トップ営業マンは第一印象で差をつける|印象が残る営業のコツ

営業職であれば、誰もがトップ営業マンを目指して頑張っていることでしょう。

トップセールスマンになる為には「印象が残る営業活動」をする必要があります。

そこで今回は、「どうすれば印象に残るような営業ができるか?」を解説していきたいと思います。

初対面での印象を上げるコツもご紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

スポンサーリンク

営業の第一印象とは?

第一印象とは、初対面の相手に感じる”最初の印象”を意味しています。

第一印象が決まる時間は非常に短く、一般的には3秒~5秒程度だとも言われています。

初対面の場合には、視覚で感じ取る情報量が非常に多いので、パッと見た瞬間に人柄を推測するケースが一般的ですが、見た目を認識した後に声色や話の内容を理解し、第一印象の良さを総合的に判断していきます。

もちろん見た目だけで第一印象が決まるわけではありませんが、常日頃から髪の毛や肌のケアを意識しておかなければ、良い印象を残すことは難しいでしょう。

なのでセールスパーソンは、営業活動する際に”印象を上げるためのコツ”を把握しておく必要があると思います。

顧客が営業マンと初めて対面した時、もし良い印象を抱かなかった場合はお互い信頼関係が構築できず、契約締結や取引開始までが長引いたりします。

最初に感じたインパクトやイメージは、いつまでも頭の中に記憶される傾向があるので、結果的にマイナスの影響をもたらすのです。

付き合いを続ける中で、第一印象が変化する可能性は極めて低いので、初対面が多い営業パーソンは注意が必要でしょう。

顧客に悪い印象を与えた際には、その後の営業活動に支障をきたす可能性があるので要注意ということです。

出勤する前や商談する前には、必ず鏡をチェックして最低限の身なりを整えましょう。

商品サービスを提供する側も、購入する側も、第一印象を意識することが大切なのです。

第一印象を良くする秘訣

第一印象を良くしたいなら、スキンケアが欠かせません。

男性用の基礎化粧品はたくさん販売されていますが、色々と試しながら自分の肌質に合う化粧品を選ぶのが良いでしょう。

もし悩むようなら、ゴリラコスメティクス(GORILLA COSMETICS)から始めてみるのがいいかも知れません。

ゴリラコスメティクスはホームケアとして⻑く使う価値のあるスキンケアを提供しているので、初心者でも使いやすいと思います。

営業は第一印象が重要

対面営業で製品サービスを販売する営業マンは、絶対に第一印象を重視しましょう!

特に、訪問営業しているスタッフは、良い印象を残すことを心掛けながらコミュニケーションする必要があります。

商談中に顧客の声を遮ったセールストークを展開してしまうと、「他人の話を聞かないタイプの人だなぁ…」というレッテルを貼られかねません。

すると営業マン自身の印象が悪くなってしまう上に、お客様の購入意欲が著しく低下する可能性が否めません。

営業現場の主役は、あくまでもお客様です。

極力お客様の声と被らないように注意しながら、相手のペースに合わせてヒアリングしていきましょう。

顧客の話すスピードやテンポに留意すれば、きっと好感を持たれるはずです。

まくし立てるように早口で話す営業マンは、相手を疲労させてしまうので、煙たがられることでしょう。

それでは失注する羽目になるので全く意味がありませんよね。

感じのいい営業マンは自分の声のトーンを常に意識しているので、普段よりも少し高めのトーンで話すのがおすすめです。

特にシニア層を相手にするビジネスの場合、言葉の聞き取りが難しいケースが多いので、声のボリュームにも注意した方がいいでしょう。

営業は台本が9割
created by Rinker

第一印象を良くするコツ

見た目だけでなく、応対の仕方も第一印象に大きな影響を与えます。

たとえば挨拶を交わす際には、しっかりと相手の目を見て、名前を呼びかけましょう。

名前で呼ぶだけでも親近感はアップするので、相手との距離が急速に縮まることが期待できます。

挨拶を終えた後も、会話の途中で何回か名前を呼ぶと打ち解けやすいですが、初対面から間もない状態で友達みたいに接することは決して好ましくありません。

ビジネスの現場では、親しみを込めていたとしても、それは逆効果になりかねないのです。

基本的には名字の後に「様」をつけて呼ぶのが無難ですが、相手やタイミングを見ながら「さん」付けにするのもおすすめです。

初対面の際には、乱暴な言葉、友達言葉で会話するのは厳禁ですが、普段から綺麗な言葉遣いで話していれば、会話の最中に品の悪い言動は出にくくなります。

そして印象を良くする話し方を実践する場合には、表情に注意することも大切です。

営業マンが神妙な面持ちでいると、その場の空気が重苦しくなります。

笑顔で明るく接する中で、顧客も思わず笑みを浮かべる機会が増え、良い印象を与えやすくなるのです。

その時には、会話の内容によって表情を変えたり、相手に同調することも重要だと思います。

仏頂面の無表情でいると、相手を不愉快な気持ちにさせてしまう可能性があるので注意しましょう。

第一印象は見た目が重要

好印象を与える最大の要因は、ズバリ見た目です!

しかし「見た目が可愛い女性」というだけで第一印象が良くなる訳ではありません。

人間は面識がない人物と初めて接する際、顔だけでなく、他の部分にも目を配っているのです。

特に目につきやすいのが”身だしなみ”だと言われています。

もし印象アップしたい場合には、相手に「不潔」と思われる要素を極力無くしていきましょう。

奇抜なファッションや髪型は、他者に理解されない可能性があります。

よって、自分自身の趣味趣向に応じた服装を選んでいる営業マンは、まだまだ三流だと言えるでしょう。

そもそもスーツには着こなし方があるので、もしその知識がない人は下の記事をご覧ください。

営業パーソンなら、周囲の人々の目を意識して、身なりを整え、清潔感のある服装をするべきだと思います。

相手に与えた第一印象を覆すことは非常に難しいため、身なりのチェックは入念に行う必要があります。

また、顧客の中には表情を重要視する人もいることも忘れてはいけません。

営業マンが口を真一文字に結んでいると、相手は緊張してしまうので、本音も伝えにくくなります。

それでは上手なヒアリングができないので、笑顔で話す習慣を身につけましょう。

第一印象の重要性を理解しておけば、顧客に不快感を与える機会が減り、取引を成功させるチャンスが増加するはずです。

メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則をご存じでしょうか?

心理学者であるアルバート・メラビアン教授は、1971年に発表した研究結果に基づき、第一印象が決まる法則を明確にしました。

メラビアンの法則では、人間が相手の第一印象を決める要素として、話す内容・声・見た目の3つを掲げています。

身だしなみを整える際に役立つため、これは「身だしなみの法則」と呼ばれることもあります。

メラビアンの法則を実践する場合には、佇まいや仕草など、即座に目で確認できる事象に注意しましょう。

なお、世間一般では「人は見た目が9割」という言葉も広まっていますが、見た目を重要視し過ぎると信頼関係の構築が難航しやすいと言われています。

人は見た目が9割
created by Rinker

例えば、容姿端麗な営業マンが取引先を訪問したとしても、高圧的な態度では商談が成立しません。

綺麗な営業ウーマンだったとしても、プレゼン内容がダメであれば、相手は取引継続することに難色を示します。

つまり、営業パーソンは「どのようなイメージを相手に抱いて欲しいのか?」を自己分析し、仕事と自分磨きに励む必要があるのです。

メラビアンの法則を正しく理解し、日頃の言動や習慣を見直すことが大切です。

日々の手入れだけでなく、人間性やコミュニケーション能力の向上にも時間を掛けていきましょう。

営業系の副業情報サイト「side bizz」

sidebizz

営業系の副業を探すならside bizz(サイドビズ)を要チェック!

サイドビズには”紹介するだけで稼げる”副業情報が多数掲載中!

サイト利用料は全て無料(0円)!

おすすめの記事