ジェフ・ベゾスの名言集!Amazon創業者の凄さが伝わる言葉

ほとんどの人が日常的にAmazon(アマゾン)を利用しているはずですが、創業者であるジェフ・ベゾスのことは詳しくないかもしれません。

一代で世界的な大企業に育て上げた一流経営者なので、素晴らしい名言をたくさん残しているのです。

そこで今回は、Amazon創業者の凄さが伝わる言葉をご紹介していきます。

>>リファラル営業サイト|side bizz(サイドビズ)

ジェフ・ベゾスの略歴

ジェフ・ベゾスは、1965年にアメリカで生まれました。

その後プリンストン大学を卒業し、1987年に証券会社へ就職しますが、翌年には全米8位の銀行「バンカーズ・トラスト」に転職し、26歳という若さで史上最年少の副社長に就任します。

やっぱり若いうちから飛び切り優秀だったんですね。

その後、1994年に電子株取引会社(D・E・ショー)の上級副社長として働いている時、年率2,300%というインターネットの成長性に驚き、すぐに退職して「カダブラ(現Amazon.com)」を起業します。

その3年後の1997年に、アマゾンは株式を公開します。

まさにITバブルの大波に乗ったベゾスですが、一流の経営手腕があったからこそ、今のアマゾンがあるのは言うまでもありません。

ここから名経営者「ジェフ・ベゾス」の名言集をご紹介していくので、ぜひ最後までご覧ください。

ジェフ・ベゾスの名言集まとめ

ジェフ・ベゾスの名言1

人々がオンラインで買いたいと思うモノがすべて見つけられる企業、顧客第一主義を世界で一番実現する企業になる。

これはAmazonの社是として掲げられている言葉です。

ジェフ・ベゾスはとにかく「顧客第一主義」を大事にしているのです。


ジェフ・ベゾスの名言2

年率2,300%の成長率を示すものを相手にする場合、素早く動く必要があります。

ジェフ・ベゾスが勤めていたD・E・ショーを退職したとき、インターネット業界は年率2300パーセントで成長していました。

それを見たベゾスは「とにかくすぐに動かなければ!」と感じて、Amazon.comを起業したのです。

今起業しなければ、絶対に後悔すると感じたそうです。


ジェフ・ベゾスの名言3

オンラインの場合、スペルが分からなければ目的の場所に行けません。

インターネットビジネスでは、検索エンジンを利用するケースが多いので、お目当ての名称をユーザーが入力することになります。

この時に分かりにくいネーミングでは、誤入力が起こったり、ユーザーが思い出せないケースもあるのです。

これは機会損失につながるので、極力わかりやすいネーミングを心掛けましょう。


ジェフ・ベゾスの名言4

失敗を覚悟すると、心は軽くなるのです。

新規事業を起こす場合、不確定要素だらけなので、どうしても不安になりますよね。

しかし、失敗することを前提にしてしまえば、少し気が楽になるはずです。

実際に新規事業は99%の確率でピボットするので、失敗するのが当たり前なのです。


ジェフ・ベゾスの名言5

何を買うべきか顧客が判断しやすくすればするほど、多くのものが売れるはずだと考えています。

Amazon 導入した画期的なサービスに「カスタマーレビュー」というのがあります。

つまり口コミのことです。

カスタマーレビューには良い評価と悪い評価が混在するので、社内でも反対が多かったそうですが、顧客第一主義を貫くベゾスはそれを断交したそうです。


ジェフ・ベゾスの名言6

利益を出すことは簡単です。

同時に、愚かなことでもあります。

スタートアップ企業を経営していると、利益の出そうなタイミングが出てきます。

しかしそこで利益を追求してしまうと、成長が鈍化するので、それは結果的に間違った決断になるかもしれません。

これはあくまでも個人的な意見ですが、スタートアップ企業なのであれば、ビジネスグロースに一点張りするのが正解だと思います


ジェフ・ベゾスの名言7

社内のブレーンストーミングチームは、ピザ2枚で足りる人数にする。

これはAmazonの企業アイデンティティとして、とても有名な言葉だと思います。

ピザ2枚で足りるチームとは、3人~4人ほどを意味しています。

これくらいの少人数であれば、意思決定するのが簡単なので、すぐに行動へ移せるのです。


ジェフ・ベゾスの名言8

長時間一生懸命働く場合、一緒にいて楽しい人が同僚であってほしいと思う。

Amazonはスタートアップ企業なので、常に人材難だったと言われています。

採用エージェントには「とにかく変人をよこしてくれ!」と依頼するほど、多様性を意識していたようです。

実際に採用する人は、アマゾンの企業アイデンティティに馴染む人だけでなく、音楽が好きだったり、運動が得意だったり、何か特徴のある人を求めていました。


ジェフ・ベゾスの名言9

インターネットのイメージキャラクターだったのが、インターネットのスケープゴートになった。

新進気鋭のIT企業というイメージだったAmazonは、2000年に起こったネットバブルの崩壊とともに崩れ落ちてきました。

その時はかなり辛辣な評価をされたそうですが、これを機に企業体質の改善を図ったのです。

ここからAmazonは大躍進していきます。


ジェフ・ベゾスの名言10

どんな家具を使っているかなど、お客様にとってはどうでもいい事です。

ベゾスは顧客第一主義を掲げていますが、その一方で社内設備にはあまりお金をかけませんでした。

基本的に経費は安く済ませることを前提にしていて、備品はガレージセールやオークションで買っていたようです。

社内設備を良くすることは、売り上げに直結しないと考えていたようです。

この辺りは偉大な投資家であり経営者である「ウォーレン・バフェット」と同じ感覚みたいですね。


ジェフ・ベゾスの名言11

5年、7年、10年と待つつもりで進まなければいけません。

でも、10年待てる会社というのはなかなかないのです。

短期的に立ち上がるビッグビジネスなど存在しません。

ビジネスは長期目線で見なければいけませんが、あまりに長すぎると失敗する可能性も大きくなってしまいます。

このあたりは注意しましょう。


ジェフ・ベゾスの名言12

我々は、他社を真似したビジネスには絶対に手を出しません。

ジェフ・ベゾスの信念には「Amazonは普通やり方を絶対にしない!」というのがあります。

もし他社サービスを参考にする場合でも、必ずオリジナルを超えたものを作るようにしているそうです。


ジェフ・ベゾスの名言13

小さな一歩を細かく繰り返す方が多くを学べます。

ビジネスはスピードが命なので、どうしても急ぎたくなりますが、着実に一歩ずつ前進した方が良いのです。

焦らず確実に前進していきましょう!

まとめ

ここまでAmazon創業者「ジェフ・ベゾス」の名言をご紹介してきました。

起業家として一流のベゾスですが、ビジネスパーソンにも役立つ言葉ばかりだったと思います。

  • どうすればリーダーシップが発揮できるのか?
  • どうすれば新規事業の立ち上げができるのか?
  • どうすれば顧客から支持されるのか?

その答えが隠されている格言ばかりなので、ぜひ参考にしてください。

LINE公式アカウントのご案内

営業シーク@LINE公式アカウントを友達追加して、最新情報をチェックしよう!

最新の記事情報や、営業パーソンに有益なコンテンツを無料でお届けします!

ぜひ営業シークのLINE公式アカウントを友達追加してください!

友だち登録無料(0円)!

↓↓ ↓ 下のボタンをクリック↓↓↓

おすすめの記事