自営業者として独立起業!成功するやり方&おすすめ情報を解説

会社員として働いている人は、一度くらい「自営業として独立・起業したらどうだろうか?」と考えたことがあるはずです。

しかしほとんどの場合には、独立後の収入不安や、良いビジネスアイデアが浮かばず、結局うやむやになってしまうことでしょう。

実際、自営業者として独立するのは勇気がいることだと思います。

残りの人生をかけて独立開業する以上、絶対に失敗することはできません。

そこで今回は、自営業として独立・起業する前にチェックしておきたい情報をまとめてみました。

これからフリーランスになる人や、独立起業を目指す人はぜひ参考にしてください。

>>独立起業を支援する|side bizz(サイドビズ)

自営業者の定義とは?

自営業とはその字の通り「自分で事業を営んでいる人」のことを指します。

会社と雇用契約を結んで労働力を提供する、いわゆる「サラリーマン」と違って、自分個人の実力だけで稼いでいるのです。

自営業者は個人事業主と一緒だと思われがちですが、税務処理上で自営業と個人事業主の定義は少し異なっています。

税務処理において自営業は「会社員以外の人」と定義されています。

したがって、法人を設立している代表取締役社長も自営業に当てはまるのです。

それに対して個人事業主とは、会社と雇用契約を結んでいない人という点は自営業と同じですが、これに加えて「法人を設立していない人」という条件も加わります。

そのため税務処理上においては、自分の事業を法人化していれば自営業そうでなければ個人事業主だと言えるでしょう。

ただこの違いに関しては税務処理上のみでの解釈であり、自営業と個人事業主はほぼ同じ意味の言葉と捉えて問題ありません。

この記事では自営業の中でも法人化していない「個人事業主」にフォーカスしながら解説していきたいと思います。

自営業の種類

それでは自営業に当てはまる職業にはどんな種類があるのでしょうか?

まず会社を経営しているなら、当然「自営業です」と名乗って問題ないでしょう。

フリーランスとして働いているプログラマーやWebデザイナーなども個人事業主なので、こちらも自営業と名乗れます。

それ以外には、農業や漁業などの第一次産業を営んでいる人も「自営業」に当てはまります。

どこかの組合に加入していると思いますが、誰かに雇われているわけではないためです。

誰かに雇われて働く場合は会社員や国家公務員など名乗れる職業名が決まっていますが、自営業の場合は自由に職業を名乗ることができます。

ただ、あまり馴染みのない名称を名乗ってしまうと、取引先から不審に思われる可能性があるので注意しましょう。

社会保険や厚生年金はどうなる?

会社員と自営業の大きな違いは、社会保険や年金制度が挙げられます。

会社員の場合、加入する保険は社会保険、年金は国民年金と厚生年金で、会社と折半しながら保険料や年金を納めることになります。

それに対して、自営業の場合に加入する保険は「国民健康保険」で、年金は「国民年金」です。

しかも、会社から雇用されていないので、自分で保険料・年金を支払う必要があるのです。

この出費は地味にでかくて、保険料や税金が払えなくて四苦八苦している自営業者もいるのです。

自営業の年収はどれくらい?

会社員の給料は、毎年それまでの仕事の評価を基準とした給与査定で決まりますよね。

しかし個人事業主の場合には、会社員と違って経費の管理も自分で行うので、稼いだ金額から経費・税金を差し引いた金額が実質的な給料となります。

なので経費金額によっては、手取り金額が10万円になったり、100万円になることもあるのです。

つまり、会社員として働いている場合は基本的に支払われる給料額が一定ですが、自営業の場合は自分の給与金額が毎月変動することになります。

それに加えて自営業は退職金が支払われない上に、会社員のような厚生年金に加入していないので、受け取れる年金額も少ないのです。

そのため、会社員なら年収300万円でも問題なく生活を送れますが、自営業の場合は年収300万円だと将来に不安を残すことになるでしょう。

このような状態では、老後に安定した生活を送るのが難しいかもしれません。

そもそも、大金を稼ぐ為に自営業として独立開業したはずです。

なので、自営業者の場合には年収1,000万円を直近の目標にしましょう。

自営業は経費が計上できる

「年収一千万円の自営業者」と聞くと、どんなイメージを抱くでしょうか?

もしかしたら高所得者と思うかもしれません。

しかし、実際の手取り額は100万円ぐらいになっているかもしれません。

それは何故かと言うと、先程も解説した通り「自営業者には必要経費が発生する」からです。

事業を行うためには、様々な物品を購入しなければいけません。

パソコンはもちろん、携帯電話、ボールペンなどたくさんの消耗品を購入することでしょう。

その他にも、取引先との接待交際費、広告宣伝費、旅費交通費などもあります。

このような経費を売上から差し引くため、実際の手取り金額はもっと少なくなるのです。

しかしその反面、自営業者は経費処理を自由に行えるというメリットもあります。

経費計上するための以下のような条件があります。

経費計上する為の条件
  1. 事業を営むうえで必要な費用であること
  2. 領収書などで「支出が事実である」ことを証明できること
  3. 経費として妥当な金額であること

このルールに則れば、仕入れ費用やペンなどの消耗品費用以外にも、様々なものを経費として計上することができます。

なので、まずは経費処理しやすくする為、Amazonビジネスなどに登録することも忘れてはいけません。

例えば、個人事業主だと自宅をオフィスにしている人も多いことでしょう。

その場合、家賃を経費として計上できるのです。

それ以外にもオフィスの水道光熱費やインターネット・電話料金をはじめとする通信費も経費にすることができるので、これらの支払いを行った際の領収書やクレジットカードの引き落とし記録などもしっかり保管しておきましょう。

そう考えた場合、日常生活で必要なコストはほとんど経費処理できることに気がつきます。

経費処理するということは、税引前の真水の状態で支払うことができるため、かなりお得なことが理解できるでしょうか?

例えば、個人事業主が家賃10万円を経費処理した場合と、会社員が給料を受け取ってから10万円の家賃を支払った場合では、節電効果が全く違います。

つまり個人事業主の場合には税引き前で支払うことができるのに対し、会社員の場合は税引き後の手取り額から支払うからです。

これは自営業者ならではのメリットと言えるので、法律の範囲内で最大限節税はするべきだと思います。

自営業におすすめの業種は?

独立する際に、「どんなビジネスをやっていくのか?」はとても重要な問題だと思います。

この問題を紐解くポイントとしては、

  1. 自社でプロダクトを開発するか?
  2. 販売代理店として取次するか?

で大きく2つの選択肢がありますが、今回は自社プロダクトを開発する①前提の話で進めていきたいと思います。

市場ニーズを把握する

業種を決める上では、市場ニーズを事前調査することが最も重要です。

どんなに良い製品サービスだったとしても、世の中のニーズが無ければ全く売れません。

例えば「最高級品のシルクを100%使った1万円の下着」を作っても、下着にシルクを求める人は少ないですし、下着は消耗品なのでニーズがないはずです。

そんな時には、まず人口動態を確認しましょう。

人口動態に応じてプロダクトアウトするのは、かなり手堅いビジネスになるはずです。

日本に関して言えば少子高齢化社会なので、若者向けのビジネスより、高齢者向けのビジネスの方がニーズが多いことは明白です。

このように”欲しい”というニーズが多いほど、ビジネスとしては成功しやすいのです。

自営業で成功する為には?

資金も人材も不足している中小企業が、大企業と正面から戦っても勝てる見込みがありません。

そのような中小企業が成功する為には、差別化戦略が有効的です。

つまり、いかに他社と違った戦術で勝つかが重要なのです。

しかし、どうやって競合他社と差別化すればいいのか…

全ての経営資源が乏しい自営業者が勝つためには、局地戦を仕掛けるしかありません。

その為に必要なことが「競合調査」です。

営業をする上で、競合の有無や強さを知っているのと、それを知らないのとでは戦い方が全く変わってきます。

古代中国の孫子は「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉があります。

これは、敵についても自社についてもしっかりと把握していれば、何回戦っても敗れることはないという戒めに似た言葉です。

いかに情報が重要かを示している故事と言えるでしょう。

もし「孫氏の兵法」を読んだことがない場合は、ぜひ一度目を通してみてください。

孫子の兵法
created by Rinker

自営業におすすめの副業

自営業は個人事業主なので、自由にビジネスをすることができます。

そのため、自営業を営んでいる人の中には副業をすることで副収入を得ている人も多いはずです。

そこで自営業の仕事と両立しやすいおすすめの副業をご紹介したいと思います。

デリバリーサービスUber Eats

まず、自営業者が簡単に取り組める副業として挙げられるのがUber Eatsです。

Uber Eatsは、アメリカ発祥の有名な配車サービス「Uber」から派生した事業です。

Uber Eatsの場合、一度登録を済ませておけば、いつでも隙間時間で働くことができます。

働き方もUber Eatsのアプリを働きたい時にだけONにしておいて、通知が届いたら料理を取りに行ってお客様のもとに届けるだけなので、暇な時の副業として取り組めます。

自転車を使って配達をするケースが多いので、運動不足の解消にも良いでしょう。

特に都市部ではUber Eatsの需要が多く、一般的なアルバイトの時給よりも稼げると言われているので、副業で稼ぎたい人におすすめできます。

ライティング(データ入力)

記事作成や校正、データ入力など、インターネットが使える環境であればどこでもできる副業も人気が高いです。

これらの仕事もちょっとした空き時間に取り組めるうえに、在宅でもOKなので本業と両立しやすいことが特徴です。

経験を積んで良い記事を書けるようになれば、1記事あたりの単価も徐々に上がっていきます。

なので、たくさん記事を書いて少しづつ報酬金額を上げていきましょう。

これらの仕事はクラウドソーシングサイトで募集されていることが多く、作成依頼されている記事のジャンルも幅広いので、自分の好きなことや仕事に関する知識を活かして副業に取り組めます。

リファラル営業

リファラル営業とは営業系の副業と言われています。

リファラル営業自体は「紹介営業」を意味する言葉で、営業の新規開拓手法として多く活用されているスキームにになります。

紹介営業は見込み客を紹介することでキックバックを受け取るという一般的な販促手法ですが、それをクラウドソーシングとして提供しているのがリファラル営業プラットフォームです。

営業職の副業には最適なので、人脈がある人や、営業力に自信がある人には最適と言えます。

アフィリエイトやブログ運営

経験を積めば自分でブログを運営してアフィリエイトで利益を得ることもできます。

アフィリエイトは、サイトを訪れたユーザーが広告をクリックすることで収入が入る仕組みの「広告ビジネス」です。

アフィリエイトやブログ運営で稼ぐための絶対条件は、webマーケティングの知識やノウハウです。

検索エンジンで上位表示させる為の知識が無ければ、稼ぐことはおろか、サイトを見てもらうことすらできません。

しかしサイト運営が軌道にのれば、月に数百万円を生み出すストックビジネスにもなり得るのです。

テープ起こし

最後に紹介するのはテープ起こしです。

音源を聞いて、話している内容を文章に書き起こすだけなので、誰でも暇なときに簡単に取り組める副業と言えるでしょう。

ただ、テープ起こしをやる場合には、タイピングスピードが求められます。

そのため、タイピングが苦手という方にはあまりおすすめしません。

近年は音声入力が発達しているので、タイピングするよりも音声入力の方が早いかもしれませんね。

この仕事もクラウドソーシングサービスで募集されており、気軽に取り組める仕事なので、普段からパソコン作業をする機会が多い人にはおすすめです。

自営業におすすめな自家用車

自営業の人は、自家用車を営業車として利用していると思います。

その場合には、あくまでも営業車としての役割があるので、決して派手でなく、燃費の良い車が理想的だと思います。

その上で、プライベートでも不自由のない車が良いですよね。

ここでは自営業者におすすめな車をランキング形式でご紹介したいと思います。

【第1位】プリウス

トヨタが販売するセダンタイプの車です。

リッター40kmを超す燃費を実現している上、プライベートでも十分使えます。

また、流通量が多い車なので、節税対策にも使えるでしょう。

【第2位】フィット

ホンダが販売するコンパクトカータイプの車です。

リッター37kmと十分な燃費を実現しています。

コンパクトでも、余裕のある空間設計で、プライベートでも十分使えます。

外回り営業の時にも、コンパクトカーであれば置き場所に困ることがありません。

【第3位】ノート

日産が販売するミニバン風なコンパクトカーです。

こちらもリッター37kmと低燃費を実現しています。

スポーティなイメージの車なのでプライベート重視といったイメージが強いかもしれません。

自営業におすすめなパソコン

自営業者は、自宅PCと仕事PCを区別することなく使っていることが多いでしょう。

両方のシーンで使うからこそ、パソコン選びはこだわりたいですよね。

そこで、自営業におすすめなパソコンをランキング形式でご紹介したいと思います。

【第1位】アップル(Apple)

おしゃれなパソコンの代名詞アップルです。

アップル製品はIT系の企業や、プログラマー、デザイナーなどクリエイティブな職種の方が多く使っています。

だからこそ、自営業者にはおすすめできます。

アップルのパソコンをオシャレに使いこなしていれば、”できるビジネスパーソン”を演出できるからです。

強みが少ない自営業ならではのブランディング戦略と言えるでしょう。

【第2位】レッツノート(Panasonic)

頑丈なパソコンの代名詞レッツノートです。

年中持ち歩く大事なパソコンが壊れたら、自営業者にとっては一大事です。

とにかく頑丈で壊れにくいパソコンを求めるならパナソニックのレッツノートがおすすめです。

【第3位】Surface(Microsoft)

持ち運び易さを重視した上で、営業現場で使いやすいタブレットにも返信するSurfaceです。

携帯性を追求しているだけでなく、スペックも十分なのでメインPCとしても活躍できます。

外回り営業の多い人にはオススメです。

自営業が支払う税金

会社員として働いていれば、所得税と住民税を支払う義務があります。

ただ、会社員は所属会社が源泉徴収するので、基本的に本人が税金に関する手続きを行う手間がありません。

しかし自営業の場合は、納税手続きを代行してくれる人がいないので、自分で納税しなければいけません。

そこで気になるのが、税金を納める時期についてです。

確定申告の時期

自営業の場合は、毎年2月中旬から3月中旬に行われる確定申告で所得を申告し、期間内に税金を納めることになります。

会社員の場合、1年分の税金を一括支払いするのが難しいため、会社が1年分の税金を計算してそれを12等分した金額を給料から差し引いて支給していますが、自営業者は一括で支払わなければいけません。

したがって、確定申告に備えて計画的に貯蓄を行う必要があるのです。

「気がついたら納税するだけの貯金がなかった…」なんてことが起こり得るので、キャッシュ残高には十分注意しましょう。

また、自営業の場合は、所得税・住民税に加えて個人事業税と消費税も支払わなければいけません。

個人事業税は事業による利益が290万円以上の場合に必要となる税金であり、事業内容に応じて3~5%が課されます。

また開業して2年以上経過した上で、ビジネスの利益が1,000万円を超えた場合のみ、消費税を支払う必要があります。

このように自営業だと支払わなければいけない税金の種類が多いため、会社員よりも税額が高くなる傾向があるのです。

したがって、手取りを少しでも多くする為には、それなりの税金対策が必要になるでしょう。

自営業の節税ノウハウ

少しでも経費を多く計上する以外にも、自営業者の節税方法には様々なやり方があります。

例えば自営業の確定申告では、

  • 白色申告
  • 青色申告

の二種類から選ぶことができます。

ただ青色申告を行うのには、税務署に青色申告承認申請書を提出して承認を得なければいけません。

また、青色申告は複式簿記で作成した損益計算書と貸借対照表を提出する必要があるので、白色申告よりも確定申告にかかる手間が多くなります。

しかし、青色申告を選んだ場合には65万円の控除という特典があるので、基本的には青色申告を選択するべきだと思います。

白色申告よりも手間がかかりますが、お得感があるので青色申告を選ぶ人が多いようです。

これ以外にも配偶者控除を受けたり、国保組合に加入したりすることで節税できたりするので、独立起業する前には節税に関する書籍を読み漁るようにしましょう。

税務署員だけのヒミツの節税術
created by Rinker

もし読むのが面倒な場合には、AmazonのAudible (オーディブル)などを無料トライアルしてみてください。

これから自営業はどうなる?

政府が働き方改革を提唱し、副業を推進していることから副業を容認する企業も増えました。

また、クラウドソーシングサイトの知名度が上がり、本格的に副業に取り組まなくてもちょっとした空き時間に稼げる手段が増えたことで副業に取り組む人は年々増加しています。

そのため、会社員として働きながら個人事業主(フリーランス)として副業に取り組んでいる人も今では珍しくありません。

個人が活躍するフリーランス時代へ

本業・副業という考えを取り払って、複数のビジネスで収入を得るパラレルワークや、複数の仕事でキャリアを形成するパラレルキャリアが当たり前の時代です。

今までの日本社会におけるメリットだった「終身雇用」や「年功序列」など、安定した雇用制度を維持することが徐々に難しくなってきました。

そのため、企業に所属して働く時代から、個人で働く「個の時代」が訪れると言われています。

個人がエンパワーメントされる時代になるにつれて、求められるレベルは徐々に高くなっていくことでしょう。

だからといって、何も考えずに会社を辞めてフリーランスとして独立開業するのは非常に危険だと思います。

企業に雇われて働いている場合は企業から仕事を与えられるので働くことができますが、自営業として働く場合は自分で営業して仕事を獲得しなければいけません。

税理士に依頼しない限り、納税手続きも自分でしなければいけません。

このように、自営業だと会社員として働く場合よりもやらなければタスクが増えることになります。

会社員の場合は毎月一定の給与が支給されますが、自営業者は収入も不安定で、毎月同じ金額が稼げるとは限りません。

自営業者は自由に働ける分、会社員として働くことに比べて大きなデメリット(=リスク)があります。

したがって、自営業として独立することを考えている場合は、会社員と比較したメリット・デメリットを検討し、よく考えてから独立起業するようにしましょう。

また、独立開業する際にはまず安定収入を得るための基盤作りをすることが大切です。

まずは本業の合間に副業に取り組んで、顧客を獲得できるようになったら独立を目指すのが良いでしょう。

まとめ

自営業者は自分だけが頼りの「孤独なビジネスパーソン」です。

独立当初は相談相手も少なく、経営判断するのも一苦労だと思います。

しかし、ある程度軌道に乗ってくれば、稼いだ分は全て収入になるおいしい立場でもあります。

これからマイクロビジネスが加速していく世の中で、個人事業を興す人も増えていくはずです。

ぜひこの記事を参考にして、独立起業を目指してみてください。

フリーランスに関する書籍
created by Rinker
LINE公式アカウントのご案内

営業シーク@LINE公式アカウントを友達追加して、最新情報をチェックしよう!

最新の記事情報や、営業パーソンに有益なコンテンツを無料でお届けします!

ぜひ営業シークのLINE公式アカウントを友達追加してください!

友だち登録無料(0円)!

↓↓ ↓ 下のボタンをクリック↓↓↓

おすすめの記事