営業アカデミー

売れる営業マンに共通する考え方とは|トップ営業マンの基本思考と特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業考え方TOP

営業職である限りは誰もがトップセールスマンになってみたいと思うことでしょう。では、どうすればトップセールスになることができるのでしょうか?

そこで今回は、売れる営業マンに共通する点や考え方、トップ営業マンの基本思考と特徴について解説していきたいと思います。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

売れる営業マンの考え方

売れる営業マンの考え方

できる営業マンの共通点は、考え方が常に前向きなことです。

お客さんや同僚に対して後ろ向きなことを言わないために、人気者になっていることが多いです。

また、前向きに仕事をすることで、モチベーションを高く保つ効果もあります。

前向きなら上手くいかないときでも、気持ちを切り替えて仕事ができます。

どんどん気持ちを切り替えると、モチベーションが下がることがありません。

他に、できる営業マンに共通する考え方は、受注までのシナリオを複数用意していることです。

できる営業マンはシナリオを作ることを習慣的にしています。複数のシナリオを作るのは苦労するので、必勝のシナリオが1つあれば優秀な方でしょう。

しかし、できる営業マンは顧客や状況に合わせて、複数のシナリオから1つを選んで話せます。

これによって、仕事を取る可能性を上げています。

もう一つ共通点は、商談のイメージトレーニングを欠かさないことです。

できる営業マンの心得としては、商談に入る前にはどのような質問があるかを想定しておきます。

特に大事になるのが想定質問の答えを、分かりやすく回答する方法です。

例えば、具体的な資料をイラストや表などを使って説明することです。

その用意を万全にするためにもイメージトレーニングが大事になるのです。

できない営業マンの考え方

できない営業マンの考え方

平凡でできない営業マンの思考は、何に対してもネガティブです。

ポジティブに考えるできる営業マンと、決定的な違いはこの点です。

ネガティブに考えるために営業の成功イメージを描けないでしょう。

イメージトレーニングもネガティブになるので、最後に顧客が買うことが想像できないのです。

他にできない営業マンの考え方は、適当なことです。

適当な考え方は持ち物にも影響を与えています。

使えないものばかりを持ち歩いて、営業先で必要になるものを忘れていることが多いです。

この適当な考え方は顧客との会話にも表れます。

顧客が聞きたいことを適当に受け流すことで、顧客からの信頼を失うことになるのです。

もう一つある考え方は、自分勝手なことです。

顧客が望むことをしないので、顧客と会話が噛み合いません。

顧客は営業マンにして欲しいことを注文することがよくありますが、自分勝手だとそれも無視します。

無視をされた顧客は営業マンを信用しないでしょう。

顧客第一主義で考えればありえませんが、できない営業マンはよく顧客を無視してしまうのです。

そこから関係が築けなくなり、売り上げにつながることはなくなります。

その結果、できない営業マンは売上を伸ばせないのです。

優秀な営業マンの共通点

優秀な営業マンの共通点

トップセールスマンである優秀な営業マンに、共通することは気配りができることです。

気配りができることで人から好かれやすくなり、営業をする相手からも好感を持たれます。

他の共通点は見た目に清潔感があることです。

スーツに皺が無いや革靴が綺麗などは当たり前のことですが、毎日きちんとすることは難しいです。

営業マンは見た目が重要だと理解しているので、努力を欠かさないでしょう。

別の共通点はセンスがあることです。

服装から話し方まで、センスがないと優秀な営業マンにはなれません。

センスを磨くことを続けている人が多いです。

また、口がうまいので、女性にモテるという共通点があります。

優秀な営業マンに恋愛上手が多いのは、経験が豊富なことが要因にあるでしょう。

ただし、女性にモテるからトップ営業マンになっているわけではありません。

もう一つ優秀な営業マンに共通することは、勝ちパターンがあることです。

営業開始からクロージングまでの勝ちパターンがあれば、そこまで話を持っていけるかの勝負になります。

どうすれば勝てるのかを模索しながら営業するよりも、勝ちパターンを固定している方が効率的に営業ができます。

最終的に勝ちパターンまでのシナリオを作るだけで売上が上がるでしょう。

できる営業マンの持ち物

できる営業マンの持ち物

できる営業マンの必須アイテムは、アタッシュケースやビジネスバックです。

このバックの中身は、できる人ほど荷物を減らす傾向があります。

ただ、できる営業マンが持っている必需品は、書類を整理するクリアファイルです。

紙資料は皺になったり、折れたりするので、クリアファイルに入れて持ち歩きます。

相手に対して失礼をなくす心遣いがここにあります。

他に即席のホワイトボードを持ち歩く人は多いです。

ホワイトボードは相手へ説明するときなどに使います。

特にイラストがあると分かりやすいときは、ホワイトボードがあると助かるでしょう。

大きめのスケッチブックでもOKですが、電子ホワイトボードなどの便利なアイテムがたくさんありますので、用途に合ったものを選択すると良いでしょう。

また、重要書類を雨から守る折り畳み傘も持ち歩きます。

万が一の時に役に立つと考えるのが、できる営業マンです。

困ることがないように先手を打っておけば、安心できるでしょう。

さらに心配をしないための持ち歩きアイテムは、携帯の予備バッテリーがあります。

充電器でもいいのですが、充電ができないかもしれません。

そのため、予備のバッテリーの方が有効なのです。

もう一つ持ち歩くものとしては、ノートパソコンやタブレット端末、モバイル端末などの外で仕事ができるものです。

いつでも仕事ができるように、できる営業マンは仕事ができるツールを手放すことはありません。

トップ営業マンになる人の特徴

トップ営業マンになる人の特徴

トップ営業マンになる人の特徴は、自分なりの努力をしていることです。

努力が習慣的にできると、身に付くことが多くなるでしょう。

他に共通点としてある特徴は、売れる営業マンと比較して自分に足りないものを補うことです。

トップを目指すなら闇雲にするのではなく、目標を持って努力することが重要です。

目標があれば、そこと比較すると違いが分かります。

足りないと思ったのであれば、補う努力をし続けられる人がトップ営業マンになるのです。

また、ノルマを当たり前にこなすという特徴もあります。

ノルマをこなす努力を日々行っているために、ノルマが苦しくなくなるのです。

別の特徴としては、性格がよく、両性からモテることがあります。

トップ営業マンになるには、顧客から人気があることが条件です。

条件を満たすためには、性格が重視されるのです。

さらにセンスがあることも、特徴の一つです。

センスがあると、営業先で話が弾むことが多くなります。

その結果として、営業が上手く行くでしょう。

もう一つ特徴があるとすれば、誰よりも仕事をすることです。

仕事をしなければトップ営業マンにはなれません。

特に誰よりも仕事をしていれば、周りの人を追い越せる可能性が高くなってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる