完全出来高制の給与はどう決まる?フルコミ業務委託として働く決意

完全出来高制の営業マンは給料が高いことで有名ですよね。

そんな高給取りのフルコミ営業マンなので、営業職であれば一度くらい興味を持ったことがあると思います。

そこで今回は、完全出来高制で働くフルコミ給与の決め方や、完全歩合制で働く意味について解説していきたいと思います。

>>フルコミ案件が多数掲載|side bizz(サイドビズ)

完全出来高制の給与はいくら?

労働基準法では、労働時間に応じて「賃金が保障されなければならない」旨を明記しています。

そのため、完全歩合制(フルコミッション制)が法律に適合しているか否かが、しばしば議論の対象になっています。

完全歩合制を採用している場合、登録スタッフを個人事業主として扱い、当事者間の業務委託契約に基づいて報酬額を決定しています。

最低賃金という概念が存在していないものの、フルコミスタッフの契約件数や売り上げを考慮した上で、契約内容に準じた報酬額を算出しているのです。

なので、完全歩合制で働く場合には、仕事量や勤務時間が給料に直結しない、つまり”労働集約型ではない”ことを理解しておきましょう。

報酬の算出方法を確認する

前述したことを理解すると同時に、フルコミ営業としての成果が、どれだけ給料に反映されるのかを確認しておく必要があります。

スタッフに支給・還元する割合を低く設定している企業では、成果が正当に評価されにくいため、モチベーションが低下してしまう可能性が否めません。

これはあくまでも一般論ですが、

  • 成果が低い場合には正社員の方が良い
  • 成果が高い場合にはフルコミ営業の方が良い

という仕組みが理想的だと思います。

つまり、リスクを負っているから高給取りになるという「ハイリスクハイリターン」な考え方です。

インセンティブの支給方法や割合は企業によって異なるので、転職前にチェックしてみましょう。

完全出来高制は業務委託

先ほども触れた通り、フルコミッション営業は”完全歩合制の業務委託契約”になる為、毎月の給与が安定しません。

つまり、

  • 先々月は10万円
  • 先月は100万円
  • 今月は40万円

なんて支給額が当たり前なのです。

よって、自身の業績によっては月ごとに給与が著しく変動し、家計が不安定な状態に陥る可能性があります。

また、1ヶ月間に1度も遅刻や欠勤をしなかったとしても皆勤手当などつきません。

フルコミッション営業では、仕事に取り組む姿勢よりも、「どれだけの収益を上げられたか?」という実績のみが重要視されるのです。

また、フルコミッションの営業マンは出勤・退勤時にタイムカードを押すケースがありますが、特に残業代が支給されることはありません。

正社員ではないので、そもそも残業という概念が無くて、勤務時間が月給に反映されることもありません。

よって、規定の勤務時間外に労働しても、残業手当が発生しないことを理解しておきましょう。

フルコミ営業マンを活用する理由

企業がフルコミッション営業を採用するのには、それなりの理由があります。

例えば、営業成績が悪いスタッフだからといって、最低賃金を下回る報酬を支払い続けた場合には、違法行為になります。

もしそのようなことになれば、企業はかなり厳しい処罰を受けることにになりますし、風評被害も起こりかねません。

そうなってしまうと、一方的に悪い労働条件を提示しているブラック企業として、世間に認知されてしまうことでしょう。

よって、企業が雇用契約しているスタッフに対し、「成績が一向に改善されない」という理由で減給・解雇などの処分を下すのは難しいことなのです。

このような背景から、営業会社では完全歩合制の営業スタッフを常に求め続けています。

もし成果を上げられないフルコミの業務委託スタッフがいた場合には、報酬を支払わないだけで済むので、企業側にとってリスクがありません。

つまり、企業にとって都合の良い仕組みがフルコミッション制度なのです。

完全出来高制を採用するメリットとは?

フルコミッション制を採用している企業で活躍するスタッフは、モチベーションがアップしやすいと言われています。

その理由は単純明快ですが「収入がアップする」からです。

自身が営業活動を頑張った結果、もの凄い成果が出せた場合には、しっかりとその分が給料に反映されるのが完全出来高制です。

自身の出した実績に応じた報酬が得られるため、当たり前の話ですが意欲的に仕事することができます。

また、実績を上げる為に自ら進んで創意工夫したり、自主的に作業効率アップに努めることもできるでしょう。

そのようなアイデアを真似することで、直販営業マンも効率よく稼げるヒントが見つかるかも知れません。

フルコミッション

フルコミッション制は働きやすい

フルコミッションの営業マンは、時間にとらわれることなく働くので、仕事とプライベートの時間を区別しやすいと言われています。

自分のライフスタイルに応じた働き方ができるので、隙間時間を有効活用したい人にはピッタリですよね。

実際、フルコミッションで働く保険外交員の中には、育児中の女性や家庭を持っている人が少なくありません。

一般的な会社員では、他の社員の顔色を窺いながら、無駄に残業しなければならない場面が多々ありますが、フルコミッションで働いている業務委託であれば、そんなの関係ありません。

自分の抱えている仕事が終了すれば、たとえ他の社員が残業していても手伝う必要ありませんし、さっさと帰って良いのです。

フルコミッション制の場合は、自分1人で作業スケジュールを決められるため、正社員よりも自由度が高いと言えるでしょう。

完全出来高制の社会保険

完全歩合制の社会保険は、歩合給を含めて算出しますが、大前提は個人事業主として加入するということです。

なので「フルコミッション=個人事業主」ということをまずは押さえるようにしましょう。

毎年4月~6月に支払われた3ヶ月分の給与から平均月給を計算し、この金額に基づいて9月以降、1年間の保険料を算定されていますが、完全歩合制は固定給が設定されていないため、7月以降に急激に成績が悪化して給与が低くなる可能性がありますよね。

万が一、4月~6月の給与が通常よりも極端に高くて、7月以降の給与の水準が急降下したとしても、9月以降の保険料は安くなりません。

この時、月々の給与と社会保険料のバランスが悪くなっているため、フルコミ営業として働く人にとっては不都合な事象が発生しかねません。

高額な社会保険料によって多大な経済的負担が生じることもあるのです。

健保組合は自分で探す

賞与をはじめとする各種手当を支給されない人は、支出が賄いきれず、日々の生活や家計において窮屈に感じる場面が増えるかも知れません。

なので、身の丈に合った健康保険組合を自分で探す必要があります。

実は、企業に直接雇用されていないフリーランスや個人事業主など、業務委託の場合には自ら健康保険に加入する必要があるのです。

各種社会保険に加入しておかなければ、病気になったり働けない状況に陥った時にとても不便することになります。

健康保険組合は色々とありますが、まずは全国健康保険協会(協会けんぽ)に加盟するのが無難だと思います。

協会けんぽの料金は少し高めですが、加入にあたっての制約がほぼないので、誰でも加盟できると思います。

身体が健康な時には社会保険の必要性を感じにくいものの、転ばぬ先の杖として加入手続きを済ませておきましょう。

完全出来高制の営業職がすべきこと

完全出来高制の営業職は、見込み顧客を自分で探さなければいけません。

営業活動を最大化させるためには、アプローチ数を最大化させる必要があるので、そのために使えるものは何でも活用していきましょう。

まずオススメなのは、ビジネスマッチングアプリを活用するやり方です。

ビジネスマッチングアプリとは、経営者同士をマッチングさせることが主な目的の”ビジネス出会い系アプリ”のことです。

その中でも有名なのが、完全審査制 AIビジネスマッチングアプリ yenta(イェンタ)です。

yentaは株式会社アトラエが運営するwebサービスで、多くのビジネスマンが活用しています。

このアプリで出会った人から受注を貰ったり、自分から発注したり、人材採用に活用したり、出資者を探すことまでできます。

しかも無料で使えるので、使わない手はないと思います。

  • 忙しい経営者
  • 新規開拓に時間が取れない営業マン
  • 人脈を増やしたい個人事業主

にはぴったりのビジネスツールですよね。

その他にも、近年注目が高まっているリファラル営業についてご紹介します。

リファラル営業とは?

リファラル営業とは、代理店の仕組みである「紹介店」「取次店」という仕組みになります。

リファラル営業サイト」は、この仕組みをクラウドソーシングサービスとして提供している為、個人の副業や個人事業主が商材を仕入れるのに最適なサービスになっています。

もちろん、これから独立起業したい人やフルコミッション営業マンが独立準備するのにもおすすめです。

リファラル営業サイトに登録した会員の主な業務内容は、知人・友人などの中から見込案件を探し出して、掲載企業に引き合わせることだけです。

このように聞くと難しく聞こえるかも知れませんが、簡単に言えば「人と人をマッチングさせるだけ」なのでお見合いの仲人みたいな感覚と似ています。

例えば、「ホームページを作りたい!」と言っているお客様がいれば、その人にホームページ制作会社を引き合わせるという具合になります。

晴れて契約成立(=ホームページの受注)に至れば成果報酬(謝礼)がキックバックされますが、その金額は十万円程度になるケースが多いです。

見込顧客とメーカーが対面する場をセッティングすることが業務内容になりますが、商品サービスの提案や契約業務には関わらないので、気軽に取り組むことが出来ると思います。

まとめ

フルコミッション営業とは、自由度が高い働き方で、たくさん稼げる契約形態なのですが、そのぶん責任も重くなる働き方だと思います。

完全出来高制の報酬体系であれば、月100万円以上稼ぐことは簡単だと思いますが、優秀なセールスパーソンであれば、その2倍3倍稼ぐこともできるでしょう。

しかし、メリットが大きいぶんデメリットも大きいので、その辺りをきちんと把握して働くようにしましょう。

フリーランスに関する書籍
created by Rinker
営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事