セルフブランディング戦略のやり方とは?独立起業前のノウハウ

セルフブランディングは、これからの時代に求められる手法と言われています。

しかし、そのやり方を理解している人はまだまだ少ないので、かなり多くの人が手探りの状態でやっているはずです。

そこで今回は、セルフブランディングをする意味や方法、そこから起業する道筋などを解説していきたいと思います。

>>独立起業を支援する|side bizz(サイドビズ)

セルフブランディングする意味とは?

「セルフブランディング」という言葉が頻繫に聞かれるようになってきましたが、その意味や使い方について興味関心を抱くビジネスマンや個人事業主の方も多いのではないでしょうか。

そもそも、セルフブランディングとは読んで字のごとく、自分自身をブランド化する方法のことを言います。

「自分自身をブランド化する」と聞くと、いかにも難しそうに感じるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

ある程度の知識と経験を持ち合わせていれば、誰でもセルフブランディングはできるのです。

それでは「なぜセルフブランディングをする必要があるのか?」ということについて解説していきたいと思います。

そもそもブランディングとは何を意味しているのでしょうか?

ブランディングとは、何かしらの価値を上げるマーケティング活動のことを言います。

この「価値を上げる」という作業がとても重要なのです。

例えば、ルイヴィトンのような高級ブランドイメージしてください。

ルイヴィトンの商品はとても高級だと思いますが、そもそも商品自体にその価値はありません。

たとえばブランドを無視した場合、同じ素材&同じデザインのバッグを買おうとすれば、おそらく1/10以下の金額で買えると思います。

それなのにとてつもなく高い値段がついている理由とは、「ルイヴィトン(LV)」というロゴ(ブランド)が入っているからです。

ロゴが入ることで値段が高くなる理由は様々ですが、以下のような理由が考えられます。

値段が高くなる理由
  • 安心感がある
  • 歴史を感じる
  • 著名人が使っている
  • 生産個数が少ない(手作りなど)
  • 需要(ニーズ)が多い
  • かっこいい、またはお洒落 etc.

このような複合的な要素が絡み合い、ブランドの価値は形成されています。

様々な要素が複雑に絡み合っているのですが、結局のところ「信用が積み重なってる」ということに行き着きます。

つまり、これまでのブランド運営自体に価値(信用)があるので、ブランドそのものの価値も同時に上がっていると考えられるのです。

そのように考えた場合、セルフブランディングする意味とは「一体何を意味する」のでしょうか?

それは自分自身の価値を上げることだと考えられます。

この辺りを次で解説していきたいと思います。

セルフブランディングするメリット

それでは、自分自身の価値を上げると、一体どんなメリットがあるのでしょうか?

まず考えられることは「人が寄ってくる」ということです。

これは色々な意味で「人が寄ってくる」ことを指しますが、例えば下記のような人になります。

寄ってくる人
  • あなたと一緒に仕事をしたい人
  • あなたと一緒に遊びたい人
  • あなたと一緒にいることで恩恵を受けたい人

このような人達が寄ってくることで、さらに人が集まるという好循環が生まれてきます。

人生は協力者がたくさんいればいるほど、成し遂げられることが大きくなっていきます。

このような好循環の中では、きっと仕事もプライベートも上手くいくことでしょう。

そして、あなたに支払われる仕事の報酬も上がっていくはずです。

自分自身の価値が上がれば上がるほど「広告媒体」としての価値も上がっていくので、媒体価値としての料金が上乗せされていきます。

例えば、プロサッカー選手にクリスチアーノ・ロナウドという超有名人がいます。

ロナウドのSNS(Facebook+Twitter+Instagram)には、2021年1月現在で4億人以上のフォロワーがいます。

プロスポーツ選手でも世界一のフォロワー数なので、1件シェアすることの価値は1億円以上の広告宣伝効果と言われています。

例えば「マクドナルドでビッグマックを食べたよ!」とシェアするだけで、マクドナルドはロナウド選手に1億円を支払うくらいの価値があることを意味しています。

実際にマクドナルドがそのようなマーケティングをするかどうかは別として、理論的にはそういうことになります。

この例からもわかるように、セルフブランディングをすることで相対的に自分自身の価値を高めることができ、結果的に高収入へと繋がっていくのです。

有名人でなくてもセルフブランディングはできる

先ほど、有名なプロサッカー選手であるクリスチアーノ・ロナウド選手の例を取り上げました。

この記事を読んでいる人の中には「有名人だからセルフブランディングができるんだ…」と考えている人がいるかもしれません。

しかし、有名人でなくてもセルフブランディングはできるのです。

一昔前はテレビに出たり、プロスポーツ選手として活躍したような成功者でなければ、セルフブランディングをすることは難しいと考えられていました。

しかし現代では、パソコンはもとより、スマホやタブレット端末さえあれば、自分の考えや強みを誰でも世界中に発信することができるのです。

代表的な媒体としては、

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • tiktok
  • YouTube

などが挙げられます。

この点が従前とは格段に異なるポイントといえるでしょう。

SNSで人を集める!
created by Rinker

セルフブランディングのやり方

ここまで読んできた人は「自分もセルフブランディングしてみたい!」と思ったはずです。

それでは、セルフブランディングを成功させるためには、どうすれば良いのでしょうか?

もちろん、むやみやたらに挑戦すれば良いというものではありませんが、過度に構える必要もありません。

自分の得意分野や強み、又は特徴などについて分析ができていれば、やり方次第で好成績を残すことは十分に可能だと思います。

テレビやネットメディアを通じて、「セルフブランディングを目指す人のノウハウセミナー」などの広告が出てくることもありますが、それらに参加するのは少し冷静になった方が良いかもしれません。

セミナーや勉強会に参加することは決して悪いことではありませんが、自分にとって有益な内容か否かを見極める必要性があります。

明らかに自らの目指す方向性と違ったものであれば、参加しても時間の無駄になるだけです。

自分自身の強みを分析&理解する

セルフブランディングをしていく上で大切なことは、「自分自身の何をブランド化するか?」を真剣に考えることです。

近代経営学の父といわれているピーター・ドラッカーは、「21世紀は知識労働者の時代だ!」と言いました。

これが何を意味するのかと言うと、「何らかのプロフェッショナル」になる必要性を説いているのです。

それと同時にピーター・ドラッカーはこのように注意喚起しています。

ドラッカーの言葉

自分の得意とする分野だけをやれ。苦手とするものに手を出すな。

例えば、セールスが得意な営業職の人がいたとします。

しかし、「これからはITの時代だ!」と考えて、プログラミングの勉強を始めるようなことをするな、と言っているのです。

このような行動はよく見られるパターンなのですが、これをすると「凡人」になってしまうとドラッカーは注意喚起しています。

つまり、自分が得意でないことをやりだしても、世間一般で言う「普通レベル」にしか到達せず、ドラッカーの言う「プロフェッショナル人材」になることができないのです。

なので、色々な資格をむやみやたらに取得したり、何の目的もなくいきなり料理教室に通ったり、語学留学することは、ドラッカーの理論的には間違った行動なのです。

それであれば、「得意なセールスのスキルをもっと伸ばす!」ということに注力した方が良いと考えられているのです。

このような思考回路がセルフブランディングに繋がっていきます。

「他者に負けることがなく、世の中のニーズに合致する自分の強みは何なのか?」と真剣に考えることで、その答えはおのずと出てくるはずです。

セルフブランディングの失敗例として見られるのが、奇抜な服装やヘアスタイル、メイクなど見た目や外見で違いを際立たせようとする試みです。

見た目の良さをアピールしたところで、モデルや芸能人でなければビジネスとしての成功につながる可能性は低いと思いますし、仮に見た目のインパクトで一時的に人気を集めることはできたとしても、中身が無いのですぐに飽きられてしまいます。

重要なことは「あなたにしかない強み(価値)」なのです。

ここで解説したことをもう少し深く理解したい場合には、ぜひピーター・ドラッカーの著書を読んでみてください。

ピーター・ドラッカー「マネジメント」
created by Rinker

有名人のセルフブランディング

これからセルフブランディングをやってみたいビジネスマンやフリーランスの人に参考となるのは、有名人のセルフブランディングだと思います。

テレビや映画、ネット上などで活躍する著名人ともなれば、自らのブランド化には長けているはずです。

なので、彼らのやり方を冷静かつ客観的に観察してみるのです。

そもそも、有名人になるためには、多くのファンやマニアと呼ばれる人に支持されなければなりません。

派手な謳い文句や大袈裟なパフォーマンスを繰り返すだけでは、ただ目立つだけで、素人の炎上系ユーチューバーとなんら変わりありません。

それでは長期的、かつ確固たる支持を得ることは難しいでしょう。

セルフブランディングに成功しているミュージシャンやアーティストは多くいますが、共通しているのは、唯一無二の実力(独自の強み)を発信できていることだと思います。

具体的には、「その人以外に代わりが務まらない」という魅力や存在感、世界観になります。

「絶対的&究極の価値を持つこと」が、セルフブランディングの成功を引き寄せるキーワードといっても良いかもしれません。

芸能人のセルフブランディング例

芸能人でブランディングが成功している人はたくさんいますが、その中でもお笑い芸人のヒロシさんを取り上げてみたいと思います。

ヒロシさんは、2015/03/03にYouTubeチャンネル「ヒロシちゃんねる」を開設しており、2021年現在で100万人以上のチャンネル登録者を抱えている人気ユーチューバーになりました。

運営している「ヒロシちゃんねる」で取り上げている動画のテーマは「キャンプ」や「アウトドア」です。

元々ヒロシさんはキャンプ好きな人だったみたいですが、自分が行ったキャンプ風景を動画としてアップしたところ、徐々に人気チャンネルとして成長していきました。

このチャンネルが人気になった要因としては以下のようなものが考えられます。

ヒロシちゃんねるが人気な理由
  • 「キャンプ」というテーマに特化していること
  • 「キャンプ」という非日常が動画で味わえること
  • リアルな「キャンプノウハウ」が手に入ること
  • 運営者自身がキャンプ好きなこと

やっぱり「キャンプ」というテーマに特化していることで、見てる側としてはわかりやすいですし、家にいながらアウトドア気分を味わうこともできます。

また、これまで専門書籍でしか手に入らなかったキャンプノウハウを知ることができたり、「ソロキャンプ」というやり方を知ったり、これまでみんなが知らなかったような新しい価値観を提供できたこと。

そしてこれが一番の勝因だと思いますが、運営者のヒロシさん自身が「キャンプ好き」であったことです。

自分が好きなことであれば、どれだけ長時間やっても飽きませんし、とにかく楽しいだけですよね。

結果的に長期的な取り組みができるので、ユーザーを飽きさせることもありません。

ヒロシさんの例のように「キャンプ=ヒロシ」というようなセルフブランディングができれば、その後の展開は決して難しくありません。

例えば以下のようなビジネス展開が考えられます。

  • キャンプに関する本を出版する
  • キャンプ情報雑誌やサイトとコラボする
  • キャンプ製品のメーカーとコラボする
  • キャンプグッズのブランドを自ら立ち上げる
  • キャンプ場の運営を始める etc.

有名人の中には、自らの成功体験などの本を出版するケースも多く見られますが、その中でも、売り上げを伸ばしているのは、自分のブランド化を確立して、絶対的な価値が認められている人に限られます。

そのような有名人はオンラインサロンを開設し、熱心にファンを集めてコミュニティを形成するケースもあります。

このような状態は固定の「信者」とも言えるコアなファンがついている状態になります。

反対に、いくら文章力に優れた面白い本であっても、セルフブランディングが失敗していれば、ファンはついてこないでしょう。

痛いセルフブランディングの例

「痛いセルフブランディング」という言葉を耳にすることがありますが、これからセルフブランディングを目指す人であれば、この辺りは理解しておきたいところです。

ここでいう「痛い」というのは、つまり「無理をしている」と置き換えることができるでしょう。

さらに言い換えると、「自分の実力以上のことをしようとしている」ということだと思います。

いうまでもなく、セルフブランディングを進めていく上では、先ほども解説した通り「自分自身の強み」を発信していかなければいけません。

よって、他人の真似事や、安易な発想では多くの支持を集めることができないのです。

例えば、先ほども例に出しましたが、奇抜な服装やヘアスタイル、メイクなど見た目や外見で違いを際立たせようとする試みや、炎上系YouTuberが「痛いセルフブランディング」の代表例だと思います。

ただ成功している人の真似や模倣をするだけでは、「痛いセルフブランディング」と言わざるを得ません。

他人が発したカッコいい言葉や気の利いた謳い文句などをそのまま引用するというケースも多く見かけますが、これも明らかな失敗例です。

まず第一に自分が考えを巡らして生み出した言葉や考えでなければ、人の心には届きませんし、説得力にも欠けてしまいます。

セルフブランディングをするためには、「自分の言葉で、自分の本心を語る」ことが重要なのです。

起業家はセルフブランディングが必要

終身雇用や年功序列などの日本に見られた雇用体制が崩れ、ますます個々人の力が試される時代になってきました。

ワークライフバランスや働き方改革などの取り組みも見られ、雇用のあり方も多様化しています。

そんな中で起こったことが「副業解禁」です。

このきっかけになったものは、2017年12月に厚生労働省が行った就業規則雛形の改定です。

これを契機に2018年は副業解禁元年と言われるようになりました。

そしてフリーランスとして活躍する人が徐々に増えてきたのです。

そのような流れで、起業や独立開業を目指す人も急増しています。

自らの力でビジネスを成功させるためには、セルフブランディングが何よりも重要だといえるでしょう。

自分自身の得意分野や強みを徹底的に活かし、なお且つブランド化することができれば、高確率で成功を手中に収めることができるからです。

>>営業系の副業サイト|side bizz(サイドビズ)

まとめ

今の時代はこれまでのように、「大手企業に入社してしまえば生涯安泰」という時代ではありません。

逆に、一社で一生勤め上げることはリスクが大き過ぎると思います。

グローバル化が進んだこともあり、より不確実性が増しているのも現実を取り巻くビジネス環境といえるのではないでしょうか。

なので、所属会社に依存するのではなく、いつ何が起きても大丈夫なように、日頃から自分自身をセルフブランディングしておくことが大切なのです。

企業や組織の一員でありながらも、「これだけは絶対に誰にも負けない!」ということや、「この分野は任せておけ!」と言えるような強みを持つことが重要です。

その為にも、日頃からセルフブランディングを意識して行動するようにしましょう。

起業を考えたら必ず読む本
created by Rinker
LINE公式アカウントのご案内

営業シーク@LINE公式アカウントを友達追加して、最新情報をチェックしよう!

最新の記事情報や、営業パーソンに有益なコンテンツを無料でお届けします!

ぜひ営業シークのLINE公式アカウントを友達追加してください!

友だち登録無料(0円)!

↓↓ ↓ 下のボタンをクリック↓↓↓

おすすめの記事