営業に転職するなら30代が最高!営業未経験におすすめの職業&職種

営業職に転職するなら時間的なリミットがあると言われています。

営業はある種「独特な仕事」と言えますが、未経験者でも十分通用する職業です。

そこで今回は、営業職に転職するタイミングやメリット、おすすめの職種などを解説していきたいと思います。

>>営業系の仕事探しなら|side bizz(サイドビズ)

30代で営業未経験はキャリアが弱い

サラリーマンの最終キャリアを自由に描けるとしたら、その会社の社長や取締役、執行役員など経営者になることだと思います。

そのような大きな成功を遂げたいと思っている会社員は、できるだけ早い段階で営業職を経験しておくことが大切です。

営業職は企業が利益を得るために欠かせない、顧客とやり取りをする最前線で働いていますが、そこで活躍する為に必要なのが商品知識です。

営業職は顧客に最適な提案をする為に、自社商品やサービスについて隅々まで把握しており、商品ラインナップを良く理解しています。

このような現場で営業をしていると、顧客から自社商品やサービスが、どのくらい評価されているのかを把握することができます。

また、個人や法人とのネットワークや人脈も広がっていきます。

成果や実績を上げて昇進したり、転職してキャリアアップを目指したいという人ほど営業経験が重要になると認識しておきましょう。

早めに営業職を経験する

もし営業職を経験したことがないとすれば、30代のうちに営業現場を経験しておくべきでしょう。

30代になって営業未経験ではキャリアが弱く、社長はおろか部長クラスにも昇進するのが難しいのが一般的な傾向です。

大抵の会社では新入社員を総合職として採用して営業経験を積ませていますが、これは会社の全体像を現場で知ってもらったり、顧客の声を聞ける貴重な場であるからです。

そのような経験を積むことなく過ごしてきてしまった人は、30代までに配置転換や転職をして、営業職を経験するのをオススメします。

それよりも年齢を重ねてしまうと転職自体が難しい状況に陥ってしまうだけでなく、キャリア形成にも支障が生じてしまうからです。

営業は市場価値が高い

「営業職の市場価値はどれだけ高いのか?」と疑問に思う人は多いと思います。

転職を考えたときに求人情報を眺めていると、未経験でも受け入れている企業が多いことから「営業職の市場価値は低いのではないか?」と思い込んでいる人がいるのは事実です。

しかし、実際には営業職として活躍してきた人の市場価値は高く、企業の中で昇進していくケースが多くなっています。

その理由として最も大きいのは、企業にとって欠かせない売り上げに直結する業務に携わっているからです。

営業が顧客とのつながりを作っていき、契約を勝ち取ってこなかったら商品もサービスも売れずに会社は倒産してしまいます。

このような状況を避ける為、企業としては「大切にしたい職種」として位置づけられているのです。

転職2.0 日本人のキャリアの新・ルール
created by Rinker

自分の市場価値を知ることは大切

市場価値という観点では、転職活動する時に「有利か?」「不利か?」が気になることでしょう。

実は営業のスキルやノウハウはかなり広範囲で使うことができ、他の業界に移ったとしてもあまり不利に働くことがありません。

営業の中にも様々な職種がありますが、そのいづれを担当するにしても基本となる考え方には大きな違いがないので、やり方さえ慣れてしまえば今までの経験を使い回せます。

つまり、ある会社でトップセールスマンになった人は、どの会社に転職してもトップセールスになっていることが多く、そのうえで管理職として抜擢されていることも少なくないのです。

40代で初めて営業職はNG

営業未経験の人が転職して経験を積もうと思ったら、「30代限界説」というのはよく知られていて、40代になって初めて営業を始めようとすると、かなり高い確率で失敗してしまいます。

その理由は、40代になると将来的なキャリア形成が難しくなるので、企業側の採用確率自体が低くなってしまうからです。

営業で活躍していくためには、自分の興味関心がある業界を選び、惚れ込むような商材を扱っている企業に転職するのが重要になります。

しかし、年齢を重ねるごとにその選択肢が減ってしまい、あまり興味がない商材を扱わなければならなくなるとモチベーションも低下してしまうのです。

現実は非常に厳しい

40代の営業未経験が通用しないもう一つの理由は、泥臭い仕事を嫌がるからです。

ある程度の年齢になると成功体験が多くなって、どうしてもプライドが高くなりがちです。

そのようなベテラン社員は、泥臭い新規開拓営業や、面倒なセールス活動を嫌う傾向があります。

営業マンであれば、新規顧客の開拓をする必要があるので、時には飛び込み営業やテレコールをして、辛抱強く顧客開拓をすることも仕事だと思います。

しかし、このような営業活動は体力・気力が衰えはじめてる40代という年齢では現実的に厳しいと言われています。

営業現場では、なかなか良い返事をもらえず苦労することも多く、時には罵声を浴びせられることもあります。

そんな時には、メンタル的にきつくなってきてしまうケースもあり、精神面のタフさも求められます。

20代などの若い営業マンであれば、ちょっとしたミスを許してくれる顧客も、営業未経験とはいえ見た目が40代の営業パーソンに優しくしてくれることは無いでしょう。

モチベーションを維持できる企業に転職できれば営業職として成果を上げられる可能性もありますが、転職先の候補数が少ないので思い通りにいかないケースも多いのです。

営業未経験におすすめの職種

営業未経験の人が転職するときには、どんな職種を選ぶのが良いのでしょうか。

様々な観点から種類分けがされていますが、その中でも代表的でおすすめな営業職種を紹介します。

>>営業系の仕事探しなら|side bizz(サイドビズ)

ルート営業は未経験者に最適

まず、体力や気力に心配があるという人にとって魅力的なのがルート営業です。

ルート営業は、既に取引のある企業に対するフォローアップ営業やサポート業務が主な仕事になります。

よって、同じ顧客を長期間担当するのが特徴的で、新規開拓するための努力が必要ありません。

営業ノウハウも前任者と営業同行することで習得でき、営業未経験でも十分活躍できます。

同じ顧客をグルグル回るという意味では顧客と仲良くなれるケースが多く、人脈作りも比較的楽だと思います。

代理店営業や法人営業もおすすめ

未経験から本格的に営業スキルを身につけたいなら代理店営業がおすすめです。

メーカーなどから依頼を受けて商品の販促をするための顧客開拓及び維持をしていくのが代理店営業の特徴で、複数のメーカーが提供している製品サービスで包括的な提案ができます。

なので、顧客目線で「どんなものが良いか?」を見極める営業センスを養うのにも効果的でしょう。

営業職種はターゲットの種類によっても分類されています。

個人向けと法人向けの二種類に分けて考えた場合、法人営業の方が初心者にはおすすめです。

法人営業の場合には、相手企業もコネクションを作っておこうという思惑があるのが一般的なので、新規開拓であってもそこそこ話ができます。

法人営業は最初の糸口を作りやすい点から、営業初心者に向いているのです。

営業職には30代で転職する

これから営業職に転職して成功したいと思ったら、40代に差し掛かってしまわないよう、早めに転職活動を始めていきましょう。

30代ならまだ選択肢が豊富にあるので、自分が興味のある、売りたい商材を扱っている企業に転職できる可能性が十分あります。

未経験であっても企業によっては研修を充実させているため、急成長して大きな実績を作れることも期待できます。

30代は社会人経験も十分に積んだ段階でありながら、まだまだ体力的にも気力的にも充実しているので、新しいことに取り組んだときの成長率が高いことも特徴です。

「30代になったら転職は難しい…」とネガティブに考えるのではなく、思い立った時に転職活動するのが賢明です。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法
created by Rinker

転職活動では「やる気」をアピールする

しかし30歳を超えた人材は、企業も採用するかどうかで悩むケースが多くなります。

書類審査や面接を通じて、未経験でも高いパフォーマンスを発揮してくれるかを吟味しているのが一般的です。

その際に最も重視されているのが「やる気」があるかどうかで、その根拠となる志望動機は必ず聞かれることになります。

よって、転職する際には、「営業への興味関心」と「志望する理由」という2つの観点から端的に説明できるようにしておきましょう。

面接での立ち振る舞いから営業職に向いているかどうかも判断されているので、自分を売り込めるように周到な準備をするのが大切です。

もしこの辺りに不安があれば、下の記事を参考にしてみてください。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事