営業アカデミー

営業と販売の違いは仕事内容|それぞれに必要なスキルとコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業販売TOP

営業と販売は同じだと認識している人が多いですが、実は異なります。この二つは求められることも仕事内容も違っています。

ここでは、混同しやすい営業と販売の仕事内容について解説していきます。また、それぞれに必要なスキルとコツもご紹介したいと思います。

営業と販売の違いとは?

営業と販売の違いとは?

営業と販売は、同じく商品を売る仕事とは言え、基本的な部分においてまったく異なります。

販売職は、何らかの店舗に勤務して、訪れた人に接客して物を売る仕事です。例えば、スーパーやドラッグストア、おもちゃ店やアパレル関連のお店などにて、接客販売を行います。必要な商品を求めて、それぞれの店に来店する客を相手に物を売るので、顧客ニーズが強いです。自分で客を探す必要はないですし、どちらかというと、営業力よりも接客力が試される仕事と言えるでしょう

一方の営業職は、個人宅や法人に自ら商品を売り込んでいく仕事です。まずは顧客探しから始めなくてはいけません。そのために、一軒ずつ家を訪問する飛び込み営業と呼ばれるセールス方法が以前は主流でした。

飛び込み営業

それに代わって近年では、取引先を回って物を売り込むルートセールスやコンサルティング営業が増えてきた傾向にあります。そうは言っても、常に顧客開拓して客を増やしていかなければ売り上げが伸びません。顧客開拓のために、電話営業をしたり、初めての会社や個人宅を訪れたりすることもあるでしょう。

いずれにせよ、営業の仕事内容は、顧客を待つのではなく自ら客探しをしていくのが特徴と言えそうです。

営業と販売のコツ

営業と販売のコツ

販売職で売り上げを伸ばすためのコツとしては、まず店舗で扱っている商品を自分自身が好きになり、接客販売を楽しむことがポイントです。また客が思わず買いたくなるような店舗作りも大切です。

例えば雑貨店に勤務しているのであれば、商品が見やすく詳細も分かるようにディスプレイやポップ描きなどにも力を入れましょう。おしゃれな店内で可愛く商品が並んでいる雑貨屋であれば、客の購買意欲も高まります。そのほか、販売職では笑顔と話しやすさ、正しい言葉遣いやマナーも心掛けたいものです

営業では、個人宅や法人に飛び込みセールスをするにあたって、ロールプレイングという練習を行うことがあります。ロープレとは、スタッフがそれぞれ客と営業マンの役になって、現場にいるかのようにコミュニケーションを取り合う練習方法です。ロープレをすることで、客前でも緊張せず、臨機応変なセールスが身に付きます。客役の人がいろいろなパターンの返しを行うことで、どんな客相手でも上手に対応できるようになるのです。

また電話営業の場合は、相手の顔が見えないからこそ穏やかな口調で言葉遣いにも気を付けて話さなければいけません。電話口でいかに商品説明の要点を押さえて魅力的に伝えるかも、アポイントにつなげるコツと言えるでしょう。

営業と販売の志望動機

新卒者の就活や転職する場合に、人と関わることが好きな人に向いているのが営業職と販売職です。販売も営業も人とのコミュニケーション能力が必要になってくる点では似ています。とは言え、履歴書や面接の際にアピールする志望動機においては、適性が少し違ってくるでしょう。

まず販売職は、来客した人に対して笑顔で接し、分かりやすく親切に商品説明をすることが重要です。接客マナーや挨拶の仕方も、売り上げに関係してくると言えます。商品を気に入って購入してくれた人から「ありがとう」と言ってもらえる仕事です。人に喜んでもらいたいサービス心が旺盛な人などに、向いているとも言えるでしょう

営業においては、ある程度のマーケティング力やセールス力を持っているかどうかも重要なポイントです。また、自ら顧客を探す必要があるので、積極性やアイデアなども必要になってきます。自分で仕事を見つけていくのが得意な人や戦略好きな人も、営業向きと言えるでしょう。

そのほか、打たれ強くて強靭なメンタルの持ち主も、営業職で活躍できるのではないでしょうか。営業の志望動機としては、接客マナー云々よりもこうした人間性や才能をアピールすることがポイントになってきます。

営業と販売の職種

営業と販売の職種

販売も営業も、モノを売る職業には変わりありませんが、職種が異なるのでそれぞれ紹介していきます。

まず販売系の仕事としては、百貨店やアパレル小売店勤務などが代表的です。百貨店では主に地下フロアでは食品を扱い、上階では衣服やコスメ用品、日用品など幅広いジャンルの商品を販売します。ジュエリーや高級ブランド品を扱うお店で働くのも、販売系の仕事です。

そのほか、スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどさまざまな店舗勤務があります。サービス精神を持って人に奉仕することが売上に繋がる職種です。

営業系の職種は、大きく個人向けと法人向けに分けることができます。まず個人宅向け営業では、配置薬で有名な薬箱営業や電話回線、リフォームや不動産の売り込みなどが多いです。法人向けでは、ネットワークシステムやLAN構築、事務用品などが挙げられます。個人向けの営業よりも取り扱う商品の規模も大きく、その分大きな金額が動くことになるでしょう。

また個人営業でも法人営業でも、営業マンが訪問する前にアポイントを取る電話営業の仕事があります。テレフォンアポインターと呼ばれる職種で、契約につなげるための第一歩となる重要な役割を担っています。

アポイント

営業は販売力が大事

営業は販売力が大事

顧客にニーズの高い販売職と、自ら顧客を探していく営業職ですが、どちらも売上アップのためには販売力が欠かせません。販売力をしっかりと磨いていくことが、これらの職種には必要と言えるでしょう。

販売力を身に付けるためには、やはりコミュニケーション能力を高めることが大事です。普段から、友人や家族、職場の人と接するときも、場の空気を読んで楽しく会話するように心がけたいものです。

また販売も営業も、言葉遣いや礼儀作法、正しいマナーは基本です。接客マナー講座などに参加してみるのも良いかもしれませんね。勿論、提案力を高めるために、扱う商品についての知識を得る学びも重要です。

営業として大切なことを学べるスキルアップ研修も、行われています。そこではマーケティングやコミュニケーション能力を身に付けることができます。クロージングを決めるための方法を知りたい人にも、こうした研修はおすすめと言えるでしょう。

そのほか、営業をするにあたって役立つ資格として、セールスレップや営業士検定などもあります。よりいっそう営業の専門知識を培うためにも、受けてみるのも良いでしょう。やりがいを感じることができる営業職が、スキルアップすることでさらに面白くなりそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

営業系の副業情報サイト「サイドビズ」

営業・セールス職向けの副業を探すなら「サイドビズ」を要チェック!

個人に営業代行を依頼したい企業も続々と掲載中!

 

サイドビズには紹介するだけで稼げるリファラル営業情報が満載!

サイト利用料は全て無料(0円)!


サイトをみる