営業王の思考と心得とは?トップセールスマンの心構えを解説!

トップセールスマンを目指す上で知っておくべきことはたくさんあります。

それらは、全ての営業職が心得ておくべき基本知識と言えるでしょう。

そこで今回は、トップ営業マンである「営業王(セールスキング)」になる為の思考と心得を解説したいと思います。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

「営業王(セールスキング)」とは?

「営業王(セールスキング)」とはトップセールスのことを言いますが、営業職として活躍している人の中には、必ずトップセールスマンと呼ばれる人が一定数存在していますよね。

トップセールスマンとは、他のセールスパーソンと比較して契約数が多い人や、過去の実績が凄い人のことを言います。

なので、たった一回だけトップを取った人が「トップセールス」と呼ばれるケースは少ないと思います。

例えば、ノベルティ販売をしている営業マンが、たまたま知り合いから「カレンダーを大量に発注したい」と依頼された場合には、一時的にトップセールスになってしまうことがありますよね。

ですが、その後も継続的なトップに君臨できなければ、決してトップ営業マンとは言えないでしょう。

そういった意味では、圧倒的な契約数や売上でトップになったり、それを何回も継続している人がトップセールスと定義するのが普通だと思います。

トップセールスマンの年収は、一般的なサラリーマンの数倍になることが少なくありません。

実際に、営業マンの中でトップの人は年収1,000万円を超えていることが多いはずです。

外資系の営業職になってくると、業界によっては数千万円~1億円の年俸を受け取れる可能性も十分あります。

一般的なセールスマンが年収300万円~500万円だった場合、圧倒的な売上実績により雲の上の存在「営業王(セールスキング)」になり得るのです。

トップセールスマンの考え方

トップセールスマンには共通した特徴があると言われています。

それは考え方や性格そして心得だと思います。

トップセールスマンとしての思考術を理解できれば、自分も営業王(セールスキング)を目指せますが、それが理解できないとダメ営業マンのまま終わってしまう可能性があるのです。

では「トップセールスマン」と呼ばれる人達は、一体どのような思考回路を持っているのでしょうか。

トップセールスマンはポジティブで前向き

トップセールスと呼ばれる人たちはとにかく自分に自信があります。

その自信は過去の成功体験に紐付いているので、年々増していくばかりです。

そのような絶対的自信は仕事の成果にもつながってきます。

そして前向きな性格というのも特徴的です。

悪く言えば「楽観的」、よく言えば「ポジティブ」なのです。

どのような状況にあっても「自分ならできる」「絶対に売れる」という強い信念があるからこそ、それにふさわしい結果がついてきます。

これはある意味でマインドセットと言えますが、イメージ先行型の思考なので非常に効果的です。

自分の頭の中で何度も営業のイメージトレーニングをすることで、売れるイメージが自分の中に刷り込まれ、結果的にそれを実現してしまうのです。

するとそれが成功体験になって自信につながり、また結果が出るという好循環を生み出します。

逆に、ダメ営業マンの場合には、上司の前で「契約をとってきます」と宣言しておきながら、頭のどこかでは「今月もあまり契約数が伸びないかも…」と後ろ向きでネガティブな考え方を持っています。

このような思考では売れるわけないので、まずは自分自身をマインドコントロールすることが必要なのです。

トップセールスマンの性格

できない営業マンから抜け出すためには、トップセールスマンの性格や特徴を知ることも重要です。

もちろん全ての人が同じ性格とは限りませんが、細かく見ていくと性格的な共通点が理解できるでしょう。

そのうちの一つが、マメで気遣いできる点です。

たとえば見込み顧客に対して細かいフォローアップができる人は、お客様から好まれる傾向があります。

また、見込み客が欲しがっている情報を頭の中で予想し、それを適切なタイミングで顧客に提示できる人も、見込み客から信頼されるでしょう。

トップセールスマンは天才なの?

細やかな性格の人やマメな人、気遣いができる人は総じて「営業センスがある」と言えますが、これらは決して先天的なものや、天才的なものではありません。

「どうすればお客様が喜んでくれるのか?」ということを追求した結果、身についた営業スキルだと言えます。

それらは心理テクニックや心理術と呼ばれており、トップセールスにとっては馴染みのある話だと思います。

もしそのような知識を知りたい場合には、下の記事をご覧ください。

現在トップセールスとして活躍している人だったとしても、入社したばかりの頃は契約が取れないダメ営業マンだったケースが多いのです。

つまり努力もせずに生まれもった天性で実績を挙げてきたスーパーマンなど少なく、たいていの人は営業職として採用されてから努力&勉強をしてきたにすぎません。

なので、売れない営業マンだったとしても人一倍頑張ることで、営業王(セールスキング)を目指すことはできるのです。

トップセールスマンの心得

ここではトップセールスマンを目指すための心得をお伝えしたいと思います。

まず絶対的にブレない軸を持つために、営業職としての視点を確立させましょう。

それは「常にお客様目線になる」ということです。

これは当たり前のように聞こえますが、実践できている人は少ないはずです。

例えば上司から「●●を既存顧客に提案して」と言われた場合、営業パーソンはそのお客様に対してセールスしなければいけません。

しかし、お客様のことを一番理解しているのは担当者である営業マンだと思います。

なので●●を提案したら、どんな反応になるか大体想像できますよね。

そんな時、お客様目線に立つことが重要なのです。

この時の価値判断は「●●を提案すると、お客様の課題が解決できるか?」ということだと思います。

営利企業はどうしても利益ばかりを追求するので、強引な押し売り営業をやりがちです。

もちろんそれを全否定するつもりはありませんが、それでは顧客との長期的な関係性を構築しづらいのです。

そもそもお客様が取引してくれた理由を考えて、それに基づいた行動をするべきだと思います。

つまり顧客ニーズに反した提案をすることは、お客様からの期待を裏切る行為なので、できる限り避けなければいけないのです。

そう考えた場合、営業職としての心得は「顧客主体で提案する」ということになると思います。

LINE公式アカウントのご案内

営業シーク@LINE公式アカウントを友達追加して、最新情報をチェックしよう!

最新の記事情報や、営業パーソンに有益なコンテンツを無料でお届けします!

ぜひ営業シークのLINE公式アカウントを友達追加してください!

友だち登録無料(0円)!

↓↓ ↓ 下のボタンをクリック↓↓↓

おすすめの記事