仏陀(ブッダ)の名言集33選!心が軽くなるお釈迦様の教え

仏陀は「修行を積み正しい悟りを得た人」という意味の仏教用語ですが、仏教を開いたゴータマ・シッダールタ(ブッダ)という意味も含まれています。

別の言い方では釈迦(シャカ)と呼ばれることもありますが、ブッダはインドに実在した歴史上の人物です。

世界三大宗教と呼ばれている仏教を開いた人なので、人格者であることはもちろん、数多くの名言も残しているのです。

そこで今回は、仏陀(ブッタ)の名言集をご紹介していきたいと思います。

  • 悩みが多い人
  • 挑戦する勇気が欲しい人
  • 幸せになりたい人
  • 苦しみから解放されたい人
  • 人付き合いが苦手な人

このような人はぜひご覧ください。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

仏陀(ブッダ)の名言まとめ

ブッダの名言1

1000の戦いに勝つよりも自分に打ち勝つ方が良いのです。

そうすれば誰にも奪われる心配はないのですから。

大規模な戦でも、些細な内輪モメでも同じですが、争いごとに負けると何かを奪われる羽目になります。

それであれば外部との争いを避けて、自分自身との戦いに専念した方が良いかもしれません。


ブッダの名言2

与えることの素晴らしさを知っているならば、たった一回の食事でさえも分け合わずにはいられないでしょう。

「奪い合えば足りなくて、分け合えば余る」というのは有名な格言ですよね。

平和を追求したブッタらしい名言だと思います。


ブッダの名言3

流れが激しいのは川ですが、海の深いところは穏やかなのです。

この比喩はなかなか面白いと思います。

川というのは表面上の話で、海の深いところというのは深層心理を意味しています。


ブッダの名言4

執着する先にあるのは失うことです。

何かに執着すると、何かを失う羽目になります。

固執することはやめましょう。


ブッダの名言5

過去はここに存在しません。

未来はまだ訪れてさえいません。

あなたが生きているのは今一瞬だけです。

これと同じような言葉を多くの偉人も残しています。

今を精一杯生きましょう!


ブッダの名言6

問題なのは、時間が無限だと思っていることです

時間は有限です。

それを「無限」と勘違いするから怠けたり、向上心が湧いてこないのです。


ブッダの名言7

歩いている時、食べている時、旅をする時、今を生きなさい。

でなければ、人生の大半を無駄にすることになります。

きちんと目的を定めて、その瞬間を精一杯楽しむのです。

そうすれば人生は自然と豊かになっていきます。


ブッダの名言8

あなたがやるべきことは、やるべきことを見つけて、それに全力を注ぐことです。

これは人生の意味について語った名言です。

目的地のない登山やマラソンでは、ペース配分が分かりませんよね。

生きる上では必ず目的を設定しましょう。


ブッダの名言9

自分が心から納得するものでない限り、人が言うことや読んだことを信じるものではありません。

人の話を鵜呑みにするほど馬鹿なことはありません。

もし本当に気になる情報であれば、自分自身で徹底的に調べて、裏取りしてみましょう。


ブッダの名言10

言葉とは尖ったナイフのようなものです。

血を流さずとも相手を傷つけてしまうことがあります。

これは言葉の力について語った名言です。

言葉をナイフと比喩するあたりは秀逸ですよね。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事