儲かる仕事は営業職だけじゃない!不況期や副業でも稼げる仕事

儲かる仕事は世の中にたくさんありますが、全てが真っ当なビジネスという訳でもありません。

そこで今回は、「稼げる仕事」「儲かる副業」にフォーカスした情報をお届けしたいと思います。

>>営業系の仕事探しなら|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

儲かる仕事とは?

プロ野球選手やプロゴルファーみたいに、才能やチャンスに恵まれれば高い収入を得られると思います。

プロスポーツ選手の他にも、医師や弁護士などの資格保持者だったり、青年実業家として独立起業して儲けている人も少なくありません。

しかし、そういった職業に今すぐ転職できるかというと、それほど簡単な話ではありません。

年齢的な問題もあるので、もし30歳を過ぎているようであれば、現実的には「難しい」と言わざるを得ません。

特許やアイデアで儲ける

参入障壁が高い仕事は月収が高くなりがちですが、そのようなスキルや能力がない人でもアイデア次第でたくさん稼ぐことができます。

それは特許出願を活用することです。

例えば、日常生活における便利グッズを発明したり、まだ世の中にない製品を開発することで、特許を取得することができます。

実は特許を活用して大金持ちになった人はたくさんいるのです。

普通の専業主婦が、たった一つのアイデアで億万長者になったという話も珍しくありません。

特許は個人・法人問わずに申請&出願できるので、まずは特許の専門家である「弁理士(べんりし)」などに相談してみるのが良いでしょう。

ただしアイデアがあっても、そこに需要がなければビジネスにはつながりません。

儲かる為には、

  • 市場ニーズがあり
  • その課題を解決できる

ことが必要なのです。

すぐに需要が把握できるものといえば「流行りモノ」だと思います。

身近なもので言えば、テレビや雑誌などで取り上げられているファッションが挙げられます。

ファッションは毎シーズン流行りが異なるので、その波に乗れば大きく儲けることができるはずです。

すごく儲かる仕事には資格が必要

「何か儲かる仕事がしたい!」と漠然に考えても、なかなか良い仕事が見つからずに苦労する人が大勢います。

その理由は、すごく儲かる仕事のほとんどは、専門知識や資格が求められるからです。

医者のように大学に六年間も通って、さらに国家試験を受けて合格しなければいけない職種もあります。

薬剤師も同様で、知識と技術を身につけるためにはかなりの時間と労力、お金が必要です。

会計士は最難関資格と言われる「公認会計士試験」を突破しなければなれません。

文系の職種でも弁護士は高収入として知られていますが、やはり弁護士資格を取得するために勉学に励まなければなりません。

またプロ経営者の認定資格として有名なMBAも、ビジネススクールで学ぶためには高額な費用が必要です。

学歴や資格がなくても高収入を得ることはできますが、専門的な知識や技術がなければ難しいと思います。

例えば大学教授になるためには博士号が必要になるケースが多いものの、資格として特別なものを手に入れる必要はありません。

しかし、大学院を卒業するために必死に学ばなければならず、専門分野における業界トップレベルの知識&能力が求められます。

一方、流行りのITエンジニアも高収入の職種ですが、こちらは学歴や資格がなくても問題ありません。

ただ、高度なプログラミング技術などを身につける必要があるため、システムエンジニアになって高収入を得られるようになるまでには長い年月がかかってしまうはずです。

不況でも儲かる仕事

儲かる職業として有名なのが営業職です。

営業職は会社の売り上げに貢献したり、契約を勝ち取ったりして会社の利益に直接貢献する仕事です。

不況の時にはもちろん売上も落ちますが、それでも安定したニーズのある商材だった場合には、市場環境に関係なく稼げるはずです。

歩合やインセンティブが毎月の固定給に上乗せされて、年収一千万円を超えるケースもあるでしょう。

なので、営業職は一般的に年収が高い職業と言われています。

営業職として稼ぐためには、とにかくニーズがあって売れる商材を販売することです。

これからの時代求められる技術や製品などを取り扱えば、不況に関係なく右肩上に業績を伸ばせるでしょう。

すると、あなたの給料も右肩上がりに上がっていくので、結果的に大きく儲かると思います。

他にも、医療業界は不況期に強い職業だと言われています。

なぜかと言うと、病気や怪我は景気に関係なく起こるので、病気になってしまった場合には、否が応でも治療を受けなければいけないからです。

つまり、人が病気をする限り、安定的な顧客ニーズが確保できるのです。

また少子高齢化の流れで、子供に対する投資額が増えてきているので、教育関連ビジネスも底堅い仕事だと言えます。

子供に教育を受けさせない訳にはいかないので、学習塾や予備校もニーズが減りにくいビジネスだと言われています。

他にも、鉄道やバスなどの交通機関、ガスや電気、水道などの生活インフラは、不況だからといって利用が極端に減ったり、ゼロになることがない商売です。

このように、景気に左右されにくい儲かるビジネスはたくさんあるのです。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事