ココ・シャネルの名言集!シャネル帝国を築いた創業者の言葉49選

誰でも「ココ・シャネル」という女性の名前を一度ぐらい聞いたことがあると思います。

ココ・シャネルは保守的なファッション業界に革命をもたらし、「シャネル帝国」と呼ばれる一大ブランドを築き上げました。

その創業者が残した言葉には、きっと学びが多いはずです。

そこで今回はココ・シャネルの名言をまとめてみました。

ぜひ最後までご覧ください。

ココ・シャネルとは?

ココ・シャネル(本名:ガブリエル・シャネル)は、あの世界的に有名なラグジュアリーブランド「CHANEL( シャネル)」の創業者兼デザイナーです。

20世紀を代表するファッションデザイナーですが、ココ・シャネルの生き方が反映された「シャネルスタイル」は多くのファンを惹きつけてやみません。

例えば黒いワンピース、ジャージ素材の服、ツイードの服、マリンルック、パンタロン、プリーツスカート、ショルダーバッグなど、今では当たり前になったファッションアイテムも全てシャネルが生み出したものなのです。

普遍的なスタイルを追求したココ・シャネルは、とても自分に厳しい人だったと言われています。

そのような人生を送ったシャネルの名言は、きっと現代ビジネスにも通用するはずです。

ココ・シャネルの名言集まとめ

ココ・シャネルの言葉1

香水で仕上げをしない女に未来はない。

この言葉はフランスの作家「ポール・ヴァレリー」の名言ですが、ココ・シャネルはこの言葉をとても気に入っていたそうです。

  • いい体臭の人なんていない
  • 香水をつけないなんて図々しい

シャネルはこのような考え方を持っていました。

最後の仕上げに手を抜く人は、まだまだ二流なのです。


ココ・シャネルの言葉2

香水はまさに究極のアクセサリー。

ココ・シャネルは「香水ビジネス」を世界で初めて成功させた人物です。

なので香水に関する名言は数多く、香水の使用を常に推奨していました。

シャネルは「どの香水をつけるか?」「香水をどれくらいつけるか?」というのも個性だと捉えたのです。


ココ・シャネルの言葉3

欠点は魅力の一つになるのに、みんな隠すことばかり考える。

欠点をうまく使いこなせばいい。

これさえうまくいけば、なんだって可能になる。

欠点は誰でも隠したくなりますよね。

しかし見方を変えれば、欠点すらも個性になるのです。

ファッションについても同じです。

欠点をうまく見せることで「お洒落!」と言われる可能性があるのです。


ココ・シャネルの言葉4

花束は嫌い。

椿(カメリア)が一輪あれば充分。

椿(つばき)はシャネルのブランドシンボルになっている花ですよね。

この名言の真意は定かでありませんが、いくつかの説が存在しています。

  • 椿の花がシンプルで美しいから
  • 椿の枯れ方は潔いから
  • 匂いはきつくないが存在感はあるから

どれが本当かわかりませんが、ココ・シャネルが椿という花を愛していたのは事実だと思います。


ココ・シャネルの言葉5

メイクは、他の人のためにするのではなく、自分のため。

一般的には、外で恥をかかないようにメイクをしますよね。

又は、周りからよく見られたいと考えるので化粧するはずです。

しかし、シャネルの考えるメイクとは、自分の気持ちを高める術だったのです。


ココ・シャネルの言葉6

私は自分の髪を切っただけ。

そうしたらみんなが真似をして髪を切った。

それだけのこと。

ココ・シャネルは、有名ブランドのファッションデザイナーなので、良くも悪くも人から注目される立場の人でした。

しかしそれを面倒に思ったり、嫌だと感じたことはないそうです。

なぜかと言うと、人から真似されるのは「魅力がある証拠」だと理解していたからです。


ココ・シャネルの言葉7

醜さは許せるけど、だらしなさは絶対許せない。

この名言が指す「だらしなさ」とは外見を意味しています。

容姿の良し悪しは人の個性ですが、だらしなさは内面から生まれるのです。


ココ・シャネルの言葉8

秩序にはうんざりする。

無秩序こそがラグジュアリーなのだ。

ルールに縛られたり、それに対して疑問を持たないことは脳死している状態だと思います。

ココ・シャネルはそのような状態を極端に嫌ったのです。

なので、この名言の「ラグジュアリー」には、「自由」「美」「希望」という意味が込められているのでしょう。


ココ・シャネルの言葉9

常に除去すること。

付け足しは絶対にいけない。

  • 常に除去する
  • 削ぎ落とす
  • 無駄をなくす

これはココ・シャネルが服を作る上で信条にしていた考え方です。

これを貫いた結果、シャネルスタイルが完成したのです。


ココ・シャネルの言葉10

奇抜さはドレスではなく、女性の中になくてはならない。

外見をどれだけ華やかに着飾ったところで、内面が貧相であれば意味がありません。

内なる個性を磨きましょう!

LINE公式アカウントのご案内

営業シーク@LINE公式アカウントを友達追加して、最新情報をチェックしよう!

最新の記事情報や、営業パーソンに有益なコンテンツを無料でお届けします!

ぜひ営業シークのLINE公式アカウントを友達追加してください!

友だち登録無料(0円)!

↓↓ ↓ 下のボタンをクリック↓↓↓

おすすめの記事