30歳で転職未経験はヤバい?30代に人気の職業&目指せる職業

30歳という年齢は、転職を考えるターニングポイントだと言われています。

「果たしてこのままでいいのか…」という不安を解決する為には、何か行動するしかありません。

そこで今回は、30代に人気の職業&目指せる職業などを解説していきたいと思います。

>>営業系の仕事探しなら|side bizz(サイドビズ)

30代から目指せる職業

30歳になると転職の選択肢が狭まってくるので、それと同時に目指せる仕事も少なくなってしまいます。

でも30歳という年齢はまだまだ若いので、どんなカタチであれ人生をやり直すことができます。

ただし、前述した通り「どんな職業でも自由に選べる」という訳にいかないのが現実になります。

資格系の仕事もあり

ある程度の年齢になってしまうと、どうしても受け入れ先(就職先)が少なくなってしまいます。

そんな時には、資格を取得するという選択肢もあります。

資格には国家資格や民間資格など色々ありますが、仕事に就く為には持っていて損することがありません。

仕事を見つける際にスキルを身につける(手に職をつける)というのは良くあるパターンですが、古くは「職人」と言われる人達がそれに当たります。

例えば、ドイツには有名なマイスター制度という仕組みがあって、

  • 靴職人
  • 時計職人
  • 服飾職人

など幅広い業種で職人が活躍しています。

現代的な職人といえば、

  • ITエンジニア
  • プログラマー
  • webデザイナー

などがそれに当たるかも知れません。

このようなプロフェッショナル職になる為には、技術やスキルの習得に数ヶ月~数年を要するケースが多いですが、専門学校や通信教育を使うことで効率的に学ぶこともできます。

なので、資格を取得してしまえば、年齢を気にせずにチャレンジできるかも知れません。

独立起業も選択肢に入れる

もしあなたが30歳を過ぎて間もないのであれば、資格や技術が必要な職種にこだわる必要はありません。

まだまだ門戸は広いので、未経験であっても営業や経理、総務などの様々な職種を選ぶことができるはずです。

公には年齢制限することはありませんが、企業の内々では「どのくらいの年齢で線引きするのか?」というラインが定められています。

なので、同じ30代であっても若い人の方が選択肢は広くなってきます。

  • 十分なキャリアを積んできた人
  • 実績を作ってきた人
  • 人脈を広げてきた人
  • アイディアを練ってきた人

なら独立開業や、起業することもできます。

現代は独立・起業を支援するサービスがたくさんあるので、経営者(社長)になりたい人は一度検討してみるのも良いでしょう。

30歳で転職未経験のケースはどうなる?

30歳になった時点で「まだ転職を経験したことがない」場合には、転職すること自体を躊躇してしまいがちです。

第二新卒など「一度転職した経験がある」という人ならまだ良いですが、最初の一歩はハードルが高いですよね。

実際に「10年以上も働いてきたのに、今さら他の仕事をするのか…」と思うと、これまでの努力がリセットされた気分になりますし、気力が足りなくなってしまうこともあります。

大企業で働いているなら、たとえ仕事に不満があったとしても「今の待遇を捨てて後悔しないか?」と悩むこともあることでしょう。

大手企業から中小企業に転職すると、給与や待遇が下がるのは確実だと思います。

また、30代になってしまった手前、「もう若手とは言えない…」という気持ちが生まれてきて、弱気(ネガティブ)になってしまう人が少なくありません。

しかし、現状を打破して「もっと意欲的に働きたい!」という気持ちが強い人には、転職することをオススメします。

正直、50代、60代になって、「チャレンジしておけば良かった…」と後悔するのが一番ダメなパターンなので、このままつまらないサラリーマン人生が終わってしまうぐらいなら、転職してキャリアアップするのがお勧めです。

今の職場にいても、その先が不明確だったり、思い描くキャリアが築けないのであれば、30歳を契機に一歩踏み出す勇気も必要です。

この年齢で新しい仕事を始めれば、まだまだ可能性はあるので、新しい職場でやり直してみることも検討してみましょう。

転職未経験の男性向き職業

転職未経験の男性かつ、「どんな仕事をしたら良いかわからない…」と悩んでいるのであれば、現役社員や元社員の口コミを見てみましょう。

仕事探しをするときには、適当に求人応募(エントリー)するのではなくて、「この仕事をしてみたい!」と思える職業や職場に応募することが大切です。

職種や業種によって募集の傾向も違ってくるので、転職未経験の人でも積極採用したいという企業はたくさんあるのです。

IT業界が人気

将来性があったり、世の中を変えることができるという意味では、IT業界の仕事が大人気です。

人気のIT業界で働きたいなら、プログラミングスクールで基礎を学んでから、エントリーするという方法もあります。

プログラミングスクールは、未経験者だったとしても12週間程度でプログラミングの基礎が学べるとあって、転職希望者に大人気です。

職業訓練校もあるので、営業職からプログラマーへの転職が実際に増えています。

このようなケースでは、入社後にみっちりと研修で技術習得することもできます。

デザイン系も同様で、ファッションだけでなくインテリアや食べ物など、様々なジャンルのデザイナーが活躍しているので、自分が興味のある分野を探してみましょう。

ドライバー職はニーズ高い

体力に自信があるという人は、タクシーやバス、軽貨物輸送、長距離トラックの運転手も良いでしょう。

ドライバーは人手不足なので常に募集されていて、運転免許さえ持っていればかなり高い確率で採用してもらえます。

近年はAmazonや楽天などのECサイトが頻繁に使われていますが、その荷物を届けるドライバー不足が叫ばれ続けています。

これは「ラストワンマイル」と言われており、社会問題にもなっています。

介護や保育業界もおすすめ

他にも、社会貢献したいという人には、介護業界や保育業界もおすすめです。

介護業界は女性が活躍している職場というイメージがありますが、実際には力仕事や重労働も多い職場なのです。

現場では男性の人手が足りなくて困っているため、活躍できるシーンが豊富にあるでしょう。

そして、女性の社会進出が増えてる関係で、保育業界も人手不足が叫ばれています。

どちらの職種も資格さえあれば営業職から転職できる業界なので、気になる人はチェックしてみてください。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法
created by Rinker

営業職は未経験でもできる

転職するときに大きな悩みになるのが、

  • 自分の経歴でも内定が貰えるのか?
  • 本当に採用してもらえるのか?
  • 入社してから実績を出せるのか?

という漠然とした不安だと思います。

これまでやったことが無い「未経験の仕事」にチャレンジしたいという場合には、特に大きなハードルになることでしょう。

その点で営業職は優れている職業だと思います。

というのも、営業職はほとんどの業種業態で「未経験歓迎」になっているので、これまでの経歴関係なく採用してくれる企業がたくさんあります。

営業をするためにはお客様とコミュニケーションが取れることが重要なんですが、それ以外のスキルやノウハウについては「働きながら習得していけばOK」という気軽なスタンスで採用されています。

性格的に明朗快活で、人と話をするのが好きな人であれば、営業職は天職になる可能性があります。

営業職は稼げる?

営業職は基本的に歩合制を取っているので、しっかり実績を出せれば、その分だけ稼ぐこともできます。

しかし、その一方で営業職はきつい仕事と言われており、ノルマを達成していくのが辛くて辞めてしまう人が多い職種でもあります。

インセンティブ制を採用している会社が多いので、売り上げを作れないと全く稼げませんし、そうなるとストレスの割に給料が見合っていない仕事になるので、退職者が続出することになります。

30代になっていても、営業研修で基礎から学んで「一生懸命に頑張りたい!」という気持ちさえあれば、多くの企業が目を向けてくれることでしょう。

30代で転職失敗すると地獄

30代になって初めて「転職しよう!」と思い立ったなら、心得ておかなければいけないことが一つあります。

それは、転職活動に対しての心得です。

転職しようと思い立って、勢いで退職してみたものの、なかなか採用されずに、年単位の収入がなくなってしまう人も実際います。

これはタイミングの問題でもあるので、どうにもできません。

また、結局やりたい仕事を見つけ出すことができなくて、今よりも条件が悪くて、辛い仕事に従事する羽目になる人も少なからずいます。

そのまま40代に突入してしまうと、「未経験でも受け入れよう!」という企業がほとんどゼロになるので、とても悲惨な結果になると思います。

これまでのキャリアを活かそうとしても、30代の転職先であまり成果を残せなかった場合、なかなか優秀な人材として認めてもらえないのは明らかです。

このように、「30代で転職に失敗すると地獄に陥る」ということは肝に銘じておきましょう。

ただ、営業職であれば、必死にセールスしていれば着実に実績が上がっていくので、誰でも一定の成果を出すことができます。

また、営業活動を通して幅広い人脈が広がるので、自分自身の資産として蓄積されていきます。

その経験や人脈を基にして、次の転職先を考えたり、独立起業という選択肢も出てくることでしょう。

実は、営業職という仕事は、将来性が高くて魅力が大きい職種なのです。

転職2.0 日本人のキャリアの新・ルール
created by Rinker
LINE公式アカウントのご案内

営業シーク@LINE公式アカウントを友達追加して、最新情報をチェックしよう!

最新の記事情報や、営業パーソンに有益なコンテンツを無料でお届けします!

ぜひ営業シークのLINE公式アカウントを友達追加してください!

友だち登録無料(0円)!

↓↓ ↓ 下のボタンをクリック↓↓↓

おすすめの記事