営業職のイメージはネガティブ?マイナスイメージをプラスに変えるコツ

営業職のイメージはネガティブに捉えられがちですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

そこで今回は、マイナスイメージをプラスに変えるコツや働き方について解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

営業職のイメージはネガティブ

営業職に対してネガティブイメージを抱いている人は多いと思います。

自分自身がしつこいセールスにあったことがあったり、嫌な気分になった経験を持っている人はそのような印象を抱きますよね?

知人・友人などが営業職として大変な苦労をしているのを目の当たりにしていると「とんでもなく大変な仕事だな…」と感じるかもしれません。

また、ストレス耐性が低い人は、他の仕事に比べて苦労の大きさを感じたり、「怖い…」という印象を持ってしまったりするものです。

そのため、仕事探しの時に営業職と聞いただけで敬遠してしまうケースも多いです。

このようなイメージになってしまうのは、”営業職とは押し売りをする仕事“と思われているからでしょう。

何かを売り込んで会社の売り上げをつくる仕事なので、場合によっては無理な売り込みをしてしまう場面が確かにあります。

そのような点からマイナスイメージを持たれているのでしょう。

また、営業パーソンは全員ノルマをもっていて、それを達成するためにハードワークをこなしています。

さらに、常にお客様と接しているため、対人関係に苦手意識がある人などは、ストレスが溜まりやすいです。

初対面の人とコミュニケーションを取ることは決して簡単ではありませんし、人によっては高圧的な態度の人もいます。

このような理由から、営業の仕事はネガティブに捉えられやすいということが言えます。

スポンサーリンク

営業はノルマがきつい…

営業職の辛さを一番感じるポイントとして挙げられるのが、営業ノルマだと思います。

先ほども少し触れましたが、全ての営業パーソンがノルマを抱えています。

それではなぜ営業パーソンはノルマを抱えているのでしょうか?

その理由は以下の記事で解説しているのでぜひご確認ください。

>>営業ノルマが未達成になる原因は?きついノルマを達成する方法

どんな仕事でも”ある程度のやるべき目安や期日”があるはずですが、営業職の場合は定量的に表すことができるので、達成&未達成が明確に出てしまいます。

しかも、このノルマ達成する為の重要人物であるクライアントは、自分一人の判断で自由に意思決定をしてくれません。

個人であれば夫婦で相談しますし、法人であれば役員会を通過しなければ購買に至りません。

例え「買ってもらえないとノルマ未達になるんです…」と言っても、お客様にそんなことは関係ありません。

なので「見込案件の数が足りない…」となった日から憂鬱な日々が続き、出口の見えない真っ暗なトンネルの中を歩いているような気分になるのです。

スポンサーリンク

営業ノルマは無くならないの?

営業ノルマは企業利益に直結するものなので、その背負っている責任はとても重大で、経営者からのプレッシャーも図りかねません。

今月はなんとか達成できたとしても、また来月も達成できる保証はありません。

なので、月末&月初の疲労感は半端ないのです。

仕事終わりに気晴らしとして飲みに出掛けたくなる気持ちも理解できますよね。

しかし、ノルマ自体を無くすということは正直難しいと思います。

これを実現する方法はありますが、経営者がとても優秀でなければ実現できません。

それでは、なぜ営業ノルマを無くせないのでしょうか?

その理由は、会社経営する上で必要な「キャッシュを稼ぐこと」がノルマだからです。

なので、ノルマを無くしてしまうと安定した企業経営が実現できないのです。

ただ一つだけ営業ノルマを撤廃できる方法とは、営業活動自体を全て仕組み化してしまうことです。

つまり月500件の問い合わせをもらって、その内の20%(100件)と商談をし、その内の30%(30件)を受注する…

というような確率論に落とし込んでしまえば、売り上げは大きくブレないはずなので、ノルマを撤廃できるはずです。

ただ、この仕組みを担保する為には、入り口となる“膨大な量の問い合わせ件数”を実現しなければいけません。

ただ、問い合わせ後のインバン対応は単純作業になっていくので、営業マンのモチベーションが下がる可能性が指摘されています。

このような仕組みを構築することは不可能ではありませんが、マーケティングのプロフェッショナルが本気で取り組まないと実現できないはずです。

イメージをポジティブにするには?

ここまで、営業職にはネガティブイメージがまとわりついていることをお伝えしてきました。

このようなネガティブなイメージを抱きながら仕事をしていても、トップセールスは目指せませんし、良い成果を出すこともできません。

心理学的にも「ポジティブ思考が維持できれば、より良いパフォーマンスが期待できる」と言われています。

このようなエビデンスもあるので、出来るだけポジティブなイメージを持って仕事に取り組むようにしましょう。

たとえ毎日同じような仕事でも、取り組むときには前向きにとらえて、ポジティブシンキングを心掛けるようにしたいものです。

ゲーム感覚で取り組む

サラリーマン的な思考で、「給与を貰っている仕事だから…」と単調に取り組んでいては、なかなかポジティブ思考になりませんよね。

そんな時には、自分なりの目標を設定して、それを「どうやってクリアするか?」と楽しむ気持ちを持ってみましょう。

月単位など大きな目標としてのノルマだけを見てしまうと、そこに至るまでの過程が長過ぎるのでモチベーションを維持できません。

なので、目標となるノルマを細分化してみたり、「今日やることを決めてみる」など少し工夫することがオススメです。

すると、自分の仕事の成果が見えやすくなるので、常に前向きな気持ちで仕事に取り組めるはずです。

毎日同僚と営業成果を共有しあって、ゲーム感覚で取り組むこともオススメです。

これは決して会社から強要されるのではなく、あくまでも自発的に取り組むことに意味があります。

営業部全体で、仕事を楽しむ為の工夫を試してみてください。

営業経験は宝物になる

営業という仕事は確かに厳しい仕事ですし、難しいこともたくさんあります。

毎回のように営業相手が変わるので、臨機応変な対応が求められることになりますし、いくつものタスクを同時並行に進めていくことになるので、営業未経験や初心者には「難しい…」と感じることが多いようです。

しかし営業の仕事とは、そのようなポイントこそが魅力的なのです。

色々な人と瞬時にコミュニケーションが取れることは、かなり特殊なスキルだと思いますし、このスキルを身に付ければ必ず人生で役立つはずです。

そして、人の表情や仕草で相手の本音を探るスキルも同様です。

これがマスターできれば、きっと恋愛上手にもなれるはずです。

他社に転職する場合にも営業経験は役立つので、これまで培ったお客様との信頼関係は退職した瞬間にリセットされません。

また、自分自身が独立起業する時、その人脈は必ず助けになってくれます。

そこで得たものは今後の人生に役立つ宝物になっていくはずです。

営業職の魅力を再確認する

現在営業の仕事をしている人、またこれから営業職に転職しようとしている人は、ネガティブに捉えるのではなく、ぜひ前向きに取り組んでいきましょう。

様々な人との出会いが待っていますし、大きな成功体験を手に入れることもできるはずです。

営業職だからこそ得られるモノが必ずあります。

多くの事業やプロジェクトに関わり、その人たちに商品サービスを提供して喜んでもらうという経験は、多くのことを学ぶ機会になります。

また、自分が努力した分だけ営業成績に反映されるので、営業職という仕事は実にシンプルな構図になっているのです。

高い壁はそれを乗り越えられる人にしかやってこない…

これは日本人メジャーリーガーのイチロー選手の名言です。

ぜひ辛いことをネガティブにとらえるのではなく、その後の自分の人生に活かす為、日々のやるべきことに全力で取り組んでいきましょう。

プラス思考は意外とネガティブ?ポジティブ思考になる方法&コツ

スポンサーリンク
営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事