スティーブ・ジョブズの英語名言48選!アップル創業者が残した言葉

スティーブ・ジョブズといえばアップル創業者として有名ですが、実はトイ・ストーリーやファインディング・ニモで有名な『ピクサー・アニメーション・スタジオ(Pixar Animation Studios)』を株式上場まで導いた経営者でもあるのです。

数々のプロダクトを世の中に送り出したイノベーターなので、一流のビジネスパーソンであることは疑いの余地がありませんよね。

そこで今回は、スティーブ・ジョブズの英語名言をご紹介したいと思います。

独立起業を目指す人や、ビジネスパーソンは是非ご覧ください!

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

スティーブ・ジョブズの経歴

1955年(0歳) アメリカ・サンフランシスコで誕生、ビル・ゲイツもシアトルで誕生

1971年(16歳) スティーブ・ウォズニアックと出会う

1972年(17歳) リード大学へ進学するが中退

1974年(19歳) ゲーム機会社アタリ社へ入社する

1975年(20歳) ビル・ゲイツがマイクロソフト創業

1976年(21歳) アップル設立、Apple1発売

1977年(22歳) アップル創業(法人化)、Apple2発売

1980年(25歳) アップルの株式を公開(株式上場)

1984年(29歳) マッキントッシュ発売

1985年(30歳) アップルを追放されネクスト社を創業

1986年(31歳) ピクサーを買収して会長になる

1991年(36歳) ピクサーがディズニーと契約

1995年(40歳) トイ・ストーリーが大ヒット、ピクサーの株式を公開(株式上場)

1997年(42歳) アップル暫定CEOに復帰

1998年(43歳) iMac発売、ラリー・ペイジなどがGoogle創業

2000年(45歳) アップル正式CEOに就任

2001年(46歳) iPod発売

2003年(48歳) iTunes Music Store開始、ファインディング・ニモがヒット

2004年(49歳) 膵臓ガンの摘出手術、マーク・ザッカーバーグがFacebook創業

2005年(50歳) スタンフォード大学で伝説のスピーチ

2006年(51歳) ディズニーがピクサーを買収(ジョブズがディズニーの筆頭株主になる)

2007年(52歳) iPhone発売

2010年(55歳) iPad発売

2011年(56歳) iPad2発売、体調不良によりアップルCEOを辞任、10月5日逝去

スティーブ・ジョブズの英語名言

スティーブ・ジョブズの英語名言1

I think you should go get a job a busboy or something until you find something you're really passionate about because it's a lot of work.

いろんな仕事があるからね。

心から夢中になれるものが見つかるまで、皿洗いでもなんでもやった方がいい。

与えられた仕事ではなく『自分がやりたい仕事』をするべきだと思います。

それが見つかるまで、何でもチャレンジしてみましょう!


スティーブ・ジョブズの英語名言2

The only way to do great work is to love what you do.

素晴らしい働きをする唯一の方法は、自分の仕事を愛することです。

給料の為に働くのと、好きな仕事をやるのでは、パフォーマンスが違ってきます。

もちろんキャリアも違ってくるので、自分が求める職業に就きましょう。


スティーブ・ジョブズの英語名言3

Don't be trapped by dogma-which is living with the results of other people's thinking.

ドグマにとらわれてないでください。

それは他人が考えた結果を受け入れて生きていくことです

  • 自分の意志で生きるのか?
  • 他人に従って人生を浪費するのか?

どちらが幸せな人生か一目瞭然ですよね。

「ドグマ」はキリスト教における宗教用語なので、気になる人は下の記事もご覧ください。


スティーブ・ジョブズの英語名言4

I'm a very big believer in equal opportunity as opposed to equal outcome.

結果の平等はともかく、機会というものは誰にでも平等だと固く信じている。

適切な努力をした人には必ずチャンスが訪れます。

それを手にする為の努力をしたか、しなかったのかで人生が変わるのです。


スティーブ・ジョブズの英語名言5

If would be pretty boring place if it was.

誰がやっても同じなら、人生はとても退屈なものになってしまう。

これはイノベーションについて語った名言です。

頑張った努力が反映されるからこそ、努力する甲斐があるのだと思います。


スティーブ・ジョブズの英語名言6

Going to bed at night saying we've done something wonderful-that's what matters to me.

夜ベッドに横たえた時、何か素晴らしいことを成し遂げたと言い聞かせて眠りにつく

私にはそれが一番大切なのだ。

これはシンプルですが、人生の本質を突いている気がします。

人生は長いですが『今日一日しか生きられない』と考えたら、きっと生き方が変わるはずです。

今日一日の過ごし方が変わるはずです。

きっとほとんどの人は会社を休んで、別のことをするでしょう。

しかしジョブズは「いつもと同じように働く」と言っているのです。

それが自分のやりたいことなので、ジョブスにとって一番最良な選択なのです。

これは毎日全力で生きることを推奨した名言だと思います。


スティーブ・ジョブズの英語名言7

It's rare that you see an artist in his 30s or 40s able to really contribute something amazing.

30代や40代のアーティストが素晴らしいものを生み出し、実際に貢献できることなど滅多にない。

世の中を変えるような仕事に出会える機会はそう多くありません。

そのような場所で働くことを推奨した名言です。


スティーブ・ジョブズの英語名言8

I never did it's for the money.

お金が目的でやってきたわけじゃないからね。

「it's」はもちろん仕事のことです。

なので、これは起業家精神について語った名言です。

金銭は起業インセンティブになりますが、それを目的にするべきではないとジョブスは語っています。

起業家にとって一番重要なことは、最も優れたプロダクトを作って、それを世の中に広めることなのです。


スティーブ・ジョブズの英語名言9

Do you want to spend the rest of your life selling sugared water or do you want to a chance to change the world?

残りの人生を砂糖水を売ることに費やしたいですか?

それとも世界を変えるチャンスが欲しいですか?

スティーブ・ジョブズは、Appleを成長させるために『一流のプロ経営者』が必要だと考えていました。

そこで目を付けたのがジョン・スカリーです。

スカリーは38歳という若さでペプシコーラの社長になり、コカ・コーラを抜いてペプシグループを全米一位にした立役者です。

スティーブ・ジョブズは、そのような大企業の社長をヘッドハンティングして、見事にAppleへ引き抜いたのです。


スティーブ・ジョブズの英語名言10

It was one of the first times that I started to realize that maybe Thomas Edison did a lot more to improve the world than Karl Marx and Neem Karoli Baba put together.

カール・マルクスとニーム・カロリ・ババの二人を合わせたより、トーマス・エジソンの方が世界をより良いものにするために、はるかに貢献しているのではないかと初めて気が付いた。

カール・マルクスはドイツを代表する哲学者です。

そしてニーム・カロリ・ババはアメリカで最も著名なヒンドゥー教のグル(導師)です。

スティーブ・ジョブズは禅好きで有名ですが、共産主義やインド思想にもハマっていたようです。

しかしその分野で著名な二人よりも、発明家であるトーマス・エジソンの方が世界に貢献していると考えたのです。

トーマス・エジソンはGE(ゼネラル・エレクトリック)の創業者なので、エジソンの名言集もぜひご覧ください。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事