営業アカデミー

営業代行で起業する前に必ずやるべきこと|独立・開業のコツ&ノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業代行TOP

世の中で最も多いとされる営業職で起業するには、選択肢が限られてしまいます。その最有力候補が営業代行サービスになります。

そこで今回は営業代行で起業することにフォーカスして、準備すべきことや、やっておくべきなどをわかりやすく解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

起業と独立の違い

考える

副業解禁やフリーランス化の流れがあって、「営業代行で起業したい!」という人が増えてきています。

その理由は、大企業でも終身雇用が形骸化し、年金制度も機能不全に陥るなど、将来に対する漠然とした不安から「起業して自分の力で稼ぎたい!」と考える方が増えてきているからです。

そこで、この記事では営業系の起業をテーマに解説していきたいと思っていますが、まずは「起業」と「独立」の違いを押さえておきたいと思います。

この2つは混同されることが多い言葉ですが、実は意味合いが異なっています。

起業したいと思っている人は、きちんとその意味を押さえておきましょう。

関連記事:サイドビジネスで起業する方法|サラリーマンが独立開業するアイデア

「起業する」ということは?

起業とは「業を起こす」ということを意味します。

業には「生活のための仕事」「生業(なりわい)」という意味がありますが、その他にも「なすべきこと」「職業」「仕事」という意味もあります。

なので、その表現する範囲は意外と狭くて、一般的には「自分がすべきことで、ビジネスを興すこと」を起業と呼びます。

つまり、誰に指示されるでもなく、

  • 世の中を変えたい
  • 世の中にインパクトを与えたい

という想いを持って事業を立ち上げた人を起業家(アントレプレナー)と呼んでいます。

関連記事:副業と起業の違いとは?やっておくべき準備や心構えとメリットを解説

「独立する」ということは?

起業と比較して、独立開業はちょっと意味が違ってきます。

一般的な独立の意味としては、「自分で事業を営むこと」を独立と言っています

つまり、本来の自分の意思とは関係なく、事業を営んでいる可能性があることを意味しています。

例えば、代理店やフランチャイズがその一例になります。

代理店やフランチャイズとは、本部が構築した事業モデルを真似ることで、ビジネスに繋げるやり方になります。

ということは、自分の事業ではなく、他の誰かの事業であって、自分がそのビジネスをする意味はあまりありません。

ここが起業と独立の大きな違いになります。

関連記事:副業から独立起業する!土日限定で無理なく営業できる仕事6選

営業代行で起業できる人の特徴

やりがい

営業代行で起業できる人の特徴は、何と言っても「営業が大好き!」なことです。

この業界で起業するということは、

  • 他の営業代行ビジネスに対して問題意識を持っていたり
  • 自分ならもっと良いサービスを提供できる

と考えているようなケースが多いです。

それは営業代行、引いては営業が好きだからそのように思う訳で、営業に対して関心がなければ営業代行で起業することは難しいと言えるでしょう

>>営業代行のクライアントが探せるサイト|side bizz(サイドビズ)

営業経験の豊富さが重要

「営業経験がどれだけあるか?」ということも重要な要素になります。

営業代行サービスを受けるクライアント側からすると、「どれだけ営業経験やスキルがあるのか?」ということは重要なポイントになりますよね。

逆に「営業は未経験なので、初心者だと思ってください。」と言っている営業代行会社に発注しませんよね。

そうすると、多くの営業経験があって、実績があるというだけでも「営業代行で起業するだけの要素を持ち合わせている」ということになります。

関連記事:営業代行で副業開始!紹介するだけで稼げる営業系の副業とは?

個人やフリーランスの「副業」としてやってみる

営業代行イメージ

「いきなり営業代行で起業するのは、ちょっとハードル高いな…」と感じている人は、個人やフリーランスの副業(サイドビジネス)としてやってみる選択肢もあります

一旦、自分の営業スキルを試してみて、”全然通用する!”と思えた段階で起業した方がリスクも低く抑えられます。

それでは、個人やフリーランスの副業として営業代行をするには、一体どうすれば良いのでしょうか?

それにはリファラル営業プラットフォームを活用するのが便利です。

関連記事:代理店よりも簡単な副業!新しい営業のカタチ「リファラル営業」とは?

副業から起業できるリファラル営業

リファラル営業とは「紹介営業」を意味する言葉で、代理店の一形態である紹介・取次だけで稼げるビジネススキームになります。

仕組み自体はクラウドソーシングサービスに該当しますが、リファラル営業という概念自体は副業の解禁と共にできあがってきた考え方で、「見込顧客を紹介するだけ」で稼げる仕組みを言います。

業務内容が簡単な上、とても手離れが良いので営業マンや個人事業主の副業として取り組む方が増えてきています

また、リファラル営業で得られる報酬は固定報酬があったり、数十万円を超えるケースもある為、これで腕試しする営業職の人も多いです。

関連記事:リファラル営業とは何?紹介営業の仕組みや業務内容を解説

格安な営業代行サービスを実現する

取次店

営業実績も含めて、ある程度の準備が整ってきた段階で、営業代行サービスを立ち上げることになると思います。

しかし、営業代行サービスを既に提供している会社は複数あるので、その競合に勝てるビジネスモデルを構築しなければ生き残ることができません

その為に重要なことは、価格設定(料金や条件)になります。

競合他社と比較して、「安くて良いサービス」なのであれば、必ず勝つことができるはずです。

なので、「格安な営業代行サービスを実現できるか?」が重要になります。

関連記事:営業代行会社の選び方は?営業代行を使う理由ランキング3選!

安いサービスを提供する為に必要なこと

格安な営業代行サービスを提供する為には、固定費をできるだけ下げる必要があります。

その固定費の中で、最も高額なコストが「人件費」になります

よって、格安の営業代行サービスを実現する為には、正社員ではなくアルバイトやパートでも賄える仕組み作りが必要になってきます。

もしくはインターンを活用するという手もあります。

どちらにしても、時給1,000円ほどで売上1万円が上がる仕組みができれば確実に儲かる仕組みになるので、このようなビジネスモデルを設計するように心掛けましょう。

関連記事:アポイント代行と営業代行の違いは?気になる料金と仕組みを解説

代理店を活用する

格安な営業代行サービスを提供する為には、どうしても人が必要だと思いますが、雇用契約ではどうしても人件費が高くなってしまいます。

そんな課題を解決できるのは、

  • 代理店
  • 業務委託(フルコミ)

を活用するという方法です

代理店は外部のパートナーになるので、固定費が掛かりません。

また、業務委託もフルコミッションと呼ばれる人達なので、同様に固定費が掛かりません。

このような固定費が掛かからない外部パートナーを活用することで、格安な営業代行サービスが実現するはずです。

人を採用するよりも負債を抑えられますので、人を増やしたい場合にはこのような施策が有効的だと思います。

営業代行

営業代行の料金(費用)を設定する

助成金

自分で事業を興すなら、サービスを提供する上で最も大切な「料金設定」についてよく検討しなければいけません。

営業代行の料金(費用)を設定するには、まず業界相場を調べる必要があります。

営業代行の料金相場には、

  • 固定報酬
  • 成果報酬
  • 成功報酬

の3種類が存在しています

あくまでも一般論になりますが、固定報酬のみの場合には営業マン1人あたり月額60万円~120万円が相場になっていて、成果報酬の場合にはアポイント報酬、成功報酬の場合には売上の50%以上というケースが多くなっています。

また、この2つをミックスしたハイブリッド型の料金体系も多く存在します。

ちなみに、アポイント獲得に特化した成果報酬型の「アポイント代行」という営業代行サービスでは、1アポイントに対して15,000円~50,000円ほどになっています。

担当者レベルのアポイントなら1件あたり15,000円、経営者や医者などの希少属性であれば1件あたり50,000円くらいになったりします。

ちなみに成果のポイントは実際に商談できたタイミングであり、受注に至ったか否かは問題ではありません。

関連記事:営業代行を依頼するメリットは?気になる報酬体系などを解説

関連記事:営業代行の成果報酬はいくら?売りやすい商材もランキング5位まで紹介!

クライアントを募集する

歓迎

営業代行サービスの料金設定ができた後は、クライアントを募集する段階に入ります。

クライアント開拓する場合には、前職の取引先に提案するのでも良いですし、知人から紹介されたり、交流会に出たりするのも良いと思います。

永続的な集客の仕組みを構築するのであれば、インターネットを活用することは絶対に外せないと思います。

そのweb広告の代表格は、リスティング広告やSNS広告になります。

このような広告は、クリック単価で広告料を支払う仕組みが一般的ですが、商材や広告出稿のやり方によっては高単価になり得ます。

せっかく広告予算を使う話なので、あまりweb広告の知識がない方は信頼できる広告代理店を見つけて、広告運用をお願いする選択肢もありますので、自分にとってベストな方法を選択するようにしてください。

独立・起業

まとめ

セールス

営業代行として起業する為に、必要なことや準備するべきことを解説してきました。

営業代行ビジネスは既に起業している人がたくさんいる業界で、参入すれば儲かるといえるビジネスではありません

しかし、これまでと一味違う提案ができるのであれば、圧倒的なシェアを獲ることもできるでしょう。

営業職の人や、営業経験者の人は、ぜひ営業代行で起業することを検討してみて下さい。

関連記事:セールスレップと営業代行、代理店の違いは?気になる報酬を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

独立起業の支援!新規商材探しなら「サイドビズ」

起業や独立を目指すなら「サイドビズ」を要チェック!

サイドビズを利用すれば、一気に100商材以上の仕入れが完了

 

起業準備に役立つ情報が盛りだくさん!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる