星の王子さまの名言集!サンテグジュペリが残した言葉27選

「星の王子さま」は誰もが聞いたことのある名著ですが、その世界的な名作を残した作家がサンテグジュペリです。

星の王子さま
created by Rinker

サンテグジュペリはフランス生まれの飛行士&作家ですが、正式な名前は「アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ」と言います。

星の王子さまは今でも語り継がれている不朽の名作ですが、その内容は子供向けではなく、実は大人に向けて書かれた本だとも言われています。

そこで今回は、星の王子様の名言をまとめてみました。

この名言集を見れば、ある程度は星の王子様という物語の内容が理解できて、作者であるサンテグジュペリが何を伝えたかったのか理解できるはずです。

世界的な名作を知っておくことはビジネスパーソンとしての必須知識だと思うので、ぜひ最後までご覧ください。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

星の王子様の名言まとめ

星の王子さまはサン=テグジュペリに羊の絵を書いてもらいます。

そのヒツジが気に入らなかった星の王子さまは、何度も書き直しをお願いします。

それを面倒に感じたサン=テグジュペリは、木箱だけを描いて「この中に羊がいる」と言って星の王子様に渡したのです。

それを星の王子さまは大変喜びました。

「ヒツジ」という概念を押し付けない、サン=テグジュペリのやり方を気に入ったのです。

そしてこのように言いました。

星の王子さまの名言1

きみのくれた木箱だけど、あれは夜、ヒツジの小屋にできるからいいよね。

「夜=怖い」というのが一般的なので、星の王子さまは暗闇から羊を守る術に木箱が使えると考えたのです。

これは星の王子さまの優しさが現れた一文だと思います。


星の王子さまが住んでいる星はとても小さいです。

住んでいる人も自分一人しかいないので、全て自分でやらなければいけません。

その情景をサン=テグジュペリは以下のように表現しました。

星の王子さまの名言2

朝、自分の身づくろいが済んだら、今度は星の身づくろいを丁寧にしてあげるんだ。


星の王子さまは忙しくすることを好みません。

そのような考え方なので、下のような名言を残しています。

星の王子さまの名言3

仕事には、先延ばしにしても大丈夫なものも、たまにある。

今すぐやるべきことと、やらなくていいことを取捨選択する必要があるということです。


星の王子さまの名言4

ぼく、怠け者が住んでた星を知ってるんだ。

そいつ、バオバブの小さな木を3本ほっておいたから…

星の王子様の中で、バオバブは「悪い木」として描かれています。

それを取り除かなければ、根が星を貫通して、最後には星が破裂してしまうのです。


王子さまが住んでいる星はとても小さいので、少し歩けばいつでも夕暮れの景色が見れます。

星の王子さまは「1日に44回も陽が沈むのを見たことがある!」と興奮気味に言った後、この言葉を言いました。

星の王子さまの名言5

ねぇ…、悲しくてたまらない時は、夕陽が見たくなるよね…

陽と陰のコントラストが美しいシーンですよね。


星の王子さまの名言6

トゲは何のためにあるの?

これは花のトゲについて、サン=テグジュペリに尋ねた時の言葉です。

星の王子さまは、「花は弱いので自分の身を守るためにトゲを持っている」と考えたのです。


星の王子さまはサン=テグジュペリの発言を聞いて「おとなみたいな言い方だ!」と反応した後、この言葉を言いました。

星の王子さまの名言7

きみはごちゃ混ぜにしている…

大事なこともそうでないことも、いっしょくたにしてる!

星の王子さまは、大人のような態度を取るサン=テグジュペリに対して本気で怒ったのです。


星の王子さまの名言8

ぼく、真っ赤な顔のおじさんがいる星に行ったことがある。

おじさんは一度も花の香りをかいだことがなかった。

星を見たこともなかった。

誰も愛したことがなかった。

「真っ赤な顔のおじさん」はイライラしている人の比喩だと思います。

イライラしていると余裕が無くなって、周りが見えなくなってしまいますよね。

そのような人生を過ごすことはとても不幸だと思います。


星の王子さまの名言9

もしも誰かが、何百万もある星のうち、たった一つに咲いている花を愛していたら、その人は星空を見つめるだけで幸せになれる。

これは生きる希望について語った名言です。

花とは「希望」を意味しています。

星の王子さま曰く「その星に咲いている花を、ひつじが食べてしまうと、生きる希望すらなくなってしまう」ということです。

ファンタジーですが、美しい表現ですよね。


星の王子さまの名言10

あの花の言うことを、ぼくは聞いちゃいけなかったんだ。

これは気まぐれな花に出会った時、星の王子さまが呟いた言葉です。

星の王子さまは「あの花は、ぼくの星をいい香りでいっぱいにしてくれた。なのにぼくは、それを楽しむことができなかった」と続けています。

これはつまり、相手の言葉を鵜呑みにする危険性を語っているのです。

表面的には意地悪な発言をする人でも、本当は心の優しい人もいるのです。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事