営業マンが転職活動を成功させるコツ&失敗するパターン

「営業職を辞めたい…」と思った時には、別の会社に転職するやり方と、別の職種に転職する方法があります。

どちらが正解ということはありませんが、それなりにセオリーはあります。

そこで今回は、転職活動を成功させるコツや、失敗するパターンについて解説していきたいと思います。

>>営業系の仕事探しなら|side bizz(サイドビズ)

営業職から転職したいとき

営業職といえば、所属する企業の製品サービスを販売するという仕事なので、大変な苦労や困難を伴う職業です。

そのため、多くの営業マンが挫折や苦難に直面しています。

このような状況になった場合、多くの人が「もう営業なんて辞めたい…」と思うことでしょう。

せっかく、営業職という仕事に就いたものの、課されるノルマや目標の大きさに耐えられなくなってしまうというケースも少なくありません。

そんな時には「営業職から転職したい!」と考えたり、「営業以外の仕事に就きたい!」と思うようになるのも決して不思議ではありませんよね。

でも、せっかくトップセールスを目指して営業の世界に飛び込んだのであれば、すぐに辞めてしまうのはとても勿体ないことです。

「もう営業なんてしたくはない!」という挫折や苦難にぶち当たった時、そのような逆境だからこそ“更なる成長へのチャンス“と捉える気持ちが必要なのです。

セールスの世界に飛び込んだ志望動機は、一人ひとり異なると思いますが、踏み込んだからには3年間は頑張りましょう。

この3年間というのには意味があって、どんな仕事でも3年間経験すれば一通りの仕事が理解できるからです。

一通りの仕事が理解できれば、「その仕事を一生やっていけるのか?」という判断もつきやすくなりますし、もし転職したとしても前職の経験が糧になるはずです。

営業職と一口に言っても、

  • ルート営業
  • 飛び込み営業
  • テレアポ営業
  • 電話営業
  • 法人営業
  • インサイドセールス
  • カスタマーサクセス

など種類は多岐にわたります。

現在の仕事が嫌だと思うのであれば、安易に転職する前に上司に相談して他の営業スタイルに挑戦してみるのも一つの方法だと思います。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法
created by Rinker

営業職に適正はあるの?

営業職として勤めていると、「営業マンに適正なんてあるの?」という疑問を持つ人も多いかもしれません。

営業職から他の職種に転職しようと考えている人にとっては、とても気になる情報だと思います。

これについては諸説ありますが、「ある程度の適正はある」と断言することができます。

例えば性格的な面でいえば、

  • 明るい人
  • 社交的な人
  • 負けず嫌いな人

などは営業職に向いていると言えます。

もちろん、明るくて雑談好きだからといって、その人が優秀な営業マンになれるとは限りません。

営業マンに求められることは、誠実さや真面目さ、ひたむきさなどの要素も必要です。

ただ、明るく笑っているだけでは、金銭的のやり取りを伴う契約締結まではたどり着けないと思います。

そして清潔感があったり、几帳面な人も営業職に向いていると言われています。

営業活動はお客様を相手にする仕事なので、「相手からどう見られているのか?」を気にすることは重要ですよね。

またクイックレスポンスをすることも重要ですし、約束事をきちんとこなす几帳面さも求められます。

他にも、「前向きである」ということは重要な要素になります。

これは営業スタイルによっても異なりますが、営業職の適正として、あまりクヨクヨ考え過ぎない方が無難だと思います。

とりわけ、飛び込み営業やテレアポにおいては、セールスマンの話を聞こうとしない人がほとんどですし、電話はガチャ切りされることが当たり前です。

むしろ、相手にされる方が珍しいくらいで、中にはもの凄い剣幕で罵倒してくる人もいます。

そのような時に一喜一憂していては、営業職の仕事なんて務まりませんよね。

いくら厳しい言葉を浴びせられても気にすることなく、ある意味では「楽観的に取り組む」ような姿勢が求められるのです。

チャレンジ精神が旺盛

営業職として成功する人の特徴として、何事にも前向きでチャレンジ精神が旺盛ということが挙げられます。

明るくて「人と話すことが好き」という性格の人は、人が嫌がるような仕事であっても、前向きに挑戦できる傾向があります。

そのような人が結果的に大成功を収めるという傾向も事実ではないでしょうか?

反対にチャレンジ精神の少ない人が営業の世界に転職した場合、かなり厳しい結果が待ち受けていることになります。

その理由とは、チャレンジ精神がない人は結果を出すことが難しいからです。

営業職を転職先に選ぶ理由として最も多いのは、

  • ビジネス経験の有無が関係ない
  • 年齢や性別が関係ない
  • 性別や見た目が関係ない

という職業だからです。

つまり結果さえ出せば、誰でも評価される仕事なのです。

そういう意味では、多くの人に活躍のチャンスが与えられているのが営業職といえるでしょう。

営業職を採用する人事担当者や面接官は、採用する人の年齢などにこだわることなく、「この人は売れるのか?」という点に注目しています。

言い換えれば、やる気さえあれば誰でも営業職として活躍できるのです。

転職を成功させるコツ

営業職として転職する時のポイントや押さえておきたいコツはたくさんありますが、絶対に外せないポイントが「自分の営業スタイルにマッチしているのか?」ということです。

例えば、対面営業が得意なのに、インサイドセールスに注力している会社に転職してしまうと自分の強みが活かせませんよね?

なので、「どのような営業スタイルを採用している企業なのか?」ということを必ずチェックするようにしましょう。

そして、次にチェックするべきことは、自分が売る商材です。

営業職はセールス職なので、自社製品やサービスを販売していくことになります。

この商材には様々な種類があるので、誰でも得意不得意があるはずです。

これまで自分が売ってきた商材であれば、転職しても即戦力として活躍できるはずですし、ダメ営業マンのレッテルを貼られることもないでしょう。

しかし全く未経験の商材は、そもそも売れるかどうかすらわかりませんよね?

このような転職ではギャンブル的な要素が出てくるので注意が必要です。

とはいえ、セールスプロフェッショナルの人は“どんな商材でも売れる“という現実があるので、営業に自信があるのであれば商材は関係ないかも知れません。

営業面接ではどこを見られる?

先ほど、営業職を採用したい人事担当者や面接官は、「この人は売れるのか?」という点に注目しているということをお伝えしました。

それでは、面接官はいったいどの辺りをチェックしているのでしょうか?

ここでは営業職を採用する時に見るポイントを解説していきますので、ぜひ面接対策の情報として役立ててください。

まず面接官が見るポイントは面接の到着時間です。

面接が13:00だった場合、12:50なのか、12:55なのか、12:58なのか、13:00ちょうどなのかを見ています。

なぜこれを見るのかというと「営業職としてのビジネスマナーが備わっているのか?」をチェックしたいからです。

お客様のもとを訪問する場合、約束の5分前に入ることがビジネスマナーとされています。

入るのが早すぎると相手をせかすことになりますし、遅すぎると相手の準備が間に合いません。

この辺りはお客様のことを考えた行動ともいえますので、大事な面接でそれを実行できているか確認するのです。

最近ではオンライン面接も多くなっていますが、こちらの場合には5分前にログインして待機しておきましょう。

次に、服装や髪形など見た目をチェックします。

決して美男美女を探しているという訳ではありませんが、これは非常に重要なポイントになります。

まず「清潔感があるのか?」を確認します。

この時に確認する項目は、

  • スーツに皺がないか?
  • ワイシャツの袖口が汚れていないか?
  • 革靴は剥げていないか?

などになります。

つまり、お客様が不快に思うような格好をしていないかチェックするのです。

そして第一印象も大切です。

「第一印象でどれだけ好感が持てたか?」というのも大きなチェックポイントになります。

なので、面接官には明るく大きな声で挨拶しましょう。

そして経歴説明になります。

経歴説明はこれまで自分が行ってきた経験や、「どんなことができるのか?」という能力やスキルをプレゼンする場なのです。

つまり営業職に求められるプレゼンスキルが発揮される場なのです。

例えば、30歳なのに転職経験が5回ある人がいたとします。

一見するとこの経歴は決して良いとは言えませんが、これをいかに磨き上げることができるかが営業マンの腕の見せ所です。

例えば以下のようなトークになります。

トーク例

Q.転職回数が多い気がしますが、なんで5回も転職したんですか?

A.私が過去に転職を5回もしているのは成長願望が強いからです。私は向上心がとても強いので、「自己成長が止まった…」と思った瞬間に危機感を感じてしまいます。なので、これまでそのタイミングで転職を繰り返してきました。ただ御社の事業には成長性を感じているので、これまでのような転職活動をすることなく、長期的に働ける気がしています。

このようなストーリーは、“転職経験5回”というネガティブ要素をポジティブ要素に転換できるトークになります。

もちろん嘘をつくことはNGですが、多少大げさに語る分は問題ありませんし、それは営業現場でも同じです。

全く同じ経歴でも素晴らしい見せ方ができる人もいれば、淡々と説明するだけの人もいます。

果たしてどちらの人の方が営業力ありそうでしょうか?

この経歴説明は面接で最も重要なポイントだということを理解しておいてください。

そして、採用面接の最後には質問コーナーがあると思います。

この質問コーナーでも営業職は試されています。

というのも、営業マンに必須と言われている能力「ヒアリングスキル」が判断できるからです。

質問コーナーは自由に質問できるので、「面接官=お客様」とした場合、単純な疑問点を質問すべきではありません。

例えば、

  • 昇給はどのような仕組みですか?
  • 有給は取得できていますか?

などはダメ質問ということになります。

もちろん雇用契約する前には確認すべき重要事項だと思いますが、わざわざ面接で聞かなくても良いはずです。

営業職の面接で聞くべき質問とは、自分をアピールすることができる質問なのです。

例えば営業現場ではお客様に対して「何かご不明点はありませんか?」と質問しますよね?

感覚的にはこのイメージになります。

つまり、「自分を採用するにあたって他に知りたいことはないですか?」という姿勢で質問するのです。

例えばこのような質問が挙げられます。

  • トップセールスになった場合、何か表彰制度などありますか?
  • できる限り営業活動したいんですが、退社は何時までですか?
  • たくさん提案していきたんですが、通話無料の携帯支給などはありますか?

このような質問の仕方は受け手にバックボーンをイメージさせます。

Q.トップセールスになった場合、何か表彰制度などありますか?

⇒過去にトップセールスになるくらい売ってた人なのかな?

Q.できる限り営業活動したいんですが、退社は何時までですか?

⇒とても前向きで意欲的なひとだな

Q.たくさん提案していきたんですが、通話無料の携帯支給はありますか?

⇒前職などの取引先をたくさん持っていそうだな

どの質問も自分をプラスに見せることができる質問なので、効果抜群だと思います。

ここまで見てきた人は、面接とは”自分を売り込む営業現場”であることが理解できたはずです。

ぜひ単純な質問をするのではなく、自己アピールに繋がる質問を心掛けてみてください。

成功する転職面接
created by Rinker

転職が失敗するケース

テレビやインターネット上では、転職の成功事例や成功者の体験談などを多く見かけます。

しかしながら現実の世界では、「転職に失敗した…」という人がたくさんいますよね?

では転職に成功する人と、失敗する人の違いはどこにあるのでしょうか?

もちろんケースバイケースといえますが、往々にして多いのが事前の情報収集です。

転職を成功させるためには、一にも二にも情報が重要になるということを理解しておかなければいけません。

当然ながら、転職に失敗することになれば、後悔の念に苛まれることになるでしょう。

意気揚々と入社しても退職してしまえば、無職に逆戻りです。

20代や30代前半などの若いうちであれば、まだまだやり直しのチャンスはあるかもしれませんが、40代以降の場合には出戻りという事態に陥る可能性が高いと言わざるを得ません。

なので、転職エージェントや転職サイトなどはフル活用していきましょう。

よくある失敗のパターンとして、実際に入社してみるとイメージと大きく違っていたり、実は転職先が「ブラック企業だった…」なんてこともあり得ます。

なので、後にも先にも情報収集を心掛けるようにしましょう。

転職と副業のかけ算
created by Rinker

未経験でも売れる営業マンになる

トップセールスマンとして営業の世界で成功している人のなかには、未経験からスタートしたという人も少なくありません。

それだけ営業の世界というのは様々な可能性があるのです。

ついつい「出来る営業マン」といえば、卓越したスキルや唯一無二のテクニックを持った優秀な人というイメージを持ってしまいがちですが、必ずしもそうではありません。

営業未経験からソニー生命のトップセールスになった山本正明氏のようなケースもあります。

※詳しくは下記リンク先の記事をご覧ください。

>>奇跡の営業「山本正明」から学ぶ紹介営業のコツ&アンケート活用の極意

そういう意味では「一流の営業マン」や「優秀な営業マン」になるチャンスは未経験者にもあると言えるでしょう。

もちろん、営業マンとして活躍するためには、それ相応の努力や工夫が必要なことはいうまでもありません。

奇跡やまぐれで売れたとしても、確固たる実力がなければ好成績を保ち続けることは不可能です。

出来る営業マンには、仕事に対する流儀やこだわりがあります。

そのような出来る営業マンのそばについて、真似することから始めるのもオススメです。

営業未経験の人は、とにかく3年間はがむしゃらに働いて、人の2倍、3倍働くというような気概があればきっと結果はついてくるはずです。

ぜひ営業という仕事を前向きに取り組んでみてください。

転職2.0 日本人のキャリアの新・ルール
created by Rinker
営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事