新卒営業は志望動機をこうアピールする!【志望動機例文7選】

就職活動をしている新卒の人は、色々と面接対策を練らなければいけませんよね?

「こうすれば受かる!」という絶対的なセオリーがあれば楽なのですが、採用面接はそんなに簡単ではありません。

そこで今回は、特に重要だといわれている採用面接時の志望動機について解説していきたいと思います。

例文も紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>営業系の仕事探しなら|side bizz(サイドビズ)

営業職の志望理由は様々

新卒で営業部を志望する人もいれば、中途で営業職を希望する人、またこれまで営業以外の仕事をしていた人が転職する場合など、営業職になりたい志望動機はそれぞれ異なると思います。

新卒入社の場合、営業の仕事を通してビジネススキルを身に付けたい人もいれば、コミュニケーション能力を高めたい人もいますよね。

中途の場合は、もっと稼ぎを増やしたい人や、もっと魅力ある会社で働きたいという人もいるでしょう。

営業以外の仕事をしてきた場合は、努力や実績が直接評価されることに魅力を感じるケースもあると思います。

つまり、その人それぞれによって志望理由は様々なのです。

ただどのような理由にせよ、大切なことは「なぜ自分が営業職を選択したのか?」という理由を明確にしておくことです。

この動機部分が曖昧なままだと、自分自身のモチベーションアップにも繋がっていきません。

この時のポイントは、俯瞰的な視点で考えるということです。

「自分が採用担当者だったら納得できる理由か?」という視点で物事を考えることが何よりも大切です。

特に営業未経験者が志望する場合には、実績がない分、丁寧に伝える必要があります。

新卒が営業職を志望すべき理由

新卒社員には、特に営業職をオススメしたいと思っています。

新卒が営業職を志望した方がいい理由とは、若いうちからお客様と接する現場を経験できるからです。

企業には経理、人事、企画、営業など様々な職種がありますが、その中でも営業職は現場の最前線に立って、直接売上に貢献できるポジションなのです。

そのため、「どうすればお客様に商品サービスを買ってもらえるのか?」ということを常に考えているので、必然的に自社商材について詳しくなります。

またお客様と商談する為には、名刺交換や礼儀(マナー)なども覚えなければいけませんよね。

このようにビジネスに必要な基礎知識や土台部分を形成するのに、営業職は適した職種なのです。

このような土台さえあれば、将来的に違う職種にチャレンジすることは難しくありません。

つまり営業職で培ったノウハウは、応用しやすいのです。

例えば、営業現場では価格や機能などについての不満を、お客様の口から直接聞くことになります。

そのため、営業スタッフは市場調査では見えてこなかった細かなニーズを拾うことができるので、将来的に企画部や製品開発部で活躍することもできるはずです。

また、お客様と取引することで”お金の流れ”が把握できるので、その知識を基に経理を担当することもできます。

このように、営業職というのは最前線でビジネスを学べるため、将来的に自分の財産となる様々な能力を多角的に養うことができるのです。

このような恵まれた環境に新卒社員のうちから身を置くことで、圧倒的に成長することができるはずです。

各営業職の志望動機

ここでは就職面接する時に必要となる、志望動機について解説していきたいと思います。

各職種ごとの志望動機を例文として記載しておきますので、ぜひ面接対策の参考にしてみてください。

ソリューション営業の志望動機

ソリューション営業とは、ただ単純に自社製品を売り込むことだけを目的とせず、製品サービスを活用してお客様の抱える課題解決を目指す職種です。

そのようなソリューション営業を希望する場合の志望動機は、お客様への寄り添いと、課題解決への興味関心をアピールするのが良いでしょう。

志望動機の例文

私が御社のソリューション営業を志望する理由は、御社が得意とする業務効率化システムで働き方を最適化したいと思ったからです。

そう考える理由は、学生時代のアルバイト経験が基になっています。システム化が不十分な職場だったので、当時の店長がとても苦労していたのを覚えています。

具体的には、アルバイトのシフト管理を店長が全てメールで行っていたため、時間が掛かってしまい、結果的に残業が増えるという悪循環に陥っていました。

そこで、シフト管理のアプリが導入されたのですが、使い勝手が悪かった為、すぐに現場で使われなくなってしまいました。その結果、残業はまったく減りませんでした。

この実体験から、システム化はただやればいいというものではなく、現場の状況に合わせなければいけないことを経験しました。

そのため、お客様の課題に寄り添い、一つひとつの案件に合わせた提案ができるソリューション営業に魅力を感じて、今回志望するに至りました。

ソリューション営業の魅力は、全く同じ案件が二つとして存在しないところにあります。

似たような課題を抱えていても、お客様が違えば細かな部分でニーズが違ってきます。

そういった細かなニーズに的確に対応しながら提案できるところが、ソリューション営業の楽しさだと思います。

企画営業の志望動機

企画営業に転職を希望する場合は、“発想力”が大切になってきます。

なぜなら、企画営業は単に商材を売り込むだけでなく、企画自体も販売することになるからです。

例えば、食品メーカーがスーパーマーケットに対して、「当社の新製品を売る為に、店内でのブース販売を企画してみました!」という具合で提案していくのです。

雑貨や化粧品、食料品などの商品開発において、企画営業は大切な要となります。

言うなれば、企画営業の能力次第で新商品が売れるか否かが大きく左右されるのです。

そのため、就職するときの志望理由には、自分の企画力についても記載すると効果的だと思います。

ここでは、企画営業に転職する際の志望動機例文を紹介したいと思います。

志望動機の例文

私は以前から商品企画に興味を持っていました。

前職では事務職をしていましたが、仕事に対してやりがいが感じられず、物足りなさも感じていました。

もっと自分の考えていることをお客様に伝えたり、お客様の課題を一緒に解決したりする仕事に就きたいと考えた結果、企画営業への転職を決意するに至りました。

御社に転職したいと思ったのは、自由な発想力を活かすことができると知ったからです。今までにない発想やアイデアを提案しながら、お客様のと一緒に売上アップを目指したいと思っています。

その時には、事務職で培ったコミュニケーション能力とデータ作成能力を活かして、商品の素晴らしさをお客様にアピールしていきたいと思います。

食品営業の志望動機

食品業界には多くの職種が存在しますので、まずは食品業界の職種について学ぶことから始めていきましょう。

大手メーカーになると輸出入もしているため、専門的な知識が要求されるはずです。

また、取り扱う食品への興味が何よりも大切なので、志望動機の中に食品や食事に対する自分なりの考えを盛り込んでおくと効果的だと思います。

なぜ、食品業界を志望したのかだけではなく、自分なりの考えやアイデアを盛り込むことが大切なのです。

そのようなエピソードがある場合は、志望動機にエピソードを挿入するのが良いでしょう。

志望動機の例文

私が食品業界への就職を希望したのは、「食事こそが人間の基礎をつくる」と思っているからです。

心と身体の健康を維持して、円滑なコミュニケーションを取るために食事は欠かせません。

私自身、過去に健康的な食事を心掛けることで、病気を克服した経験があるので、その大切さを良く理解しています。

御社が手掛ける食品は、材料や製造方法にこだわりがあって、健康的なものだと理解しています。

また輸入食品も多く扱っていることも、とても興味を惹かれました。

食品製造工場も見学をさせていただき、ここで働くことができれば、人々の健康や笑顔をサポートすることができると確信しております。

そのためには、もっと多くの人に食事の大切さ、素晴らしさを伝えていきたいと思っています。

IT営業の志望動機

IT業界と聞くと、システムエンジニアやプログラマーを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は多くの営業パーソンが活躍している業界なのです。

一口にIT営業といっても、その種類は様々です。

  • ソフトウェアの受託販売
  • webサイトの制作請負
  • webメディアの広告枠販売
  • 自社開発ツールの販売
  • SIerのセールス

IT系の商材にはエンタープライズという概念があるので、主に大企業に対してオーダーメイドで対応するスキルや提案力も求められます。

なので、志望動機では、エンタープライズに対する興味関心に加え、お客様とエンジニアの橋渡しをすることのやりがいなどについて言及していくと良いでしょう。

志望動機の例文

私が、御社のIT営業を志望する理由は、エンジニアとお客様の橋渡しをして、魅力的なwebサイトを制作したいからです。

そう思う理由は、学生時代のインターンとして働いていた時に、お客様の要望を把握できなかったという経験があったからです。

具体的には、webサイト制作会社でエンジニアとして長期インターンをしていたのですが、ある案件で、お客様の要望と全く違うものを作ってしまい、少額ですが会社に損害を出してしまいました。

このような経験から、お客様とエンジニアを上手く繋ぐ存在の重要性に気づき、IT営業としてwebサイト制作に携わりたいというように考えるようになりました。

サイト制作エンジニアとしての知識と経験があれば、きっとお客様に喜ばれるソリューションができると思います。

IT営業の魅力は、ITという先進的な領域の知識を身につけながら、お客様の要望にオーダーメイドで対応する能力が身に付くことです。

言葉で表しにくいITの要望を的確にエンジニアに伝えるためには、相応の訓練が必要なため、将来的にも重宝されることでしょう。

求人広告の営業志望動機

求人広告の営業職とは、例えば大手求人サイトのリクナビやマイナビ、dodaなどの採用媒体に広告出稿してもらうようなセールス職になります。

求人広告は、人を採用したい求人企業と求職者を結び、企業が必要な採用数の目標達成を支援するサービスです。

そのため、採用したいターゲットに合わせて、媒体選定や広告戦略を提案しなければいけません。

また、求人広告は実物を売込むのではなく、無形商材の為、その辺りに難しさがあります。

志望動機の例文

私が御社の求人広告営業を志望する理由は、人々の心を動かす広告で、経済成長の一端を担いたいと思っているからです。

そう思う理由は、人がいなければ会社は成り立たず、採用こそが企業経営の鍵であると考えているからです。

具体的には、学生時代にヨーロッパに留学した際に、現地の社会人にとって転職することが当たり前なことを知りました。

日本では、何度も転職するものではないという意識があると感じていたため、そのギャップにとても驚きました。

企業が必要な採用ニーズが満たせず、また働き手の側も不満を抱えながら働くことは双方にとって不幸なことだと思います。

そのため、御社の求人媒体で、このような人々を結びつけていきたいと思っています。

求人広告営業は、企業と人のマッチングを手助けできるというところに魅力があります。

大げさに言えば、人々の人生を“仕事探し“という側面からサポートすることができるので、やりがいは大きいはずです。

法人営業の志望動機

一般消費者向けの商品を販売するビジネス形態をBtoC営業といい、これらの企業の営業職は個人向けセールスと呼ばれています。

それに対し、企業に対して商品サービスを販売するビジネス形態をBtoB営業といい、これらの企業の営業職は法人セールスと呼ばれています。

個人営業と法人営業は、同じセールス職ですが、扱う商材やビジネス規模はかなり違っています。

BtoBの場合、お客様も企業のため、時には数億円といった大規模案件も存在します。

そのため、志望動機では、大規模な提案で社会を動かすことへの興味を盛り込んでいくのが良いでしょう。

志望動機の例文①

私が御社を志望する理由は、大規模なプロジェクトで社会に貢献していきたいと考えているからです。

御社はメガバンクの一角として、新聞紙面でも取り上げられるような大規模プロジェクトの実績があります。

私は、都市計画のゼミに所属しており、再開発事業に興味を持っていますが、その中でも金融という側面を通して都市計画するプロジェクトに大変興味を持ったため、御社を志望しております。

法人営業として、社会に大きく貢献できるような提案ができるようなプロフェッショナル営業になりたいと考えています。

志望動機の例文➁

御社を志望した動機は、提供する商品サービスに魅力を感じていたからです。

私はこれまで店舗の販売担当者として働いてきましたが、パッケージ製品を販売していたので、お客様毎の要望に対応できませんでした。なので、以前からお客様に寄り添う提案がしたいと考えていました。

御社の商材はまさにお客様のニーズに寄り添うサービスなので、きっとお客様にも喜んで頂けると確信しています。

私も御社の一員になって、お客様の抱えている課題解決をしたいと考えています。

これまで法人営業の経験はありませんが、店舗の販売スタッフとして多くのお客様と関わり、売り上げに貢献してきました。そこで得たコミュニケーション能力には自信があります。

このコミュニケーション能力が活かせる営業職として、会社に貢献していきたいと考えています。

法人営業の魅力は、何と言ってもビジネス規模が大きいことです。

法人営業には、個人向け営業にはないような事業予算やビジネス規模があります。

自分が携わった仕事が、多くの人の生活を支えると思えば、かなり大きなやりがいを感じることができるはずです。

法人営業に転職する場合、志望動機にすべきなのは高いビジネススキルです。

個人営業とは違って、法人の営業では企業を相手にするため、高度なコミュニケーション能力やプレゼン能力も要求されます。

そして中途社員の場合には即戦力が求められています。

法人営業を希望する場合、

  • なぜこの会社(又は商材)なのか?
  • そしてなぜ営業職なのか?

を具体的に伝える必要があるのです。

法人営業とは、まさに会社の顔となるポジションです。

個人営業とは扱う商品もサービスも違ってきますし、予算額も大きくなりがちです。

そのため、これまでどんな仕事を経験してきて、どんな能力に優れているのか、そしてどれだけ会社に貢献できるのかをアピールする事が大切なのです。

販売から営業の志望動機

「販売」と「営業」は似ている言葉ですが、ニュアンスが異なる言葉です。

具体的には以下のような使われ方をしています。

  • 販売:店舗などでの接客、来客対応など
  • 営業:自分から提案する営業スタイルや売り込み行為

これは一般的なイメージなので、実際は異なるかも知れませんが、まずはこのように理解しても大きな相違はないでしょう。

販売から営業に転職する場合、仕事内容が似ているので、転職時に有利だと思われるかもしれません。

しかし、実態はかなり大きな違いがあるので転職希望者は注意が必要です。

販売職の場合には基本的にインバウンド営業になるはずなのですが、営業職の場合にはアウトバウンド営業が基本になってきます。

つまり営業職の場合には、見込み顧客を自分で探し出さなければいけないのです。

そのため、販売から営業に転職するときには、これまでの販売実績とプレゼン能力をアピールすることが大切です。

さらに、「なぜ販売職から営業職になりたいのか?」という志望動機が大切になります。

そこで、販売から営業に転職するときの志望動機例文を紹介しておきます。

志望動機の例文

私は以前、接客業をしていました。

お客様の笑顔が間近で見られる仕事にやりがいを感じて、目標とする売り上げを達成できたときには、自分の成長を感じることもできました。ですが、同時に物足りなさも感じていました。

確かに、お客様とはコミュニケーションが取れるんですが、ただ店舗で待っているだけでは多くのお客様に商品の素晴らしさをアピールすることができません。

「まだ商品を知らないお客様に、どうやって商品を知ってもらうのか?」を考えた結果、「自分は営業職がやりたいんだ!」という結論に達しました。

御社の経営理念やお客様に対する姿勢、また商品開発の素晴らしさを、営業職という形で貢献したいと思っています。

まとめ

ここまで様々な営業職の志望動機を解説してきましたが、一番重要なのは本心で志望動機を語ることです。

取り繕った綺麗な言葉よりも、本音で語られる言葉はやっぱり生きています。

なのである程度準備することは重要ですが、最終的には素直な気持ちを伝えるようにしましょう。

LINE公式アカウントのご案内

営業シーク@LINE公式アカウントを友達追加して、最新情報をチェックしよう!

最新の記事情報や、営業パーソンに有益なコンテンツを無料でお届けします!

ぜひ営業シークのLINE公式アカウントを友達追加してください!

友だち登録無料(0円)!

↓↓ ↓ 下のボタンをクリック↓↓↓

おすすめの記事