営業アカデミー

営業マンのネクタイ選びは心遣い|できる営業マンの特徴と共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業ネクタイTOP

できる営業マンと思われる為には、ネクタイなどの小物にも気配りすることが大切です。トップセールスマンであれば、ネクタイについて色々と考えてチョイスしていることだと思います。

そこで今回は、営業マンのネクタイ事情にフォーカスして解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

ネクタイの選び方とは?

ネクタイの選び方

営業マンは顧客と接する機会が多いので、特に身だしなみや服装に気をつけた方がいいです。

その中でも特に目に付きやすいのが、ネクタイだと言われています。

その理由は、スーツにはブラック系が多いので、色や柄が入っているネクタイは非常に目立ちやすいからです。

ネクタイは流行の色や柄、形の種類が多いので、どれを身につけるか選ぶだけでもとても楽しいですよね。

しかし、ネクタイは職業や年齢などそれぞれに合ったものがあるので、営業マンであれば自分の好みだけでネクタイを選ぶのは避けた方が無難です

年代別のおすすめネクタイ

ここでは年代別におすすめのネクタイカラーなどをご紹介していきたいと思います。

「自分の年齢ではどんなネクタイが似合うのか?」ということを考えるきっかけにしてみてください。

20代におすすめのネクタイ

まず、20代の営業マンにおすすめなのは、黒色や紺色などのリクルートスーツに合うネクタイだと思います。

入社して間もないことが多いので、爽やかではあるけれど主張しすぎないような柄がおすすめです。

そのような人には、紺色に明るい青色のストライプなどがぴったりだと思います。

30代におすすめのネクタイ

また、30代におすすめのネクタイは、20代よりもう少し洗練された落ち着いた柄になるでしょう。

ストライプ柄はどの年代でも定番ですが、30代では20代に比べて細めのストライプが向いています。

ルイヴィトンやグッチなどのハイブランドネクタイを締めるのも、個性が主張できて良いかも知れません

40代におすすめのネクタイ

40代におすすめなのは、30代よりもさらに成熟した大人に相応しいものです。

柄は大きなしつこいものではなく、細かいドット柄やストライプ、小紋柄などがおすすめです。

その上で、ネクタイの生地のクオリティが高いものが40代にはしっくりくるでしょう。

また、ネクタイのブランドを選ぶことで、ファッションセンスの良さを伝えることもできます。

関連記事:営業職の服装は何がベスト?営業成績を上げる男性&女性の服装

ネクタイ柄の種類

ネクタイ柄の種類

ネクタイの柄はブランドによって様々なものがあります。

ネクタイの柄は人気や流行によって移り変わりますが、定番といわれる柄やパターンはいくつかあります。

これを知っておけば、ネクタイ選びに役立つことでしょう。

まず、単色で無地のソリッドと言われるものです。

同じ色で地紋が入ったものもあります。

次にストライプ柄ですが、これはネクタイの柄の中で最も多いパターンと言われています。

その中でもペンシルストライプやブロックストライプなど種類が分かれますが、ストライプの色や幅によって、派手になったり落ち着いた印象になったりします。

次にチェック柄とも言われる格子柄です。

マドラスチェックやギンガムチェックなどの種類があり、ストライプ柄や無地と比べてカジュアルなイメージになります。

次にドット柄と言われる水玉模様です。

水玉の大きさによって小さいものから順にピンドット、ポルカドット、コインドットと言われています。

水玉が大きいと少しくだけた印象になるので、仕事では細かいドットのネクタイを選ぶのが良いです

また文様を並べた小紋柄というものもあります。

これは伝統的な柄などが規則正しく並んでいたり、不規則に配置してあるものです。

ストライプと同様に多く見かける柄で、柄のサイズによって、カジュアル向きになったりビジネス向きになったりします。

関連記事:営業スーツを紺とグレーにする理由|色とネクタイで魅力UPさせるコツ

ネクタイでNGとされる柄

ネクタイには様々な種類があることを解説しましたが、ネクタイには最適な柄やNGとされる柄などがあります。

なので、優秀なビジネスマンを目指すのであれば、これくらいの知識は身に付けるようにしましょう。

まず大枠としてネクタイには

  1. フォーマル
  2. カジュアル

の2種類があることを理解しておいてください。

それでは、「フォーマル」と「カジュアル」の違いや境界線とは一体何なのでしょうか?

 

フォーマルとカジュアルの違いとは?

フォーマルなネクタイは、シンプルな柄やデザインのモノを言います。

またネクタイの色味も、グレーや紺色など暗めの色の方がフォーマルだと言われています。

例えば、無地のネクタイとドット柄であれば、無地の方がフォーマルです。

さらに、ドット柄であれば大きなドットよりも、小さなドットである方がフォーマルになるのです。

そしてカジュアルなネクタイの代表例は、ストライプ柄になります。

このストライプ柄の中でも、色味が地味な方がフォーマルで、色味が明るい方がカジュアルだと言われています。

ネクタイ色がもたらす効果

ネクタイ色がもたらす効果

色は相手に様々なイメージを与えることができます。

身につけるネクタイの色で、自分や周囲の人に与える印象も変わってくるので、営業マンは場面に合ったネクタイを選ぶことを心掛けましょう。

まず、謝罪やクレーム処理の時は、グレーのスーツに紺色のネクタイをつけます

紺色は後退色なので、一歩下がった謝罪の席に向いています。

また信頼や落ち着きなどを表すので、怒りで興奮している人に冷静さをもたらす効果も期待できます。

ブルー系のネクタイは冷静さを伝えることができる色なので、クレーム対応などにも最適な色になります。

”プレゼン”には赤系ネクタイがおすすめ

プレゼンテーションの時には、自分を主張しなくてはいけないのでネクタイの色は赤系にしましょう。

赤色は情熱を意味するので熱意が感じられて、やる気も伝わってきます

よって、ここぞという勝負の日にはぴったりです。

赤系の色でも特に深い赤色であれば、フォーマルな場面でも通用し、上品さを演出することができます。

新規開拓の時には、赤系のネクタイをチョイスするのが良いでしょう。

ネクタイ色を上手に使いこなす

契約をする時には信頼感や誠実さを伝えたいので、落ち着いた青系のネクタイを着用しましょう。

青色には信頼の他に聡明、知性のイメージがあります

他にも、同じようなイメージ効果を発揮するのが、茶系のネクタイです。

茶色は、堅実なイメージがあるので商売上の取引に向いています。

接待をする時には、初対面の人と同席するケースも多いことだと思います。

そんな時には、親しみや親近感が持てる、明るい色を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

黄色やオレンジ系の色が入ったネクタイはファッションのアクセントにもなりますし、元気なイメージを与えることができます。

関連記事:営業マナーの基本は挨拶!商談・会社訪問のビジネスマナー

お洒落と思われる効果

おしゃれと思われることの効果

外見に気を使っている営業マンは多いですが、お洒落だと思われるといろいろな面で得をするようです。

まずオシャレをすることで外見の魅力が高まります。

いきなりおしゃれというと敷居が高いと感じる人もいますが、まずはカッコいい服を着ることで気分が良くなって自分の自己イメージも上がると言われています。

さらにブランドの服やカバンなどを持つことで、自分に自信がつきます。

おしゃれになれば好感度が上がるなど、自分だけでなく、周りの人にも良いイメージを与えます

また外見の魅力が高いと「ハロー効果」(目立つ特徴があると、それに引きずられるために、その他の特徴が歪められて判断されること)によって有能であると思われるようです。

ビジネスの場面でもお洒落に気を使っていれば印象が良くなって、仕事に対しても気遣いができる人と思われることでしょう。

また「ピグマリオン効果(人は期待されるとその通りの実力を出す傾向がある)」では、おしゃれをして外見が良くなった結果、仕事のできる人と思われる効果があります。

自分自身もそのように思いこむことで、トップセールスマンのような振る舞いや仕草を意識し、だんだんと仕事ができるようになる可能性があります。

ネクタイを含め、外見をお洒落にすることで得られる利点(メリット)はとても多いようです。

関連記事:営業の腕時計はどう選ぶ?年代別のおすすめ腕時計ブランド9選

ネクタイはTPOで使い分ける

ネクタイはTPOで使い分ける

ビジネスマンであれば、TPO(ティーピーオー)に応じてネクタイを使い分けましょう。

TPOとは、

  • Time(時間)
  • Place(場所)
  • Occasion(場合)

の頭文字を表した言葉です。

ネクタイには素材や色など多くの種類があるので、様々なシーンにあったものを身に付けるようにします。

ビジネスが絡んだパーティーなどの場面では、光沢のあるシルバーグレーのネクタイを着用します

中でも細かい水玉などは、華やかなパーティーに合っています。

ネクタイの色の濃淡で意味合いが変わり、濃い色であればお悔やみの席に向いたものになります。

重要な会議や取引先との会合などには、グレーのスーツにあうグレーベースのネクタイを選びます。

フォーマルな雰囲気にすることで相手に対して敬意を払うことにもなります。

商談などの緊張感のある場面では、他にグレーベースに紺色の柄、深いブルーベースの柄も良いでしょう。

ネイビーのスーツを着るならブラウン系のネクタイが合うようです。

グレーのスーツをカジュアルに着こなすなら、ネクタイは中間色を選ぶのが良さそうです。

ベースはハッキリした色でもいいですが、その上に、落ち着いた別の色の柄が配置されているものがベストです。

またネイビーのスーツには、水色などパステルカラーをもとにした色が合いやすくておすすめです。

合コンや飲み会の席でも、カジュアルなのに品があってさわやかな印象になるのです。

関連記事:トップ営業の意味と心得|見込顧客をトスアップするセールスの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる