアと複業、また副業との違いについて解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

パラレルワークが注目される理由

世界的に著名な経営学者であるピーター・ファーディナンド・ドラッカー(P・F・ドラッカー)がかつて提唱したパラレルキャリアという生き方が、現代ではパラレルワークという働き方になぞらえて再注目されています。

パラレルキャリアとは、本業と別に第2・第3の活動をするという考え方ですが、このスタイルが最近注目されているのは大きく3つの理由があります。

理由その①

平均寿命が延びて、人生100年時代といわれるようになったのが1つ目の理由です。

現代企業は終身雇用や年功序列が崩壊していると言われており、会社員もそのような雇用システムにしがみつくことは、もう限界だと感じています。

  • 長い人生の中でどのようなキャリアを築くか?
  • どんなライフスタイルを作るか?

など旧来の考え方を転向するチャンスが来たといっても良いでしょう。

理由その➁

副業解禁や働き方改革が注目されていることが2つ目の理由です。

本業に支障のない範囲で副業を認める企業が増えつつあり、副業やパラレルワークが注目されるきっかけになっています。

既に、本業以外に副業を始める人が増えていて、本業の就業時間外に副収入を得ています。

副業をしているうちに、副業も本業のようになっていって、もはや両方とも本業という状態が「複業」と呼ばれています。

複業とは複数の本業を持つことを意味し、これが近年言われているパラレルワークという働き方になります。

このような働き方が一般化してきている背景には、新しいスキルやキャリアを築くことで、「人生をより豊かに充実させたい!」と考える人が増えていることが挙げられます。

理由その➂

日本国としての平均年収が減少の一途をたどっています。

サラリーマンの平均年収は既に300万円台に突入していると言われています。

このようになっている理由とは、企業が内部留保を増やしたがっているからです。

つまり、企業が将来に不安を感じているということになります。

人口減少に転じた日本のマクロ経済は弱体化する一方で、経済成長率も鈍化する一方です。

人口動態を見る限りでは、決して高度経済成長のような高成長は望めません。

そのような状況下で、企業が高い給料を出すことは現実的ではなくて、どうしてもキャッシュアウトを抑える傾向が出てきてしまいます。

このような背景があって、「企業に頼るのではなく、自分の力で稼ぐ」という複業や副業が注目されているのです。

パラレルワークをするメリット

本業1つだけでも苦労しているのに、「わざわざ時間を割いて複業に励むこともないだろう…」という意見もあります。

本業1本でも生活できるので、あえて複業をする必要がないという人がいても当然ですよね?

しかし、パラレルワークをするのには、それなりのメリットがあるということなのです。

現代は長寿社会なので、これまでより人生が長くなる可能性があります。

それなら、将来を考えてパラレルキャリアをスタートしてみる価値が十分ありそうです。

実はパラレルワークすることで、出会いや人脈が広がって、公私ともにもっと充実した生活を送ることができるようになるんです。

この辺りは次で詳しく解説していきたいと思います。

パラレルワークの目的は収入ではない!?

「なぜ複業するのか?」という疑問は、パラレルワークを語る上で避けて通れないと思います。

この辺りを理解する為には、まずパラレルワークの定義について確認しておきたいと思います。

複業(パラレルワーク)の定義

複数の本業を持つという働き方、又はライフスタイル

次に、副業(サイドビジネス)の定義も確認しておきたいと思います。

副業(サイドビジネス)の定義

本業の他に収入を得る働き方、又はライフスタイル

これだけを見ても、複業と副業の違いは明確ですよね?

つまり、「複業とは全てが本業」という働き方で、「副業とは本業と別の仕事」というイメージなのです。

このような理由もあって、パラレルキャリアをする理由は、必ずしも収入を得ることだけが目的になっているとは限らないのです。

しかし、複業することによって収入が増やせることも事実です。

副業ではお金を稼ぐためだけに、つまらないアルバイト的な単純作業をすることが多いですが、複業ではスキルアップやキャリアアップを目的にした働き方が求められるのです。

これからの時代はAIの登場によって、人間が単純作業をする必要がなくなる時代に突入していきます。

そのような時代で価値を出す為には、

  • 幅広い知見
  • クリエイティブな働き方

などAIでは代替できない存在価値が求められることになります。

つまり、1社に依存するのではなく短期間で様々な経験を得て、自分自身に付加価値を付けようとする動きがパラレルワークの正体なのです。

結果として収入が得られれば喜ばしいことですが、営利目的ではなく様々な経験を積むことが自分の人生のためになると考えられているのが複業の特徴です。

パラレルワークがもたらすデメリット

パラレルワークをすることは、個人にとっても企業にとってもデメリットになり得るケースがあります。

例えば、必ず収入に直結しないことは、やっぱりデメリットだと言えます。

貴重な時間を割いて働く訳なので、給料があるのと無いのでは、働くモチベーションにも関係してきます。

収入アップを目的にしてパラレルキャリアを行うと、すぐには儲からないことに気づいてしまって、挫折してしまうかもしれません。

また、複業するとなれば1つ1つの仕事に十分な時間を確保できない可能性があります。

複業とは、「全てが本業になる働き方」なので、そうなっていくとスケジュール管理がタイトになってしまい、結果的にどの仕事も中途半端でバランスが悪くなりかねません。

そのような働き方は、正社員として勤務している会社に迷惑をかけてしまう恐れも出てきます。

勤務先と同じ業種の競合企業で複業してしまうと、社内問題に発展する可能性もあります。

複業は時間管理が大変

本業で余った時間にする副業とは違って、複業はどれもが本業になり得ます。

全ての仕事に同じくらい注力していると、当然のことながら心身に大きな負担がかかります。

その一番の原因と言われているのが時間管理の難しさです。

常に仕事のことばかりになってしまうので、心身ともにストレスがたまって、豊かなライフスタイルどころではなくなってしまうかもしれません。

適度な刺激になるストレスなら良いものの、それが重荷となってしまうのでは本末転倒です。

そうなってしまっては、楽しい人生ともかけ離れていきます。

つまり、自己管理能力が不足していると、パラレルワークはデメリットをもたらし、自己崩壊していくのです。

ただし前向きに考えれば、パラレルワークによって自己管理能力を鍛えることにも繋がっていきます。

逆に「自己成長する為に乗り越えるべき壁」と前向きに考えて取り組むのも良いでしょう。

パラレルワークと副業の違い

パラレルワークと副業は、完全なるイコールではありません。

似ている部分もあるものの、根本的に異なる部分が多いのです。

副業とは言葉の通り、本業があってこそ成り立つ仕組みになります。

あくまでもサイドビジネスである為、本業に悪影響を及ぼさないことが前提になります。

副業では、多かれ少なかれ必ず収入アップが伴うはずです。

収入を目的とした仕事が副業なので、人によってはやりたくなくても「家計のために副業をせざるを得ない…」ということもあるでしょう。

しかし、副業でも高収入のサイドビジネスはたくさんあって、月100万円以上を稼ぐ人もいます。

中には副業収入なのに数千万円を稼ぐ人もいるほどです。

そんな副業を選ぶ時のポイントは、

  • 納品物やノルマがない
  • 時間管理が不要
  • 労働集約型ではない

ものを選ぶのが良いでしょう。

パラレルワーカーという生き方

一方で、パラレルワークとして取り組む仕事は、全てを本業にするという生き方になります。

パラレルワークがパラレルキャリアと呼ばれることがあるのは、「人生経験を積む」という意味合いが強いからでしょう。

生きるためにお金を稼ぐことは大切ですが、お金を稼ぐだけが人生ではありません。

お金を生まないことにも、人生を豊かにする意義があるのです。

つまり経験や人脈が糧になるということです。

自分の人生だけでなく、時には他人の役に立つことがパラレルキャリアに繋がるかもしれません。

人間は決して一人で生きていくことができないと言われていて、「いかに社会貢献するか?」ということが生きがいに繋がると言われています。

お金にはならないけど本業として取り組むことで何かが満たされる…

それがパラレルキャリアをする目的の一つなのです。

パラレルワークの事例とは?

パラレルワークする場合には、簡単に時間管理ができる仕事から始めてみるのがオススメです。

例えば、「平日は会社で働き、週末は田舎で農業をする」みたいなのも一案です。

本格的な農業は毎日畑に出る必要があるので、今までより朝早く起きて、畑仕事をしてから会社に出勤するという手もあります。

兼業農家みたいな働き方になりますが、平日の農業は家族に頼むというのも一つの方法です。

パラレルワークには本業とは別に起業するような働き方もありますが、最初から複数の企業での仕事を両立させるのはとても困難だと思います。

一つの仕事は会社で、また一つの仕事は在宅ワークにすれば、時間管理がしやすいでしょう。

在宅ワークがおすすめ

先程時間管理のしやすさから、在宅ワークをおすすめしました。

コロナ禍やITの浸透によって、在宅ワークを支援する環境が一気に整ってきたので、もはや全然苦になりませんよね。

ただノルマがある仕事では、他の仕事に影響が出てしまう恐れがあるので、できる限り時間管理がいらない仕事を探してみましょう。

ノルマなしの仕事であれば、時間がないときには無理して取り組む必要がありません。

例えばブログ運営が挙げられます。

webサイトを独自ドメインで立ち上げて、コンテンツマーケティングを実施していくのです。

サイトへの集客を行う中で、

  • 企画力
  • マーケティングスキル

などが養われるはずです。

弊社が行っているブログ運営の事例をご紹介しておきます。

東京らーめんブログ:https://www.ramen-blog.tokyo/

ある程度のサイトトラフィックが出てくれば、広告媒体としての価値が出てくるのでマネタイズできるはずです。

成功すれば収入を得られる、収入はなくてもやりがいにつながるような仕事なら取り組みやすいと思います。

パラレルワークは、決して無理して行うことではありません。

より充実した人生を育むことを目的に、本業を複数持つというライフスタイルなのです。

どの仕事も並行して楽しめることを目標に、やりたいことを自由に選んでいきましょう。

「本業に組み込む」という考えもある

パラレルワークという概念では、「複数の仕事をしなければいけない…」と囚われがちですが、実際にはそんなことありません。

例えばリファラル営業という働き方があります。

リファラル営業とは紹介営業を意味する言葉ですが、営業職の複業として注目されています。

紹介営業を支援するリファラル営業サイトが出てきているので、誰でも簡単に複業することができます。

営業パーソンは、本業で提案している商材(製品サービス)を顧客に売り込むことを仕事にしていますよね。

ただ、このメイン商材では、お客様の課題が解決できないケースが営業現場では日常茶飯事なんです。

そんな時に、お客様の課題解決できる企業に繋いでしまうことをリファラル営業(紹介営業)と呼んでいます。

これは「お客様の課題解決をする!」という目的に沿って行う営業活動ですが、あくまでも複業に該当します。

このように、本業の一部に複業を取り入れるというスタイルも実現できるので、色々な方法を探ってみることをオススメします。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事