ソフトバンク孫正義の名言集50選!志高い天才経営者の言葉

孫正義(そんまさよし)と言えば、日本を代表する敏腕経営者ですよね。

たった一代でソフトバンクを超巨大企業に成長させた経営手腕は、疑いの余地がありません。

そのような名経営者だからこそ、数多くの名言を残しているんです。

そこで今回は、ソフトバンク創業者「孫正義の名言集」をご紹介していきたいと思います。

起業家だけでなく、ビジネスパーソン必見の言葉ばかりなので、ぜひ最後までご覧ください。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

孫正義の名言集まとめ

孫正義の名言1

成功する者と失敗する者の違いは、頭の差より性格の差が大きい。

「性格の差」とは、負けず嫌いということです。

頭が賢いとか、天才とかは関係なく、とにかく負けず嫌いであることが重要な要素なのです。


孫正義の名言2

やり抜くこと。

それが成功への近道。

新規事業を立ち上げても、それが成功する保証なんてありません。

力を出し尽くさないと次に繋がらないので、たとえ想定通りにならなかったとしても最大限やり切りましょう。


孫正義の名言3

数字は「勘」で理解できるようになる。

孫正義は、とても数字に厳しい人だと言われています。

そのような厳しさゆえ、数字のない資料を出した場合はすぐに突き返されてしまうそうです。

数字を把握するのは大変ですが、孫正義レベルで数字を意識していれば、数字は「勘」で理解できるようになるそうです。


孫正義の名言4

言い訳を言うな!

言い訳は聞かない!

何事に関しても、孫正義は合理的な説明を求めます。

合理的でない説明は、単なる言い訳にしかならないのです。


孫正義の名言5

何事も期限をつけねば、物事は決まらない。

夏休みの宿題を最後にまとめてやった思い出がある人はきっと多いですよね。

人間は怠ける生き物なので、期限をつけなければ何でも後回しにしてしまいます。

なので、自主的に期限を決める癖をつけましょう。


孫正義の名言6

アイデアというものは浮かんですぐに実行するより、少し寝かせて熟成させた方がいい場合が多い。

ほとんどの偉人は「すぐに行動する」ことを推奨していますが、孫氏は少し違うようです。

あくまでも個人的な意見ですが、私も孫正義と同意見です。

具体的には「リスクが無ければ1週間」「リスクがあれば1ヶ月」という熟慮期間を個人的に設定しています。

やっぱり競合調査含めて、色々と下調べした方が、成功確率は高まると思います。


孫正義の名言7

成功したければ「運のいい人」と付き合え。

運のいい人とは「実力のある人」だと思います。

そのような人と組んだ方が、ビジネスは成功する確率が上がっていくと思います。


孫正義の名言8

自分の持った夢に自分の人生は比例する。

孫正義がSoftBankを創業した頃、売上を豆腐のように数えると宣言していたそうです。

豆腐は「1丁、2丁…」と数えますよね。

それと同じように「1兆、2兆…」と売上を数える会社にしたいと言ったのです。

それを周囲は冷ややかに見ていたそうですが、実現させてしまうのが孫氏の凄いところです。


孫正義の名言9

財務会計の数字と管理会計の数字は違う。

会計に馴染みのない人は知らないかもしれませんが、会社会計には財務会計と管理会計があります。

財務会計は「制度会計」と呼ばれることもありますが、法律に則った会計制度のことをいいます。

しかし財務会計の場合には帳簿上の話になるので、実際のキャッシュフローが分からなくなってしまうのです。

会社経営はお金の出入りを管理することなので、それでは不十分ということです。

そんな時に便利なのが管理会計なのです。

管理会計はお金の出入りを管理することを目的にした「社内限の会計制度」で、法律とは関係がないため、とにかくキャッシュフローがわかりやすい仕組みになるのです。

中小企業の経営者であれば管理会計の方が重要になってくるので、知らなかった人は覚えておきましょう。


孫正義の名言10

まず局地戦で勝って、その後に総力戦でも勝つ。

これはランチェスター戦略について語った名言だと思います。

ベンチャー企業が大手企業に勝つ方法を教えてくれる経営戦略なので、気になる人は下の本を読んでみてください。

ランチェスター戦略の書籍はコチラ
created by Rinker
営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事