代理店ビジネスを副業にする!初期費用ゼロで独立開業する方法

副業解禁の影響で、会社員をはじめ様々な人が副業やサイドビジネスを探し始めています。

その中でも、営業職のサラリーマンを中心として「副業フリーランスとして代理店ビジネスがしたい!」というニーズが増えてきています。

そこで今回は個人や法人が代理店になる方法や、商材の探し方などをご紹介していきます。

フランチャイズビジネスについても触れていくので、個人的な副業を探している人や、法人の副商材を探している人まで、ぜひ参考にしてください。

>>営業系の仕事探しなら|side bizz(サイドビズ)

代理店ビジネスとは?

代理店ビジネスとは特定の商材を代理販売することを言います。

自分で独立・起業して、新たに製品サービスを開発するのには大変なリスクを負わなければいけませんが、代理店ビジネスであれば既に売れている商材をすぐに販売することができます。

この点が代理店ビジネス最大のメリットになります。

また、代理店ビジネスでは自分が気に入った様々な商材を自由に仕入れて売ることができます。

このような観点で言えば、代理店ビジネスは自由度が高いビジネスだと言えるでしょう。

複数の商材を仕入れる

代理店ビジネスを始める為には商材を仕入れる必要があります。

この時に仕入れる商材数は、ある程度の数が必要だと思います。

その理由は、代理店としての優位性を出す為です。

例えば、あなたは複合機(コピー機)を売っている販売代理店だったと仮定します。

ちなみに、この複合機の業界にはA、B、Cと3社のメーカーがあったとします。

この時、代理店ビジネスをするのであればA、B、Cの全てと代理店契約をすべきだと言えます。

例えば、A社の直販営業はAの複合機しか提案することができません。

これはBもCも同様に自社の直販商材しか提案できません。

しかし、お客様が本当に求めている提案は、メーカーや機種を横断するようなソリューションであり、A、B、Cとメーカー毎の提案ではありません。

このような観点で言えば、代理店ビジネスはメーカー横断的な提案が強みであり、お客様が真に求めているものを提供できることになります。

よって、代理店ビジネスの強みを最大化する為には、お客様に最適な提案ができるだけの商材を仕入れることが必要になるのです。

代理店契約書はどうする?

副業で代理店ビジネスを始める為には、商材を開発しているメーカーと代理店契約を締結する必要があります。

これは商材毎に必要な手続きなので、例えば10商材を仕入れるとすれば、10件の代理店契約が必要になります。

これは大変手間な作業と言えますが、それでも必要な作業になります。

また契約書はそれぞれの会社でフォーマットが異なる為、弁護士に確認(チェック)してもらう必要があります。

ちなみに、契約書の確認を弁護士に依頼した場合、1件あたり数万円の費用が掛かるので、10件では30万円ほどの予算を見積もりましょう。

もし代理店契約書について不安があれば、下の記事をご覧ください。

代理店募集している商材の探し方

代理店募集している商材を探す方法は、インターネットを活用するのが良いでしょう。

インターネットには様々な企業が「代理店募集」の情報を掲載しています。

代理店募集サイトというのもあるので、そのようなサイトを使って商材仕入れすることもできます。

主要な代理店募集サイトを以下でご紹介していきたいと思います。

まず最初にご紹介するのは、side bizz(サイドビズ)です。

side bizzは、営業マンや個人事業主におすすめの副業情報などを掲載する業界最大級の「リファラル営業サイト」です。

代理店よりも簡単に稼げるお仕事情報を多数掲載しています。

フルコミッションで働きたい人や、独立起業を目指す人におすすめです。

次にご紹介するのはアントレです。

アントレは、リクルート社が運営する独立、開業、起業、フランチャイズ募集(FC)、代理店募集、起業支援情報のほか、成功事例やノウハウ記事が満載の情報サイトになります。

フランチャイズ募集サイトなので、フランチャイズビジネスを探すのに適しています。

最後に紹介するのは代理店募集ドットコムです。

代理店募集、販売(紹介)代理店、業務委託(アウトソーシング)、副業、フランチャイズ、フリーランスなどの募集を比較&検討して資料請求することができるマッチングサイトになります。

代理店募集サイトなので、代理店ビジネスを本業にしたい人に向いているサイトです。

フランチャイズ経営も選択肢に入れる

代理店として副業する際には、フランチャイズ経営も選択肢に入れましょう。

フランチャイズとは「加盟店」とも言われる仕組みで、FC本部の作成したマニュアル通りに運営することで、売上や利益が得られるビジネスモデルになります。

つまり、誰でも儲かるビジネスモデルが手に入るということです。

それと比較して、代理店ビジネスとは商材を仕入れるだけなので、”売れるかどうかは代理店の力量”によります。

販売代理店とフランチャイズにはこのような違いがあるのです。

フランチャイズは儲かる?

フランチャイズを選択肢に入れる理由には「儲かるから」ということが挙げられます。

フランチャイズビジネスは、本部が既に儲かっているビジネスモデルをそのまま真似できるので、本部と同じような運営をすれば基本的には儲かることが前提になります。

もちろん、立地や条件によって結果はまちまちですが、基本ロジックは儲かる前提なのがフランチャイズビジネスになります。

よって、フランチャイズを副業にすれば、比較的手堅いビジネスができると思います。

しかし、いざフランチャイズを副業にしようとすると、業務の大変さに尻込みしてしまうことでしょう。

なぜなら、本来のフランチャイズは本業としてやるべきビジネスなので、副業でやるには負担が大きすぎるからです。

しかし、最近はフランチャイズモデルも進化しており、オーナーは経営のみで、現場運営は全て本部が行うビジネスモデルも出てきています。

このような仕組みであれば、まさに副業に最適なフランチャイズと言えるので、サラリーマンでも積極的に取り組むことができると思います。

0円で開業できる代理店ビジネスを探す

ここまで代理店として副業する方法や、フランチャイズ運営の副業などをご紹介してきましたが、最も重要なのは初期投資(初期コスト)だと思います。

実は販売代理店もフランチャイズも、稼働する為には初期投資が掛かります。

あくまでも一般論ですが、代理店ビジネスの初期費用は10万円ほどが相場で、フランチャイズビジネスの場合には500万円~2,000万円が初期費用の相場になっています。

この金額を支払うのもアリですが、できるだけ初期費用は抑えたいですよね。

そんな時には、0円で開業できる代理店ビジネスを探すようにしましょう。

ゼロ円で始められる代理店ビジネスは探せばたくさんあります。

一番代表的なのは、紹介店や取次店と言われる代理店モデルです。

これらはトスアップ型と言われる代理店スキームなので、初期費用ゼロというケースがほとんどです。

トスアップ型と言われるリファラル営業の求人情報に特化したリファラル営業サイトがあるので、気になる人はチェックしてみてください。

もちろん会員登録料やサイト利用料は無料です。

まとめ

ここまで代理店ビジネスを副業にする方法や、商材の探し方などを解説してきました。

販売代理店は自由度が高い分、売れない場合は自分の責任になりますので、営業職の人にとってはやりがいのある副業と言えます。

自分の営業力を試すチャンスにもなり得ます。

また、代理店として他社商材を取り扱うことで、様々な知識が身に付きますので、必ず本業にもプラスに働いてきます。

ただし、販売代理店として副業することは、フリーランス(個人事業主)になることを意味します。

なので事前にクレジットカードくらいは作っておいた方がいいと思います。

独立起業した後にクレジットカードを作ろうとしても、なかなか与信が通らないケースがあるのです。

会社員としての後ろ盾が無くなる前に、必ずクレジットカードを複数枚作っておきましょう。

まずは誰でも作れると噂の楽天カードを作っておきましょう。

ポイントも還元されるので、作って損することは無いはずです。

また、必要最低限の経営ノウハウや会計知識を学んでおくべきだと思います。

ぜひこの機会に代理店として副業することを検討してみてください。

フリーランスに関する書籍
created by Rinker
フリーランス・個人事業の絶対トクする! 経費と節税
created by Rinker
LINE公式アカウントのご案内

営業シーク@LINE公式アカウントを友達追加して、最新情報をチェックしよう!

最新の記事情報や、営業パーソンに有益なコンテンツを無料でお届けします!

ぜひ営業シークのLINE公式アカウントを友達追加してください!

友だち登録無料(0円)!

↓↓ ↓ 下のボタンをクリック↓↓↓

おすすめの記事