営業職の面接官がチェックするポイントとは?面接突破のコツを公開

営業職の面接では様々な質問をされますが、面接官がチェックするポイントは共通しています。

そこで今回は、”営業職を希望する人が押さえておきたい面接のポイント”について解説していきたいと思います。

>>営業系の仕事探しなら|side bizz(サイドビズ)

営業職の面接は自己PR

人事担当者と行う採用面接は、求職者にとって貴重な自己PRの場所ですよね。

新卒採用、中途採用を問わず、面接では様々なポイントがチェックされています。

身だしなみやビジネスマナーはもちろんですが、パーソナリティや、求める仕事に対して適性があるかどうかも面接でチェックされています。

これらは面接時のチェックポイントといえますが、逆に言えば自己PRにもなることを理解しておきましょう。

つまり、人よりも秀でている場合や、個性が光るモノを持ってる場合には、他の人と差別化することができるので、就職活動を有利に進めることができるのです。

営業職は、取引先や顧客と接するので、相手に対して常にPRしなければいけないような仕事です。

そして会社の顔(代表者)としてお客様を接客するので、そのような仕事を任せられる人材かどうかを、面接官は見ているのです。

つまり、面接で自己PRができない人は、営業現場でも同じような状態になると判断されてしまいます。

そのような営業スキルが低い人材だと判断されてしまえば、内定を貰うことが難しいですよね?

実際、職務経歴書にこれまでの実績を自慢げに記載しても、上手に面接できない人は評価が下がってしまいます。

このような場合、面接官の期待を裏切ることになってしまうため、逆に印象が悪くなるケースすらあるのです。

営業未経験の人は自己PRのやり方を工夫すれば、面接官が興味を持ってくれる可能性が出てくるので、面接官を引き付けられるような話の順序(ストーリー)を考えておくことが大切です。

最初に述べる自己紹介などは3分程度にまとめると、面接官の印象に残りやすくなります。

自分の強みを営業に活かす

面接でほかの応募者と差をつけるには、自分の強みを積極的にアピールすることが重要になってきます。

自分の強みを営業の仕事に活かせるようにするのは、営業職が面接する時のキーポイントになります。

アピールする強みは、どんなことでも構いません。

  • ギターの演奏が上手い
  • モノマネが得意
  • 読書量が凄い

など何でもOKです。

結局、「この強みをどのように仕事(営業)に活かせるのか?」ということが重要なので、アピールする強みは何でもいいのです。

自身の経歴や、好きな趣味などを軸に考えてみると、意外と簡単に強みが見つかるかも知れません。

例えば、ギターの演奏が上手くなりたい場合には、コードを覚えたり、楽譜を暗記しなければいけませんよね?

その話から、「自分は何事も前向きに頑張れる!」とポジティブさをアピールしていくイメージです。

このように考えていくと、先ほど解説した通り“話の入り口”は何でもいいことが理解できると思います。

なので、面接する前には「自分の強みが営業の仕事にどう活かせるのか?」をロジカルに説明する練習だけはしておきましょう。

そして、自分の強みをアピールする際には、エピソードトークを交えるとグンと説得力が上がります。

自分の強みが仕事に役立つことを説明する時には、具体的なシーンをイメージしながら話をするのがコツなのです。

「商品をどう売るか?」など実際の例を出しながら説明すると、面接官にも納得してもらいやすくなります。

面接官からの質問にはどう答える?

営業職の面接では、面接官から様々な質問がされると思います。

ここでされる質問に答えられなかったり、言葉に詰まってしまうことは、面接のNG行動だといえます。

営業職の面接で聞かれる質問の内容は、ある程度予測できますので、あらかじめイメージトレーニングしておきましょう。

市販されている想定問答集などを一読してみると、色々なパターンが書かれていますが、それは汎用的なモノなのであまり役に立ちません。

そんな時には、面接官側の心理に立って考えてみましょう。

あなたは優秀な営業職を採用したい人事担当者だとします。

その時に気なるポイントは以下のようなモノだと思います。

  • これまでの営業実績はどれくらいか?
  • ビジネスマナーを理解しているか?
  • どれほどの顧客を持っているのか?
  • 営業ノルマを達成できるか?
  • 他の人と違う個性は何か?
  • 仕事に何を求めているか?

これらを直球で質問しても、当たり障りのない回答が返ってくるだけです。

なので、面接官はこれらのポイントを聞き出す為の変化球を投げてきます。

例えば、これまでの実績を聞きたい場合、以下のような質問が想定されます。

  • あなたが前職で売っていた商材と単価は?
  • トップセールスは月にいくら売っていましたか?
  • その商材を売る時の秘訣(コツ)は?

このような質問の回答を聞けば、その人が「どれくらい売っていたのか?」が、ある程度判断できます。

転職する場合には、痛いところを突くような鋭い質問や圧迫面接があるかも知れません。

これは、その人のパーソナリティなどを見抜くために面接官がしばしば行うアプローチです。

この質問にどう答えるかで、「営業職としてストレス耐性があるのか?」「今後の成長が望めるか?」などをチェックするのです。

しかし、プレッシャーを感じるような質問をされた場合も、感情的な答え方をしてしまうのは禁物です。

もちろん、営業職を希望する動機や、前職を退職した理由などは当たり前に聞かれるので、それらの準備も抜かりなく行いましょう。

面接では逆質問が有効的

面接では、基本的に「面接官の質問に対して答える」というシチュエーションが多いと思いますが、最後に質問コーナーが設けられていることが一般的です。

このタイミングで、自分が聞いておきたいことなどを面接官に質問できるのです。

結局、面接とは労使双方のミスマッチを無くす作業なので、このような質問ができるようになっています。

このときの質問内容は、新卒の就職活動、転職活動における大きな課題になっています。

というのも、面接官から「何か質問はありませんか?」と聞かれたときに、「何もありません…」と返答するのは、その企業に対して関心が無い証拠なのでマイナスポイントになるからです。

例えば、好意を寄せている異性が、「何でも質問して良いよ!」と言ってきたら、無限に質問できますよね?

仕事もそれと同じなのです。

つまり「何も質問ありません…」と言ってしまうと、「仕事への意欲がないな…」と判断される為、その採用面接に落ちてしまう可能性が高まります。

よって、質問があるかどうかを尋ねられたときには、「面倒だからいいや…」とパスしないで、逆質問をするようにしましょう。

逆質問とは、自分をアピールする上でも有効なアプローチ方法になり得ます。

質問する内容によっては、自分の印象をアップさせることもできるので、使い方次第で武器になり得るのです。

例えば、経営方針などについて質問をすると、その企業についてよく調べていることをアピールできます。

企業のウェブサイトなどを見ていることがわかるような質問をすれば、しっかり企業研究をしていると判断してもらえるかもしれません。

また、細かい業務内容などについて質問をした場合、その仕事に興味があることが示せます。

入社してからのことを具体的にイメージできている人は、「仕事に対する意欲が高い」と判断してもらいやすいです。

ただ、逆質問をするのにはコツがありますので、ここで詳しく解説しておきたいと思います。

逆質問のコツ

逆質問というネーミングに引っ張られて、本当に質問をしてしまうケースがあります。

これは完全なるNGパターンなので、絶対にしないように注意しましょう。

先ほどから解説している通り、面接とは自己PRの場なのです。

そのような観点から考えた場合、単なる質問は自分のアピールになるのでしょうか?

答えは言わずもがな明確ですよね。

採用面接ですべき逆質問とは、自己PRに繋がるものでなければいけません。

ちなみに、自己PRに繋がる逆質問とは以下のようなものをいいます。

  • 新サービス××を先日リリースしていますが、この目的は▲ですか?
  • ××という人事制度に興味がありますが、どれくらいの人が応募していますか?
  • ××と資本業務提携をしましたが、この目的は▲ですか?

どれも下調べが無ければできないような質問なので、面接官は「良く調べているな…」という印象を抱くはずです。

このような質問をする場合、それに対する想定問答(FAQ)も考えておきます。

つまり、面接官から返ってきた質問に対して、2~3往復するイメージです。

それだけのやり取りができる人に対して、面接官は一体どのような印象を持つのでしょうか?

それは言わなくても明らかですよね。

これは押さえておいて欲しいポイントになりますが、面接官の期待値を超えた人だけが相手に強い印象を与えられるのです。

面接での自己紹介

就職活動の面接で最初に求められるのは自己紹介だと思います。

これは営業職の場合、とくに重要なポイントになるので、事前に対応策を練っておく必要があります。

営業職の面接で行う自己紹介は、1つの営業プレゼンとみなされるので、面接の自己紹介でその人の営業力が試されているのです。

営業職が面接で自己紹介をするときには、自分の長所を伝えて簡潔に自己PRをするのがベストです。

魅力的な人柄やポジティブな姿勢を感じさせる自己紹介は、短い時間でも人を引き付けます。

この辺りはエレベータートークにも通じるところがありますが、このようなパフォーマンスが出来る人は、営業力が高いと判断される可能性があります。

営業職は、本人に魅力があるかどうかが成果に影響するケースが少なくありません。

人を引き付け自己PRができる人は、実際に働き始めてからも、取引先や顧客の心をつかんで上手に取引することができるはずです。

ほんの数分でも自分の長所をしっかりアピールできれば、

  • ポイントを押さえて話ができる人
  • 自己分析をしっかりと行っている人

と判断してもらえるかもしれません。

営業の仕事では、取引先や顧客と円滑にコミュニケーションするスキルが求められます。

効率よく仕事ができるかどうかを確かめるうえでも、自己紹介は1つのチェックポイントであることを理解しておきましょう。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事