営業アカデミー

営業スタッフがやるべき仕事内容ってなに?営業業務を楽しむコツと心得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業職の仕事内容TOP

営業スタッフの仕事内容は業種・業態によってかなり異なります。しかし、営業マンが仕事を楽しむ為のコツや心得はほとんど同じです。

そこで今回は、営業職としての結果を残しつつ、営業という仕事を楽しむ為のポイントをご紹介していきたいと思います。

>>営業系の副業支援サイト|side bizz(サイドビズ)

営業(セールス)とは

営業とは

営業という言葉は、一般的に商品やサービスなど何かしらの商材をセールスする行為と認識されています。

しかし、営業とは単に商品やサービスを売ったり、顧客の新規開拓をしたりすることが目的ではありません

この「営業」の本質を誤って認識してしまうと、本来の営業活動の意味とは異なった思考や行動を取ってしまうことになります。

トップ営業マンは、この本質を適切に理解して、それを営業スタッフとしての心得にしています。

関連記事:営業マンの基本マナー&行動|トップ営業マンだけが心得ているルール

営業の本質

「営業」と「セールス」という言葉があります。

まずはこの違いを正しく理解することが、トップ営業マンへの近道になります。

世の中では、「セールス=販売」と理解されていますが、営業とは大きく異なる実態があります。

営業と販売の大きな違いは「営業はソリューション型である」という点です

営業とは、顧客が抱えている問題や求めている物事に気付き、提案・提供していく仕事です。

つまりソリューションの側面があります。

それと比較してセールス(販売職)とは、お客様が自分で決めた商品をレジに持ってきてくれるので、それを精算することがメイン業務になります。

つまりソリューションはお店側が仕掛けてくれることになります。

関連記事:口コミ営業は最強の営業スタイル|新規開拓を加速させる紹介営業のコツ

会社の売り上げに貢献できる

営業職やセールス職は、所属している会社の売上に直接貢献する仕事なので、会社経営の重要な柱にもなります。

営業スタッフがもたらした売上は、社員の給料になったり、会社が事業投資や設備投資に回す資金源になっていきます。

つまり、営業とは自社の商品やサービスを通して顧客のニーズや悩みを解決するだけでなく、経営に貢献する大きな役割のある素晴らしい仕事なのです。

有名な近江商人の商売哲学を引用すると、営業は買い手にとっても売り手にとってもwin-winの関係を築くことができ、さらに地域社会へ貢献できるまさに「三方よし」を体現する職業になります。

関連記事:PDCAサイクルを回す効果は?営業マンが知るべき売上アップのコツ

営業職に適正はある?

営業職の適正

仕事として営業職を選ぶとき、多くの人が気にするのが「どんな人が営業マンに向いているか?」という点です。

そんな営業スタッフに向いている人の特徴として言われているのが、「前向きで明るい」「話しが好きな人」「ガッツがある人」などです

営業職にはさまざまな種類がありますが、特に飛び込み営業やテレアポなどは、営業する件数が多い分、断られる回数も多くなってきます。

また、顧客に嫌がられたり、話を聞いてもらえなかったり、時には罵声を浴びせられることもあります。

簡単に契約に結びつくことは少ないのが実情です。

そんなときでも、前向きに「次こそは」という気持ちを持って挑戦し続けられる人は営業マンに向いています。

関連記事:営業職の適正チェック13選|天才的&営業に向いてる人の特徴

営業職に必要なスキル

営業職として成功する為には、様々なスキルが必要です。

そんな中でも、営業マンの一番の武器になるのがトーク力(コミュニケーション能力)です。

営業の本質である「顧客の課題解決」をするには、相手のニーズや問題を聞き出すことがなによりも大切です

とはいえ、初対面の相手に対して全幅の信頼を置いて、自分の悩みや要望を話す人は一般的に多くありません。

つまり、何気ない会話から相手との信頼関係を築き、自社の商品やサービスを活かせるポイントを見つけ出して、提案できるコミュニケーション能力が必要となります。

そのうえで、相手の反応や表情に気付ける細やかな気配りも重要になってきます。

また、トップ営業マンは、顧客の細かい情報を記憶している人が多く、単純に商品やサービスの話だけでなく、世間話を交えながら自然と販売に繋げていく独自スキルをもっています。

関連記事:営業職のコツは気合と根性論ではない!?売れる営業マンのスキル3選

営業職の仕事内容&種類

営業職の仕事内容

実は営業には、さまざまな仕事の種類があります。

まず代表的なのが既存営業(カスタマーサクセス)です

すでに取引をしている顧客に対する営業活動で、顧客が抱えている問題やニーズを把握して、現在契約している商品やサービスを用いた解決策を提示していきます。

また、契約した商品やサービスの使用後の様子や訪問時に現状を訪ねることで、顧客との更なる信頼関係を深めるとともに、新たな契約のチャンスを探っていきます。

関連記事:顧客単価は支持されている証|売上を倍増させる客単価アップの方法

新規顧客の獲得がミッション

次に、営業という職業を聞いて思い浮かべる人が多いキーワードは、きついイメージのある「新規開拓」だと思います。

これまで取引してない見込顧客を相手にする営業活動なので、直接訪問したり、電話営業したりするアプローチ営業です。

また、訪問にもアポイントなしで訪問する「飛び込み営業」や、事前に電話でアポイントをとって訪問する「テレアポ営業」、知人から紹介を受ける「紹介営業」など様々なパターンがあります。

色々なやり方がありますが、どの手段でも相手企業のキーマンと話すことがカギになります

しかし、これは決して簡単なことではありません。

相手企業のキーマンと会えたとしても、面識のない相手に対して提案することは難易度が高く、営業活動の中でもっとも難しいとさえ言われています。

つまり、営業活動の流れとしては、

  1. まず相手企業や家庭のキーマンと会い
  2. 相手の抱えている問題やニーズを聞き出して
  3. 解決策として自社製品をアピールする

ということになります。

これを一日の流れとしてルーティン化しているのが、優秀な営業マンの仕事実態になります。

関連記事:営業をサボりながら新規開拓できる方法|サボり癖を売上に繋げるコツ

営業職に転職するメリット

営業職に転職するメリット

営業職が転職市場で人気になっている大きな要因は、やはり収入面の良さです。

営業は特別な資格を必要としないうえに、一般的にサービス業や事務職より収入が多い傾向にあります。

トップ営業マンになれば年収で数千万円になることが一般的です

外資系企業の営業マンでは年収1億円を超えることも珍しくありません。

しかも、年齢に関係なく仕事の成果を評価してもらえることが多いため、一生懸命取り組めばその分の昇給や昇進を期待できるので、営業職はキャリアアップしたい女性にぴったりな職種といえます。

実は、女性の社会進出が進むなかで、バリバリ働きたいという人が増え、営業職は多くの女性からも人気を集めています。

ここでは営業職の求人情報を掲載している転職情報サイトをご紹介しますので、興味がある人はチェックしてみてください。

デメリットをメリットに考えることが大切

営業職では、営業成績が良いとインセンティブがもらえる企業も多く、モチベーションアップにつながります。

一方で、営業職のデメリット(短所)としてあげられるのが、残業が常態化する傾向にあることです

営業はどうしても外回りにでていたり、相手との商談が長引いてしまったりすることがあるため、事務職など比較的残業の少ない職種に対して残業が発生しやすい職種と言えます。

また、業界によってはアポイントが遅い時間や休日にしかとれないケースもあります。

このようなケースではサービス残業になることも当たり前です。

転職する際には、残業代がどのように計算されるかもチェックしておくとよいでしょう。

残業の可能性は増えるものの、こうした営業活動で作った人脈は、自分にとって大きな財産となり、これから独立起業を考えている人にとってはとても魅力的と言えます。

関連記事:営業職の給料はいくら?トップ営業マンの年収とインセンティブの決め方

営業の仕事は楽しい

営業の仕事は楽しい

営業といえば「きつい」「大変」「つらい」というイメージが定着していますが、ストレスが溜まる出来事ばかりではありません。

営業は、顧客の悩みやニーズを解決することができるうえに、自社に貢献できるので、人の役に立てたという実感を持つことができます。

また、頑張った成果が具体的な数字として目に見えるので、大きな達成感を得ることができる楽しい仕事です

実際に営業スタッフとして働く人も、ハードワークの中で「やっぱり営業職で良かった」と思うことがあるようです。

関連記事:営業がきついなら辞めればいい|辛い営業ランキング1位~5位

営業職に転職した好例

例えば、事務職から営業職に転職した女性の話があります。

その女性は、ある企業で事務員として働いていたそうですが、毎日パソコンと向かい合って機械的に業務をこなす日々を過ごすうちに、「何のために働いているのか分からない」と次第に感じ始めたそうです。

そんなときに、自分が働く理由を見つけたいと一念発起し、人の役に立ちたいという想いで営業職への転職を決意しました

営業職に転職した当初は大変なことも多かったそうですが、自分の提案でお客様の課題解決に役立つことができ、「ありがとう」と感謝されるのがとても働き甲斐があるとのことです。

営業は、実績を積み重ねるごとに顧客からの支持が集まり、次第に人脈が広がっていきます。

すると必然的に営業成績も上がるという良いサイクルが生まれ、楽しく取り組むことができる魅力的な仕事と言えます。

関連記事:営業に転職するなら30代が最高!営業未経験におすすめの職業&職種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業職・セールス職に特化した転職支援サービス!

利用料0円!営業職の転職希望者は必見!

 

実績豊富な転職エージェント達が、

業界最多の求人情報からご希望に沿った求人案件をご紹介!

※非公開の求人情報も多数あり!

 

優秀な「セールス転職エージェント」が、

あなたの転職活動を成功に導きます!


詳細を確認する