新入社員の初配属はどこがいい?営業部をおすすめする理由を解説!

新入社員が入社した場合、どこに配属されるかは会社の方針によります。

もちろん自分で志願することもできますが、最終的に決めるのは会社です。

全国展開している大手企業などでは、どこのエリアに配属されるか直前まで分かりません。

そのようなことから、「新卒社員の配属はギャンブル要素が強い」と言われることもあるのです。

そこで今回は、新入社員の配属という話題についてフォーカスしたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

新入社員の配属先は重要

社会人の始まりである新入社員というタイミングは、誰にとっても重要なターニングポイントだと思います。

  1. 大手企業に入社するのか?
  2. スタートアップベンチャーに就職するのか?

この二つのルートだけでも、その後のキャリアは全く違ったものになるはずです。

その他にも「自分で独立起業する」という道もあるので、大学を卒業するタイミングは自分のキャリアについて真剣に考える時期だと思います。

そして無事入社する会社が決まったとしても、次はその会社内の「どの部署で働くか?」という問題が出てきます。

新卒というのは社会人経験がないので、「どの部署で働きたい!」という希望があったとしても、その判断が適切かどうかは誰もわかりません。

自分自身も疑心暗鬼の状態で配属希望を出すので、不安感でいっぱいだと思います。

もし仕事で失敗した場合、その後のキャリアは暗いものになってしまう可能性があるので、新入社員の配属先は真剣に選ばなければいけません。

新人は営業部を希望すべき

新卒社員は配属先を真剣に選ばなければいけませんが、どの職種に適正があるか分からないので、非常に悩ましいはずです。

そんな時には営業部を志望してみましょう。

キャリアの一番最初に営業部を通過しておけば、そこで様々な恩恵を受けることができます。

まず一番大きなメリットと言えるのが、自分の会社の製品サービスについて詳しくなれるということです。

企業は何らかの製品サービスを世の中に提供しています。

バックオフィスと言われる仕事ではそのような製品サービスについての知識が薄くなりがちですが、現場の最前線で働く営業職は常に最新の製品サービス情報が入ってくる状態にあります。

  • なぜ自社製品やサービスは支持されているのか?
  • 自社製品にはどのような特色があるのか?
  • 競合他社と比べてどんな強みを持っているか?

このような情報が常に入ってくるので、所属する会社の製品サービスについて誰よりも詳しくなれるのです。

これは今後のキャリアに大きく影響してくるはずです。

そして二つ目は、お客様と直接会話できることです。

先ほどもお伝えした通り、会社は何らかの製品サービスを販売しています。

その製品サービスを買ってくれた人はお客様になりますが、そのような顧客と直接会話できるのが営業職なのです。

つまり、自分たちが売っている商材についてフィードバックがもらえるので、その経験はその後のキャリアに大きく影響してくるはずです。

そして三つめが人脈販路の拡大です。

営業職という仕事柄、お客様と接したり、外部パートナーと接する機会がどうしても多くなります。

そのような出会いは、きっとあなたの財産になりますし、あなたの人生を豊かにしてくれるはずです。

気軽に相談できる仲間や、プライベートでも仲の良い取引先をたくさん持てば、仕事に活かすこともできるでしょう。

このようなメリット(恩恵)を受けられるのは営業職だけです。

なので、社会人の出発点である新入社員の時には、出来る限り営業職を志望するべきなのです。

さすが!と言われる ビジネスマナー 完全版
created by Rinker
営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事